FUJI さん プロフィール

  •  
FUJIさん: ボブボルマンFX実践ブログ
ハンドル名FUJI さん
ブログタイトルボブボルマンFX実践ブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/fxdayrino/
サイト紹介文ボブボルマン手法をやるトレーダーのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/11/14 16:15

FUJI さんのブログ記事

  • ボルマントレードで負ける理由 / 勝率を上げるために
  • ボルマントレードで負ける理由、どうしても勝てない理由は自分を信じていないからと言える。ボルマンのほうを信じている。ボルマン手法を実践でやっているときに「どこで負けたか」というのが直近のトレードでも見直せばすぐにわかるはずだ。それを「方法は正しい、自分のやり方が間違っているだけ」と考えると当然、いつまでたっても改善などできない。なぜなら、ボルマン手法は「本」でありから、どうやったって書かれているもの [続きを読む]
  • トレーダーが飲むサプリメント
  • トレーダーは精神的にかなり過酷だ利を伸ばすのもいつもどおり損切りするのもそして監視し続けることこともストレスが積み重なり、ときに思わぬビックストレスが襲ってくるときがある。そういうときはかなり疲れる。日ごろから精神的にも肉体的にもケアを怠らない理由は、そういうときでもタフにふるまえるようにするためだ。なにより「意志力」というものは有限だ。日中に我慢を強いられるようなことがあれば、意志力は使い果たし [続きを読む]
  • トレード本と筋トレ本
  • 前の記事で「トレード本と育児本」というのを挙げたけど育児や教育に関する本がなぜ面白いか、というとこのひとつに尽きるのではないか、それは 「わが子が可愛いから」そして 子どもっていうのは「親の期待に応えるもの」だから。正直、ほとんどの場合 親の期待をはるかに超えるものが多い。逆に期待以下のものは(あ〜興味がないんだな)と思ってそこにはあまり触れないようにする。先日なんかも私が力を入れてやっていた空手 [続きを読む]
  • トレード本と育児本
  • 子どもがいるトレーダーも多いと思うので臆せず育児に関してちょこちょこっと。上の子が小学生になったので育児というよりも教育というカラーが強まってきた感が否めないこの頃です。教育に関しては、学校に行き始めた段階で「学校」=「学ぶところ」という意識付けは心がけている。これが昔の私の考え「学校」=「友だちをつくるところ」という感じだと教育を行う上でズレてくるんですね。「友だち」は親が力入れなくても自然とで [続きを読む]
  • 結局のところボルマン手法は使える?使えない?
  • 結論から言うとボルマン手法は使えます!これは断言します!利益を上げられない、もしくは使えないと感じている人はそれ以上、ボルマン手法を真似るのを辞めるべきかと思います。真似るのを辞めて、自分の頭で考えて改善を繰り返す段階だということです。ボルマン本を読んで学んだことを捨てるのか?と問われれば、すてる とも言えるし、すてない とも言える。それよりも学んだことは学んだこと 無駄にならないという言葉のほう [続きを読む]
  • 全体像に沿ったトレードか、全体像を無視したトレードか。
  • ボルマントレードをやっているトレーダーは全体像をどう把握しているのかな。様々でOKだしこうしたらよいっていうよりは、自分に合った方法を選べばいいんだけど、考え方として全体像に沿ったトレードをやっていたって損切りはある。でも全体像に沿ったトレードを行うほうがいい。そう思っている。全体像の視方、私のやり方は5分足の100EMAで判断しているのが一番シンプルだし合っている。それが上方向を示しているときに、1 [続きを読む]
  • 損切り上等!なんぼでも損切りしてやる
  • ボルマントレードで 勝てない! と嘆いている人は、きっと 「これなら勝てる」という淡い期待を持っているからだと思う。読み方は様々だけど、手法をカスタマイズしたり、損切りや利食い目標を変えてみたり、相場の時間帯を固定してみたり、欧州タイムがダメなら、東京タイムでやってみたり、ボルマン本ではユーロドルをすすめてるけど別にユーロドルでやる必要はほんとにほんとにないわけで。ポンド円でもガシガシ、ボルマン風 [続きを読む]
  • 相場の動きなんてホンマにわからん
  • ボルマントレードを実践するうえで相場の動きなんてホンマにわからん という感覚を忘れてはいけない(関西弁風に書いただけで、関西人ではないのであしからず)実践でトレードするうえでボルマン本に掲載されている通りにトレードして利益を積み重ねつづけることなど絵空事でしかないと思ったほうがちょうどいい。チャートの解説が後講釈だと言っているのではなく、掲載されているチャート(もしくは、ここで仕掛ける!と示されて [続きを読む]
  • ボルマン本とダミール本(プライスアクション短期売買法)の比較
  • この記事でレビューした「プライスアクション短期売買法」の言葉を借りると『 価値領域 』になる。一般的にはレンジ、もしくは揉み合い相場ということ。ボルマンの70ティック本ならレンジブレイク系(RB)(IRB)(ARB)(BBも含む)との比較。前者はレンジ内(価値領域)内に引き寄せられるプライスアクションを逆張りで獲るという戦略になり、後者はレンジ内に引き寄せられるプライスアクションよりも放たれる方が強かった時 [続きを読む]
  • ボルマン学徒でも柔軟に考えるべき
  • すがるようにボルマンの本を手に取ると信者の様な気持ちでむさぼり読むだろう。しかし最初はそのような読み方で集中的に読んだとしても自分の考えを取り戻して見直すことはやるべきだ。なぜなら、理解できないものを実践することは不可能だから。「理解する」ということは腹に落とすということ。腹に落とすためには最初は自分の考えを捨てて真似てもどこかで「もともとの自分の考え」と「新しく学んだこと」を経験を通して擦り合わ [続きを読む]
  • プライスアクション短期売買法
  • たまたま見かけたので買って読んだ本ものすごく薄いハード本(笑)なのだが、期待していないだけに大いにお勧めできる本だと思った。トレード本ていうのは、お勧めできる本もできない本も とにかくいろんな本を読んでおくべきだと思うんだが、実際に読んで勝てるようになった、とかトレードが向上したとか そういった類は稀だと思う。また、そんな風な文句が書かれている本は読む前から信用に値しない。(とはいってもトレードア [続きを読む]
  • 刺激のない生活をしているので趣味を深める
  • 刺激のない生活をしているので何かチャレンジをしようと好きなウイスキーのことをもう少し深めてみよう と思った。ウイスキー検定なるものも出現しているので半年後にそれを受けてみようと思ったこと。そして、久々に読み物を持ってきて気になることをリンクして調べてみたこと。この二つの思いと行動でかつてのウイスキーに対するワクワク感が戻ってきた。最も好きなウイスキーに「ハイランドパーク12年」があるが、私がなぜな [続きを読む]
  • 仮想通貨で死ぬ人活きる人
  • でてきた出てきた 綻びが。仮想通貨のいろんなほころびが出始めました。これはビットコインの過去一年間の値動きだ。スゴイ変動幅。たった9カ月で20万円から200万円の上昇、そしてわずか一カ月半で100万以上の急落だ。もうボロボロです仮想通貨は、値動きの他にも問題がある。ただブロックチェーンをベースとした仮想通貨の考え方やシステムそのものは未来を感じさせるけれどもまだまだインフラが整っていない。入金出金 [続きを読む]
  • 新しいProRealTimeチャートの件
  • 先日、コメント欄に匿名さんからProRealTimeで困っているトレーダーへの助言をいただいたので紹介します。LMAXという海外ブローカーのホームページでDEMO登録を済ませて、取引画面でチャートを開くことができるというものです。実際私も立ち上げましたが普通に表示できます。もちろん70ティックチャートも表示させられます。とくに利用料を求められるようなこともありませんでした。ただ、すべて英語表記なので少しだけこちらでサ [続きを読む]
  • ずぼらトレーダー
  • 年も新しくなったということでブログも一新!と言いたいところではあるもののブログで書きたいこともないしでもなんとなく放置しているのもなんだし ってことでずぼらトレーダー見参!ていうアピールでもしておこうかと。まぁ近況云々書くのも面倒トレードのことを書くのも面倒育児や生活のことを書くのも面倒だったら辞めちゃえ ってことなんだけど辞めてもいいけどまぁ 消すのもなんだしってことで・・・なんでしょうねぇもう [続きを読む]
  • ウイスキー好き 庶民が選ぶウイスキー
  • ウイスキー特集のpenを読んでいたらウイスキー記事を書きたくなったw何年間かに一度、penはウイスキー特集やるんだよね今回の分合わせて、3冊持ってるけど今回のは初心者向けよりもある程度ウイスキーが好きな人にも楽しめる内容になっている。んで晩酌酒に2,000円もしたら高価な部類と感じる庶民としては、この本に書かれているウイスキーのほとんどに手が出ない。ということで、庶民的おすすめウイスキーってなにかなぁ と考え [続きを読む]
  • 揉み合いの最中にブレイク狙うと簡単に死ねる
  • ボブボルマン本は基本、ブレイクアウトと順張りフォローの解説書。でもブレイクするかどうか、事前にはわからないのを事前になにかしらのサインをもとに判断して仕掛けて、結果、普通に揉み合いのモミモミ相場で高値で捕まり損切り、安値で捕まり損切りすると簡単に死ねる戦術だ。とくに狭い時間枠になるほど顕著にそれが出る。だから、この本に書かれているエントリーポイントというのはかなり優秀なポイントになる。70ティック [続きを読む]
  • トレード中、冷静さを保つために
  • 自暴自棄になったり、焦ったり、冷静さを欠いたり、熱くなって阿修羅モードにスイッチが入ったり、そんなことは100%無くすことなどできないし、無くさなくてもいいと思ってるけれどもできるだけ避けたい。それでこの一年間で効果があった方法として、実況ノートを付けるっていうのがある。B5ノートに鉛筆やボールペンで、左に時間〇:〇 と書いて、右に市況や分析内容、心の動きなどもメモしておく。 エントリーしてトレードが [続きを読む]
  • プリズナートレーニング 読了
  • ビスケット・オリバの表紙が賛否両論に分かれているレビューではあるものの刃牙ファンとしては嬉しいかぎりだし期待に応えられる内容になっていると思っている。私はこの表紙に一票投じたい イメージが湧きやすい。(その点、万人向けではなくなったのは仕方がない)プリズナー・トレーニング 圧倒的な強さを手に入れる究極の自重筋トレそれで読んで終わりの本ではなく、実際にこのプログラムを試してみないとダメだろってことで [続きを読む]
  • 『値幅の調整』と『時間の調整』
  • ボブボルマンからの本で多くの洞察力を与えてくれたけれども、その中で役立つ知識のひとつに二種類の調整があった。長いレンジの末、上か下にレンジブレイクした場合、その値動きは必ずどこかでプルバックしてくる。そのプルバック(戻り)には、戻り方 というのがあって、単に上げた分の半値戻しで調整が終了した、ということでもない。半値戻しまで待てど暮らせど値は戻らず、わずか80%くらいまでしか戻らずにバイーンと第二波 [続きを読む]
  • かなり久しぶりのブログです
  • かなり久しぶりですねぜんぜん更新していなくても訪問してくださる方々もいるので有り難いと思いつつ、必ず更新するからぁ〜 いいニュースを持ってぇ〜と思っていました。とはいっても、これといってとくに浮かれた話もなく、もう淡々と退屈なトレードと引き続き検証を続けております。ではではまた [続きを読む]
  • レンジか トレンドか はたまた無害を装う有害な値動きか
  • 値動きの性格に継続性がある。そんなにそんなに相場ってポンポン性格が変わることがないってことです。例えば、足一本ずつが陽線と陰線が出入りして、しかも動きが軽い ずいぶんとポンポン動くなぁ と思っても、そこから5分や10分後に誠実な値動きになる なんてことはないし、それを事前に知る方法もない。だからしばらくそういうポンポン動くのが継続するってこと。他にも 誠実な動きが続いていれば、そこから先も誠実な動き [続きを読む]
  • 運に選ばれる法則
  • 桜井章一さんの本はこれが初めて前から一度読んでみたいと思っていたんだが、あまりにも多く出版されていてどれを手にしてよいかわからないこともあり、ようやく手に取ったのがこれ。今の私にピッタリだった。図解「運に選ばれる」法則76 (宝島SUGOI文庫)常に変化している運を呼び込むには、運についていく、間に合わせることが大切だ。その気配を察し、先手先手を打ってその動きに合わせて行くことが欠かせない。(中略)麻雀をす [続きを読む]
  • ボルマントレードの組み立て方
  • どうもです今日明日と時間ができたのでブログ更新したいと思います。ボルマントレードを組み立てるときは、学んでやってみて、そしてテキストに戻って学んで再度実践してみて、いくつかのトレードを重ねると自分の欠点というのが見えてくる。それを直そうと今度もまたルールを作ったり、破ったり、でも今度こそ一貫性のあるトレードを心がけようとする。でも何度かトレードをしていて、負けが減らないときは、負ける時間帯でトレー [続きを読む]
  • トレード 軽めの近況報告
  • どうも 久しぶりのトレードの話近況を報告したいところではありますが、まだまだ二転三転するかもしれないのでハッキリとした内容は控えたいと思います。とはいえ、具体的にどのように私のスタイルが変化していったか、あるいはどうやっているか、というのはだんだん伝えにくくなってきている感がありますので、うまく行くほど伝えられなくなっていくことと思われます。ただひとつだけ、はっきり言えることがあります。真似る だ [続きを読む]