マイロン さん プロフィール

  •  
マイロンさん: 艦船ラジコン始末記
ハンドル名マイロン さん
ブログタイトル艦船ラジコン始末記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/lt_goldman68
サイト紹介文1:200スケールの日本海軍ラジコン連合艦隊を編成する男の集い。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/11/01 15:47

マイロン さんのブログ記事

  • 小改造@3Dプリンター
  • 盆休みは暑すぎたので、家から出ないを前提でAmazonでリニアレールを購入。前から気になってたFDM式の3Dプリンターを改造するのだ!何が気になるって、x、y、z軸のすべてのスライド部がガイドローラー式で、ガタが気になるのなんの。M5のネジがローラーの軸穴のシャフトとして、アルミのパイプで両端を挟まれた3つのローラーがトライアングル状に配置。その1点と2点のローラーが、アルミの溝付き引き抜き材の溝を滑る仕組み [続きを読む]
  • ボートダビット
  • あー、全部表示としたら後部マストに電探が出ちゃった。wボートダビット付いたら艦中央の解放感がなくなった。大スケール3D系の良いところは、初回は作らねばならぬ部品のオンパレードだけど、艤装品の殆どが後発のモデルに使えるのだな。その分緻密に作らないとってなるんだが。4番3連装機銃座から方位測定所越しに艦橋を臨む。画面の中央がアセチレンガス発生装置だがこれと同一形状かは自信がない。古い溶接機のHPや文献から [続きを読む]
  • 英国歩兵戦車A12と八九式と鵜来型
  • A12の方は操縦手席のバイザー周辺、八九式は足回りと胴体の接合部に手を加えた。A12のこの辺は鋳造のため、割とR面取りが多くて、写真とか動画見ると佇まいが変って見える。ザックリした車体のリベット接合と板厚寸法の入った図が基なんで、この辺は写真がベース。まー遠からず、近からずといったところか。八九式もそんな感じなんだけどね。自衛隊の実車写真は撮ったけど、接合部は見えない。wあ、鵜来もすこし進めてみた。爆「 [続きを読む]
  • 英国歩兵支援戦車A12
  • 車体形状、特に前部のボリュームがありすぎたので、上部の傾斜を緩めに。そうしないと車体上面の装甲と前部の傾斜の差が小さく、色々と寸法的に余裕がないとかなんとか。あと砲塔も、防楯周りに手を入れる。なんというか砲塔の高さと砲身の細さのギヤップが面白い。足回りは、ラジコン化したときに見えないけど実車同様の構造とする。八九式は板バネだけど、こちらはコイルなので金属スプリングで可動させられそう。色はモチベーシ [続きを読む]
  • 2/3
  • 久しぶりにネタを上げるんだけど、それなりの理由ってのが理由なんだな。wまー写真でも。右端なんだけど、SLA式の3Dプリンター。前に買ったFDM式は繊細なものには向かないので、細かな艤装を作るために購入。紫外線ランプをモノトーン液晶画面で遮ったりしながら、感光して硬化した樹脂を引き上げる方式。引き上げピッチは0.02?ぐらいからだけど、液晶面ピッチが1920x1040だったっけ。もうちょいだせば2540x1400ぐらいのが買え [続きを読む]
  • 戦艦霧島砲塔@3Dプリント
  • 連休後半の後半h霧島の砲塔作ってみた。現在の1/200RCの砲塔は、かなり古いポーランド製ペパクラが基になっていたので、やや平べったい印象。5月23日?稲毛で走行会なんで、ちょっとイメージ変えてみようかと。3Dプリンターで4個作っちゃえば楽なんで、とりあえず3Dcadってみた。大正元年の霧島砲塔の組み立て解剖図とか。CADのバックグランドに下絵として読み込ませた状態。ウチのRC霧島が昭和16年設定なので、この図面のままだ [続きを読む]
  • 久々の更新
  • 3Dプリンターの積層痕が気になりだして、メカ系の原因洗い出しで目途がついたぞ。どうやら、密着性をよくするためのヒートベッドの輻射熱で、ベッド自体を支えるアクリル製の台座が歪むらしい。そりゃそうだ。軽いとはいえアルミの3mm厚の300mmx230mm板が乗っかってるんだから。ソフト的にはベッドの9か所の高さを計って、板の傾き分を補正するシステムになってるけど、センサーが無いので有名無実化してる。センサーは発注 [続きを読む]
  • シェル化
  • 船体をほぼ三等分して、ソリッドの中身をくりぬきました。船体中央はバッテリー入ります。煙突の真下はモーターの予定です。あわよくば放熱に使えるかもね。wギミック載せない分、相当の部分が浮沈対策のフロートになるな。船首部はほぼすっからかん。舷窓も残っている写真をもとに位置決めした。プロペラガードもついたし、舵孔やスタンチューブも取り付けやすい様にした。ただし舷窓の眉毛と両舷の補強用の棒は、船体を結合して [続きを読む]
  • 一旦、艤装は中止
  • 船体がソリッドでシェル化してないので、船尾を丸くしたのちに中刳りします。一応はRC化前提なので、機材を積むための空間が必要なんですね。おまけに3Dプリンターのワークエリアも制限があるので3分割に。舷窓も鵜来型「志賀」時代から増えてるので、その辺までは終わらせてからかな。今週一杯ってところ。で、今週末に舳先の出力いけるかな。連休中に船体結合まで行ければ、だいぶ楽なんだけど。 [続きを読む]
  • 甲板の色
  • グレーなんだっけか。でも緑の方が鮮やかで良いなぁ。イタリアの国旗みたいで。w実際はこれだったのかな。船体に舷窓とブルワークのフラッドホール、甲板やマスト手直し。「おとこたちの大和」鑑賞しながら。艦橋以降の上甲板に増設された部屋の舷窓は未着手。フラッドホールの前2つは1〜2フレーム分後ろが正解かな。 [続きを読む]
  • こりゃー改良しないとな。
  • あちゃ〜。目を離してたら、舳先が出力されてない。サポートのなかった錨は出力されるも無残な姿。wそうそう除去。舳先が出力されなかった理由はフィラメントが送られてなかったから。原因はここ積層が進んでヘッドの位置が高くなると、フィラメントの挿入口にスムーズに入っていかないようです。そこそこ抵抗になってるらしく、挿入口で削られたフィラメントの滓が付着してます。水平に置いてあるので巻き数が少なくなり、ヘッド [続きを読む]
  • 置く場所考えないと。
  • 1/100鵜来の舳先のテスト出力がこんな感じ。今、高さ200mm超えたとこかな。積層面これ。あれ〜錨のサポートがついてない。自動生成の設定だったけど。wそれと失敗したのが、掃除してたら掃除機当たって座標が10?狂った。一時停止して、XYホーム原点座標に戻したんだけど、1層分Z方向狂った。最後に修正とペーパー掛けするんで良かろう。錨は考えないことにする。wベッドに剥がれ易い様にシートが張ってあるけど、それのために造 [続きを読む]
  • 3Dプリンター、買っちゃいました。
  • 最近、ニョロニョロ式の3Dプリンターが¥30K台で買えるので、ここぞとばかりに買っちゃいました。とっ散らかってるので、このアングルで。w三分割すれば1/100鵜来型は余裕で作れそう。ただし、意外と面倒くさい。温度管理はだいぶシビアで、フィラメントの材質やらベッドの温度やらで、キレイにできるか鳥の巣作っちゃうか。ちょっと試しに1/16「チハ」砲塔を1/35で出力してみた。サポート材をむしり取った後だけど、結構荒い [続きを読む]
  • あ〜忙しいかった。
  • あ〜もう忙しくてたまらん。先週は新製品の入稿に始まり、金型型割り検証と改修指示、T川市の模型メーカー表敬訪門と社長さん交えて懇親会の酔いも抜けきらぬうちに、大洗でイベントとか。爆もう、東莞出張以降ずっとこんな感じ。いやいや、仕事が回ってくるのはいいことなんだけどね。よそ見て、ウチ見ると気づくことも多いわけで、今後なにがしかの対策撃たないとねっと。で、こんな感じで忙しいのが続く気配濃厚なので、「こじ [続きを読む]
  • 千葉市海洋公民艦こじま@鵜来型
  • いやいや、何あろう1/1スケール3D「鵜来」型海防艦のデータは、本来、千葉市海洋公民館「こじま」の前哨戦だったりする。先に1/200は海防艦も公民館も3Dでつくったものの、ほぼ丁型海防艦の線図と巡視船「さつま」などの側面写真から大まかな形状を割り出して作ったんだが、友人からの鵜来型の図面のおかけで、1/200の時よりかなり良い感じに仕上がった。気がする。wで、「こじま」の船体データ作ったら、レーザーカッターで一 [続きを読む]
  • レーザーカット、面白い。
  • 蓋、開いてます。全開出力40wってことですが、1mmのABS板、板紙切るのは8パーセントもあれば十分です。艦橋出力してみます。3Dプリントじゃないので、平面ごとにデータを作っていきますが、fusion360の場合、2つのやり方があります。レーザーカットしたい面を選ぶんですが、「Save DXF for Laser cutting」というアドインが入ってれば、図面を作成しなくてもDXFに変換してくれます。もう一つは、CAMで「切削」「2D」を選択す [続きを読む]
  • 最近仕事の話ばっかり。
  • です。wということで、日曜は幕張メッセで1日中、立ちっぱなしな予定。どうやら寒いし、ひょっとすると、またもやインフルを貰っちゃうんじゃないかと気をもんでる始末。A型は嫌だな。うつされたくないな。B型インフルに中国出張で仕事溜まってるから。爆 [続きを読む]
  • 食在広東
  • 昔のCMで「食は広州に在り」とかなんとかあったような、なかったような。前回の出張では現地協力会社の弊社担当の広州の人が「中国料理は高カロリーだし、胃がもたれるし」みたいなこといってて、飯代わりにコーラな生活。夏だったから。w今回も、こってりだけど美味しかったよ。到着日にホテルで会食。途中から酔って写真撮ってないが、揚げ饅頭とかでてたよな。前回は辛いの多かったけどね。ここはさほどではなかった。日本人 [続きを読む]