アンチSNS さん プロフィール

  •  
アンチSNSさん: アンチSNS 司法試験 つぶやき
ハンドル名アンチSNS さん
ブログタイトルアンチSNS 司法試験 つぶやき
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/shihou7777
サイト紹介文アンチSNSが司法試験・予備試験の合格を目指す
自由文アンチSNSが司法試験・予備試験の合格を目指す
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供192回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2011/10/31 16:17

アンチSNS さんのブログ記事

  • トレーニング
  • 半年くらい前に入り、1か月くらいトレーニングして、その後もフォローし続けてきた人が居たのだが、急に辞めると言われた。変な感じで半休を取ってたので、なんだか予想していた。これだけピタリ予想が当たるということは、ロト7を買ったら当たる勢いかと思ったが、外れたw正直、トレーニングに投下したコストは回収できてないと思うが、うちのチームの弱点としては、人を育成した実績がほとんど無い点であり、このことにより身内 [続きを読む]
  • 残された part1
  • さて残された人生は、文学とともに終わりを迎えたい。法律と文学の融合。「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」著名な文学作品は、冒頭の文は有名でも、終わりの文はさほど知られていない。雪国は、真っ白な雪で始まり、火事で終わる。広げた風呂敷が最後にどうなるのか。風呂敷を広げるところは年中見ていても、最後にどうなるのかまでを見てないことが多い。全てを包み込み吸収するブラックホールに成長するのか、燃えて真っ白 [続きを読む]
  • 危険の現実化
  • ナイフで刺された被害者が、救急車で搬送される際に救急車が事故って死亡したように、介在事情がある時の因果関係これがずーっとよくわからなかったが、旧司の予備校説を捨て、結果無価値で「危険の現実化」という考え方をすると、割とシンプルなのかもしれない当時のブロガーさんのどなたかが言ってたのは、たぶんそのことなんだろうなあ行政法がつまらなすぎて中々前に進まないが、刑法は面白い [続きを読む]
  • 代理
  • 代理の問題をいくら解いても、何故か解けるようにならなかった気がする通謀虚偽表示は何故代理人を基準に判断するのか(民102代理人かどうかからは離れて問題を考えると、そもそも、AとBとの契約なのだから、Aが知ってるかどうかが問題しかし、Aが代理人の場合、本人に操られる立場でもあり、独立した人格とまではいえないだから、例外的に、本人の指示を受けたまたはそれに類する状況なら、当然本人も規準とすべきだ(自分な [続きを読む]
  • 競争
  • 同じ会社内であってもむろん競争はあるだろうと。パイの大きさが同じであれば、部署Aから業務を奪い取れば部署Bは成長する。自分が部署Bならそうする。つまり、同じ会社だから自動的に「イコール仲間」というわけではない。すべてはgive and takeなのであり、組む価値が無いと思われた部署Aは滅びるのみ。この場合、部署Bはだましだまし部署Aをじょじょに侵食すりゃいいわと思ってるしわざわざ殺しにいってる部署Aにそんな [続きを読む]
  • 偽計による公務執行妨害
  • 権力的公務は、偽計による業務妨害は成立しないみたいなことを、遠い昔に学んだ気がする(おいおいwつまり、警察官に対しては偽計による業務妨害で有罪になることは無いのかと思ってた。交番の前で白い粉を落とし、警官にわざと追いかけさせたような事件の判決があり、高裁では罰金だった。弁護側の反論としては、冒頭に述べたように、つまり偽計による公務執行妨害は成立しないということだ。なのになぜ有罪なのだろう。しかし基 [続きを読む]
  • 自分の知らない場所でいろんなことが起きている
  • 米津玄師のアイネクライネって曲いいねあるPJに居たとき、仲良くなってからも、オフィスでは一言も会話したことが無い女子が居たけど、僕はその子とあるきっかけで飯友達になり、月1−2回くらい、2人で飯を食ってた休みの日も数回会ったひと回り以上、年の離れた男に良く飲みに誘われており、以前自分はLINEをやってたので、その誘いの直後に「うぜ〜」みたいなLINEが来て、ウケたそんな筒抜けになってることも当人は [続きを読む]
  • 銚子電鉄
  • 今のPJの付き合いで契約してたある契約を、今日解約したその後、銚子へ行く。東京から、特急で2時間。夕日を見たいなーと思いながら、犬吠から外川まで海岸沿いの道路を歩く。誰も居ない。民家と海しか無い。貸し切りの、プライベートビーチのようだw2回も、見回り中の?パトカーに遭遇した。犯罪とかあるのかこのあたりで。しかし、砂浜は無い。すごい、見渡す限り水平線。雲が厚くて夕日は見れなかった。もういろんなものが [続きを読む]
  • サービス業
  • 最初のPJで、サービス業とは何かという心得を叩き込まれた。改善要求が来るということは、まだ言えば改善されるという期待を顧客が持っている。言っても無駄と思われると、何も言われなくなり、黙って契約を切られる。弁護士も結局はサービス業なので、サービス業とは何かという点は通じるのではないだろうか。水かけられたりすることも、ままあるらしいがwしかし、ここまでの話は、ビジネス書でもよくあるような話だ。クレーム [続きを読む]
  • 太陽とオオカミ君 part2
  • うーむ、スーパー眠い。朝の通勤電車で勉強し、自習室で勉強し、帰りの電車でも勉強した。グランドスラム達成wしかしこのー、太陽とオオカミ君で、脱落した「ふみや」ていうキャラが居て。よく少女漫画で「王子様」出てきますけど、リアル王子様だなと。実在するんだw10代後半だけど、日本に居る99.9999%の男を既に上回ってますね。10代なのに。現代のジェームスディーンもしくは石原裕次郎だな(例えが古いいったい何食って、ど [続きを読む]
  • 太陽とオオカミ君
  • しかしこの番組のラスト2回は素直に凄かった。「君の名は」クラスに凄かった。2人の未来を歌った曲かと思いきや、実はオオカミであることの苦悩を歌った歌だったって、アガサクリスティーもビックリだわ。たぶん、出演者任せの局面と、制作者の作為が働いてる局面とあると思うのだが、(例えば、本命が脱落してやることが無くなったキャラに、番組の都合上、他の男とも絡むような展開に持っていくとかは作為を感じる)この曲のシ [続きを読む]
  • 真夏のオオカミ君 最終回
  • abema TVの歴代最高視聴数は、亀田の1400万超えらしいけど、この番組も、たった1時間で300万超なのですごい。しかし「犯人」は意外な人物なのが定石だが、たしかに全然予想がつかなかった。。。最終回の1回前の放送が、コイツは絶対「犯人」はあり得ないという内容だったので、完全に騙されたw(前のシリーズも、意外な人物が「犯人」だったな。人を騙すためにまさかそこまでやらないだろうという、というのは、あまりやりすぎる [続きを読む]
  • あやまちを認める
  • 遠い昔、新人の頃、ものすごいめんどくさい女子が居て、僕は全く相性があわなかったが、同期の男はこの女子とめちゃめちゃ相性が良かった。ということは、自分には何らかのコミュニケーション上の欠点があって、それを改善すれば自分も彼と同じようにうまくやれるのだろうと。すなわち、うまくできない原因は自分にある。とまあ、割と自分は謙虚に自分の欠点を認めることができる。ただし、欠点を直す気まではあまりないwww [続きを読む]
  • 固有の商人
  • 商法総則の勉強をまともにやったことが無いので、商人とは何なのかがいまだに曖昧であるで、最近ちょっとずつ基本書を読んでいるが、具体例が無いのでイメージがわきにくいイメージできる単語は覚えやすいが、イメージできないと覚えにくい「結婚」という単語は、抽象的概念かつ動詞であり、本来視覚化できない。でも実際は、「結婚」という単語を結婚に派生する単語と紐づけて記憶しているはずである。具体的には、「結婚式」だと [続きを読む]
  • 平成30年司法試験予備試験_短答過去問_part2
  • 〔第10問〕民法上の金銭消費貸借に関する次のアからオまでの各記述のうち,判例の趣旨に照らし誤ってい るものを組み合わせたものは,後記1から5までのうちどれか。ア.金銭消費貸借の予約は,書面によらなければならない。 イ.貸主が借主の指示する第三者に金銭を交付した場合であっても,金銭消費貸借は効力を生ず る。 ウ.金銭消費貸借において,反対の意思の表示がない限り,貸主は法定利率による利息を請求す ることがで [続きを読む]
  • ドラマ「天」
  • 久々に、休みの日に家で勉強した想い出した。ずーっと、自習室での勉強がしっくりこなかった。当然だ。だって子供のころから、勉強するとき机で勉強したことはほとんどない。基本的に、ベッドの上で寝っ転がって本を読んでいた。やはり、この方がしっくり来る。この感じが幸せw 勉強も全然はかどる。ドラマ「天」テレビドラマだが、Paraviだともう、何故か全話公開されてるので、全部観たwこれは、当時読んでて、単行本も全部持 [続きを読む]
  • 提訴
  • マスコミ用語の法律用語がある。最近思うのは「提訴」。良くニュースで出てくるなあと。民事訴訟法の教科書に出てこない単語なのである。「訴えの提起」が正しい法律用語である(民事訴訟法133条参照)「書類送検」刑事訴訟法に出てこない単語である(刑事訴訟法246条参照)。起訴するかどうかは検察官が決めるわけだが、その際常に被疑者の身柄を拘束しておかないといけないわけではなく、軽微な罪等の場合は司法警察員(要は警察 [続きを読む]
  • カーネギー先生
  • 学生のときカーネギーの本を買った。海外の本は大体そうだが、外国語を日本語に翻訳するプロセスで回りくどい言い回しが多くて、読みにくいことが多い。とても読みにくいので、結局断片的にしか読まなかった。すると最近、「超訳 カーネギー」みたいな本が出てたので買ってみた。すげえ、超わかりやすいw元の本が大学で習う偏微分方程式だとすれば、この本は小学校低学年で習う1桁の足し算クラスにわかりやすいwww前このブロ [続きを読む]
  • 東京ラブストーリー
  • 「ノーマーク爆牌党」という20年くらい前のマンガが実写映画化される。久々に読んだらいまだに面白い。しかし一度読んだ本は、読んでるうちに、ああ、あったなと思い出す。断片的に記憶してるものが繋がるのか、覚えてること自体を忘れてたものが、想い出すのか。というプロセスは置いといて、一度読んだ本を想い出すのは早い。つまり、死ぬ思いで覚えた法律の知識は、想い出すのはたぶん早い。勉強さえすればw東京ラブストーリー [続きを読む]
  • 岸谷五朗
  • yahooで岸谷五朗の苦労話を読んでて。睡眠3時間だけど、楽しかったと。そういえばこの間観た映画で、末期がんでもう助からない登場人物が、「俺はまだ生きていたい。やりたいことがまだまだあるんだ」と言って泣き崩れるシーンがあるが、そこまでやりたいことがあるってこと自体がうらやましい。何はともあれ、行政法の本をひたすら読んでる。 [続きを読む]
  • 台風
  • 夜8時に電車止まるって、この10年で経験無いな。。ただ地下鉄は動いてたので、普通による11時まで都内に居たけども。日曜なので、唯一見てるテレビ番組「オオカミ君」を観た。なんだろう、脱落した回から急に、台本臭くなったなとwそこまでは参加者は本気だったけど、あとは番組なのでしょうがなくやってるだけで、もう本気じゃないんだろうなおそらくていうwwこれだと、最終回成立しないんじゃないかなあ脱落した回が、事 [続きを読む]
  • 映画「きらきら眼鏡」
  • 結局、9月に観ようと思った4本の映画はひとつも観てないな。。。代わりに、「きらきら眼鏡」を観た。うーん、これは、いい。とてもいい映画だった。生きる希望が湧いてくる映画だった。70点。大げさであざとい演出はなく、淡々とした描写が逆に胸に迫る。死んだ恋人を忘れられない主人公が、恋人との想い出の場所に行くと、普通なら回想シーンが挿入されるようなシーンだが、死んだ恋人が目の前の風景に実際に居るのである。うー [続きを読む]
  • 神頼み part2
  • 宗教はやってないが、お祈りには効果ある。なぜなら、毎日そのお祈りしている願望を強く意識することができるからだ。なので、神を信じていようが信じまいが、お祈りはお勧めであると最近思うwたとえば受験に成功したいならば、毎日祈るのは効果的だ。少なくとも、1日1回、「あーおれ、そうだった、勉強しなきゃいけないよね」と意識するわけだから、勉強する確率はあがる→合格確率は上がる。にしても今日。あまりにも体調が悪 [続きを読む]
  • 神頼み
  • 宗教はやってないのだが、1週間くらい前から、通勤途中の神社の前で、一礼するようになったそれから、妙なことが良く起こる。気のせいか。前を歩いてた女性のリュックから1000円札が落ちた。ハラハラと。なんじゃそりゃ。なんでそんなとこから落ちるんだ。呼んでも振り返らないので、1000円拾って直接前に回って届けた。地下鉄を壁側で待ってたら。5メートルくらい前のホーム側を歩いてたカップルの男がこちらを見て、こちらの [続きを読む]
  • 常識非常識
  • エレベーターで。乗る人が多かったりして乗り降りに時間がかかる場合、通常、ボタンに一番近い人が、「開」ボタンを押してあげるものだと思ってた。しかし今日、そうじゃない女子を見た。そのせいで、乗ってくるひとがガンガン扉にぶつかってるのである。女子の指を見ると、すごい気味悪い黒いネイルが。。ええ、どこの会社だよ!?と思ってたら、俺と同じ方向に向かう。え、うそでしょ!?・・・と思ってたら、隣の会社が居るエレ [続きを読む]