youchan さん プロフィール

  •  
youchanさん: ゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
ハンドル名youchan さん
ブログタイトルゆーちゃんの一口馬主&競馬日記
ブログURLhttp://hitokutiyouchan.blog.fc2.com/
サイト紹介文東サラ・キャロット・ノルマンディー・シルクで一口馬主やってます。 競馬予想、その他の話題なども。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2011/11/14 17:16

youchan さんのブログ記事

  • グレートバニヤン、2歳未勝利戦優勝
  •  本日の福島1R・2歳未勝利戦(ダ1700)に、キャロット出資馬グレートバニヤンが出走。単勝2.0倍の1番人気に応え、見事に優勝しました。本馬はコリアCを連覇したロンドンタウンの半弟という血統。募集馬見学ツアーで実馬を見たときに、いいなと心惹かれた馬でした。しかし懸念すべき事があり、それはダイワメジャー産駒だったこと。私はダメジャー産駒の駄馬を引く才能があり、シルク出資馬コンフェッシオン(6戦中5戦が二桁着順、 [続きを読む]
  • レッドルゼル、2歳未勝利戦優勝
  •  本日の京都1R・2歳未勝利戦(ダ1400)に、東サラ出資馬レッドルゼルが出走。単勝1.7倍の圧倒的1番人気。そして結果は、2着に1,9秒差をつける大差勝ちでした。デビュー戦は芝1400に出走した本馬。その時は前でガリガリやりあって終いを無くしてしまい3着。勝ち馬は次走OPもみじSを連勝。2着馬も次走であっさり勝ち上がっていたので、レベルの高い新馬戦でした。なのでここは確勝だろうとは思ってはいましたが、予想以上の勝ちっぷ [続きを読む]
  • 映画「ボヘミアン・ラプソディ」
  •  映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観てきました。伝説のバンド「クイーン」のボーカル、フレディ・マーキュリーに焦点を当てた伝記映画。ラスト20分に訪れるカタルシスの凄まじさよ!感想はこれにつきるかなあ。2時間15分の尺で、途中ちょっと中だるみ感もあるのも事実。でも、そんなものが吹き飛ぶくらいラスト20分が圧巻。映画を見ながら手拍子したくなる気持ちが湧きあがってくるほど。日本の恥の文化では流石にそれは出来な [続きを読む]
  • レッドエレノア、3歳上500万下優勝
  •  本日の福島3R・3歳上500万下(ダ1700)にレッドエレノアが出走。単勝4.4倍の2番人気でしたが、見事に優勝しました。本馬は日経新春杯勝ち馬カポーティスターの全妹という血統。募集時は最優先を行使して出資が確定した馬でした。当時の記事を読み返してみると、唯一のネックはキムテツ管理だとか、キムテツでなければ・・・とか、そんな表現ばかり。でも血統に惹かれたので、そこには目を瞑って出資した経緯が。が、やはりキム [続きを読む]
  • 「ムンク展―共鳴する魂の叫び」
  • 美術展巡り第三弾は、東京都美術館で開催中の「ムンク展―共鳴する魂の叫び」。昨日のエントリでフェルメールを知らなかった友人の事を書きましたが、その彼でさえ「ああ、『叫び』の人でしょ」と知ってました。訪れたのが開催初日ということもあり、会場内は混雑。特に凄かったのが「叫び」の絵の前。人だかりof人だかり。そりゃ、これを見なかったら来た意味がないですからね。私も順番待ちしながら、ようやく最前例にいきじっく [続きを読む]
  • 「フェルメール展」
  •  美術展巡り第二弾は、上野の森美術館で開催中の「フェルメール展」。今年の美術展でも最大の目玉と言える展覧会。丁度私が見に行った26日に、早くも来場者数10万人を突破したんだとか。まあ、ビックネームだけに当然といえば当然。来年2/3まで開催期間があるので、まだまだ数字は伸びるでしょう。けれど、美術に興味無い人には認知度はいまひとつのようで、一口やってるリアル友人に話をしたところ知らないらしく、フェノーメノ [続きを読む]
  • 「ルーベンス展―バロックの誕生」
  •  先週末、競馬観戦とともに満喫したのが美術館巡り。まず最初に訪れたのが、上野の国立西洋美術館で開催中の「ルーベンス展―バロックの誕生」。17世紀に花開いたバロック絵画を代表する画家。後世の画家にも影響を与えまくり、特にルノワールは若い頃ルーベンスの絵をひたすら模写して腕を磨いたんだとか。「フランダースの犬」で主人公ネロが死の直前に見た絵がルーベンスという豆知識。といっても、微妙に世代ではないのでアニ [続きを読む]
  • 初めてのゼッケン当選
  •  ノルマンディーから郵便物が届きました。「あれ?先行募集は見送ったのに何だろう」と思いつつ開封すると、出資馬アナザートゥルースのゼッケンでした。申し込んだ事をすっかり忘れていたので、まさにサプライズ。しかもこのゼッケン、口取り当選して中山まで現地観戦に行き、2着惜敗した鋸山特別のゼッケン。次走の優勝した茨城新聞杯のも申し込んだんですが、こちらが当選するとは。普通なら優勝時ゼッケンが欲しいと思うとこ [続きを読む]
  • 秋天、二年連続の万馬券的中
  •  美術展巡りや土曜日の馬主席招待のため上京していた私。本来なら日曜日も現地観戦したかったのですが、仕事が入っていたため止む無く帰宅。しかし、前回エントリで書いた「馬主席は金運に満ちている」が翌日に発動した模様。2018 秋天 3連単 4→9→10 24,230円昨年の5万馬券に続き今年も万馬券的中。この秋のG1は紐抜け等で外してばかりで、今回がようやく初的中。馬主席効果恐るべし。ただねえ・・・、購入金額が切ないくら [続きを読む]
  • 2度目の馬主席招待当選
  •  今週末、3つの美術展をはしごすべく上京予定の私。せっかくなので競馬観戦も旅程に加えることに。ということでキャロットの馬主席招待に申し込んだところ、運よく当選。以前に1度当選したことがあり、今回で2回目。自分の過去記事をあたってみたところ、前回は4年も前でした。その時のエントリはこちら。馬主席行ってみたらホントはこんなトコだった!?タイトルは当時流行っていた人気番組をもじったもの。時の流れを感じます。 [続きを読む]
  • ノルマンディー、2018年募集馬先行募集終了
  •  本日13時をもって、ノルマンディーの先行募集が終了。私の申込馬はというと、出資申込を見送りました。先行募集期間中に色々と心の変化がありまして、それを綴ってみると、現3歳の惨状から出資する気無し↓募集馬オメガフレグランス17の半兄が重賞勝ち、一気に出資したい気持ちに傾く↓測尺の値が悪いのに加えツアー情報で砂のぼり報告、気持ちが揺らぐ↓ノルマン2歳出資馬グラウシュトラール&セレーネワルツが新馬デビューを果 [続きを読む]
  • アーモンドアイ、牝馬3冠で思う事
  •  シルクのクラブ馬・アーモンドアイが今日牝馬3冠を達成しました。そこで思った事。過去の牝馬3冠馬との比較とかそんな固い内容ではなくて、まず頭に浮かんだのが映画「アマデウス」。「は?なにそれ」と言う方に説明しますと、1984年・アカデミー賞8部門受賞作品。天才音楽家モーツァルトの才能を愛し、同時に憎む同時代の音楽家サリエリが主人公。「神よ、なぜあなたはあの才能を私ではなく、あの男に与えたのだ!」的な苦悩を [続きを読む]
  • 芸術の秋到来、待ってろフェルメール
  •  待ちに待ったフェルメール展が10/5から上野の森美術館で始まりました。今年の美術展で最大の目玉。すぐにでも見に行きたいところですが、この後10/16からルーベンス展・10/27からムンク展も開催されるので、まとめて観にいける行程を組もうかと考え中。そんな中、フェルメール展のHPをチェックしてみるといろいろと驚きが。まずは入場料。2,500円也。高・・・。大体、美術展の入場料相場は1,000〜1,600円ぐらい。ネームバリュ [続きを読む]
  • ノルマンディー、2018年募集馬カタログPDF公開
  •  ノルマンディーHPにて、2018年募集馬カタログPDFが公開されました。なにしろ現3歳勢が壊滅的な成績なので、今回は申込を自重する気持ちでいた私。というか、将来的には退会も視野に入れようかなと考えていたほど。けれどカタログを見てしまうと、興味が湧いてしまうのがこの趣味の怖いところ。特に気になったのがオメガフレグランスの17。丁度先週、半兄オメガパヒュームがGⅢ・シリウスSを優勝。下は1,200万円と安価な募集額。 [続きを読む]
  • アナザートゥルース、茨城新聞杯優勝
  •  本日の中山10R・茨城新聞杯にアナザートゥルースが出走。人気は単勝2.6倍の2番人気に留まりましたが、見事に優勝しました。本馬の口取りには2回当選したことがある私。しかし1回目は9着惨敗。そして2回目の前走・鋸山特別では頭差2着惜敗。これ以上逆神ダークパワーを注ぐ訳にはいかないと、涙を呑んで今回の現地観戦は自重。まさにその甲斐がありました!内枠絶対不利の中山1800ダートで1枠1番。これは今回も駄目かなと思って [続きを読む]
  • キャロット、第1次募集出資申込結果確定
  •  キャロットHPにて、出資申込結果が通知されました。私の結果は以下の通り。申込10頭中6頭が当選。そのうち昨日の時点で、1頭は無抽選当選・1頭は落選確定。実質的に抽選は62.5%の当選率と上々の結果に。最優先を使ったアディクティドの17も無事当選。アウストル・クルーガーに続き、産駒3度目の出資となったのは嬉しい限り。シーディドアラバイの17を外したのがちょっと悔しいですが、そこまで欲をかいても仕方無いですし。 [続きを読む]
  • キャロット、2018年度1歳馬・第1次募集最終結果
  • キャロットHPにて、2018年度1歳馬第1次募集最終結果発表がありました。 【第1次募集最終結果】<母馬優先対象馬>A・母馬優先+最優先は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および最優先希望枠(過去2年最優先落選)内で抽選対象馬なしB・母馬優先+最優先は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および最優先希望枠(前年最優先落選)内で抽選対象馬なしC・母馬優先+最優先は当選、母馬優先枠(一般出資枠)内および最優先希望枠 [続きを読む]
  • 心が雨漏りした週末
  •  土曜日、ノルマンディーの出資馬アナザートゥルースが中山10Rに出走。口取り当選したので、中山まで現地観戦に。単勝1.4倍の圧倒的1番人気。正直、馬券的な旨味は皆無。なので単勝は控えめにしようと思っていました。が、「勝利を確信しているから口取り申し込んで、わざわざ中山まで来たんだろ?」こんな心の声に鼓舞されて、やはり突っ込む事に。1.4倍に2万円だったら8,000円の儲け、行きの新幹線代はペイできるなと思ったわ [続きを読む]
  • キャロット2018、申込完了
  • 締め切りまで3時間を切りましたが、もう悩んでも仕方がないと申込を済ませました。申し込んだのは以下の通り。最優先はアディクティドの2017に使用。半兄アウストル・全兄クルーガーと出資してきた身としては、やはり行っておかないと。背たれ&腰高と全兄クルーガーの募集時よりかなり見劣る馬体なので人気しないかと思いきや、中間発表では予想以上にかなりの票を集める展開。×無しでは厳しい気もしますが、後は運を天に任せる [続きを読む]
  • クグロフ、引退
  •  ノルマンディーの出資馬・クグロフの引退が発表されました。通算12戦0勝。本馬はサウスヴィグラス産駒。サウスヴィグラスといえば、これまで何度も私に穴馬券を提供してくれた大種牡馬。私の中では、維新の三傑ならぬダート短距離種牡馬の三傑(後の二傑はスキャンとアフリート)。それだけに産駒には是非出資したいと思い、申し込んだものの結果は出ず。配合的にサウス×母父スペシャルウィークは成功例が多く、全姉のスズカグ [続きを読む]
  • アージェス、引退
  •  ノルマンディーの出資馬・アージェスの引退が発表されました。通算5戦0勝。3戦目で馬券圏内の3着に来たことがありましたが、その時は相手抜けで応援馬券的中ならず。4戦目は中京出走だったので、口取り権利を持って現地応援しましたが惨敗。いい思い出を刻む事が出来なかったのが残念。ただ、一度だけでも現地観戦出来たのがせめてもの救いでしょうか。4戦目のパドック写真それにしても「そして誰もいなくなった」の如く、出資馬 [続きを読む]
  • キャロット、2018年募集馬のカタログPDF&動画公開
  •  キャロットの会員HPにて、今年の募集馬のカタログPDF&動画が公開されました。シルクで1頭しか取れなかった私にとっては、いよいよ真打登場といった気持ち。早速、ざっと全頭に目を通しました。そんな中、いきなりがっくりする出来事が。血統&配合的に目を付けていた馬が3頭いたんですが、よりにもよって3頭ともキムテツ管理。マジか・・・と気が抜けました。ノーザンの寵愛を受けてるしゼーヴィントやプリモシーンで結果 [続きを読む]
  • プロスペリティ、新馬勝ち
  • キャロットの出資馬・プロスペリティが、新潟5Rの新馬戦に出走。単勝4.9倍の2番人気に推されましたが、見事に優勝しました。本馬は募集当初興味無かったものの、ツアーで実馬を見ていいなと感じて申込んだ馬。そういった直感が裏目に出ることも多いですが、今回は正解だった模様。正直、ノヴェリスト産駒が1番人気になるような低調なメンバー構成だったのはありますが、新馬勝ちは新馬勝ち。素直に勝利を喜びたいところ。ただ、応 [続きを読む]