エバー さん プロフィール

  •  
エバーさん: 北海道・極上温泉巡り100選
ハンドル名エバー さん
ブログタイトル北海道・極上温泉巡り100選
ブログURLhttp://violetfactory.blog.fc2.com
サイト紹介文北海道の温泉巡りです。源泉かけ流し 露天風呂付客室の情報満載です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2011/11/09 17:35

エバー さんのブログ記事

  • 119-4.おたる宏楽園(2) 10月19日 夕食編
  • □  夕食です。一風呂も二風呂も浴びてお腹を空かせたあとは、お酒と食事が待っています。   グループでなら、食事内容よりは会話に花を咲かせますが、夫婦となると、興味は料理に注がれ   お味の評価が厳しくなります。ましてや月1でハイクラスに泊まり、同じ旅館も四季で変えていると   なると、さらに一層ですね。さて、ここ宏楽園は春に宿泊しておりまして、秋のお品書きはいかがな   ものなのでしょう。    [続きを読む]
  • 119-3.おたる宏楽園(2) 10月19日 お部屋編2
  • □ 残りの写真です。紹介できなかったお部屋編としました。           脱衣場です。露天風呂があるところはこれがちゃんとしていると           とても使い勝手があります。厨翠山は、露天風呂から直接バスマットで           たたみ部屋でした。          シャワールームもあって、アメニティもそろってます。        宏楽園の名物みたいな、網笠もあります。雨天用です。  [続きを読む]
  • 119-2.おたる宏楽園(2) 10月19日 お部屋編
  • □ お部屋編になります。和室で布団敷きになって、お部屋は狭いのですが(と言っても十分)、露天風呂が   ついているのがここの特徴になりますね。             「アヤメ「」はここの位置になります。庭に面していて、季節によっては庭が             どう見えるかが決め手になりますでしょうか。庭の中ほどが見えるという             位置で決めてみました。            [続きを読む]
  • 119-1.おたる宏楽園(2) 10月19日 導入編
  • □ この間、泊まったと思ったら、秋の紅葉が気になったのでまた来てしまいました。         いい天気に恵まれましたが10月の19日でも紅葉に早いですかね。         どうも遅れているような気がします。        北海道の桜は種類によりますが、どうもかなり赤く紅葉するらしいです。        なんとなく、そうは思ってましたが、本州の人から聞いてなるほどと思いました。        写真左 [続きを読む]
  • 箸休め:コートドール11月ワイン会 プレステージ
  • □ 1月から毎月開催されるワイン会の最終月、シャンパンのプレステージ会です。        最後のシャンパン会は皆さん良くご存じで人気があります。        1月と7月がシャンパン会で、同じシャンパンでも今回がプレステージと        となっています。            シャンパンは価格から言ってお得です。僕はお替りしてますから        フルボトル1本くらい飲んでますね。それで一 [続きを読む]
  • 118-6.しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌(3) 10月11日 施設編
  • □  最後になりましたが、水の謌はいろいろな施設があり、館内が楽しめます。   庭にでると足湯まであります。       ラウンジには書棚があり、ここで落ち着いて本が読めますね。            読んでみたい本がたくさんありました。特に北海道関連の大型書籍もあり            何時かは目を通してみたいと思っているのですが。            支笏湖周辺でレースでもあって、選手がト [続きを読む]
  • 118-4.しこつ湖鶴雅リゾートスパ水の謌(3) 10月11日 夕食編
  • □ 夕食です。非常に良いですね。以前のイメージでもそうですが、食事に関しては好印象を持っています。                     部屋食になります。1品ずつ持ってきてくれると、何か丁寧さが             感じられますね、面倒なので作り置きを一気に持ってくる宿もあるのですが。□ 天の謌会席 先付け             柿の昆布〆と北海縞海老の白和え たたきクルミ アマランサス [続きを読む]
  • 箸休め・コートドール10月ワイン会・スペイン編
  • □ 9月のワイン会も出席してましたが、掲載するの忘れてましたので10月のスペイン編は   そのようなことがないよう、UPしておきました。           昔は年中無休だったのですが、月曜日休みになりました。           ワイン会は10回くらいで毎年、最終週の金曜日に開かれます。           スペイン編は9回目で11月のプレステージで終了になります。           皆さん良くお分かり [続きを読む]
  • 117-6.ニセコ昆布温泉鶴雅 杢の抄(3) 9月21日 朝食編
  • □ それでは最後に朝食編です。どの旅館も朝食に関しては、ほぼ同じで宿泊費に   比例しているかと言えば、その通りです。         決められた時間に、行かないと入り口でスタッフの方が待っているので         気を使うところです。杢の抄は2013年リニューアルで後発組ですので         バリアフリーが行き届いていますね。左側通路がスロープです。         案内されますと、この状態で [続きを読む]
  • 117-5.ニセコ昆布温泉鶴雅 杢の抄(3) 9月21日 足湯編
  • □ 足湯があります。足湯だけならそう入りたいと思いませんが、フリードリンクがあります。   では入りましょうね。                  スパークリング、ビール、ワインがそろってます。         夏は最高ですが、冬はやってないのかな・・・・・         札幌黒ラベルです。ビールは喉越しなので味の違いは良く分かりません。         先ずはビールというやつで。        [続きを読む]
  • 117-4.ニセコ昆布温泉鶴雅 杢の抄(3) 9月21日 お風呂編
  • □ 温泉露天風呂付スイートです。露天風呂が付いてます。        壁一面オープンで、いわゆ天井有りの露天風呂です。季節によって青葉や紅葉が楽しめて        景観は素晴らしいですね。        9月の下旬なので、まだ紅葉は始まっていませんが、広葉樹と針葉樹の混交は        きっと綺麗かも知れませんよ。何よりも樹木が見られる景観があるというのは        お風呂に入っていてもと [続きを読む]
  • 117-3.ニセコ昆布温泉鶴雅 杢の抄(3) 9月21日 お部屋編2/2
  • □ お部屋に入りましょう。        基本、ワンフロアーで開放感あります。随所に鶴雅の意匠が見受けられます。        廊下があって、玄関ドアを開けるとそこはリビングと言うのでは        ありません。それは野口観光さんに良く見受けられる間取りですが。        木質系の和風ティストで、オシャレですね。        色の異なる木を使い分けて高級感を感じさせてますね。        [続きを読む]
  • 117-2.ニセコ昆布温泉鶴雅 杢の抄(3) 9月21日 お部屋編1/2
  • □ それではお部屋編ですが、その前に鶴雅が買収した前身である「あしり」との   比較で鶴雅のデザインコンセプトを見てみましょう。            2012年投宿の「あしり」です。2013年に鶴雅に買収されてリニューアルに            なりました。その後も何回か改築が行われて温泉付きのお部屋が増えたのですよ。                      2018年の今年ですが、外観は足湯の場所以外 [続きを読む]
  • 117-1.ニセコ昆布温泉鶴雅 杢の抄(3) 9月21日 夕食編
  • □ 杢の抄です。3回目になりますので、今回はお部屋編を後にして、気になる夕食から行ってみたいと  思います。      個室です、大樹というお部屋ですね。天井もふすま見たいな框で、品がありますね。       セッティングはされていません。お品書きだけが用意されています。折りたたまれていて       2枚になっています、紐であしらわれていて、お品書きだけを言えばここが一番オシャレです。□ 先付け  [続きを読む]
  • 116-8 湯宿だいいち (2) 8月23日 道東おまけ編
  • □ 湯宿だいいちはこれで終わりで、チェックアウトが10時なので次の宿の阿寒まで時間があります。  それでは観光地に行ってみましょうという事になりますが。         どこに行っても草原が続いて、対向車もありません。        一応ナビに出ていて、それを信用して行きます。次の道を左に        次を右にって案内されるんですが・・・・それは間違ってないんですけど         絶対になん [続きを読む]
  • 116-7 湯宿だいいち (2) 8月23日 朝食編
  • □ 朝食です。ここの朝食は品数の豊富さもありますが、手作り感満載の料理の美味しさにあるかも  知れません。特に朝食は人気があると言えます。       館内の雰囲気が良いのかも知れません。子供連れのお客さんが多く、みんな幸せそうな顔を       して食べているのを見ると、こちらもほっこりとしてしまいます。       朝の餅つきが恒例で出来上がった餅をふるまってくれます。スタッフの方が一生懸命や [続きを読む]
  • 116-6 湯宿だいいち (2) 8月23日 夕食編
  • □ 夕食は景色を眺めながらのお部屋食になります。というか、基本お部屋食じゃないと   写真撮影ができませんので、そのほうが助かります。         「せせらぎ御膳」となっておりまして、前菜、皿盛り、漬物、食事として         セッティングされています。□ 皿盛 花咲ガニ        北海道と言えば毛ガニ、タラバですが、今後はもう食べられなくなるかもしれません。        毛ガニはだ [続きを読む]
  • 116-5 湯宿だいいち (2) 8月23日 お部屋編3/3
  • □ 湯宿だいいちは露天風呂付でなくても、大風呂でいろいろなお風呂があるので楽しめます。  そちらのほうは撮影ができませんが、混浴風呂の所だけ、誰もいなかったので失礼して  撮ってみました。          ここが混浴露天風呂です。混浴用の着物でもあるのかと思いましたが          フロントで聞いてみると、そんなものはなく大きなバスタオルで良いそうです。          入ってみましたが、 [続きを読む]
  • 116-4 湯宿だいいち (2) 8月23日 お部屋編2/3
  • □ それではお部屋に入ります。露天風呂付は3室あります。今回は210室で前回はメゾネットの220室です。   個人的にはそれほど変わりはなく、せいぜい下の川の見え方による違いでしょうか。その辺は次のお風呂   編でご案内します。HPがリニューアルされて露天風呂付のお部屋の紹介が端折られてしまいました。          上はHPからですが、本館・新館とあって、部屋のデザインはバラバラですね。         [続きを読む]
  • 116-3 湯宿だいいち (2) 8月23日 お部屋編1/3
  • □ やっと着きましたね。ロビーへと案内されます。16時に入りましたが、みなさんも続々と到着してました。   まずは玄関を見渡します、ウッディな感じで落ち着きます、なぜか懐かしいですね。                      木のぬくもりを感じさせる館内と、このピカピカの床が良いですね。           この写真はチェックアウトの時に撮ったもので、インの時は沢山の人で           撮影 [続きを読む]
  • 116-2 湯宿だいいち (2) 8月23日 道中編
  • □ 道中はとてもいい天気で、いろいろドライブして、目的地の1つの野付半島に   寄ります。       こんなところで湾になっているんですが、両岸が海で砂州と呼ばれる細い道になっている       んですね。細いと言ってもちゃんと舗装されていて2車線あります。でも遠い将来は海水面の       上昇だとか、砂の流出だとかで、道路が寸断されるかもしれないんですって。       もちろんそんなときは必 [続きを読む]