dl241 さん プロフィール

  •  
dl241さん: 電気仕掛けの胎蔵界曼荼羅を描いてみるぶろぐ
ハンドル名dl241 さん
ブログタイトル電気仕掛けの胎蔵界曼荼羅を描いてみるぶろぐ
ブログURLhttp://electricwombworld.blog.fc2.com/
サイト紹介文ひたすら自分の描いた胎蔵界曼荼羅の仏を上げていくブログです。アナログ+デジタルで描いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2011/10/30 17:54

dl241 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 大日如来 Skt:????????? (Mahā-vairocana)
  • 大日如来(Mahā-vairocana)。「大日如来」は密号を「遍照金剛」といい、胎蔵界曼荼羅ではマンダラの中尊として、「中台八葉院」の八葉蓮華の中央(雌蕊部分)に位置する。また大日如来は「五徳」でいえば「方便」、「五智」でいえば「法界体性智」(法界清浄智)にあたる。図像では結跏趺坐にして両手は法界定印を結び、頭頂に五仏を載せ、装飾を施した菩薩形で表される。尊名の「ヴァイローチャナ」(Vairocana)は「太陽」(solar) [続きを読む]
  • 倶舎論に見る古代仏教のCosmology / Topography
  • 今回の内容はといえば、要は『倶舎論』・世間品を参照にした、"須弥山(スメール)世界"の平凡な解説である。いまさら感もあるにはあるが、言わば「大日如来」のエントリを書くにあったての布石のようなものなので、ここに記すことにした。『倶舎論』はヴァスバンドゥが一部批判的な視点を交えながらも「説一切有部」のアビダルマ教説を纏めたものであるが、よく整理され纏まっており、それゆえ日本仏教では基礎教学を学ぶ上で欠か [続きを読む]
  • 弥勒菩薩 Skt:??????? (Maitreya)
  • 弥勒菩薩(Maitreya)。密号は「迅疾金剛」。胎蔵界マンダラでは弥勒菩薩は「中台八葉院」の東北に位置し、図像では右手に「蓮華上燥瓶」、左手は「施無畏印」で表される。ここでは弥勒菩薩(Maitreya)は「天鼓雷音如来」(Divyadundubhimeghanirgho?a)を本地とする。種子は「ヨーガ自在者」(yogeśvari)の頭文字である「ユ」(yu)。『大日経疏』の見方に倣えば、「中台八葉院」にあたる弥勒菩薩は『大日経』・秘密八印品でいうところ [続きを読む]
  • 観自在菩薩 Skt:???????????? (Avalokiteśvara)
  • 観自在菩薩(Avalokiteśvara)。密号は「正法金剛」。胎蔵界マンダラでは観自在菩薩は「中台八葉院」に位置するほか、「蓮華部院」では主尊として表される。ここ「中台八葉院」では西北に位置し、図像では右手に「開敷蓮華」を持ち、左手は「施無畏印」で表される。ここでは観自在菩薩(Avalokiteśvara)は「阿弥陀如来」(Amitāyus)を本地とする。種子は「准胝観音」と同じ「ボウ」(bu)。『大日経疏』の見方に倣えば、「中台八葉院 [続きを読む]
  • 極楽浄土はどこにあるのか
  • 今回は極楽浄土について考察してみたいと思う。特に初期大乗仏教からそのヴィジョンの源流を探りたい。まず最初に、用語の定義を明確にしておきたい。ここでは浄土=仏国土とし、同義語として扱うものとする。"浄土"という訳語に対応する言葉(原語)は「〜世界」(lokadhātu )、あるいは「〜という世界」(nāmā lokadhātu )ほどの意味であるが、──つまり"浄"という意味を持たないが、──しかし例えば「極楽浄土」を「浄土」 [続きを読む]
  • 無量寿如来 Skt:
  • 無量寿如来(Amitāyus)。密号は「清浄金剛」。胎蔵界「五仏」の一で、中台八葉院の西に位置する。金剛界でも無量寿如来は五仏の一として配置される。また「五徳」では「無量寿如来」は「菩提」、「五智」でいえば「妙観察智」にあたる。図像的には(現図では)両肩に衣を掛ける「通肩(つうけん)」、印は「阿弥陀定印」で表される。胎蔵界マンダラでは「観自在菩薩」の本地として配置されている。『大日経疏』の見方に倣えば、「 [続きを読む]
  • 過去の記事 …