kakapo1233 さん プロフィール

  •  
kakapo1233さん: ディフェンスラインを上げろ
ハンドル名kakapo1233 さん
ブログタイトルディフェンスラインを上げろ
ブログURLhttps://kakapo.muragon.com/
サイト紹介文ディフェンスラインを上げる。という概念は、人生にも必要な意識なのです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2011/11/03 08:10

kakapo1233 さんのブログ記事

  • 自分も「教科書が読めない子供たちさぁ〜♪」と思った?
  •  『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』を読んで、私は(子どもではなく、老人になりつつあるオジサンですが)、自分の読解力が「AIや教科書が読めない子どもたち」並みであることに気付いてしまいました。 AI vs. 教科書が読めない子どもたち 東洋経済新報社 本  そんな時、BOOKOFFで見つけたのがこの「わかったつもり」。曲がりなりにも、文章を書くことが生業なので、危機感を募らせています。早 [続きを読む]
  • 未来の年表×教科書が読めない子どもたち。
  • 『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』と 『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』を読んだことによる衝撃は 大きいものでした。少子高齢化で労働力人口が減り、企業は存続をかけて AI化を進める。進化したAIは、教科書が読めない人々の仕事を奪う… 高齢者を養うための経費を減らすために、働ける人には働いてもらう、 営利を追求する企業で働くことが難しければ、公的機関で吸収する。 女性が働きや [続きを読む]
  • きみに読む物語
  •  早朝に目が覚めてテレビをつけたら、『きみに読む物語』という映画が 放送されていた。物語の舞台は、1940年代のアメリカ南部シーブルックという 小さな町…ありきたりな物語なのかもしれませんが、ありきたりだからこそ、 自分自身の現在と未来に思いを馳せることができる。お時間許す時に是非… 2004年制作だが、磨き込まれた(再生された?)1940年代の車たちが美しい。 とある療養施設にひとり暮らす初老の [続きを読む]
  • 第47回 常盤平さくらまつり
  • 《今年の常盤平さくらまつりは4/7(土)、8(日)に開催します。  みなさまのお越しをお待ちしています‼》とのことですが、 今年の桜は、3月25日の時点で満開になり、31日には、 花びらが舞う状態に…画像は、25日のもの… 今日(4/1)は、ギリギリセーフかも(・・? [続きを読む]
  • 美原1号公園の桜
  • 千葉県 流山市にある美原1号公園は、 近所の子供たちが遊ぶ、普通の公園なのですが… 上野なんかに行かなくても良いと思う程、 とっても立派な桜があります。 でも、何故か、花見をしている人がいない… [続きを読む]
  • 縞子とBelle
  • KAKAPO家のネコが見たい(・・?というリクエストをいただいたので(^▽^)/ 縞ちゃんは、3年ぐらい前(若い頃、現在6歳、美貌は衰えていない?) Belleは、今年になってから…若さ爆発!ではつらつとしている(?_?) [続きを読む]
  • 誰も教えてくれない人を動かす文章術
  • 誰も教えてくれない人を動かす文章術 (講談社現代新書) 著者 : 齋藤孝 講談社 発売日 : 2010-12-17 ブクログでレビューを見る? プロローグより・・・文章は何のために書くのか? 本書で設定してる答えは、これです。 文章は人を動かすために書く! 言葉には人の心に働きかけ、動かす力があります。 本文より・・・文章を書くために必要なのは、「文章力」や「国語力」でも、日本語のセンスでもありま [続きを読む]
  • 手放すほど、豊かになる
  • 手放すほど、豊かになる (PHP文庫) 著者 : 枡野俊明 PHP研究所 発売日 : 2017-02-03 ブクログでレビューを見る?  ●「人は人、自分は自分」と悟る。●自分にないものを求めない。●いまあるものを大切にする。●自分のことは、自分で決める。ということは「手放すほど自由になるれる」ってことなのかもしれませんね。  「何もない」ところに「安らぎ」が生まれる。モノを大切にする心は、自分を [続きを読む]
  • わかりあえないことから
  •  紀伊國屋書店に、表紙をこちらに向けて陳列されていることの多い、平田オリザさんの本…裏表紙の写真の風貌から、手に入れることを躊躇していましたが、特に後半が期待を超える内容で、気付きをいただきました。  最近、私自身も薄々感づいていたことですが…コミュニケーション能力とは、コンテクストを共有していない者同士が、相手の立場を理解して(理解しようと努力して)、相手が上手く表現できない"本当に求めているモ [続きを読む]
  • 一秒も後悔しない強い生き方
  • 本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書) 著者 : 堀江貴文 SBクリエイティブ 発売日 : 2015-12-05 ブクログでレビューを見る?  結局世の中には「やる奴」と「やらない奴」しかいない…自己啓発の本に、良く書かれていることですが、変りたいと言いながら「やらない奴」は、変わらないように努力しているようなものなのかもしれませんね。  どうしたら本音で生きられるようになるのか。 [続きを読む]
  • 社会を存続させようと生きる
  • DVDブック 最高の自分を引き出す法 ~スタンフォードの奇跡の教室 in JAPAN~ 大和書房 本  私たち一人ひとりが、刹那的ではなく、社会を存続させるように生きることが、結果的に一人ひとりの幸せに繋がるということ、その原動力になるのは、意思の力ではなく、身体の特性を知り、身体をケアすること…  『ストレスを力に変える教科書』だと思い込んで買った『最高の自分を引き出す法』…まだ、日本語訳を読ん [続きを読む]
  • モノを捨てることは、過去との決別
  •  私は、モノが捨てられない人なので、先だって読了した近藤麻理恵さんの『人生がときめく片づけの魔法』とともに、意識していきたい内容でした。  《モノには物質としてのエネルギーがあります。使わないモノや要らないモノをたくさん溜め込んでいると、それらのモノのエネルギーで家の中がいっぱいになり、エネルギーが沈滞していることを意味します。モノを捨てることは、ここにあるモノや現実しか見ていなかった過去の自分と [続きを読む]
  • 人生が劇的にかわってしまう。
  •  《片付けのコツは「一気に、短期に、完璧に」。「まずは、『捨てる』を終わらせる」これを正しい手順で行うのです。そうすると、絶対に元の散らかった状態に戻ることはありません。》  片づけに悩む人をターゲットした本の多くは「先ずは5分だけで良いから掃除をしてみよう!」などとヌルイことが書かれていますが、こんまりさんは、このようなアドバイスを真っ向から否定しています。そして片づけが出来るようになったら、そ [続きを読む]
  • 葬式は、要らないの?
  •  父の葬儀に際しては、スマフォで検索した!にわか仕込みの知識しかなくて、ほとんどの事を葬儀社の担当者に助けられながら決めたのですが、簡素にするにしても仏式で葬儀を行うのであれば、少なくともこの本に書かれていることぐらいは、知っておきたかったと思いました。  生前に何も聞いいなかったとは言え、先祖が世話になっていた菩提寺の宗派も知らないようでは、葬儀の読経を住職にお願いする時点で躓いてしまいます。『 [続きを読む]
  • 我家の菩提寺は何宗?
  •  葬儀をつとめてくださった導師は、曹洞宗とのことだが、仏教にはどのような宗派があって、何が違うの?と、還暦を迎える年齢なら常識!だと言われそうなことすら知らない私は、少し仏教を学ぶことにした。島田裕已氏は、宗教学者なので、信仰を離れた客観的な視座から、 日本に伝えられ歴史に揉まれて変化しながら継承されてきた仏教を解説してくれている。各宗派における宗祖の人生も描かれ、歴史も勉強し直したくなるような気 [続きを読む]
  • お内裏様の笏がなくなった…
  •  毎年、毎年、3月3日に飾られる「お雛様」…  今年は、お内裏様が持っているはずの笏がなくなっていた…  家内は、気に留める様子もなく…  私も、よく考えた末、来年までに、作ればいいか…と…  長女が初節句を迎えた1987年、お雛様が、ちゃんと  重なった着物を着ていることが気に入って買ったのに、  ことしは、愛猫たちの攻撃を受けて、早々に退散、  来年は、縞子が、お雛様、Belleが、お内裏様を [続きを読む]
  •  キャラメル ピーカンボン
  •  国立新美術館で、安藤忠雄 挑戦を鑑賞?した後、  ミッドタウン〜森ビルと散歩しました。  昼食は、美術館に入る前にSUBWAYで簡単に済ませたので、  何か、おやつを食べたいな(^^♪と思っていたら、  森ビルの隣に、<Cinnabon®(シナボン)>というお店が…  Cinnabon®は、1985年に米ワシントン州・シアトルで  誕生した。シナモンロールのお店だそうです。  Cinnabon® [続きを読む]
  •  安藤忠雄 展 挑戦
  • 世界で活躍する建築界の巨匠 安藤忠雄DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ) 宝島社 本  11月16日(木)私は、国立新美術館で開催されている  「安藤忠雄 展 挑戦」に行ってきました。  ( 開催期間は、2017年12月18日まで )  ハイライトは、何と言っても、  代表作「光の教会 礼拝堂」が原寸大で再現されていること。  本物の「茨木春日丘教会 礼拝堂」は、元々ガラスを付ける [続きを読む]
  • Belleがニューハーフ?に?
  •    画期的な消臭剤、デオマジックの件でも書きましたが、  赤ちゃんのころから、ちゃんとトイレができたBelleが、  ここ数カ月、トイレではないところでオシッコをするようになり、  困っていました。動物病院の先生に診察していただいた結果、  どこにも悪いところは無さそうで「スプレーでは?」とのこと…  そう言えば、最近、彼の心のライバルと思われる茶トラが2匹、  外をうろうろしており、メスの縞子 [続きを読む]
  • ショッピングモールの歌姫
  • 11/12(日)NHK総合「目撃!にっぽん」で、下積み17年! ショッピングモールの歌姫として、行き交う人の心情を その美しい歌声で代弁し続けてきた半崎美子の特集が放送! 私は、半崎美子さんとう方を知らなかったのですが、 その歌声を聴いた時、会場の観衆のように涙が出ました。 人々の苦しみ哀しみを一つにまとめ、聴く人に共有させ、 それぞれの人に、明日に向かう勇気と希望をくれる歌… 飾らないアイ SP [続きを読む]
  • スワール モンク ストラップ
  • REGAL(リーガル) スワールモンクストラップ 04 AR BD ビジネスシューズ ダークブラウン 26.0cm シューズ&バッグ  以前、このBlogで「いいですよ(^^♪」と紹介した、ホーキンスの  ビジネスシューズ「エアライト アイステック」私のは、モンク  ストラップなのですが、一つだけ気になることがありました。  それは、トゥが、プレーンではなく、Uチップでもない仕立てに  なっている [続きを読む]
  • ペットの悪臭に「デオマジック」(・・?
  •  9月24日放送の「がっちりマンデー!!」で紹介された「デオマジック」  これは、総合素材メーカーの「シキボウ株式会社」が開発した「悪臭を  良い匂いに変えることが出来る商品」で、近隣住民に迷惑をかけていた  畜産業界の臭いもデオマジックで解決できた、とのことでした。  高級な香水には悪臭も混ぜられていて、全てが調和する事で最終的に  良い匂いがするようになる。という仕組みを利用して、香水から悪臭 [続きを読む]
  •  生活習慣病の原因は、加齢による体力低下!?
  •  加齢による体力低下が生活習慣病の原因  ヒトの体力は20歳代をピークとし、30歳を過ぎると、  10歳加齢するごとに5〜10%ずつ低下すると言われています。  そして、高血圧・糖尿病・肥満などの生活習慣病を引き起こします。  加齢による体力低下を防ぐためには「インターバル速歩」がおすすめ  最大体力の70%以上に相当する「速歩」と、40%以下の「緩歩」を  3分間ずつ交互に行い、速歩が1日トータ [続きを読む]
  • ミュシャ展へ行ってきました
  • 2017年1月14日(土)〜3月5日(日)に開催されていた 「高橋まゆみ人形展−おかえりなさい、故郷へ−」に続いて、 しもだて美術館で開催されている 『アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ展』へ 行ってきました。 油彩は、写真でしたけど、リトグラフについては、 オリジナル(・・?が展示されており、女性の美しさと 生命力の強さを兼ね備えたさ作品が圧巻でした。 特に私が驚いたのは、リトグラフ [続きを読む]