あずさ さん プロフィール

  •  
あずささん: 今と未来をつなぐもの
ハンドル名あずさ さん
ブログタイトル今と未来をつなぐもの
ブログURLhttp://goodluck5296.blog33.fc2.com/
サイト紹介文全盲母の子育て、そしてさまざまな活動について。
自由文 今母親であること、かつては視覚障害児であったことから「視覚障害児を育てているお母さん」を応援するためのホームページを作りました。
どちらの立場も経験しているからこそ、どちらにも寄り添いたい!「Mothers' Cafe〜繋がる・広がる、お母さんたちの輪」
http://www.motherscafe.net/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/11/09 19:08

あずさ さんのブログ記事

  • 一泊スキー
  •  娘、昨日から日野社会教育センターの一泊スキーに参加しました。年長の頃、こちらのタフィーキャンプにお世話になったことがきっかけで、いろんなキャンプやスキーに出かけるようになりました。一年生の夏に一人で三泊を経験して以来、親子ともに荷物の準備もだいぶ慣れてきました。今回は、1月に行った雪だるまキャンプの一泊分の荷物でいいので、とても楽でした。本人にしおりを渡して、持って行くものを全部出すように言うと [続きを読む]
  • 上の歯が抜けました
  •  娘、三本目の歯が抜けました。上の歯が抜けたのは初めてです。数日前からずっとグラグラしていて、本人も気になって仕方ない様子。週末は一泊でスキーに行くので、それまでに抜けてくれたらいいなと思っていました。おやつにおせんべいを出すと「これで歯が抜けるかもね!」と喜んでいたのですが、なかなかでした。今日学校から帰ってきたときの第一声が「歯が抜けたよ!」でした。なんと、パンジーに水をあげてたら抜けたらしい [続きを読む]
  • 『決断。 全盲のふたりが、家族をつくるとき』 大胡田誠 大石亜矢子
  •  今年一冊目に読み終わった本は、全盲の弁護士大胡田誠さんと、奥様で歌手の大石亜矢子さんの著書です。実は大胡田家のみなさんとは共通点がとても多く、誠さんの本も読ませていただき、お仕事でもご一緒させていただいたことがあります。亜矢子さんとも昨年フェイスブックで繋がらせてもらいました。娘さんとうちの子の年齢が同じということもあり、母として共感できる部分がたくさんありました。子供の頃から、お二人がそれぞれ [続きを読む]
  • 読み聞かせに行ってきました
  •  娘のクラスに読み聞かせに行ってきました。持ち時間15分ということで、二冊の本を読むことにしました。一冊目は「モグラくんがみた おひさま」。日の出を見に行ったモグラくんとハタネズミ。そこにいたリスやうさぎたちも混ざって、いろんな例えを使って、モグラくんに日の出がどんなものか伝えるというお話しです。最後にネタバレとして、目が見えないモグラくんもみんなと一緒に日の出を楽しむことができた、というお話し。 [続きを読む]
  • いろんな人間関係の中で
  •  先日のブログにたくさんの反響をいただき、ありがとうございました。みなさんからいただいた感想を読んで、前々から考えていたことを少しまとめようと思います。通りすがりの人だったり、仲良くなった人からよく「(見えないことで)なんか失礼なこと言ってたらごめんね」と言われることがあります。言ってくれた人は心からそう思ってくれていることはよく分かります。これは見える見えないは関係ないのではと思います。先日用事 [続きを読む]
  • 娘が気づかせてくれたこと
  •  娘が大切なことに気づかせてくれた出来事があり、今私の頭の中は様々な思いでいっぱいです。二人で夜ご飯を食べていたときに、学校で悲しいことがあったと教えてくれました。何かと聞くと「ママには言わない方がいいことだよ」と言ったので「ママが見えないとかそういうこと?」と聞くと、そうだよ、と言って話してくれました。学校でお友達から、お母さん目が見えないからご飯とか作れないんでしょう、と言われたようです。この [続きを読む]
  • アマゾンエコーもやってきた
  •  去年、発売直後我が家にやってきたグーグルホーム。「こんなの何で買うの?」とぼろくそ言った私でしたが、時間の確認や株価チェック、料理中のタイマーや音楽再生にと大活躍。とくに便利なのが料理中のタイマー。壊れかけてた、音の出るタイマーを捨てたほど、もうグーグルホームは欠かせないアイテムになってました。そして、昨日…。夫宛にアマゾンから荷物が。帰ってきた夫に「何買ったん?」と「聞くと「おもちゃ買った」と [続きを読む]
  • 今年やりたいこと
  •  1月が始まり、10日以上が過ぎてしまいました。年明けに「今年の一年」をブログで書いているのですが、年内に書き残した記事を書いたり、仕事や学校が始まり日常が戻ってきて、今になってしまいました。遅くなりましたが、今年やってみたいことを思いつくままに書こうと思います。 まずは、もう一度投資信託の積み立てを始めます。昨年末から準備していました。とある証券会社に新しく講座を開設したのですが、音声読み上げで [続きを読む]
  • 雪だるまキャンプを通じて感じたこと
  •  娘が雪だるまキャンプから帰ってきて、ふと思ったことがあります。今回お世話になった日野社会教育センターや、去年の夏に参加したNPO法人あばれんぼキャンプなどのスキーやキャンプに、視覚障害のお子さんが申し込んだら受け入れてくれるのかな、ということです。今回も雪だるまキャンプのしおりを、外部に委託していただき、点字で作ってくださいました。しおりを読みながら持ち物の準備ができ、本当に助かりました。他にも、 [続きを読む]
  • 日野社会教育センター「雪だるまキャンプ「
  •  四日から六日まで、娘が日野社会教育センターの雪だるまキャンプに参加しました。学校でチラシをもらったときは、隣の席の男の子と、一緒にスキーに行こう、という話になっていたようなのですが、やっぱりその子がいかないということになり、娘もやめるのかなと思っていました。すると「雪だるまの方に行きたい」とのこと。スキーもかなり経ってから、やっぱり行きたいとのことで、だめもとで電話をすると、最後の一人で滑り込み [続きを読む]
  • 神戸帰省記録
  •  12月28〜1月2日、神戸帰省記録。☆28日☆ 前日、夫のキャッシュカードを失くしてしまい、大幅に帰る時間が送れるかと思っていました。でも、カードは前日ネットで止めたこともあり、再発行は年明けにすることにしました。ということで、予定通り娘と二人で家を出ました。毎回のことですが、自由席を狙って東京駅まで行きました。無事に座席を確保してもらって、新大阪へと到着しました。母に迎えに来てもらって、そのま [続きを読む]
  • 2017年を振り返って
  •  今年も大みそかになりました。2017年、私そして我が家は大きな環境の変化があった一年でした。思いつく限り、1月から順番に振り返っていこうと思います。1月。義母の救急車での搬送、入院からスタート。夫と娘は大変な状況の中、本当によくがんばったと思います。卒園式の謝辞を書き上げたのも一月でした。2月。入学への準備が始まる。学童に通うことも全くイメージできないものの、頭に入れ始めました。3月。初めて日野 [続きを読む]
  • ☆七歳になりました☆
  •  娘、今日で七歳になりました。「七歳」年齢から感じるイメージが、ぐっと大人になったなと思います。昨日七五三の写真撮影も無事終わりました。7歳の誕生日も私の実家でみんなからお祝いしてもらいました。妹に「誕生日のケーキ何がいい?」と聞かれ、今年は「クリームのケーキがいい」とリクエストしていました。妹は前日にスポンジを焼き上げてくれて、当日デコレーションしてくれました。いちご、パイナップル、キウイ、バナ [続きを読む]
  • 我が家でクリスマス会
  •  今日は私の職場の人たちと、我が家でクリスマス会をしました。 何気ない雑談から決まった話でした。フェイスブックで広告を見て気になっていた、自宅近くのペルー料理のお店でチキンを予約しました。一羽丸ごとお店のロースターで焼き上げてくれるとのことでしたが、食べやすいようにカットしたものを持ち帰らせてもらえるとのことでした。ケーキは地元のお店で予約しました。事前にクリスマスケーキのカタログをもらいに行って [続きを読む]
  • 手芸ワークショップへ
  •  娘と五反田まで手芸ワークショップに行ってきました。映画音声解説ゼミで知り合ってからというもの、「Mothers' Cafe」のデザインをお仕事として手伝ってもらっているデザイナーさんが、フェイスブックでシェアしてくれていたのがきっかけで知ったイベントでした。アクアビーズを買ってからというもの、細かい手作業にはまっている娘を誘ってみると「行ってみたい」とのこと。ワークショップのHPをiPhoneで見せながら、こういう [続きを読む]
  • 新しい炊飯器
  •  我が家に新しい炊飯器がやってきました。炊飯モードや予約など音声が出るものです。いろいろとタイミングが重なり、購入しました。一つ目の理由としては、酵素玄米を家でもやってみたくなったからなんです。何度かこもれびで食べていて、家でもやりたいな、美味しいなと思っていました。そこで、ヘルパーさんに我が家の炊飯器を見てもらったところ、私一人で玄米モードに合わせ、また白米モードに戻すのは難しいということが分か [続きを読む]
  • 『硝子の太陽R-ルージュ』 誉田哲也
  •  前作の「インデックス」に続いて、姫川玲子シリーズ読了です。400ページほどの本を2カ月かかってちょこちょこ読み進めていきました。詳細は伏せますが、見事に予想をいい意味で裏切ってくれました。途中で犯人が分かり、警察側がどうそこにたどり着くのかと思っていたら…。最後の20ページから一気に大きく話が動き、そして…。このシリーズをずっと読み続けている人には、今後の話も期待できそうなラストでした。次の作品 [続きを読む]
  • 予想の斜め上をいく娘〜なかだの森にて
  •  娘、久しぶりになかだの森へ。いつも予想の斜め上をいく子ですが、今日もすごかった。本当は私も一緒に行きたかったのですが、娘と一緒に11時頃から4時過ぎまでいられる体力はなく。かと言って、森から駅まで一人で帰るのも心配でした。森のスタッフの方にお願いしようかとも思ったのですが、当日だと大変かなと思ったのと、今日はイベントもあり人手が少ないかなと思っていました。また行けることもあるかなと思っていたとこ [続きを読む]
  • 赤紫蘇でゆかり作り
  •  夏に漬けた梅干の赤紫蘇をゆかりにしました。去年は梅干と一緒に夏、カラカラになるまで干せたのですが、今年は梅干も満足に干せないぐらいの雨続きでした。なので、今年は梅干と一緒に赤しそも梅酢に戻していました。でも、そろそろゆかりにしようと数日前から干し始めました。改めて真夏の太陽のすごさを実感しました。この時期、干し芋を干したり大根も干したりしていることから、冬の乾燥した風で乾くんじゃないかと思ってい [続きを読む]
  • イルミネーションへ
  •  今年もイルミネーションを見に行ってきました。一昨年と同じく多摩センターに行ってきました。一昨年強風で見られなかったキティーちゃんのパレードを見に行く予定でした。一緒に行こう、と誘っていた人にも、パレードがある日を調べてピックアップしてお伝えしていました。ですが、数日前にその日はパレードをやらないことが分かりました。色々と予定を見ていて勘違いしてしまったようです。やらかした…。しかも、当日の朝の天 [続きを読む]
  • 誕生日、そして9回目の結婚記念日
  •  36歳の誕生日、そして9回目の結婚記念日でした。娘がテーブルに折り紙で飾りつけをしてくれました。マラカスを作ってプレゼントしてくれました。図工の時間にやったのを思い出し、ペットボトルに拾ってきたドングリを入れて、きりんのマスキングテープで止めてくれました。そこにお誕生日おめでとう、と書いてくれて、シールやぬいぐるみを張り付けてくれました。後は、ちょっと早い娘の誕生日プレゼントにあげたアクアビーズ [続きを読む]
  • 娘が初めて作った絵本
  •  娘に「動物たちのクリスマス」というテーマで絵本作ってみて、と言ってみたところ本当に作ってくれました。すぐに語ってくれた話を残しておきます。 くまさんがいました。「今日はクリスマスだ」とベッドから起き上がりました。くまさんはお友達を連れてきました。うしとうまときつねを連れてきました。みんなでケーキを作ることにしました。「チョコレートケーキがいい」うしが言いました。「僕もチョコレートケーキがいい」と [続きを読む]
  • 節目の授業
  •  今日、初めて担当させてもらったクラスの最後の授業でした。3月から始まったクラスを、4月半ばから引き継がせてもらい、メイン講師として担当させていただきました。ワード、エクセル、メール、インターネットの授業をやらせてもらい、あっという間に最後の授業になりました。振り返ってみればあっという間でしたが、授業を始めたばかりの4月と、エクセルも佳境に入った9月はほんとにきつかったです。とくに4月は娘が小学校 [続きを読む]
  • 友達との関わり
  •  毎日あわただしく過ぎ、細かいことはフェイスブックに書くことが多くなっていました。ブログは行事と週末の記録になっていたのですが、娘との関わりで残しておきたいなと思うことがありました。一週間ほど前になりますが「今日は悲しいことがあった」と夜ご飯のときに教えてくれました。詳しいことは伏せますが、一年生でこんなことがあるんだ、という内容にびっくりしてしまいました。お友だちとのトラブルです。じっくり話を聞 [続きを読む]
  • 学芸会
  •  今日は小学校最初の学芸会でした。私と夫、ヘルパーの四人で行ってきました。今年から、入れ替え制になったとのこと、わが子の学年しか見られないのが少し残念ですが、人数も多いのでそこはしかたないかなと思います。一年生は「遠足に行くんだ」という劇をやりました。二学期に入ってすぐの頃に、役決めがありました。何人かやりたい子が重なった場合はオーディションがあるのだと娘が教えてくれていました。娘の役名は第五場面 [続きを読む]