FUJI さん プロフィール

  •  
FUJIさん: ボブボルマンFX実践ブログ
ハンドル名FUJI さん
ブログタイトルボブボルマンFX実践ブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/fxdayrino/
サイト紹介文ボブボルマン手法をやるトレーダーのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/11/14 16:15

FUJI さんのブログ記事

  • OUTPUT 学びを結果に変えるアウトプット大全
  • そろそろアウトプットやめてインプットに専念するか、と思った矢先にこの本が届いた というもの凄いタイミング著者の樺沢紫苑さんは精神科医でありながら28冊の本を書いていて、日々YouTubeやメルマガ、フェイスブック等のSNSで発信し10年前後続けており、さらに講演をしつつ18時以降は働かない上に、月に10本以上の映画を観て、20冊以上の読書と月10回以上の飲み会に年間30日以上の海外旅行をしているらしい。週に [続きを読む]
  • 勝てるも偶然、負けるも偶然、まだ偶然に命捧げて消耗していいの?
  • 仕掛ける前に絶対に変えてはいけない天地がひっくり返っても死守すべきことがあるそれは最初に決めた損切りポイントいかなる理由があろうと、仕掛ける前に決めた損切りポイントは是が非でも守る慣れていなくても慣れててもとにかくこのポイントまで戻れば損切る仕掛けたら損切るポイントのみその一点のみ集中してみておく。なんども唱える ここで切るここで逃げる値が思惑通りに動いた場合、値が動いている方向に損切りポイントを [続きを読む]
  • ボブボルマン手法で勝率の悪さをどのように克服するか
  • 今回は、ボブボルマンのトレード方法で損切りばかりさせられて、損切り貧乏でまったく勝てなくて悩んでいる人のための記事を書きます。実は、この悩みは二種類あってぜんぜん勝てません ていうのと勝率が悪すぎます ていう二つ。ぜんぜん勝てません て人は、100トレードして90トレード負けている人だったり、一回の負け幅が大きくて、勝ち幅が微益だったりします。勝率が悪すぎます て人は、上のタイプも含むけど、100 [続きを読む]
  • はじめてマイプロテインの商品を買った話
  • マイプロテインというイギリス発祥のプロテイン専門店から商品を購入して試した時のメモとして。インパクトホエイというのを購入。ほかにLグルタミンとスナック菓子のようなものも購入した。シェイカーはサービス品として、それぞれレビューをメモっておこう。今後も再購入したくなりそうだから。ちなみに総額8,500円を買えば送料は無料サービスとなり、ホエイプロテインも1kgあたり1,700円代と私が知る限りでは最安値。ボディウ [続きを読む]
  • ボルマンから学んで捨てる覚悟を。そしてまた拾う。
  • 学んで捨てる、学んで捨てるの繰り返し。だからボルマンの70ティック本や5分足を手に取って読破しても、理解度はトレーダーによってさまざま。読むために費やせる時間も精読の差も人それぞれ。そもそもがそのあとにボルマンのトレード手法を練習してみるかどうか、またどの部分を抽出して練習して身に付けるかどうか、も人それぞれだ。だから、本のレビューなどを読んで、あ〜買ってみよう とか 買えば利益が出る とか思うの [続きを読む]
  • これをルーティンに入れるだけで、今から利益が生む手法に変わる
  • いろいろやってるけどいつまで経っても勝てないという人へ。トレードを行う前にこれをいつものルーティンに入れてみてほしい。それは自分のトレード手法でエントリーサインが出た際に、いきなり実弾投入するのではなく、「つもり売買」をする。思った通りに入った場合、そして目標の利益箇所で値が動いたときに「つもり売買」で利益が出たとき、はじめて次のサインでトレードをすること。つまり、最初からエントリーしたりしない。 [続きを読む]
  • 自分の考えを常に監視する
  • マイルールをつくってルール通りにトレードして日々、反省改善を繰り返して相場へのアプローチ精度を上げる。トレードしながら思うことは思い上がり って相場の世界でも罰せられるってことリアルの世界よりもシビアで厳密下がると思って売っても上がり続けることがあるし、上がると思って買っても下げ続けることもある。どういう根拠で買ったり売ったりしても(損切り)された場合はその根拠そのものを疑う。一度の損切りでは、何 [続きを読む]
  • 感情的リベンジトレードはなぜ危険か
  • 自身のトレードを見直してみて足を引っ張っている結果の共通点のひとつが、感情的リベンジトレードからくるドローダウンではないだろうか。もしもそうだとするのなら、なぜ感情的リベンジトレードがドローダウンを生むような危険度マックスなのだろうか。一言でいうと、それは相場に対して後手に回りやすくなるから。後手に回れば、値動きに翻弄されてしまうのは火を見るより明らか。別の視方で言うならすぐに利益を得て取り返した [続きを読む]
  • おじけづいたら負ける
  • 「ああ、もうみちはない」と思えば、打開への道があったとしても、急に見えなくなるものだ。「危ないッ」と思えば、安全な場所はなくなる。「これで終わりか」と思い込んだら、終わりの入り口に足を差し入れることになる。「どうしよう」と思えば、たちまちにしてベストな対処方法が見つからなくなる。いずれにしても、おじけづいたら負ける、破滅する。相手が強すぎるから、事態が今までになく困難だから、状況があまりにも悪すぎ [続きを読む]
  • (なんかおかしい)での辞め時を考察する
  • トレーダーは様々な考え方をすると思うのだが、私自身のことで書くと基本的には順張り仕掛ける。レンジ取引でトレードするうえでも基本的には圧力が向いている方向に仕掛けるほうが勝率が高く、わざわざ低い勝率の方で仕掛けることは、なるべくしないように心掛ける。それで、マイルールで仕掛ける。ポジ保有している。含み益になるよりも含み損になることのほうが多いけれども、一度損切りしたとする。ここで(なにかおかしい)と [続きを読む]
  • JFXのメタ4で70ティックが使える!?
  • JFXの口座を持っていれば無料で使えるらしいのだが、MT4で70ティックが表示できるようだ。先日、コメントでもらっていた件もあり情報元を開示しておく。私はまだJFXの口座を持っていないので試していないので単なる情報でしかないので、使っている人がいれば実際どうなのか、情報求む。今回の記事はこちら▽参考になったらポチを [続きを読む]
  • ボルマン本との出逢い そして別れ
  • ボルマン本との出会いは確か一冊目の刊行が2012年だったと思うのでかれこれもう6年間ほど経ったことになります。その後、二冊目が刊行される過程では、私の推測ですが一冊目の売れ行きや反応が良かったがために、パンローリングさんが慌てて翻訳を急がれたのでしょう。その結果かなりの誤訳があったのを覚えています。私自身が翻訳を読んで誤訳に気が付いたわけではなく、英語翻訳が得意なブログ読者さんのおかげでいろいろ誤 [続きを読む]
  • 夏休みかぁ
  • 子どもたちの夏休みがはじまるなぁ長期の休みのときはトレードスタイルを変えなきゃならんのがめんどいなせっかく東京タイムが楽しくなってきたというのに欧州やNY市場でトレードすることになるのかなぁ今シーズンはどうやるかなぁ まぁ 夏休みのせいにしないで スケジュール立てて主導権握ってやるしかないか。明日は子どもたちとコレとコレをやると決めて、トレードタイムはこの時間に、という風にして。天候までは読めないけ [続きを読む]
  • ボルマントレードで負ける理由 / 勝率を上げるために
  • ボルマントレードで負ける理由、どうしても勝てない理由は自分を信じていないからと言える。ボルマンのほうを信じている。(自信がないのだから仕方がないし、ボルマンのほうを信じるのは自然なこと)ボルマン手法を実践でやっているときに「どこで負けたか」というのが直近のトレードでも見直せばすぐにわかるはずだ。それを「方法は正しい、自分のやり方が間違っているだけ」と考えると当然、いつまでたっても改善などできない。 [続きを読む]
  • トレーダーが飲むサプリメント
  • トレーダーは精神的にかなり過酷だ利を伸ばすのもいつもどおり損切りするのもそして監視し続けることこともストレスが積み重なり、ときに思わぬビックストレスが襲ってくるときがある。そういうときはかなり疲れる。日ごろから精神的にも肉体的にもケアを怠らない理由は、そういうときでもタフにふるまえるようにするためだ。なにより「意志力」というものは有限だ。日中に我慢を強いられるようなことがあれば、意志力は使い果たし [続きを読む]
  • トレード本と筋トレ本
  • 前の記事で「トレード本と育児本」というのを挙げたけど育児や教育に関する本がなぜ面白いか、というとこのひとつに尽きるのではないか、それは 「わが子が可愛いから」そして 子どもっていうのは「親の期待に応えるもの」だから。正直、ほとんどの場合 親の期待をはるかに超えるものが多い。逆に期待以下のものは(あ〜興味がないんだな)と思ってそこにはあまり触れないようにする。先日なんかも私が力を入れてやっていた空手 [続きを読む]
  • トレード本と育児本
  • 子どもがいるトレーダーも多いと思うので臆せず育児に関してちょこちょこっと。上の子が小学生になったので育児というよりも教育というカラーが強まってきた感が否めないこの頃です。教育に関しては、学校に行き始めた段階で「学校」=「学ぶところ」という意識付けは心がけている。これが昔の私の考え「学校」=「友だちをつくるところ」という感じだと教育を行う上でズレてくるんですね。「友だち」は親が力入れなくても自然とで [続きを読む]
  • 結局のところボルマン手法は使える?使えない?
  • 結論から言うとボルマン手法は使えます!これは断言します!利益を上げられない、もしくは使えないと感じている人はそれ以上、ボルマン手法を真似るのを辞めるべきかと思います。真似るのを辞めて、自分の頭で考えて改善を繰り返す段階だということです。ボルマン本を読んで学んだことを捨てるのか?と問われれば、すてる とも言えるし、すてない とも言える。それよりも学んだことは学んだこと 無駄にならないという言葉のほう [続きを読む]
  • 全体像に沿ったトレードか、全体像を無視したトレードか。
  • ボルマントレードをやっているトレーダーは全体像をどう把握しているのかな。様々でOKだしこうしたらよいっていうよりは、自分に合った方法を選べばいいんだけど、考え方として全体像に沿ったトレードをやっていたって損切りはある。でも全体像に沿ったトレードを行うほうがいい。そう思っている。全体像の視方、私のやり方は5分足の100EMAで判断しているのが一番シンプルだし合っている。それが上方向を示しているときに、1 [続きを読む]
  • 損切り上等!なんぼでも損切りしてやる
  • ボルマントレードで 勝てない! と嘆いている人は、きっと 「これなら勝てる」という淡い期待を持っているからだと思う。読み方は様々だけど、手法をカスタマイズしたり、損切りや利食い目標を変えてみたり、相場の時間帯を固定してみたり、欧州タイムがダメなら、東京タイムでやってみたり、ボルマン本ではユーロドルをすすめてるけど別にユーロドルでやる必要はほんとにほんとにないわけで。ポンド円でもガシガシ、ボルマン風 [続きを読む]