ぺぇたぁ さん プロフィール

  •  
ぺぇたぁさん: mondnacht
ハンドル名ぺぇたぁ さん
ブログタイトルmondnacht
ブログURLhttp://mondnacht21.blog.fc2.com/
サイト紹介文この瞬間に生まれる、鮮やかな音楽。中世から現代まで、"新しい"クラシック音楽を楽しむブログ♪
自由文若手アーティストや最新CDの情報もたくさん♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/11/13 17:15

ぺぇたぁ さんのブログ記事

  • 夏を生き抜く アルベニス「イベリア」 〜 12の新しい印象。
  • DISC1アルベニス:「イベリア」〜12の新しい印象 第1集(1906):エボカシオン、港、セビーリャの聖体祭 第2集(1906):ロンデーニャ、アルメリーア、トゥリアーナ 第3集(1907):エル・アルバイシン、エル・ポロ、ラバピエス 第4集(1908):マラガ、へレス、エリターニャ ジャン=フランソワ・エッセール(ピアノ) Rec. 1993 ERATO■ 夏を生き抜く。今日は新しく入手したボックスセットからの1枚。Warner Classicsがオ [続きを読む]
  • 日本のオーケストラの取り組み 2018-2019。
  • あれから6年あまり・・・。以前「パーヴォ・ヤルヴィ N響首席指揮者就任決定に思う。」というエントリーを書いた。今読むと、けっこう乱暴な言い回しというか、生意気なところが我ながら鼻につくが(笑)言いたいことはわからないでもない。それでは6年たった2018-2019シーズンの日本のオーケストラの取り組みはどうだろう?┃指揮者とプログラムに見る日本のオケの2018-2019。まずは、先のエントリーで僕にやり玉に挙げられていた [続きを読む]
  • 2015年発見! テレマンの無伴奏ガンバのためのファンタジア♪
  • リチャード・ブースビーが弾く!テレマン「無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバのための12の幻想曲」 テレマン:無伴奏ヴィオラ・ダ・ガンバのためのファンタジア TWV.40:26-37ファンタジア第1番ハ短調/第2番ニ長調/第3番ホ短調/第4番ヘ長調/第5番変ロ長調/第6番ト長調/第7番ト短調/第8番イ長調/第9番ハ長調第10番ホ長調/第11番ニ短調/第12番変ホ長調 リチャード・ブースビー(ヴィオラ・ダ・ガンバ) 2017年7月17-19日, グロスタシャー [続きを読む]
  • 【アメリカ音楽史】(3)自由な歌い方と最初の作曲家ビリングス。
  • ┃初期アメリカの作曲家たちを育くんだ土壌。前回から続いて、アメリカの17世紀の音楽状況を見ている。最初にアメリカに渡った人々が携えて行った音楽が、簡素な詩編集だったことは「(2)ピルグリムズとピューリタンズ。」でやった。ピューリタンズは厳格な倫理観に根差しており、歌唱もそれを反映したものだったという。しかし、こうしたものには反動がつきもの。もっと自由に音楽をやりたい!という人々が現われてきて、詩篇旋 [続きを読む]
  • ヘスス・ロペス=コボス(1940-2018)の遺産。
  • オペラに、シンフォニーに。名匠逝く。あまり日本では取り上げられなかった印象だが、今年、2018年の3月2日にスペインの名匠、ヘスス・ロペス=コボス(Jesús López-Cobos, 1940 - 2018)が癌のため亡くなった。78歳だった。ロペス=コボスはマドリード総合大学で哲学の学位を取得後、ウィーン音楽院でハンス・スワロフスキーに指揮を師事。オペラとシンフォニック・レパートリーの両輪で活躍し、ベルリン・ドイツ・オペラ(1981 [続きを読む]
  • スカンジナビア・ムード 〜 ミカラ・ペトリの名作再び!!
  • ミカラ・ペトリ 生誕60年記念!コンプリートRCAアルバム セレクションから。 01.グリーグ:朝(朝の気分)〜「ペール・ギュント」第1組曲第1曲02.アルヴェーン:テーマ〜スウェーデン狂詩曲第1番Op.19「夏至の徹夜祭」03.ロルフ・ラヴランド:ノクターン04.Trad:森の深い静けさ05.ニールセン:スピニング・トップ06.フィニ・ヘンリクス:子守歌07.Trad:カラスは木の高いところにとまった08.ニールセン:霧が晴れてゆく09.Trad:お [続きを読む]
  • バーンスタインの『キャンディード』序曲!
  •   レナード・バーンスタイン作品集[8CD+1DVD BOX] マリン・オールソップ指揮ボーンマス交響楽団、サンパウロ交響楽団他 NAXOS┃難産のキャンディード。今年はレナード・バーンスタインの生誕100年で、作曲家としての彼の作品を楽しんでいる。今日は有名な「キャンディード」序曲。これはバーンスタインの作品のなかでも最もよく聴かれるものだし、以前「題名のない音楽界」のオープニングに使われていたので、一般にも浸透して [続きを読む]
  • ユダヤ。 〜 作曲家バーンスタインの交響曲第1番『エレミア』♪
  • レナード・バーンスタイン作品集[8CD+1DVD BOX]マリン・オールソップ指揮ボーンマス交響楽団、サンパウロ交響楽団他NAXOS┃ユダヤ人極小史。"ユダヤ"というのは、音楽史をかじっていると頻繁に出くわすどころか、その歴史の地下水脈として流れつづけているかのような印象さえ受ける重要なテーマ。まず、「ユダヤ人」とは何なのか。Wikipediaでは、中世までの「ユダヤ人=ユダヤ教を信仰する人々」という定義から、近代以降では「ユ [続きを読む]
  • 【アメリカ音楽史】(2)ピルグリムズとピューリタンズ。
  • ┃入植。学校でコロンブスがアメリカ大陸に到達したのは1492年だと教わった。ところがその後しばらくはアメリカへ渡るのは命がけだったため、ヨーロッパの音楽はなかなか輸出されなかったらしい。それから月日は流れ、17世紀初頭になるとアメリカへの入植が本格化する。最初にアメリカへ渡ったのは、イギリスでの宗教的不寛容に不満を感じていた少数派、ピルグリムズと、国教会を浄化する必要を感じていたピューリタンズだった。彼 [続きを読む]