夏 夢 さん プロフィール

  •  
夏 夢さん: 風にのって
ハンドル名夏 夢 さん
ブログタイトル風にのって
ブログURLhttp://natu818.blog.fc2.com/
サイト紹介文ごめんね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/10/29 06:33

夏 夢 さんのブログ記事

  • ふところ
  • 帰れる。帰れる。帰れる。 じぶんわ、なにがあっても、『負けるきがしねぇ!』。けど、愛のないとこにいると、くたびれるわぁ〜。 ひとって、おおかみさんのように家族がいちがんとならなければならない。特に雄。ひとわ、目的をうすくすると元気がなくなるんだ。雄わ、見つめる先にかぞくの風景をみてる。うとんじられながらもさ。 なんであいつだけが、ぼく中心にするんだろ?B型なのに。そのことが、まけない勢いになってて [続きを読む]
  • みえそうでみえない覚悟
  • 生きてゆく中で、もっとも苦難わ 独りということかといって、むさぼりつくほどに求めない そのたいせつなおもいの対象わ、極かぎられた瞬間たちその風景をそこねてまで我、だすのが惜しいいつだっていつでもあばれることわ出来るすこしのしずくをほほにかんじるだけでいいすこしたてばわすれるそんなとこにいてわだめだからだそこわ、じぶんのせかいでわない愛するということにわどくとくのかもしだされるふんいきがあって、だれ [続きを読む]
  • 夜明け
  • 4月からずっと低迷してたのに、やっと、・・・。なんも考えないでお散歩ができた。やっと、自然に触れた。どこもかしこもが自然に見えた。くるしかった。その低迷わ、わたしを一皮むかせてもっといい子にした。低迷とわ、過ぎ去ったときにじぶんをおちつかせる基盤になってゆくのか?しっかりとみつめることのできる余裕。きっと、クリアする方法わあるという確信。その過程で、なくてわならないもの、こころにある風景と、その予 [続きを読む]
  • 意   味
  • あなたも?そっかぁたださ、じぶんほどにやさしくみてやらないとねじぶんばっかし「愛して?」って言えないでしょ?異種でも基本的に愛されたいそのぶん、嫌ってたりそこ、なんも嫌うことなんてないのさ嫌ってないし試して・・・うん・・・・・・・・試してるっていう甘えがもちあがり不合格なら攻撃するだって、どうぶつだもんただ、さべつじゃないけど、「ひと」って、そこんとこがちょびっとちがうみたいなんていうか・・・やさ [続きを読む]
  • イヴ
  • どきどきする。感謝。おもいで。なかま。兄妹。なぐさめ。くるしみ。かなしみ。なみだ・・・。滑稽。ほんのちょっとした瞬間に自然からうけたことたち。ともに生きてる地球のあらゆる生きものさんたち。恋。いちだんと成長するこころのながれ。恋の理想をげんじつにしてゆくよろこびと哀愁。旋律。すがりとよりどころ。立ち向かう勇気促進剤。夢にのめりこむことのできるちゃんす。たったのひとつのちいさな偶然にかいまみる世界。 [続きを読む]
  • ひとりにせんで・・・
  • ひとのなかがいやなのにひとりわいや安心するきみにいてほしいきみがいるだけでいいぶあいそうなわたしなんも話さないそれ、ごきげんななめじゃないよありあまるほどのしあわせにとまどってるだけそして、なんとかしなければならない・・・世界がちっちゃすぎるもののじっちょくなはかなさよそれをそぉっとうけとめ、さらにつつみこむように慈しんでくれる。・゚゚・(o_ _)/[壁]そう、自由だあかちゃんにだってなれるいじめられっこにな [続きを読む]
  • やさしいひとみ
  • あのころ、あのときに流れてた旋律。何にも変わってない。すこしの遠慮と常識まみれのなかで、だまってるだけ。感じるものだって変わってなくって、ううん、深すぎるおもむきさえ感じる。音のさきから広がってゆく静かなやさしさよみつめるひとみのかなしさをふくんだやさしさよそのときにとまってしまったふうけいわ永遠にそのままにそのままきみが、なぁんもおもってないとしてもそれがはぐれって感じててもそこがこころおくそこ [続きを読む]
  • ともです。お元気ですか?兄さん
  • どっか、すりよっていっしょにいられる・・・。そんな気持ち。それがなんなのか。きっと、おはなしでわ無理かな?流れる血液の感情。それを「うん!(^^)」って思った。おかえり!とも!おにいさんを4年3ヶ月も心配させて〜w。ぼちぼち、でいいから〜またはなそうね? [続きを読む]
  • ののみさんえ
  • お元気ですか?よかった。一年二ヶ月・・・。その前わ、4年近くじゃなかったかな?姿みえなかった。 でも!ちゃんとここに立ち寄ってくださった。 どんな拙劣な表現でも、あなたわ、「ほめて」くれた。今でわ、いろんな時折が想い出され、とってもたいせつな輝く空間になってます。あなたの優しさをけっして忘れない。わかってね?ときどききてね? あのころ posted by  (C)なつから ののみさんえ [続きを読む]
  • なくしかなくて
  • あの子の残照きみわ どこにいるのですか? posted by  (C)なついま、ぼくが見てる景色とあのころの風景とわあまりにも色気が違いすぎるそれわ、みてるわたしが狂ってるから それを自然わ、お示しですか?  posted by  (C)なつ [続きを読む]
  • あなたから聞きたい ほんとのこと
  • やさしい先生でした。「原因がなんなのか、断言できるのは、わたしだけです!」「どう?ほら〜顔が明るくなって安堵してる!」MRIで、「脊髄のこの部分が「うつ」にしてる。」「薬ばかりをのんだら、あなたは二階からとびおりちゃうよ。」ほんとわ、おくすりさえもらえたらなんとかなるって思ってた。なんとかしなきゃいけないし。先生わ、そんなことなんも尋ねなかった。すべておみとおし?こころあたりを全て当てた。いつもなら [続きを読む]
  • あにばーさり
  • 大切な日。いっしょにいたいの。どんなことがあっても、、、。どんなことがあっても?え?なによりも優先するってこと?え?そんなことないだろ〜え?どんなことあっても。なによりも優先する。気迫が伝わる。莫大な真実。それわ、「どんなことあっても」実行すること。それができるということのじぶんの破廉恥が好き。きっと、、、きみも。辱めを受けた。人間としての真髄を破壊された。でも、闘うことで、内に愛するということで [続きを読む]
  • くすっ^^
  • もうw・・・やかましい〜んだから〜そこがなんだかあったかいはいはい(2度返事)いわれるようにするね^^。  [続きを読む]
  • 生きてるようだね?
  • 「りゅう?みてごらん。生きてるようだね?」「・・・」神戸の高台でのひとやすみの風景いつまでも忘れられないたったの一時の瞬間海からの贈り物な風そよぐ風にのって葉っぱがはずんだだけなのに先輩わ、けっしてろまんてっくじゃなかった突然静寂をやぶったそのひとことに前代未聞なおどろきとおかしさで困惑した「うん」って、まがおで言った先輩にしてわしずかすぎてそのなかに入って本気でわたしもひたった「きっと、生きてる [続きを読む]
  • ちぎれぐも
  • ちぎれた、ちぎれそうな、ちぎれてしまってもうっすらな、 そんなくもの先にあなたがいてくれたらいいな?おともだちのブログにいっぱい穏やかさを感じた。思いよ跳べずっとむこうのそこにまでそして伝えよ「変わらない」んだっていつまでたってもこどもわこどもそのことがうれしいのちいさなしあわせが俗の栄誉におとらず、まさるもの也わたしわ、やんちゃでも、それが好きそして、そんなわたしをだいすきな人がいるだから、そん [続きを読む]
  • なみだ
  • あさってに「ちょこ」の命日。2年。この日、わたしの胸でごろごろ。お外を一緒に観て、・・・最後。3日後、あっちに行っちゃった。大雨の日だった。すぅっと晴れて、おひさまにあたるところをみながらまだ生きてる・・・って「思うようにしてた」何度かあぶなくなって。白血病。どうだったの?たのしくできたの?それだけが気になる。 [続きを読む]
  • 想いをすこしだけ
  • にほんブログ村の「恋愛詩」に10年います。恋愛が薄くなって、それでもいさせてもらってるの。恋 ごころ・・・。それわ、なんも恋をするからだけじゃない。そんな風をこころに吹かしてたら、じゅうぶんに夢。そして、ろまんてっくにしなやかにうけとめることができる環境。 それが、言わないけどじゅうぶんしあわせなんだ。苦を前向きに。そんな片隅がありますか?あるだけでしあわせだと思う。わたしにわ、ここがそうなの。こと [続きを読む]
  • きっと、明ける
  • こころの奥底で感じるふるさとの風景や旋律すこしのあいだ離れただけなのにもう、夢なんだぁってありえないかもしれない夢なんだってすぎたこともこれからもでも、きっと、滝の流れのようにいつか大海えきっと、おだやかなときがやってくるきっと・・・そのことがどんなにはげみになるだろ?「まちどおしい」それ、それっていいねそんな様子のときを輝いてるって言ってもいいつよさを感じるからおーいっ!・・・まってて?  [続きを読む]
  • 不信
  • わたしだって、時に不本意に強くいきりたつことがあります。そのとき、じぶんを責めてる。でも、さみしがってわいけないという裏づけがほしい。安っぽいやつわ、そんなふうにしてまたひとを傷つける。きっと、くやしいんだ。じぶんに。やさしいことば、だけがほしい。精一杯がほしい。そこにわ、なんのべんめいもいらない。ちゃんと察することできるから。 まやかしの言い訳わぜったいにいやだ。全てを疑ってしまう。止まらなくな [続きを読む]
  • みつめよう じぶんを
  • かえりたくなるのほんとのじぶんずっと、おなじ音色で時がながれ風わ、同じ方向からだけながれてこころが騒ぐそのおもき恒常の意味するものに大自然の理に則り自然に自然に・・・逆らうじぶんのちっぽけを威圧でないほほえみにてさとらせるかのような・・・さとらせる・・・?そうだ、うけいれることができるかえるじぶんなんてどこにもないとっくにうばわれた開拓したじすんがいるまけて追いやられてはじきとばされてからだにダメ [続きを読む]
  • みんな虚だとすれば
  • もしも、この世界がなくなって太陽圏もなくなってずっとむこうまでなんもなくなってしまったらそこにわなにがあるんだろ?この世界ってなんだろ?なんにもないその外でわなにがあるんだろ?ここってなんだろ?わたしをどこまでも愛してくれた叔母のお墓に参ってきた。からだの血液が早まり膨張して血管がふくれあがった。誘ってくれたんだね?ここえ。その子、いとこわ、自殺した。叔母さんも。大好きだったコーヒーとタバコを持っ [続きを読む]
  • 待って?
  • 太陽がとおざかってゆく。どんどんあっちにいっちゃう。 この夏のどまんなかといわれるこのときにすでに秋。さみしさのはじまり。夏に恋。ずっといてほしい。一年にたったの2ヶ月だけのろまん。あと、二週間でどれだけにしんじつを発することできるだろ?ほんとのもってるこころのうち。ひとつでもいいから伝えることできたなら・・・・。さみしい夕暮れにふと、不安に感じたから。ひとわおひさまにゆだねてる存在だから。  [続きを読む]