milk0109 さん プロフィール

  •  
milk0109さん: 娘を亡くしたおばちゃんの日記
ハンドル名milk0109 さん
ブログタイトル娘を亡くしたおばちゃんの日記
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/maya_julia/
サイト紹介文娘の死 うつ病 境界性人格障害 DV 離婚 再婚 太陽光発電
自由文末娘が成人式にも行けず、その夜倒れ息を引き取りました。
一人暮らしだったため、誰にも看取られる事なく、飛び立ちました。
5人家族だったはずが、私が原因でみんな散り散りになってしまいました。
そんな私の日常を書いています。

太陽光発電にも触れたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/11/14 14:03

milk0109 さんのブログ記事

  • 死へのあこがれ
  • 入院してるとベッドにいることが多く、タバコとトイレくらいしか、歩かない。当然筋力も弱ってるはず。音楽聴きながら寝てると、このまま死んでもいいかと思うときがある。夢では何度も死んでるのに、目が覚めたら、やっぱり生きてるのかと感じてがっかりする。大きな病気を抱えているわけでもないけど、漠然とこのまま死にたいと思う。自殺はしたくない。ただただこのままイヤホンで好きな音楽聴きながら、息を引き取りたい。病気 [続きを読む]
  • 今朝の夢
  • 今朝夢を見た。両親やら娘やら、亡くなった人たちが一同に集まってた。嬉しかった。でも、夢なんだよね。夢から覚めたら、現実の世界が待っていた。入院生活も後12日。退院したら、仕事も待ってる。うんざり。お昼にベッドで、音楽を聴いていたら、このまま私は逝くのじゃないかと思えるほど、落ち着いてた。死ぬ時は、今朝見た夢のようにあのままきっと逝くんじゃないかな?みんな笑ってた。そろそろ近いかな?現実と夢の間に私は [続きを読む]
  • 我慢
  • 我慢って何だろう?入院先での看護師からの言葉。何でも「我慢しろ」ですまされる。迷惑かけられているのは、私なのに。勝手にコーヒーを取って、私のベッドに座ってノートを見られた。迷惑かけた人は、保護室に一日入ったけど、次の日看護師から「別の部屋に移ってもらったから。取られて嫌なものは鍵のついた所に入れてください」と言われた。鍵の付いているところなんて、ロッカーしかないのに、コーヒーなんか入れられないよ。 [続きを読む]
  • 若き日の過ち
  • 秋は私の若き日の過ちの多い日を思い出す季節でもある。まだ高校生の頃、堕胎をした。毎年、あの日の事は忘れられない。堕胎をしたのは私だから。相手は覚えているのか?いつも疑問に思っていた。昨日、その時の彼に連絡を取ってみた。その時の苦痛は、彼も覚えてくれていてくれた。しかし、日時は覚えていなかったと。私は罪深い思いを抱えて嵯峨野に行って、おじぞうさんにお参りに行ってた。もう観光化してしまった嵯峨野に行こ [続きを読む]
  • この空の下
  • 台風が通り去った後の日が射した夕方。私の住む世界。長い年月をかけて作り出されたこの世界。改めて私の住む世界を感じた一瞬だった。 by 病室の窓から [続きを読む]
  • 娘のブログ
  • 何度も読み返したけど、また改めて読み返している。私の出した「究極の暇の中から何かが生まれる」と言う宿題は、彼女を相当悩ましたものだと思う。「笑顔でおかえりが言えるまで」のブログの中にも、悩んでる様子がうかがえる。私も入院してきて、暇と感じることが多々ある。彼女は苦痛だっただろうな。まだ子どもだった彼女にそんな問いかけをした私が悪かった。私がまだ元気な頃、大人になってから暇と感じる事がなかったな、と [続きを読む]
  • 生かされている
  • 今日はある人との出会いがあった。私はすでに気がついてたはずなのに、なぜか誤魔化そうとしていた。「娘を亡くした母」かわいそうな自分を慰めて、このブログを始めたのかもしれない。娘が亡くなって10年。ここらで、私の残りの人生を考えないといけない時期に来ているように思う。人は何故生まれるのでしょう。人は何故苦しむのでしょう。妬み、いじめ。陰の世界。楽しみ、嬉しさ。陽の世界。娘が亡くなっても、楽しいこといっぱ [続きを読む]
  • 母の夢
  • すっかり母の顔も忘れてしまって、いくら思い出そうとしても思い出せなかった。写真の中の母は笑ってる。私はおんぶされてる。昨日は母の命日。日記に母に会いたいと書いた。昨夜、とうとう母に会えた。会話はなかったけど母の匂いがした。父と一緒にいた。父の印象の方が強い。でも、私の求めているのは母。ありがとう、お母ちゃん。 [続きを読む]
  • 心理テスト
  • この前から心理テストを行っている。色々と書く問題もあり、昨日は、頭から単語がたくさん浮かんできて、白い短冊やら、単語表のようなものが頭いっぱいになった。田舎への嫌悪感も強く、同室の盲目のおばあさんの話も田舎の話ばかりで、頭が痛くておかしくなりそうだった。減薬中なので、よけいにつらい。今日は、よく眠れたので、タバコも切れかかっていたので、思いきって外に出た。やはり、波の音は気持ちを落ち着かれてくれる [続きを読む]
  • 記憶が薄れてる
  • 亡くなった両親、娘。私の頭からきおくが無くなってきている。悲しみとか寂しさとかそう言う感情ではない。ただただ記憶が飛んでる。娘の笑顔ってどんな風にわらってたのかな?どんな声をしていたのかな?そもそも本当に存在していたのか?ショックが10年経っても大きすぎて、頭で処理しきれない。悲しい、寂しい、と言うよりは、悔しい。記憶が無くなってもう2年なる。突然、ある日記憶が飛んでしまった。今朝、病室から見た海は [続きを読む]
  • 散歩
  • 昨日は暑かったけど、海辺を散歩した。日陰がなく本当に暑くて、日光嫌いな私には苦行としか言いようがないくらい。海辺で、腰かけてスムージーを飲む。タバコ吸って、しばらく海を眺めていた。頭の中は何も考えてない。帰りに水門近くで小魚たくさんいた。その中で大きな魚が!多分ボラ。左に見える黒い物体です。水門が開いたので、私は立ち去った。 [続きを読む]
  • 外泊
  • 21日から25日まで外泊した。バスで帰ったので、相当座ったまま。膝やられた22日は主人の車で仕事に。疲れはてて、仕事にならなかった。集中力はないし、勘は戻らないし。やはり、仕事も無理です。ここの仕事はよけいに無理です。娘達と別れた原因の仕事先には戻るべきではなかった。連休の2日間、お墓参りに行くわけでもなく、洗濯と夕食作りだけで精一杯。お墓に行きたい気持ちはあったのだけど、行けないなぁって気持ちの方が大 [続きを読む]
  • 台風 タムリ
  • 一昨日台風で病院にいても、風の音が凄かった。瀬戸内海な面してる病院なので、波はわりと穏やかだけど、昼過ぎくらいから雨風が強く、窓から見てても飽きない。被害に遭った方々には、申し訳ない言い方だけど。昔小さい頃、台風が近づいてくると、お父さんが店の雨戸に板で釘打ち付けていたのを、うっすら思い出す。風音が聞こえなくなると、2階の雨戸の隙間からよく覗いたものだ。愛媛に来て初めての台風で、テンションが上がり [続きを読む]
  • 入院して、仕事の事は考えないようになった。ただ、やはり娘たちの事を考えてしまう。長女は育児と仕事の両立が難しいようで、しかも、上の子は高校受験。あまり「受験」と親がむきにならない方がいいと思うのだが、近頃は違うらしい。私も口出ししないようにしてる。経済的にしんどいから、よけいに娘は苛立ってる。次女はパートナー?と同居し始めた。面白おかしく生活しているだろうけど、パートナーも派遣なので、貧困には違い [続きを読む]
  • 迷惑な存在
  • 娘のお骨は合祀墓に入っている。私も入るつもりだった。大きな碑があり、名彫りもしてくれる。でも、私の名前を見るたび嫌な思いをする人がいる事を知った。私の過ちで離婚をした。娘達を含め、元夫、周りの人達にもずいぶん迷惑をかけた。今再婚して苗字は変わっているけど、旧姓で名彫りをしてもらい、一緒のお墓に入ろうと考えていた。元夫もその墓に娘と一緒に入りたいということを知った。当然だろう。でも、私は自分のことし [続きを読む]
  • 亡き娘の誕生日
  • 今日は七夕。亡き娘の誕生日。辛いね。娘の顔も忘れてもうどれくらいたつだろう。一向に思い出せない。産まれたての顔もしっかり見たのに全く思い出せない。日ごとに忘れていくことが多い。困ったものだ。今日が誕生日だというのは七夕だから覚えていたから。でも、この7月7日が今日なのか、昨日なのか、明日なのか? わからないことがある。毎日何度も家人に「今日はいつ?」って尋ねることが多くなってる。ストレスなのかな? [続きを読む]
  • 母の指輪
  • 母が亡くなった日、ICUで外されていた指輪を真ん中の姉が、私にと渡してくれた。祖父からの指輪だったかもしれない。お守りのように私は、その日から指輪をはめていた。その指輪は上の姉の旦那さんが大病を患ったとき、貸してくれと頼まれ、貸した。奇跡的に義兄の病気は助かった。母が守ってくれたのかもしれない。だけど、その指輪は私に戻ってくることはない。昨日、久しぶりに姉妹3人と義兄と食事をした。まぶしいあの指輪が [続きを読む]
  • プラネタリウム
  • 前から行きたかったプラネタリウムに主人に連れていってもらった。明石天文科学館。障害者割引で半額になった。いつも夜見ている星とは違って、街の光がないとこんな風に見えるんだ。でも、やはり人工的。昔々与論で見た街灯のない海の浜辺で、新月の夜見た空が、今までの中で一番。あの夜いくつの流れ星を見ただろうか?また、あの景色を見てみたい。科学館で写真展があって、きれいな夜空があった。ガラス越しなので、ちょっと光 [続きを読む]
  • 近況
  • 最近「死」を意識するようになった。特別に死につながる病気が見つかった訳ではない。今日は、子宮外妊娠で赤ちゃんの命日。名前は「阿弥」私の両親に届けようとつけた名前。さておき「死」とは何だろう?もう何人も見送った。残るのは焼いた骨だけ。心臓が動かなくなったら、もう「人」ではなくなるのか?遺体と言うのか?私は明日にでも、いや家にいて今すぐにでも何かで倒れるかもしれない。事故にあうかもしれない。いつ死んで [続きを読む]
  • さみしい
  • 仕事のお手伝いをしながら、家に引きこもってます。私の足はどうにもこうにも、力が入らない。自転車で転倒するし、歩くのも歩幅が短く、上手く歩けない。頭の中は、仕事への焦りと、家事が出来ない事の罪悪感。去年の今頃は退院してきて、すぐに仕事にかかったけど。もう、無理。たぶん、この足の不自由さは、ストレスかも。お薬飲んでもまったく効かない。悪化。一人で何をして良いのか分からずに、一人でいることがさみしい。と [続きを読む]
  • パーキンソニズム
  • 先日から脚が強ばったり、力が入らなくて、かかりつけの整形外科で診てもらった所、整形外科の関係ではないと言われ、心療内科で診てもらった。症状を言うと、「今飲んでる薬の量でこんな副作用はない」と診断。パーキンソン病ではなく、パーキンソン症候群かもしれないと言われた。手はたまに震えるし、歩こうとしてもなかなか足が出ない。ゆっくりゆっくり歩くのが精一杯。1月の娘の命日、仕事がとても忙しく、休む間もなく、軽 [続きを読む]
  • あれから10年
  • 最期の会話からもう10年。早いものです。長女と孫とでお墓参りに行ってきました。下の孫はまだお腹にいたので、チャッキーを知りません。でも、多分チャッキーは、空からみんなを見ていると信じています。苦しかったね。ごめんね。母ちゃんも一歩一歩そちらの世界に確実に近づいています。早く会いたいなあ。なんと!今年の初夢は、チャッキーとジェニーさんでした。あなたが赤ちゃんの姿でもいい。夢で会えるなら。写真の顔しか [続きを読む]
  • 娘の墓参り
  • 尼崎に引っ越してきて、一人でようやくお墓参りが出来た。なぜだか、なかなか足が向かなかった。ごめんと心の中で詫びながら、今日やっと来れた。チャッキーの好きなひまわりもガーベラもリボン付の花束にして、お供えしてきた。気持ちは伝わっているだろうか?言葉は、相手に響かないと、それは生きてこない。私の想いも彼女に響かないと伝わったことにはならない。一人寂しくあの地で眠っているのかと思うと、母ちゃんはたまらな [続きを読む]
  • 引越
  • 長い間blogを放置していました。書く意味が分からなくなりました。松山に義母を置いて、私たち二人は仕事のために関西に戻りました。時々松山に行きます。長女は、相変わらずです。次女に変化がありました。離婚。彼女の事が最近気になってはいたのです。昨年、彼女のリストカット痕を見て、色々話をしてくれました。これから先彼女をどう支えられるか?私の課題です。彼女からしたら、大きなお世話でしょうね。娘を捨てたのは私な [続きを読む]