amical さん プロフィール

  •  
amicalさん: 参考書
ハンドル名amical さん
ブログタイトル参考書
ブログURLhttps://ameblo.jp/et-amical/
サイト紹介文少しでも子供たち、これから社会に出る人たちの役に立つ事があれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 285日(平均2.9回/週) - 参加 2011/11/02 16:27

amical さんのブログ記事

  • 美容液の考察
  • 美容液には水溶性の物と、オイル美容液の油性の物があります。水溶性の美容液これは化粧水と変わりないと僕は考えています。単に水と成分の比率が化粧水と違うだけだと思います。その割に高いですけどね。まぁ美容液というだけあって、入っている成分はいい物が入っていると思いますが。そういう意味では、化粧水の代わりに美容液でもいいのでは?と僕は考えています。水の吸収に関しては今迄に書いていますが、どれだけ化粧水を [続きを読む]
  • 乳液・クリームの考察
  • 乳液とクリームの違いはオイルの配分量だと言われていますね。厳密には使用感とか違いますが、この記事では同じカテゴリーとして扱っていきます。化粧水との違いは、オイルが含まれている所でしょう。オイルにも当然含まれる成分があります。この部分が1番違う所かと。乳液、クリームにも水溶性の成分が多く含まれています。自作するようになって成分が少し分かるようになって気づいたのですが、油溶性の成分って水溶性の成分と比 [続きを読む]
  • 化粧水の考察
  • 肌の水分量について前回書きました。肌の水分量は、肌が保持できる水分以外は蒸発してしまいます。スキンケアでは保湿とよく言われます。この保湿とは何を指すのでしょうか。僕は今迄スキンケアをする事で、肌に水分を補って水分量を上げる、と考えていました。端的に言うと、外から水分を充てて肌に水分を足す。こんなイメージだったんです。ですがこの考えは、肌の水分量の推移をチェックして間違いだと結論が出ました。という [続きを読む]
  • その後の後悔
  • 早いもので彼がいなくなって今日で1ヶ月です。記事はカテゴリーを整理したので、全部12月に更新されていますが。早いですね。いつの間にかという感じです。この1ヶ月を思い返してみましたが、何にもしていません。1ヶ月間延々と今回の事を思い返す日々を過ごしています。この1ヶ月の間他の方のブログも読ませて頂いたりしました。アルコール依存症の方のブログ、アダルトチルドレンの方のブログ、DVをされている方のブログ [続きを読む]
  • 肌の水分量2
  • スキンケアをしなくとも、水分量のベースを維持できる事は分かりました。では外から水分を補う事は可能なのか。これは洗顔やお風呂の直後にチェックする事でわかります。直前と比較してどうなのかでわかります。これは湯に浸かるのか等の条件で大幅に変わりました。ですが結果として外から水分を吸収は可能です。ですがこれ、どういう条件だったとしても、時間が経つと水分量は戻ります。僕のベースは36%でしたが、必ず最終的 [続きを読む]
  • 肌の水分量
  • 今日の記事は、暫く振りのスキンケアがテーマです。最近の出来事でブログを書こうと思えなかったのですが、ちょっと気分転換をしたかったのもあり、趣味であるテーマで書いてみる事にしました。今回は肌の水分量についてです。暫くスキンケアのテーマでブログを書いていませんでしたが、その間にちょっと気になる事をやっていました。このテーマで以前に、化粧水を使わないスキンケアについて少し触れています。実際僕自身それを [続きを読む]
  • あとがき
  • いつの間にかもう冬になっています。世間もクリスマス本番です。僕は1年でこのシーズンが1番好きです。なんか世間の雰囲気がキラキラしていて、カップルは幸せそう。子供はプレゼントを楽しみにしていて、大人はそのプレゼントを考えていたり。友達がいなくなって数週間、すっかり長風呂になってしまいました。お風呂から出てみれば、入ってから1時間半という事がちょくちょくあります。長風呂好きなんですが、1時間半も入ってた [続きを読む]
  • 友達の死
  • 離婚するにあたり友達も代理人を立てていた。その代理人から奥さんの代理人に連絡があったようだ。妹「友達が自死したらしい」「アイツなにやってんだよっ」最初に出た言葉だ。なんでそんな選択しちゃうんだよという気持ちだったのだが、それを言葉にするとこれだったようだ。妹「〇月〇日みたい。  もう葬儀も終わっているんだって」  奥さんが代理人から連絡を受けて、直ぐ連絡してくれたようだ。どうやらもう既に過去の出 [続きを読む]
  • 悲報
  • ご両親とのメールから数日が経ち、友達のメールに少しずつ変化が表れ始めた。僕は変わったんだよまだ分からないの?僕の気持ち内容が良くない方に変わってしまってきていた。もうご両親にメールしても無駄だろう。だがこれでは結果は見えている。かといって現状出来る事も殆ど無い。だから前回ご両親にメールをしたくらいなのだ。僕は友達にLINEすることにした。もう本人との繋がりに賭けるしかないと思った。今は切れている状態 [続きを読む]
  • 友達のご両親
  • 保護命令が出て数週間、僕は少し心配になっていた。友達はずっと近況報告を奥さんにし続けている。奥さんは殆ど返信していないようだ。余り頻繁に会い過ぎると依存の部分で良くないだろうから、そこは多少我慢をして貰うのも必要だよとは言ってある。今迄は自分が最優先。お店を閉めて迄自分の気持ちを無理矢理優先してきた。この辺のコントロールをして貰わねばならない。そうでないと生活なんて出来ない。しかし友達のメールに [続きを読む]
  • スタートライン
  • 保護命令を出すのに友達のご両親の事が気になった。あれから全く連絡が無くなった。向こうの状況が全然分からない。奥さんが実家に戻る事になり、友達も自分で実家に行った。友達は少ししたら戻ると奥さんに言っていたが。これから友達は6ヶ月という短い期間で、一定の所まで立ち直ってもらわないといけないのだ。実家に戻ってしまうのが彼にとってプラスに働くのかどうか。ただ自分たちの子供の事だ。放っておけないという気持ち [続きを読む]
  • 保護命令
  • お店を閉め警察署へ行った。僕らが着いた時には既に奥さんは回復していた。取り合えず途中で買ってきた飲み物を渡す。奥さんは警官から事情を聞かれている。顔見知りの警官がこっちに来た。「奥さんの実家の連絡先知らないですか?」当然僕は知らない。今迄は友達のご両親の方に連絡を取っていたが、何度も続いているので奥さんのご両親に連絡を入れる事にしたようだ。今迄は奥さんが実家には言いたくないという事で避けて来てい [続きを読む]
  • 不法侵入で通報
  • 朝妹と奥さんと3人で出勤した。一応奥さんはホテルに行ったと建前上なっていたので、奥さんはコンビニに行って遅れて来る事にした。お店に入って10分程して友達が来た。僕と妹がいては好きに話が出来ない。友達は解雇した事を言ってくる。「LINEで送ってきたやつか?」友「そうだよ」「あんな物ではいそうですかってなるわけないだろ。 いつからそんな頭悪くなったんだ?」 友「不法侵入で警察に言うよ?」警察が来た所で問題が [続きを読む]
  • 使いたくなかった手段
  • 友達が病院から脱走してきた次の日、朝から友達が来るか気になったが来なかった。友達のご両親にも現状を昨日伝えてある。午後になって友達が来た。友「別居の件はなくなったから」「そうか。わかった」仕方ない。示談は法的拘束力はないのだ。奥さんが撤回してしまったのではどうにもならない。今迄何度言葉で伝えてきても彼には伝わらない。被害届を出し、奥さんが面会で訴えても暴言だという。その後入院まで持って行ってもこ [続きを読む]
  • 病院から脱走
  • 奥さんがLINEで午前中から困っている。内容を見せてきた。奥さんとのやり取りで気に入らないらしく退院すると言っている。まるで脅しだ。実際奥さんは「脅すの?」と書いている。友「担当医と話したいなら待つよ」と言っている。少し考えて拒否させることにした。この調子では自主退院はどう転んでもすると思われた。その状態で奥さんを病院に行かせたら帰りに2人きりになる。その方が危険だと思われた。妹にも現状を報告する。多 [続きを読む]
  • 友達の状態
  • 友達が入院する事で物理的にDVを止める事は達成できた。これだけずっと動き続けて、やっと最初の段階だ。だがこれでDVが無くなるわけではない。離婚するなら終わるかもしれないが僕らの目的は違う。根本的にDVを無くさなければいけない。なぜDVをしてしまうのか。お酒とDVの関係性。僕が見てきた友達の感情的な部分。少しずつ多少の時間を掛けてやっていかなければ。彼は虐待があったというが、虐待の内容を聞く限り今の状態全て [続きを読む]
  • 入院
  • 勾留期間10日の間、友達に対する奥さんの訴えはあまり届かなかった。望み薄だったのは予想していた事だがどうしてこんなに伝わらないんだ。今迄こうなる前から何度も言ってきている。こうなる可能性の想定はあったが歯痒い。勾留は延長された。延長されるだろう根拠があったので皆落ち着いていた。相手の弁護士から連絡が来る。ここからは一気に話を進める事になる。入院の受け入れ手筈は済んでいた。これも大変だっただろう。入 [続きを読む]
  • 交渉の方針
  • 勾留中の友達への面会で、奥さんは必死に訴えている。だが今の所まだ奥さんの気持ちは届かない。僕は1度面会に行っているが、あの様子では再度行っても無駄だろう。友達のご両親から電話を貰った。友達の代理人から挨拶をされた翌日の事だ。「こっちも代理人を立てた方がいいのではないか?」という事だ。だが我々のような立場の場合弁護士が仕事を受ける可能性は低いらしい。着手金の設定を高くすれば受けてくれる可能性もなくは [続きを読む]
  • 現状の整理
  • 弁護士との内容の報告を受けた仕事の帰り、電車の中で現状を少し整理する。まずDVを止める事が最優先であること。これについては現状被害届を出し、友達が勾留されている事で今は達成されている。今後のDVについても上手くいけばだが、物理的には達成出来ている。入院するのであれば、少なくともその期間の安全は確保出来る。この入院治療に失敗しても別居になるので、元々の狙い通りになるはずだ。この為に示談の条件に別居を入 [続きを読む]
  • 弁護士の挨拶
  • 問題もなく無事に事が終わる。午後、現場検証に何名か警官が来るとの事だ。 ご両親にも事の顛末を連絡する。待機中に連絡を入れていいか聞いたら、作戦行動中で控えて貰いたいと言われたのだ。説明を終えたらこれからこっちに来るとの事だった。 OPEN時間を少し遅れてだが無事に午前の仕事を済ませ、午後の現場検証に立ち会う。通報前に行われたDVの状況を再現している。一通り検証が済んでから今後の流れを聞いた。まずは警察 [続きを読む]
  • 友達の逮捕
  • 奥さんが被害届を出す事を決意した。依存という部分もあっただろう。洗脳とまではいかなくとも、それに近い事もあったと思う。DVに対する恐怖は1番あっただろう。抵抗する事で友達の反応は今迄より大きくなるかもしれない。奥さんも考えたはずだ。DVを止めるという部分に関しては、もうやりきる他ない。1度止める為に立ち上がった結果失敗して元に戻ったら、2度立ち上がる事は難しいだろう。ここからが正念場だ。友達が自分自身と [続きを読む]
  • 勇気と被害届
  • 奥さんに確認を取り通報した。奥さんから電話を切らないで欲しいと言われた。どうやら警察が来るまで電話で繋いで欲しいという事らしい。少しして声が聞こえなくなる。暫くそのまま待つが応答がない。友達のお母様がどうしようと聞いてきた。音声を拾う所を塞いで貰って推測の考えをご両親に伝える。「警察が来て保護されたっぽいですよね。 それで何もないという事はもしかしたら携帯を持って出られなかったのかも知れない。  [続きを読む]
  • 通報
  • アルコール治療を友達が始めて数日。やはりそう簡単にはいかないもので、奥さんの携帯に戻ってこいという呼び出しが来た。ここ数日仕事を手伝いに来ていたのだが今日は来ていない。嫌な予感はするが止めた方がいいとも言いずらい。断酒しているのであれば多少の問題は起きてもおかしくない。僕の彼に対する信頼を見せる必要もある。奥さんがどうするのか見守る事にする。奥さんは面倒くさそうに戻る事にしたようだ。今日は寝るわ [続きを読む]
  • 一時の平和
  • 警察から戻って数日後、彼は言っていたように通院でアルコール依存症治療を始めた。医者からは「失敗したら入院してもらうよ?」と言われていたらしい。薬を2〜3種類出されているようだ。アルコールを飲むと身体が拒否反応を出す薬のようだ。この頃の1週間は今思うと1番平和であり、そして最後の平和だった。この時期は朝から友達が仕事を手伝ってくれていた。奥さんと嬉しい事だと2人で喜んでいた。この頃僕も本当に嬉しかったの [続きを読む]
  • 措置入院
  • 警察を呼ぶような事態になったのか。「誰かケガは?」奥「友達君のお父さんと友達君が少しだけ。  大ケガとかではないから大丈夫」  「そうか、よかった。 こっちに戻って来れるの?」 奥「またこっちに来なきゃいけないけど、  お店そのままにも出来ないって言って1度戻る事にした」  「わかった。それでなんで警察が来てるの?」話を聞くと、どうやら器物破損をしたらしい。実家の鍵は持っていたらしく、鍵を開けて中 [続きを読む]