ロム筥 さん プロフィール

  •  
ロム筥さん: 筥迫は続くよどこまでも!
ハンドル名ロム筥 さん
ブログタイトル筥迫は続くよどこまでも!
ブログURLhttp://rombako.hakoseko.mods.jp/
サイト紹介文筥迫!箱迫!函迫子!箱セコ!ハコセコ!はこせこ!が好きな方いらっしゃいませ!
自由文筥迫は文字のごとく幅の狭い小さな箱を意味しますが、パーツや付属品も多く、今どきに流行る「簡単にできる○○…」といった類いの細工物ではありません。
細かい手作業に慣れていない方には「簡単に作れます」とは決して言いません。
しかし、苦労して生み出した筥迫を手にしたときの感動は、だれもが存分に味わっていただけるものと思います。
手作りマニアには納得の細工物です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2011/11/05 11:39

ロム筥 さんのブログ記事

  • 鏑木清方と筥迫
  • 今回は、以前からブログで取り上げたいと思っていた「鏑木清方(かぶらききよかた)」について書きたいと思います。 さじき(昭和20年頃) 鏑木清方(1878年〜1972年)は、明治から昭和期を生きた画家で、伊東深水、上村松園と並ぶ三大美人画家として有名です。 なぜ清方なのかと言いますと、とにかくこの人の絵の中には「筥迫」がよく出て来るからですね。 私が一番初めに清方の絵に興味を持ったのは、上の「さじき」という作品で [続きを読む]
  • これしか入らない「ザ・懐中物」!
  • 私自身の今年の変化といえば、新規さんからの仕立ての依頼を請けないことにしたぐらいなのですが、そのためにできた時間で新しい型を試作する機会が増えたり(公開はしていませんが)、今までできなかった調べ物などにあてる時間が増えてきました。 私としては新しい型を試作しているときが一番楽しいのですが、時間をかけて出来上がったその型をどう活かそうかと考えたとき、即、講習会につなげられれば楽なのですが、そう簡単に [続きを読む]
  • お見舞い申し上げます
  • 関西での地震のお見舞いを書いたばかりなのに、今度は西日本の豪雨災害。 信じられない高さで街中を流れる泥水が、まるで東日本の津波を連想させるものでした。 その時にブログを書いていたのですが、違う世界の話をアップする気になれず手を止めておりましたが、昨日は豪雨からの晴天だったこともあり、ブログをアップしました。 しかしながら、その直後の、晴天なのに川が氾濫するというあのすさまじいニュース映像を見て、現地 [続きを読む]
  • 2018.7 日本刺繍の定家文庫 nano mofさんの作品
  • こちらは、7月10日に一瞬掲載したものですが、改めて掲載させていただきます。 画像は前々から用意していたのですが、確か梅雨も早々に開けて急に蒸し暑くなった時期で、何か清涼感のある作品をと思って用意していたものでした。 nano mofさんの刺繍による定家文庫をご紹介させていただきます。去年(2017年)の秋にお仕立てさせていただきました。ご好意により掲載させていただきます。 菊=秋ですが、この猛暑にうんざりしてい [続きを読む]
  • 『籠千代田お針箱』プレ講習会に変更
  • 講習会の中級コースでは、申し込み後に教材一式が郵送されますので、その中に同梱されている指示書を見ながら下準備をしていただきます。 下準備のある講習会なんてそうそうないとは思いますが、とにかく「1日で仕上げる!」任務を全うするために、ありとあらゆる手を尽くしています(苦笑)。 型紙をホットメルト紙に書き写し、裁断してスジを入れる、という作業が基本ですが、筥迫のように巾着や房を作ってくるというものもあり [続きを読む]
  • 2018.6筥迫講習会『筥迫装飾』
  • 6月3回目の講習会は、今回から始まった「筥迫装飾」講座でした。 過去の素晴らしい筥迫を見れば、筥迫に最も適した装飾方法は「日本刺繍」ということで異論はないのですが、ご存知の通り日本刺繍というのは恐ろしく手間のかかる装飾でして、これだけ筥迫作っている私でさえ、今までに作った刺繍筥迫は10個にも満たない。 小さな画面にここまでの手間暇をかけることを考えれば、刺繍筥迫が特別な装身具扱いされるのも当然のことで [続きを読む]
  • 来年以降の構想
  • 昨日の朝ブログをアップしようとした矢先、大阪での地震を知り手が止まりました。時間を追うごとに現地での詳細な状況が見えて来て、講習会にいらしてくれたあの方もこの方もご無事かしらと心配になりました。関西地方にお住いの皆様、心よりお見舞い申し上げます。 翌年の講習会で新しい「型」を出そうとすると、だいたい今頃から準備しなければなりません。 コレクションしている古い嚢物の本から、型をコピーしてまとめたファ [続きを読む]
  • 2018.6筥迫講習会『念珠入(組入)名刺入』
  • 6月の講習会2日目の講座は『念珠入(組入)名刺入』でした。 珍しく3名だけのこじんまりとした講習会でした。 去年までは入門の『金封袱紗」を通過しないと他の講座を受講することができなかったので、初級あたりでかなり渋滞していたのですが、今年は前半に山ほど金封袱紗をいれていたせいか、渋滞も解消されようで、来年からはバランスよく色々な講座を振り分けてスケジュールを立てられそうです。 J.Yさんの作品(神奈川県 [続きを読む]
  • 2018.6筥迫講習会『扇子入とハサミ入』
  • いよいよ梅雨に入ろうかという時期になりましたが、皆様いかがお過ごしですか? 梅雨が明けたら一気に夏!ということで、講習会では今月、来月と『扇子入とハサミ入』を企画しております。これは、夏扇子がこの時期でないと探しにくいからです。 K.Nさんの作品(石川県在住)よく「絽を嚢物に使えませんか?」と聞かれることがあります。しかし夏場の懐中は蒸れる。湿気(汗)でヨレヨレになるのは嚢物が可哀想とつい思ってしまう [続きを読む]
  • 日本刺繍の筥迫 〜ままねこさんの作品〜
  • 先日の講習会に参加されたままねこさん(静岡在住)が日本刺繍の筥迫をご持参くださいました。あまりにも素晴らしい作品だったので、是非皆様に見ていただきたく、今回はこれらの作品をご紹介致します。 バタバタな講習会の合間に撮影したものなので、ライティングもなしでわかりずらいかもしれませんがご容赦ください。 まずはままねこさんのご紹介ですが、お住いは静岡県で、筥迫工房の講習会には2016年から通っていらっしゃい [続きを読む]
  • 新講座『籠千代田お針箱』(旧名称:雅籠裁縫道具入)
  • 今年新規の講座として登場する「雅籠裁縫道具入」を、「籠千代田お針箱(かごちよだおはりばこ)」に改称してご紹介させていただきます。 講習会では人気の「携帯裁縫道具入」講座もありますが、実際に家で使う裁縫道具入れは、複数の色糸を一緒に収納しなければなりません。 当初、私自身は手元にあった安価な籠に簡易な袋を付け、色糸と針刺しを入れただけの裁縫道具入れを使っていました。 しかし、袋物を教えている人間がこん [続きを読む]
  • 筥迫講習会2018.5『縢襠付筥迫』
  • 今月の講習会は、「金封袱紗」「巾着&房」「縢襠付筥迫」の三連続講習でした。 地味系の嚢物が多い中で、さすがに縢襠付筥迫は華やかな生地で作られる方が多く、それだけでテンションが上がります。 H.Sさんの作品(神奈川県) 今回の講習会では、2回目参戦の方も数名いらっしゃいました。頻繁にバージョンアップしているので、以前参加された時よりも随分違っていると感じられたかもしれません。 前日は「巾着と房」の講座が行 [続きを読む]
  • 新講座『筥迫装飾(切付・金装飾・挟玉縁)』
  • 5月は3〜5日で三連続講習会が開催されましたが、6月24日初開催の『 筥迫装飾(切付・金装飾・挟玉縁)』の申込日が押し迫っていることもあり、こちらを先にご紹介させていただきます。 縢襠付筥迫は実用的な装身具ではありませんが、この筥迫を堂々と使えるのが、婚礼を迎える花嫁さんや成人式の振袖といったハレの日の主役たちです。 実際に「使う」という意味においては、この方々にとっては「実用」なのかもしれません。 し [続きを読む]
  • 成人式の筥迫 〜そして潮干狩り〜
  • 今回は成人式の筥迫です。モデルは、以前「十三参り〜撮影〜」に登場したN.Hちゃんです。あれから7年、こんな素敵な女性に成長しました 実際の成人式は来年ですが、今回前撮りをしたということで画像をいただきました。顔出しOKということなので、久々に表情のある成人式画像をご披露することができます(ご協力感謝!)。 そして、この筥迫も4年前の「十三祝い徒然」で使ったものです。 Nちゃんのママとは妹のRちゃんと娘が保育 [続きを読む]
  • 雅籠裁縫道具入 カゴ来た~〜!
  • 雅籠裁縫道具入 4月開催予定の『雅籠裁縫道具入』では、籠が入荷できず中止になってしまいましたが、その後なんとか別の入荷先を探し当て作ってもらうことに。 サイズだけ言って本当に指定通りのものができるのか?とハラハラしましたが、昨日無事到着しました〜(それもタイからの国際郵便!)これで何とか8月18日(土)の講座は開催決定です! 『雅籠裁縫道具入』の外観はこんな感じです。この手の一般的な袋と違うのは、上に [続きを読む]
  • 2018.4 筥迫講習会『三段口扇襠筥迫』
  • 4月の講習会は『三段口扇襠筥迫』でした。 三段口扇襠筥迫は、段口3つ、袋1つ、鏡、差し込み1つと、それほど複雑でない仕様で作った実用的な筥迫です。薄幅でスタイリッシュさが特徴の使いやすい懐中物です。 H.Sさんの作品(神奈川県在住)満開の花が美しい筥迫です。 縢襠付筥迫の本体の部品数が17とすると、三段口扇襠筥迫の部品数は23です。5つほど部品数が多い。初めて作る人にはどの部品がどこに当たるのかが想像つきに [続きを読む]
  • 二ツ折小被付筥迫
  • 久々に「二ツ折小被付筥迫」を作りました。 こちらは型の変更はないのですが、講習会のサンプル画像を替えるために作りました。でもよく考えたら、二ツ折は今年は1回のみ(10/8)の開講なのでした、、、。来年からはまた二回に戻しますのでご容赦を。 筥迫本体の外見は実にシンプルで、被せさえない二ツ折に胴締めがついただけの型です。その代わり付属の小物が細々(こまごま)と付いているのが萌えポイント 筥迫本体のシンプル [続きを読む]
  • 講習会申し込み「巾着と飾り房(筥迫用) 」お詫び
  • 本日は「巾着と飾り房(筥迫用)」の申し込み日なのですが、なぜかカートが時間通りに表示されません。サーバーの方の管理者画面の設定もなぜか項目が表示されず、しばらく時間がかかりそうです。復旧するまで、以下お問い合わせ画面の方から申し込みを受け付けます。大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願い申し上げます。 ?筥迫工房へのお問い合わせ ただいま復旧いたしました。(2018.4.5 7:28) こちらからお申し込み [続きを読む]
  • 縢襠付筥迫 講習会版(大判・硬綿芯)
  • 講習会の5月以降のコース詳細が出ていなかったのですが、縢襠付筥迫のサンプル画像が出来たので、この後の講座もこれから順次アップしていく予定です。 去年からの講習会システム変更に伴い、以前までのサンプルと出来上がりが変わっているのですが、新らしいサンプルを作る時間が取れず、去年は古いサンプル画像を使っていました。ということで、一年越しでやっと本来のサンプルが出来ました。 去年からの縢襠付筥迫で変わったこ [続きを読む]
  • 2018.3 刺繍筥迫研究会(図案編)
  • 3月は通常(実技)の講習会とは別に、刺繍筥迫研究会(図案編)が開催されました。 初めてお針子会を飛び出し、プロジェクターの使える別会場を借りるなど、初めてづくしの企画でしたが、刺繍をする人の役に立てばというよりも、刺繍筥迫の仕立で紆余曲折を経てきた私の立場から、必要に迫られて企画した研究会です。 つまり仕立師から筥迫の刺繍裂を作る人へのお願い!ぐらいの気持ちが入っています(苦笑)。 こんな企画に果た [続きを読む]
  • どっちが上? 二ツ折小被付筥迫
  • 以前、講習会受講のためにいらしたK.Wさん(富山在住)が、東京の某ショップで購入したというアンティークの筥迫を持ってきてくださいました。 ちょっと謎の多い筥迫なので、いつかブログに使わせていただきたいと画像を残しておいたので、今回はこちらをご紹介させていただきます。 型としては「二ツ折小被付筥迫」に可愛い日本刺繍が施されたものです。何が不思議かわかりますか? 筥迫は「紙入れ」が進化したものです。二つ折り [続きを読む]
  • 2018.3 講習会『鏡付脂取紙入』
  • 今月の講習会は『鏡付脂取紙入』でした。この講座は去年は1回きりの開催だったので、ほぼ1年ぶり。都合が悪くて出られなかった!との声が多かったので、今年は2回組み込んでいます。 N.Nさんの作品(東京都在住)講習会で作られている嚢物は、昔からあった型、昔の型を現代流にrom筥がアレンジしたもの、rom筥が考案した型など様々です。 この型は「あぶらとり紙」を日本固有の嚢物的な考え方で作ってみたい!と考えて製図した [続きを読む]
  • 筥迫工房 オフ会
  • 遅くなりましたが、筥迫工房「オフ会」のお誘いを申し上げます。 いつも筥迫工房のブログを見てくださっている皆様は、筥迫に魅せられた言わば同好の士。 いつだったか「たるしるみちる」の柾女さんに、筥迫工房の講習会に来るような人たちは「ベクトルが同じ」と言われました。 確かに多種多様な趣向をお持ちの方が多いのですが、その方向性や熱量、好奇心に共通性が有り、知らない世界の話題にどんどん喰らいついて盛り上がると [続きを読む]
  • 中山きよみ+13 江戸型筥迫『忍吹枝(しのぶえ)』
  • 今回は久々に中山きよみ+13のコレクションを掲載させていただこうと中山先生のブログにお邪魔すると、綺麗な刺繍裂の画像がたくさん掲載されていました。(中山先生がんばっている!) これは江戸型筥迫の開き扉タイプのものです。 何度も言っていますが、「江戸型筥迫」というのは私が便宜的につけた名称です。明治維新を境に、筥迫は大きさや形が全く違うからです。 現代でこんな型を作っても、まず着物の襟元に入れる人はいな [続きを読む]
  • 疲れる1週間
  • 今週は何か画像をアップしようかと思っていたのですが、色々と雑念入りすぎて作者に対して失礼になりそうなので、雑記のみにさせていただきます。 今週は色々と忙しい一週間でした。日本全国的に、そして個人的にも。 羽生と藤井と資料と父と 何と言っても最初は羽生選手の金メダルでしょう。 私ごとですが6年前に腹膜炎で手術をしまして、体調が戻るまでしばしショップも筥迫活動も休業していた時期がありました。その時にちょ [続きを読む]