おおさと さん プロフィール

  •  
おおさとさん: めだか(趣味のめだか おおさと)
ハンドル名おおさと さん
ブログタイトルめだか(趣味のめだか おおさと)
ブログURLhttp://medaka.nassy.jp
サイト紹介文山梨でメダカ専門店を開く店主のブログです。紅頭透明鱗などの品種開発や飼育・繁殖について載せています。
自由文趣味のめだか おおさと は、山梨県甲府市でメダカの開発・生産・販売をしています。ブログでは、オリジナル品種の開発話や、飼育・繁殖など日常の事柄などを紹介しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/11/10 23:45

おおさと さんのブログ記事

  • メダカさん、てててTV
  • メダカさん、また、テレビ出演です。山梨県内の放送ですが、趣味のめだか おおさと の他、メダカの同好会や原種保存会などのメダカに関する活動に取り組まれている方のご紹介など、盛りだくさんの様子です。趣味のめだか おおさと では、 店内の美しいメダカの様子やメダカの楽しみ、人気の訳などをお話します。また、おおさとの人気品種ベスト3をご紹介。第三位 ????????? 普及種ながら、何といってもかわいいっ [続きを読む]
  • おまたせ新仔メダカ
  • 今年は、仔の育成が遅れており、おまたせしているメダカが出てきています。今日、2種類の人気種の新仔を選別しました。どちらも、選別しますと少ししか無くなってしまいます。得にくいから人気があるのかもしれませんね。強光紅白ヒカリメダカ親を厳選して採卵しましたので、今年の仔は例年にも増して美しく育つのではないかと思います。それでも、選別しますと、体型や光沢の整った個体は少ないのが現実です。 紅頭透明鱗メダカ [続きを読む]
  • ダルマエーションメダカ(その6)
  • (幹之ブラック×幹之透明鱗)ダルマメダカです。 透明鱗狙いの交配ですが、透明鱗の確率は10%にも満たないものです。さらに、ダルマメダカとなりますと、ごく希なものとなります。本当は、光沢が入った透明鱗ブラックを狙っているのですが、透明鱗になりますと、ほとんど光沢鱗が生じません。でも、この個体のように透明鱗ダルマになりますと、独特の雰囲気があって愛らしいですね。クルッとした瞬間を、撮りました。*** [続きを読む]
  • 変わりメダカ
  • ヒレが特長的なメダカを追加しました。 尻尾が菱形になった普通体型のメダカを、新体型と呼んでいます。拘りが無いと集めにくい種類です。 背びれが欠損した品種です。上見のメダカ向けの変異と言えます。どちらも、ちょっと違うだけですが、ちょっとした変異こそ楽しめるものだと思います。******************* お知らせ◆趣味のめだか おおさと ショップの営業について。 営業時間 13時から17時、日 [続きを読む]
  • 下にいるのです
  • クルリっと回っては、体制を整えて近づいていきます。雌が避けようとしても、また、クルリっと回って同じ方向を向きます。そして、後ろの下から見上げているのでしょうか、ほぼ同じポジションにいます。この位置は死角になるのでしょうか、雄は斜め後ろから迫っていきます。いえ、死角になるからではなくて、膨らんだお腹が目当てだからなのでしょうか。2匹が並んで泳いでいるとき、ペアであれば、雄は下にいるのです。−− 時々 [続きを読む]
  • 少し出てきました
  • 昨年の幹之ダルマ最終採卵個体たち、やっと光沢が少し出てきました。夏の終わりに採卵したものは一寸の違いで背中全体が光っていますのに、こちらはこれから成長を始める様子です。 でも、小さくても光沢が目立ってきますと、見ていてハッとします。最初に光沢が生じた個体が見つかった時はいつもそうです。長い冬に疲れたような感情がさせるのかもしれませんね。のんびりしていたら、春の新仔が追い越したりして?******* [続きを読む]
  • 展示品販売はじめました
  • 春のメダカ展示販売では、展示品の一部の仔を販売しましたが、終了後からは、展示品の販売をはじめました。例えば、 などです。展示品はほとんどが現品の1セット限りのため、店頭でのみ販売しています。仔メダカについては、通販にも出品していきます。これからのメダカシーズン、仔メダカの成長も楽しみです。******************* お知らせ◆趣味のめだか おおさと ショップの営業について。 ショップ [続きを読む]
  • 春のメダカ展示販売
  • 今年、おおさとのテーマは、ダルマエーションとして繁殖を進めています。その発端となったのが、このメダカです。昨春、スーパーな幹之メダカから生まれた子の中に紛れていたダルマメダカを見つけました。たった2匹でしたが、そのダルマメダカは兄弟の普通体型の個体を差し置いて、幼魚の頃から著しい光沢を表していました。そして、成長を楽しみに待った数ヵ月後、2匹のダルマ個体を引き上げて、偶然にもペアーであったため、「 [続きを読む]
  • 出目メダカなつかし
  • それはそれは昔のこと、出目メダカ君という人気者がおりました。出目メダカ君は、多くの人に愛され、慕われ、多くの人を笑顔にしてきました。ところが・・・。現在では、忘れられた存在に感じるのは、私だけ?手間暇かけて育てるメダカだけに、多くの人に気に入っていただけるものを作らないといけないことが、足かせになるのです。写真の個体(出目、出目パンダ)は、品種を維持するために、昨年少しだけ作った子たちです。メダ [続きを読む]
  • 追加しました
  • 昨秋から越冬した仔たちを、順次、出品していきます。今週出品したメダカたちをご紹介します。 アルビノクィーンヒカリメダカまだ小さいので、色は分かりませんが、黄色〜ピンクになるブドウ目のメダカです。アルビノ系の柔らかい色彩とヒカリメダカのキラキラが美しいメダカです。 幹之アルビノメダカアルビノメダカの背中にブルーの光沢が入ります。スーパーな親から採卵していますので、成長するに従いブルーの光沢が顕著になる [続きを読む]
  • 販売品メダカより
  • めだか通販に出品中の販売品からご紹介。 強光紅白ヒカリ透明鱗メダカです。春になって、美しくなりました。楊貴妃ブチメダカから選別した黒斑の綺麗な個体です。特に、この個体は縞柄の様に見えますね。三色系透明鱗メダカの紅白が美しい個体です(黒斑は薄いですが)。実は、上の楊貴妃ブチメダカとは兄弟メダカです。透明鱗か、透明鱗でないか、の交配によって変わってくるのですね。 *******************  [続きを読む]
  • ダルマエーションメダカ(その5)
  • やっぱり、人気があるのですね。紅頭透明鱗ダルマメダカです。 昨年の夏から産卵を始めたのでしたが、秋までに採れた卵は少数でした。今年は春からの採卵に期待して、低温飼育でストックしたメダカです。写真の個体は、その中から数匹を選んで販売に出した個体ですが、販売終了です。昨年の秋の子は、まだまだ小さくて色も出ていない状態ですので、続けて育成です。手元に残した兄弟メダカは、昨日から産卵を始めました。本種も頑 [続きを読む]
  • ダルマエーションメダカ(その4)
  • 見直ししなければいけないと思うメダカです。楊貴妃ヒカリ透明鱗ダルマ系メダカ。 上の個体は、少し長めですが色合いは美しいです。下の個体は尻尾が小さいのが残念ですが、色形はいいですね。昨年、強光紅白系に絞り込んで取組みましたので、赤いヒカリ透明鱗メダカは置き去りにしてきました。けれど、残っていた親メダカを救い出してみますと、やっぱり本種も美しいと感じます。赤い部分と透明鱗特有の体色の対比や個体毎に異な [続きを読む]
  • こんなの作りました
  • こんなもの作りました。 名付けて、はなさくデザラン。これでも、めだか用の採卵巣(産卵藻)なのです。今まで、観賞のためのメダカづくりを、と美しいメダカを目指して改良してきたわけですが、観賞環境についてといえば、全く拘りなしだったような気がします。折角、美しいメダカを飼うのだから水槽も美しく飾りたいですね。というわけで、採卵巣と造花をひっつけてしまいました。メダカにも花を! というわけです。作り始めま [続きを読む]
  • ダルマエーションメダカ(その3)
  • 昨年、選別した黄斑幹之メダカから採卵した子の中にも、少数のダルマ系個体が生まれました。残念ながら、黄色の模様は生じませんでしたが、幹之の光沢が生じたブラック系個体は得られました。その中の、美しい個体を今年のシンボルメダカとして、増殖を進めています。 低温飼育のため、昨年の秋に採卵した子は、まだ幼魚サイズで光沢もあまり生じていませんが、気温が上がるにつれて変化するだろうと見守っております。どの程度 [続きを読む]
  • 紅白メダカセット4
  • こちらは、強光紅白ヒカリ×紅頭ヒカリ透明鱗メダカの仔から、ややダルと普通体型を組み合わせました。透明鱗になりますと、背中の光沢が弱くなるのがヒカリメダカの弱点で、この交配でも光沢が入るタイプは非常に少ないのです。 強光紅白ヒカリのようにはいかないものの、横見で光沢が目立つ個体を集めました。まだ小さいですが、色上がりしてきて美しくなりました。今春、強光紅白がはっきりした透明鱗メダカを狙うのに良いメダ [続きを読む]
  • ダルマエーションメダカ(その2)
  • すっかり普通種になってきた幹之メダカも、ダルマ系となりますと違ってきますね。 この個体は、昨年秋にSサイズで少数販売した仲間で、成長の良いものを選んで撮影したものです。どの個体も小さい頃から、広く光沢部が発達して、美しいメダカであると認識しています。ただ、あまりにダルマになりすぎる傾向が強く、今でも浮いているだけで泳げない個体もいて成長が心配です。ことしは、春から追加繁殖させて、ダルマ集団を殖やし [続きを読む]
  • ダルマエーションメダカ(その1)
  • 今年のおおさとテーマ、ダルマエーション(darumation)、何それ?だるま+〜化 の意味で作った造語で、普通に読めばダルメーションになりますけれど、「だるま」を意識して読ませています。要するに、ダルマメダカを主体に生産して行こうということです。こんな種類でと思うものを、ご紹介していきます。まずは、ラメ幹之メダカ。   何れも、ラメ幹之の交配メダカから昨年生まれた子から、大きい個体を選別したものです。ま [続きを読む]
  • 紅白メダカセット3
  • お正月限定企画?紅白メダカセット3は、強光紅白ヒカリメダカのペアセットを出品です。 今回は、ダルマ系と普通体型のミックスでセットを組み、現物販売にしました。3セット用意しましたが、1セットは販売済みです。とっても美しいメダカになりました、暖冬だからこその色上がり具合でしょう。この機会にどうぞ。******************* お知らせ◆冬特価販売を始めました。 順次、冬だからのお得なめだかを [続きを読む]
  • 2016謹賀新年
  • 謹賀新年本年も、趣味のめだか おおさと を宜しくお願いします。2016年のおおさと めだか開発テーマは、ダルマエーション(だるま化)美色種のダルマメダカを主体に開発していきます。というわけで、  2016年シンボルメダカを、幹之ダルマメダカに決定しました。******************* お知らせ◆冬特価販売を始めました。 順次、冬だからのお得なめだかを出品しています。 通販サイトの(冬 [続きを読む]
  • 紅白メダカセット2
  • 先日から出品している紅白ミックスのラメメダカです。 楊貴妃ラメメダカ楊貴妃メダカより若干赤みが弱いですが、美しい赤系のラメメダカです。そろそろ普及品種に仲間入りでしょうか。 白ラメ幹之メダカラメ幹之同志の交配から生まれた白系のラメメダカです。少しピンク掛かっているのが愛らしいですね。横見がキラキラと綺麗なメダカですので、ガラス水槽向けでしょう。暖房の無い暖かい明るい部屋へ水槽を置きますと、無加温でも [続きを読む]
  • 暖かった
  • 昨日までの異常な暖かさで、色々と影響が出てきていますね。例年でしたら、加温温室のストーブをバンバン焚いていますし、その他の無加温水槽のメダカたちは底に集まってじっとしているのですが、今年は、春秋と変わらない状態で、まだ、ストーブのスイッチも入れていません。「折角、灯油が安いというのに。」とは言っても、使わないのに越したことはありません。その代わりに、水道代と餌代が余分に掛かっているから、困ったもの [続きを読む]
  • 紅白メダカセット1
  • もう、年末年始の話をするような時期になりました。年々、一年が速くなるように感じます。(歳のせい?)暖かい今年の冬、年末から年始には、紅白系メダカで癒されるのはいかがでしょうか。この冬は、紅白のミックスセットを出品しようと考えています。手始めに、紅白(楊貴妃、白ヒカリ)ダルマ系メダカセットを出品しています。お手頃価格で、赤と白の可愛いダルマ系メダカを水槽に泳がせられるように、セットを作っています。 [続きを読む]
  • またまたメダカさんのテレビ出演
  • またまた、メダカさんがテレビ出演です。先日、取材にいらっしゃいました。NNS甲府CATVでの放送ですので、山梨県内のみでしょうけれど。店主の私は出演しませんので、外野から様子を見ていました。 「今日は大里町の街道めぐりです。街道沿いに進んでいくと、面白そうな店を見つけました。」「メダカの専門店ですか?中を覗いてみますと、水槽が並んでいて色々な色のメダカがいます。」「えっ。これ全部、日本のメダカです [続きを読む]
  • 墨流しヒカリの交配
  • 三色系のヒカリメダカを狙って交配してきた墨流しヒカリ透明鱗メダカです。交配によって変化した度合を少し追いかけてみました。 墨流し紅頭ヒカリ透明鱗メダカ墨流しヒカリ透明鱗と紅頭ヒカリ透明鱗の交配によって、白抜けを引き出すことを狙ったものです。白抜けが増えた他、体表の黒斑の他に、体内に墨を溶かしたような黒斑が生じるようになりました。体内墨は、紅頭ヒカリ透明鱗に潜在していた形質のようで、同種には、時々体 [続きを読む]