kanpokitchen さん プロフィール

  •  
kanpokitchenさん: 薬膳料理家 阪口珠未のブログ
ハンドル名kanpokitchen さん
ブログタイトル薬膳料理家 阪口珠未のブログ
ブログURLhttp://kanpokitchen.blog105.fc2.com/
サイト紹介文北京中医薬大学 日本校の薬膳講師が綴るブログ。現場での経験を生かした簡単おいしい薬膳レシピを提案
自由文薬膳料理家、(株)漢方キッチン代表、そして6歳児のママです。忙しいけど体も大切、もちろん美味しいものも大好きな人たち、すくすく育ってほしい子どもたち、家族みんなが幸せになれる薬膳をお届けします。キャンプピングカーでの旅行が趣味。旅先で出会う食材に興味津々、アウトドア料理も大好き!『漢方キッチン〜ムリなく、しぜんに、いいカラダ』を上梓、レストランとのコラボ「美女厨房ランチコース」も大好評です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/11/10 10:41

kanpokitchen さんのブログ記事

  • コーセー化粧品【雪肌精】の〜薬膳レシピ〜掲載
  • こんにちは、薬膳研究家の阪口です。コーセー化粧品【雪肌精】エッセイにオリジナル薬膳レシピを掲載しました。今月は「きのこと鶏肉とハトムギ薬膳鍋」詳しいレシピと解説はこちら→「コーセー〜みやぶ人オリジナル薬膳レシピ〜」冬といえば、火鍋。薬膳料理では、「きのこ」は気をチャージして免疫力を高める食材です。美肌効果のあるハトムギ茶のダシで、大人な味の薬膳鍋に仕上げました。火鍋に欠かせない「自家製ラー油」。ご [続きを読む]
  • 武田薬品の社員食堂「薬膳メニュー」を食べてきました!
  • こんにちは、阪口です。大阪出張。数か月ぶりの武田薬品さんでのメニューコンサルティングのミーティングでした。御堂筋通りは、イチョウが色づいていて、とてもきれい。「なにわのシャンゼリゼ」というそうです(´∀`*)毎週1回に「薬膳メニュー」が提供されるので、いつもは担当者のMさんが、その日の売れ行きと写真を送ってくださいます。でも、今日はお昼めがけて、大阪本社にうかがったので、実際に食べることができました。 [続きを読む]
  • コーセー化粧品【雪肌精】のエッセイ〜みやぶ人〜掲載
  • こんにちは、薬膳研究家の阪口珠未です。コーセー化粧品【雪肌精】のエッセイ〜みやぶ人〜に阪口のエッセイ11月の記事が掲載になりました。薬膳で活用される「陰陽の法則」 身も心も美しくなる考え方をご紹介。http://www.kose.co.jp/sekkisei_myv/jp_ja/myvhito/column/yakuzen02.html薬膳の考え方のベースともなっている陰陽論。「中国の古代の考え方」そう思うかもしれませんが、実は私たち日本人は、肌でなんとなくこの哲学を [続きを読む]
  • 薬膳の「陰陽論」で生きることを少しラクにしよう
  • こんにちは、薬膳研究家の阪口です。私が薬膳を学んで良かったと思うのは、自分や家族、周りの人たちの体調や体の整え方がわかるようになったということはもちろん。もう1つあります。それは、中国医学の「陰陽」の考え方に助けられたことです。20代のはじめのころは熱中できて楽しいと思えること。やったことの結果がすっきりとわかるもの。自分でやることを選択して、取り組めること。そういうものが好きでした。つまり、世界の [続きを読む]
  • 本日の武田薬品の社員食堂メニュー
  • こんにちは、阪口です。武田薬品工業さんの社員食堂で、薬膳メニューを監修するようになって、5年。今日は、記念すべき五周年!そこで、今日の薬膳メニューは「西太后のアンチエイジング9点盛り」でした。西太后は、中国の歴代の后たちの中でも薬膳や漢方をほぼ毎日使って今でいう「アンチエイジング」を目指した筆頭の皇族です。11月は彼女の誕生日なので、それにちなんで、西太后が好きだった、メニューを取り入れて、薬膳のラン [続きを読む]
  • せんねん灸のシニア薬膳
  • こんにちは、阪口です。1ヶ月に1回、せんねん灸さんの「シニア薬膳」で、阪口の薬膳レシピを無料で掲載しています。今日も、その記事のための撮影でした。せんねん灸さんは滋賀県の会社なので、デザイン会社も、関西の会社さん、今日も新幹線でおいでになって、たっぷり3か月分を撮影していかれました。シニアだから、料理はあっさり?シニアだから、煮物?そんなことはありません今のシニアの方は、とても積極的。おいしいもの [続きを読む]
  • 薬膳の考え方「君臣佐使」を生き方に活かす
  • こんにちは、阪口です。今年は、コーセーの和漢生薬化粧品「雪肌精」の漢方アドバイザーとして、和漢生薬や薬膳、漢方の考え方をお伝えしています。今回は漢方の考え方のひとつ「君臣佐使」について執筆してます。スペシャルコラム「みやぶ人」">スペシャルコラム「みやぶ人」漢方の処方は、複数の生薬を組み合わせることで、より高い効果を発揮するようにしています。例えば、風邪に使う「葛根湯」葛根(カッコン)、大棗(タイソ [続きを読む]
  • まずは、リラックス♪
  • こんにちは、薬膳・漢方コンサルタントの阪口すみです。本日の内容は、これから「薬膳をお伝えしよう」という方にむけて書きました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「誰かに拒絶される」って、怖いですよね。先日、新宿に仕事で行きました。ラッシュの時間帯に電車に乗ることは無いんですが、この日はアポの関係で、最も混んでいる朝の時間に新宿に到着。埼京線のホームで、目の前を白い [続きを読む]
  • 現役薬膳セラピスト開講〜『やくぜんスパイス』セミナーレポート
  • こんにちは、薬膳・漢方コンサルタントの阪口珠未です。この夏から、漢方キッチン認定『薬膳セラピスト』のセミナー開講サポートを始めました。阪口の開講サポートセミナー研修を受けた、薬膳セラピストの方たちがそれぞれの自宅で薬膳セミナーを開催しました。テーマは『夏バテ防止・スパイス薬膳セミナー』夏に起こりやすい症状や夏バテを防ぐ方法。さらに、夏に使いやすいスパイスの効能などのお話。さらに、漢方キッチンオリジ [続きを読む]
  • 育脳ごはん(番外編)〜自家製うなぎ弁当〜
  • こんにちは、薬膳・漢方コンサルタントの阪口です。今日は、番外編で「自家製うなぎ弁当」です。先日、築地通の友人と築地へ行ったら、「川魚」のお店を発見。串を打った、「三河うなぎ」が 1串1000円!!昨今、うなぎの高騰に、食卓に上る頻度が下がっていたのですが築地で生で買うと、半分ぐらいの値段♪お店の大将に、「焼き方のコツはある?」って訊くと、「しっかり焼くこと。生焼けほど不味いものはないからね。あとはなん [続きを読む]
  • 育脳ごはん〜きのこと白キクラゲで免疫力アップ〜
  • 今日の娘の育脳弁当は・きのこと白キクラゲのスープ・小豆ごはん・鶏手羽の青梅はちみつ煮(やわらかく煮て骨をはずします)・つるむらさきのおひたし夏から秋の変わり目。子供は肌にトラブルがいろいろでますね。のど風邪を引いたり、肌に湿疹ができたり暑い夏を終えて子供も体が疲れるんですね。免疫力を挙げるには、「きのこ」がいいですよ。どんな種類のきのこでも、薬膳では「補気」といってエネルギーをチャージして免疫力を [続きを読む]
  • 女性セブンで薬膳企画
  • こんにちは、阪口です。女性セブンの薬膳企画の撮影でした。女性の悩みを解決する、阪口の薬膳レシピを計6ページ、12品を一挙に掲載します。9月21日発売の女性セブンです。こちらは撮影風景天板やシノワ柄のマットや器に、薬膳料理を盛り付けて・・・・。秋らしい、仕上がりになっています。詳しい内容は、後日のブログにてご案内しますね〜。毎月薬膳レシピが届くメルマガ『楽膳クラブ通信』は登録無料!簡単で美味しい薬膳を、食 [続きを読む]
  • 薬膳育脳ごはん〜鮎飯レシピ〜
  • こんにちは、阪口です。私の鮎飯の作り方をご紹介します。ちょっとだけ工夫をすると、季節感アップ、薬膳効果アップの1品になります。鮎めし  【 4人分】鮎 3尾米 2合だし 300cc酒 大さじ1みりん 大さじ2/3うすくち醤油 大さじ1山椒の実 20粒ぐらい大葉 10枚みょうが 2,3個【作り方】①米は洗って30分ほど浸水し、ざるにあげる。②鮎は、軽く塩をまぶしてからこすり、ぬめりを取る。軽くお腹を押してしご [続きを読む]
  • 薬膳育脳ご飯〜鮎飯
  • こんにちは、阪口です。今日は久しぶりの夏らしい陽射しがありましたね。夏と言えば、鮎!鮎のワタの香り。いいですよね。中国の薬膳は、肉が中心ですから日本のような豊富な魚はありません。でも、基本的な考え方は肉と同じ。骨や内蔵など全体を食べることをで、栄養価が高まり、『精』をチャージします。今日の弁当は、焼いた鮎を出汁で炊いた鮎飯。子供は魚のワタを嫌がりますよね。苦玉だけ取り除いて、混ぜ込むと、食べられち [続きを読む]
  • 女子力アップ 薬膳セミナー@中目黒 ビオキッチン
  • こんにちは!漢方キッチン認定講師・薬膳セラピストの西山ミノです!9月の「阪口珠未監修 女子力アップセミナー」の開催が決まりました。お申し込みと詳細はこちらから→中目黒BIOKITCHENスタジオさて、8月に入ってからずっと雨・雨・雨・・・・が続いていましたが、ここ数日でやっと太陽が戻ってきましたね!蝉の鳴き声もやっと元気を出し、うるさいくらいに感じますね!夏はやっぱりこうでなくっちゃ!とも思いますが [続きを読む]
  • 育脳ご飯〜地味弁だけど滋味弁〜
  • こんにちは、阪口です。地味弁でしょ。『茎ワカメと豚肉の炒め』【そのほか、ホタテときのこの出汁炒め・蒸した人参と鶏、きゅうりの中華風和え物・自家製薬膳ふりかけごはん】娘いわく、「今日のお弁当、開けたとたん、うわ〜って思った」という程の大好きメニュー。見た目は地味なんですが、「海藻+肉」とか「海藻+魚」の組み合わせってかなりおいしいんです。その上、健康効果もばっちり!昭和20年代に、沖縄から、かなりの数 [続きを読む]
  • 育脳ごはん〜骨のスープで精をチャージ〜
  • こんにちは、阪口です。先日紹介した金目鯛の炙り。今回は、金目鯛のアラにシークワーサーの絞り汁を加えてスープを取り、トムヤムクンに。薬膳では、骨は子供の成長にも、カラダを若々しく保つためにも効果的です。骨には「骨髄」があり、これは、「精」を生むと考えるからです。それに、骨にはカルシウムも豊富。ちょっとだけ手間ですが、魚のアラがあったら、その場で煮てスープをとりましょう。アラをさっと熱湯に通してから、 [続きを読む]
  • キャンプ用のバーナーを使って〜金目鯛の炙り
  • キャンプ好きの我が家では、キャンプグッズを、アウトドア以外でも、よく使うんですよ。今回は、金目鯛を手に入れたので、さばいて、いろいろにいただきます。使っているのは、キャンプ用のカセットガスバーナー。炭をおこすときに、活躍する「あれ」です。バーナーの下に、カセットボンベを装着して着火。表面を炙ります。金目鯛の刺身は、こうやって食べると実に旨いんです。皮の下に乗った脂が、炎で溶け、表面がパリッとして・ [続きを読む]
  • マノエイコ先生と対談
  • こんにちは、阪口です。美容皮膚科ドクターの大御所、『マノエイコ』先生と対談させていただきました。美肌や保湿の薬膳料理を召し上がっていただきながら、お話をするという内容です。マノエイコ先生といえば、美容医療の先がけの存在。私も本を持っています。「美容医療」という、きらびやかなイメージとは違って、食事やお茶、アロマなども大事と、地に足のついたアドバイスをされています。お会いしてみると、「食べることとお [続きを読む]
  • 本日の薬膳育脳ご飯7月31日
  • うちの会社の事務スタッフは全員小学生のママ。夏休みは子供のスケジュールに合わせて出勤時間がいろいろ。こういうのフレックスタイム制っていうのかしらね??でも、ちゃんと自分の仕事は隙間の時間に、出勤してやり終えてくれるから、本当に頼もしい。私にとっては、仕事も家庭も区別はないんです。「両立」はできてないけど、うまくバランスを取りたいと思ってます。仕事にウェイトがかかっているときと、家庭のことにエネルギ [続きを読む]
  • 育脳ごはん
  • こんにちは、阪口です。  お元気ですか?今日のお弁当は、「肉じゃが」ミネラル補給のために、我が家では、ある食材を加えます。それは、「干しえび」1キロ単位で干しエビを買っておいて、ブレンダーで粉にしたものを、ストック、軽く炒ってから、いろいろなものに使います。干しエビの魅力は、ミネラル分、特に、カルシウムがダントツのナンバー1。成長にはもちろん、「ココロを安定させる」ために、とても大切な働きをします [続きを読む]
  • 子供薬膳弁当
  • 今年の夏休みは、我が家は娘が塾で弁当2食!こういうことは、ルーティンでやるとつまらないから、楽しく作ることが大事(^_-)この夏は、『薬膳育脳弁当』をテーマにします。娘の頭の出来は、ともかく^_^;“食べると頭がすっきりして、エネルギーがわく” 弁当を作ってみよう〜と私にできる楽しいサポートを考えました。みんなにもシェアしますね。今日の昼弁当メニューは◆ホンビノスの深川丼◆きゅうりの胡麻かつお節和え◆ゆでタ [続きを読む]
  • しめ鯵のマリネ
  • こんにちは、阪口です。夏休みが始まりました。お母さんたちは、今週から3食準備の日々でしょ?ずっと、ご飯のこと考えている気がしませんか(*^_^*)昨日、魚屋で、新鮮な鯵が、1匹98円!昨日のうちに3枚におろして、塩と酢で〆ておきました。「骨を抜くのめんどうくさいなぁ」と思っていると、娘が「やりたい、やりたい!」すごく楽しそうに、骨抜きで、鯵の中骨を抜いています。小学生って、毛抜きやピンセットが好きですね。海洋 [続きを読む]