kakapo1233 さん プロフィール

  •  
kakapo1233さん: incalzando(インカルツァンド)
ハンドル名kakapo1233 さん
ブログタイトルincalzando(インカルツァンド)
ブログURLhttps://kakapo1233.exblog.jp/
サイト紹介文追い立てるように、だんだん強くしながら速く ...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/11/03 09:11

kakapo1233 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。8
  • 私の名は、岡田淳一。新入社員の片山真悟は、部門は、違うけどで弟子のような存在だ。ある日、真悟くんが、同世代の女性を連れてきた。岡田:片山くん、田中さん、丁度お昼なので、パワーランチにしようか?片山:パワーランチ?奈々:仕事の打ち合わせをしながらとるランチのことよ、元々は、経営者が投資家を招待して行うビジネスランチなどをさすコトバ。ランチミーティングですよね。TQM(株)には... [続きを読む]
  • 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。7
  • 私の名は、岡田淳一。新入社員の片山真悟は、部門は、違うけどで弟子のような存在だ。ある日、真悟くんが、同世代の女性を連れてきた。片山:岡田さん、紹介します。彼女は、田中奈々、僕と違って、新人研修をトップ通過して、海外部に配属されたエリート候補だそうです。奈々:岡田さん、初めまして、田中菜々です。片山くんが言ったことは、大げさすぎます。ただ、英語が好きなので、海外部に配属され... [続きを読む]
  • 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。6
  • 私の名は、岡田淳一。新入社員の片山真悟は、部門は、違うけどで弟子のような存在だ。岡田:片山くん、僕は人は「自分の技を磨きながら人格を磨いている」と思うんだ。「人格を磨く手段として、才能と時間が与えられた。自分の技で隣の人を笑顔に出来た瞬間、生まれてきてよかった」と思えるんだよ。片山:岡田さん、技を磨く手段に効率を求めてはいけないんでしょうね?岡田:技を磨くためには、途轍も... [続きを読む]
  • 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。5
  • 私の名は、岡田淳一。所属は、品質保証部なのだが、本来、管理職の仕事である新人教育も仰せつかっている。そんなある日、私が勤務している、それなりに大きく、それなりに儲かっている「TQM(株)」に、一人の新入社員が入って来た。彼の名は、片山真悟。芸大を始めとする美大をことごとく落ち、東京にあるデザインの専修学校に通っていたらしい。彼は、入社試験で提案した照明のアイデアが、デザイン... [続きを読む]
  • 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。4
  •  私の名は、岡田淳一。所属は、品質保証部なのだが、本来、管理職の仕事である新人教育も仰せつかっている。今回のテーマは「仕事の進め方」だ。  最近は、良い人材が採用できるようになった「TQM(株)」なので、中には、勘の良い新人も少なくないが、殆どは、組織の目的や目標、それを達成するための手段について、繰り返し話さなければ身につかない。 私のモットーは、管理される仕事の進め方から、... [続きを読む]
  • 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。3
  •  私の名は、岡田淳一。所属は、品質保証部なのだが、商品の企画・開発に関する会議があると、ファシリテーターとして派遣される。ファシリテーターとは、会議に参加する人たちの知恵、情報、経験などを最大限に引き出すために、全員が平等に参加できる場をつくる役割である。  会議では、おうおうにして上司の意見が通ってしまいがちだ。上司は、ある意味その組織で実績がある人物であるわけだが、だからこそ過去... [続きを読む]
  • 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。2
  •  私の名は、岡田淳一、今年、定年を迎え、再雇用嘱託として会社に残った。 組織を離れても稼げる力には、自信がないが、新しいものに挑戦できる好奇心や前向きな姿勢、見知らぬ人とも良好な関係を築ける人付き合いの能力などには、自信がある。 人の寿命が伸び、必然的に働かなければならない期間が長くなる人が多くなる。社会は激しく移り変わり、個人の体力、心も変化するわけですから、いままでの働き方... [続きを読む]
  • 物語の舞台は、とある企業の、とある部門。
  •  それなりに大きい会社で、それなりに儲かっている… だが、ここ数年、目覚ましい新製品が生まれておらず、売り上げも利益も伸び悩んでいる。そんなわけで、競争優位性を維持するために、新たな価値を生み出し続ける必要に迫られている。 しかしながら、イノベーションが起きにくい体質があった。会長を始めとする役員が、営業畑出身で、技術的なことに疎く、それぞれの事業部が提案する新規事業が、潰されて... [続きを読む]
  • 安藤忠雄 展 挑戦
  • 世界で活躍する建築界の巨匠 安藤忠雄DVD BOOK (宝島社DVD BOOKシリーズ)宝島社本 11月16日(木)私は、国立新美術館で開催されている 「安藤忠雄 展 挑戦」に行ってきました。 ( 開催期間は、2017年12月18日まで ) ハイライトは、何と言っても、 代表作「光の教会 礼拝堂」が原寸大で再現されていること。 本物の「茨木春日丘教会 礼拝堂」は、元々ガラスを付ける... [続きを読む]
  • 動物と私
  • 動物とわたし 画像は、恐怖にオノノク縞子ヾ(- -;)何年前のことだか忘れてしまったけど…我が家に野良猫がやってきて、家族になった、その子は、もういないけど、その後やってきた猫が、今は、家族の一員である。猫を飼ったことがある人ならわかると思うけど、猫を飼うということは、自分自身を大切にするということだ。猫は、人間なんか比べ物にならないくらい懸命に生きている。そりゃそうだ、... [続きを読む]
  • 良いデザイナーとは、どんなデザイナーか(・・? 愛である。
  •  ゴミを捨てに行こうとしたら、雨がふっていたので、カミサンの傘を借りました。 でも、傘を開こうとしたら、押しても引いても開きません。だからと言って、ボタンもありません。しばらく、壊さない程度に力を加えたりしていたのですが、よく見たら、柄の部分にボタンがありました。 そうです。ボタンは、昔(・・?の傘のように、露骨に出っ張っているわけではなく、目立たないように柄に面一になっていたの... [続きを読む]
  • セコムのセキュリティシステム「テンキーロック」の欠点
  • 私が勤務している会社は、セコムのセキュリティシステムを採用しています。通用口は、暗証番号を押すだけの簡単な操作で開錠でき、操作のたびに数字の配列変わるので、手の動きや画面の汚れから暗証番号を盗まれる心配がないという優れものです。しかし、画面に直射日光が当たると非常に見難くなる、文字が細くて小さいので、老眼の人には見難いなどの欠点があります。是非、もう少し大きく、太い文字にして... [続きを読む]
  • 「冬ソングといえば?」
  • 広瀬香美 THE BEST "Love Winters"Victor2013-03-21Digital Music Album 「冬ソングといえば?」というお題は、エキサイトのお題ではなくて、 gooブログのお題なのですが、どうしてもインカルツァンドに投稿したくて… というのも誰もが憧れるスキーロマンスを描いた『アルペン』の テレビCMは、そのまんま、広瀬香美さんの歌の世界だったか... [続きを読む]
  • 洗髪シャワー混合水栓の交換!?
  • LIXIL(リクシル) INAX 洗面器・手洗器用水栓金具 ホース引出式シングルレバー洗髪シャワー混合水栓 吐水口長さ135mm ホース引出し長さ約35cm SF-800SYULIXILDIY・工具KAKAPO邸(狭小住宅)も、築19年!?になり、あちらこちらに不具合が出てきているのですが、今度は、洗面化粧台の混合水栓の洗髪シャワーホースから水漏れが発生しました!?水漏れした洗髪シャワー... [続きを読む]
  • モンクストラップ
  •  実は、ストレートチップと一緒に、モンクストラップも買いました。 購入したのは、ABCマート(現役のデザイナーさんは、ABCマートで靴を買ったりしないかもしれませんが、私はもはやデザイナーではないので、良いですよね^^;)で、税込み8,000円以上の一足目を買うと、二足目が半額になるというシステムだったのです。 私が買いたかったストレートチップは、二種類ありました。いずれも二足目対象商品... [続きを読む]
  • ストレートチップ
  •  そんな慣習?は、クリエイティブなマインド?に無関係だと思いますが、新婦の父は、モーニングコートが正装だそうです。 モーニングコートは、元々は乗馬服だったが、次第に公式の場でも着用されるようになり。現在では昼間用の正礼装の一つとなっている。とのこと… 式場になるホテルの貸衣装担当の方が、「靴は、お父様ご自身のものをお持ちください…」というので、「モーニングコートには、どんな靴が相応しいの... [続きを読む]
  • 買って良かった家電 食器洗い機 編
  • 買って良かった家電の第三弾は、食器洗い機 NP-TCB1です。この食洗器、今時、乾燥機能がないという単能機です。でも、購入された方々のレビューを拝見して、乾燥機能がなくても、乾燥する。ということを知り、この機種を買いました。結果は上々、実売か25,000円という低価格にも関わらず、家族三人の食器を洗うためにダイシャリンの活躍です。そうなんです。本来であれば、二人家族向けの小型... [続きを読む]
  • 買って良かった家電 テレビ 編
  • 「買って良かった家電」の第二弾?は、テレビです。テレビの放送が、アナログからデジタルに変わる時、確か、1週間前ぐらいだったと思います。我が家も「地デジ対応」のテレビを買うことになり、いつものように、K'sデンキへGo!もう、既に選択肢は限られており、止む無く、日立のWoooを買いました。日立のWoooは、テレビ本体のHDDを1台、カセットHDDを差し込めるドライブが1台、内蔵... [続きを読む]
  • 買って良かった家電 冷蔵庫 編
  •  冷蔵庫が壊れた時(だんだん冷えなくなって、マーガリンが軟らかくなるようになってしまいました)、ケーズデンキに行きました。予算は10万円、今の冷蔵庫より、ちょっとだけ内容量が大きいぐらいのやつで良いか!と思っていたのですが・・・ 店員さんがすすめるのは、若干予算オーバーの機種でした(ケーズデンキでは、10万円を超えると10年保証、それ以下は5年保証だそうです)。私が気に入った安い機種との... [続きを読む]
  • デザインは、欲望を創造する行為なのか?
  •  ジャックラカンの、「人間の欲望は他者の欲望である」ではありませんが、私たちは、他者が欲望を満たす姿を見て、自分も同じ欲望を満たしたいと思ってしまうようなところがありますよね(・・? 良い車(良い車の定義についての議論は別の機会に譲りたいと思いますが)に乗っている人を見れば、自分にとっての必要性は問わずに、欲しくなってしまいがちなのが、男心です。 でも、そんなことを繰り返して... [続きを読む]
  • デザインは、消費をあおるための道具なのか…
  •  モノづくりの現場から離れて8年、離れていたからこそ気が付いたことがある。 モノづくりの現場にいたときは、消費者の趣向を分析したり、世の中のトレンドを掴もうとしたりすることで、デザインの魅力で選んでもらえるモノを作ろうとしていた。 時として、造りやすさ(リーズナブルなコスト)、耐久性(丈夫さ)、使いやすさ(分りやすさ)などの基本的な性能よりも、多機能であること(使わない機能も多く... [続きを読む]
  • 過去の記事 …