ベーグルパンダ さん プロフィール

  •  
ベーグルパンダさん: 飛ばない自転車はただの自転車!
ハンドル名ベーグルパンダ さん
ブログタイトル飛ばない自転車はただの自転車!
ブログURLhttp://javision.blog.fc2.com/
サイト紹介文〜The Reluctant TTer(気乗りしないTTer)〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2011/11/01 22:38

ベーグルパンダ さんのブログ記事

  • Javision号、ホイール調整
  • 2018/08/19,22フロント、リア両方から軋み音。リアを19日にHi-bikeで調整してもらいフロントを22日に自分で調整。両ホイール共に、ハブのボルトが手で回せるレベルで緩んでおり増し締めして完了。ハンドルを左右に振っても音がしなくなった。ハンドルを左右に振った場合の異音は・前輪、後輪のハブの締めが甘い。のほかに・ステムの締めが甘い・ヘッドパーツの錆、軋みが考えられるとのこと(Hi-Bike中村店長曰く)確かに、体重が [続きを読む]
  • P5 Amo号、ブレーキレバー調整ボルト修理
  • P5 Amo号、ブレーキレバー調整ボルト修理2018/08/19Amo号のフロントブレーキのMagraRT8の調整ボルトを回しすぎてしまい、ブレーキを握った瞬間にバチンという音と共に、ブレーキが馬鹿になってしまった。RT8内の調整のボルトとボルトを止めていたリングが分離してしまった。3〜4時間格闘するも治らずとうとうHi-Bikeに入院。たった1時間で治って帰ってきた。実は問題を再現するようにRT6を使って自分でも修理をしてみたのだが、 [続きを読む]
  • ポジションの入れ替え
  • 朝、Apti号(ロードバイクポジション)とレッテッタ号(TTポジション)を半々で乗ってみた。同じ姿勢で長時間のトレーニングをすることにはそれなりの意味はある。しかし、脳に対する刺激という意味ではあまり良くない。これは体のフィットネスを上げるという意味を主にもつトレーニングだからだ。だから、30分で切り替えてみた。どちらのポジションも先日からそこそこの頻度で使っているので体はその動かし方をきちんと「覚えて [続きを読む]
  • 技術のジャンプ
  • TTバイクでのトレーニングで明確にわかったことがある。「技能は日々激しく変化する」ということだ。運動をしていて、ある種のテクニックを習得するときに毎日毎日トレーニングをしていて、ある瞬間突然にできるようになるということをよく経験する。これは、若い頃だけに起きることだとずっと思っていたし信じていた。しかしこれは誤りだ。技術の習得は、つまるところ脳の神経網の変化だ。同じ動作を何度も何度もすることで、脳の [続きを読む]
  • ロードバイクポジションとTTポジション
  • Apti号のロードバイクポジションとレッテッタ号のTTポジション。図らずも両方手に入れて練習ができるようになった。そもそもは、練習用バイクがなくなるのを防ぐために実施した措置だったが、メンテナンスが完全に終了した現在は2つのポジションを比較しながら練習することができるようになった。よく言われることだが、ポジションが変わるとパワーが変わる。TTポジションはこんな感じ。・パワーが出ない。・特に左肩が痛くなる。 [続きを読む]
  • Apti号バーテープ蒔き直し
  • 2018/07/16Apti号、バーテープ蒔き直し+アルファとして、Yonexのグリップテープを一番握る場所に追加。Garminのホルダーもエアロバー先端に追加。白いバーテープは汚れが目立ち安い。Apti号の本体が白だったのでバーテープも白だったのはある意味仕方がない。ハンドルを変えたりしたときに交換するのも手ではあったのだが、なんとなく捨てるのが惜しい気がして白が茶色に変色するまで使っていた。なんとなく、グリップがしっとり [続きを読む]
  • Apti号後輪(PowerTap)パンク
  • 2018 07/16パンク:Apiti号、後輪:Powertapリム。空気入口方向(真下側)41.5?。小さな擦り傷のような穴。リムの穴の方にパンク穴が開いていた。最近頻発するApiti号のパンク。リムテープがそこそこ古くパンク箇所でずれていたので、リムテープと一緒に交換対処: ・リムテープ交換 ・チューブ交換タイヤはまだ新しい感じなので変えず。様子をみるつおり。 [続きを読む]
  • バーテープ
  • ロードバイク用のバーテープ。高くて耐久性が低いわりに滑りやすく、どうも気に入ったものが見つからないでいた。なんだこりゃとずっと思っていたら、同じ悩みを抱えるトライアスリートが素晴らしいものを見つけてくれていた。ヨネックス(YONEX) テニス バドミント グリップテープ ウェットスーパーグリップやはり、テニス用、バドミントン用のグリップは違う。汗をかこうがなんだろうがガッチリ保持してくれる。クッション性云々 [続きを読む]
  • 3本ローラー&エアロバー
  • なかなかできなかった、3本ローラーでのエアロバー姿勢。どうしても不安定になってしまって、数分でベースバーに移動していた。レッテッタ号のベースバーは低い。どうしても前荷重でこぐしかない。パワーは出ないし、肩に負担がかかる。いいことなしではあったのだが、ベースバーを握って3本ローラーをこぐのはなんでもなくなった。ふと目前には、エアロバー。少しポジションを変えようと思って左手で握ってみる。案外安定している [続きを読む]
  • ルートラボ復活!
  • 思わず、エントリールートラボを久々に覗いてみてびっくり。ルートラボのJava版がきちんと使えるようになっている!!最近つかわなくなっていたとはいえ非常に有難い。Yahooさん、ありがとう!!妻の体調が復活したら、またロングライド探検にでかけよう。新しいルートをさがそう! [続きを読む]
  • New family member 誕生!
  • 昨日、正午近くの12:08。我が家に新しいメンバーが誕生した。当然、将来はアポロンチルドレンのメンバーになる予定の男子だ。一緒にロードバイクに乗って霞ヶ浦を回ったり、レースに出る日が将来必ず来ることになる。今から、継続してトレーニングを重ねなくては。妻が入院している関係で家事を切り盛りせねばならずどうしても練習時間は減ってしまう。まぁ、仕方ないだろう。丁度Apti号からレッテッタ号に練習バイクを切り替えた [続きを読む]
  • レッテッタ号始動
  • 私の3本ローラー練習を支えてくれたApti号のフロントフォークがとうとう回らなくなった。ローラー練の際の汗のせいだろう。茶色の涙を流すヘッドパーツを何カ月も放置したせいもあり、とうとう動かなくなった。Apti号は妻のクリスマスプレゼントでもらったもので安価なものではあったが非常にお気に入りの自転車だった。3本ローラーなので、ハンドルを切る必要はほとんどないのでヘッドパーツが少し動きにくくても練習はできるの [続きを読む]
  • オリジン
  • あぁ、やっぱり。久しぶりに室内ローラーではなく、外を走った。時間にしてたったの60分。でも、すごく気持ちがいい.走ったのは私の自転車練習の起源(オリジン)となる往復コース。少し景色は変わっていたが、走りやすさはかわらなかった。嬉しくて楽しくて思わず片道の半分をすべてダンシングで突っ走ってしまった。あぁ、気持ちがいい。1時間未満で時間の合間をみつけてちょくちょくと無理をしないで気分転換に走ってみようと思 [続きを読む]
  • CTL:112TSS
  • 自己記録の105TSSを破ってからしばらく108TSSで停滞していたFitness(CTL)だが、とうとう110の壁をぶち破る日が来た。現在、最新状態でCTL:112TSS。週末3日間をかけて、じわじわと量を重ねてとうとう達成した。今月6月末の目標が115なので、もうひと踏ん張りが必要ではあるがまずは、一息という感じか。それにしても、やはり110を超えるというのは何ともしんどい。1日100TSSこなしてもマイナスに働くというのは気分的にきつい。120 [続きを読む]
  • Great pull Panda!!!
  • 40?のレース。前方40秒前に5人。私が引っ張って形成した集団が10人。残り10?。40秒はうまくすれば追いつけるペース。L4〜L5でひたすら追っかける。私の集団も必死についてきてくれる。あぁ、その姿はまるで騎馬隊のようだ。私が先頭で騎馬隊を率いて前方の集団を追っているような形だ。楽しくて、楽しすぎて思わず笑ってしまっていた。呼吸がきつくなると吠えていた。実走行だったらきっとシャウトしている。「俺はTTerだ!!!」 [続きを読む]
  • 記録更新と自己メンテナンス
  • 非常につまらないことではあるのだが、自己記録の更新はやはりうれしいものだ。1.CTLの更新 先日CTLの更新をしてから、休息週をいれて再度CTLの向上を目指した。 結果、昨日CTL108TSSに更新。人生初。2.1日のTSS250を2日連続 トレーニング量の評価指標にしている1日のTSS量だが、1日で 250TSSを超えたことはあっても2日連続してできたためしは なかった。 1日250TSSを超えてしまうと次の日はぐったりすることが多く 150 [続きを読む]
  • TimeTrialバカ
  • 最初からTTに興味があったわけではない。TTバイクのかっこよさに惚れた、そこからすべてが始まっている。だから、あのきっつくて何度も途中でやめたくなって終わったあとに気持ち悪くなってしまうのに、TTレースには出てしまうのが何故か未だによくわからない。今日も、TTバイクのレースだときいて、思わずUpもしないで走り始めてしまった。トイレに言っていた関係で20秒近くロスしているにもかかわらず。180人の参加者で18 [続きを読む]
  • RaceとRide
  • よく議論をされることではあるが、自転車に乗っている自分がレーサーであるのかライダーであるのかはよく議論される。レースをすること、究極的にはレースに勝ち1等をとることを目的とするのか、それとも自転車にみんなで一緒に乗り楽しむことを目的とするのか、どちらのタイプを目指すのかで2つに分類される。この分類方法はあまりにもものを単純化しすぎているのでこの分類に乗るのはあまり好まないのだが、私は明らかにライダ [続きを読む]
  • CTL向上の挑戦
  • CTLの過去最高数値更新を続けている。CTLは結果であって、CTLそのものを管理しようとまでは自分は思っていなかった。だが、実際にCTLのコントロールをしてみて、実際に自分の体力の向上を実感してみて、CTLという数値を甘く見てはいけないことを痛感した。CTLを順調にあげようとする時、最も成功率の高い方法はLSD〜AeTの領域のトレーニングをひたすらすることだ。私の場合だと180W〜220Wのトレーニングがこれに当たる。3時間から5 [続きを読む]
  • 練習量とCTLの増減
  • Chronic Training Loadの定義式CTL =[前日CTL×(84−1)+当日TSS×2]/(84+1)前者の項: 減衰項大体CTLが100TSS程度で頑張っているとすると1日で、-2.35TSS減少することになる。CTL:100TSS: -2.35110TSS: -2.6120TSS: -2.73後者の項: 増加項大体50TSSで1.17程度の増加。それ以降は比例関係。この増加項は前日までの体力の影響を受けないのでその日のトレーニング量だけで決まる。ざっくり言って、休息日の減少率はこんな感 [続きを読む]
  • 時間のある限り行動せよ
  • "Don't think. Just execute the plan" 「考えるな、計画を実行しろ」アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの元司令官Jocko Willink氏の言葉にあるそうだ。この言葉、時々実行してみてその凄さに気が付く。「今、なんかやりたくない」「この方法で意味があるのか」「いやこれをする前にこれを考えないと」「おっとその前にこれをしておくといいかも」「少し考え直してからやろうか」「そうだ、あの話を聞いておいてか [続きを読む]
  • GW自転車三昧
  • GW。いつもであれば、利根川TTに向けて最後の調整週に入るためにあまり練習をしないのがいつものパターンなのだが今年は家庭の事情でどうしても参加できないということで時間の許す限り自転車にのることにした。時間がいくらあっても、回復がおいつかないというのが現実でやりつくそうと思ってもなかなかうまくいかないのが普通だ。4月28日〜5月6日TSS200超え 5日1日平均 148.7TSSわれながらよくやったと思う。1日の最高TSSを250 [続きを読む]
  • ASIA120 ZSG90
  • なかなか達成できなかったライドの完遂。土曜日AMのAISA120と日曜日のZSG90を同時に完走することができた。日曜のZSG90はClassBとClassCの境界の強度で90分のライドだ。リーダーがなかなか優秀でかつグループのコントロールがうまいので、一定ペースを保ちやすいライドだった。実際、先に完遂することができたのはZSG90だった。なんどか、ClassBのライドを完遂して自信をつけたところで土曜日のASIA120に参加した。そもそもはASIA1 [続きを読む]
  • 阻害要因
  • 高強度トレーニングをやめて低強度長時間トレーニングを開始して早1カ月。明らかに持久力の改善はみられるのだが、良いことばかりではない。CTL85TSSを超えてからきつくなってきた。疲労感がとにかく続く。LSDのような低強度トレーニングにもかかわらずその強度でも継続できなくなってくる。睡眠も栄養もリカバリーもきちんとできている。にも拘らず、継続できない。途中で止まってしまう。これは、いったい何なのだろう。いくつか [続きを読む]