ミキ さん プロフィール

  •  
ミキさん: KAI算数・数学教室(西小中台小学校隣)
ハンドル名ミキ さん
ブログタイトルKAI算数・数学教室(西小中台小学校隣)
ブログURLhttps://ameblo.jp/kainoki/
サイト紹介文千葉市にある算数・数学教室です。算数・数学を楽しみながら身につけることのできる教室です。
自由文 KAI算数教室での解法はオリジナルです。中学受験塾ではありませんが、中学受験算数にも対応できるオリジナル解法です。
 数学教室では、大学教養課程の数学まで対応します。記述や論理的思考等含めて、数学の総合力を創ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2011/11/14 21:31

ミキ さんのブログ記事

  • 2018夏期講習予定
  • 下記に夏期講習時間割の予定を掲載いたします。現時点での予定であり、変更可能性があります。ご了承ください。 小学1年7月23〜28日算数基礎マルエツ前教室14:10〜15:00小学1年 8月4〜10日算数アドバンスマルエツ14:10〜15:00小学2年8月19〜22日 算数パズル基礎 マルエツ9:00〜11:00小学3年 7月23〜28日算数基礎マルエツ前12:30〜14:00小学3年8月19〜22日 算国マルエツ11:00〜13:00小学4年7月29〜8月3日算数割合文章題マルエツ [続きを読む]
  • 英語セレクトテーマゼミ開講
  • お知らせ平成30年6月第4週より以下のセレクトテーマ講座を開設いたします。【三鷹外語センター出張講座】 〇小学生〜中学生:英語スピーキング講座毎週月曜日16:00〜17:00または木曜日16:00〜17:00または土曜日16:00〜17:00(授業料8000円/月 教材費5000円/年)初級から中級レベルの小学生〜中学生を対象とします。Speech、Show 、 Tell、Skitなどの発表ができるようになることを目的としています。言語能力はもとより、「人に伝 [続きを読む]
  • 三鷹外語センターのお知らせ
  • お知らせ平成30年6月第3週より三鷹外語センターで以下のセレクトテーマ講座を開設いたします。(外語センター三鷹HP引用?http://www.gaigo) 〇小学生〜中学生:英語ライティング講座毎週火曜日17:40〜18:40または土曜日15:20〜16:20(授業料8000円/月 教材費6000円/年)初級から中級レベルの小学生〜中学生を対象とします。「家族について」などのテーマを中心に必要な単語や文法事項をまず学習し、最終的に子どもたちが自分の [続きを読む]
  • 良心
  • 「あの時間帯のあの局面であそこに走りこんでいた勇人をなぜ褒めてやらないんだ(イビチャオシム)」 偉人(科学者)といわれている人たちには共通の特徴がある。ニュートン、アインシュタイン、エジソン、いずれも恵まれた才能がまとわりついた印象がある。 ただし、ニュートンは小さなころ怠け者で注意力散漫と評判の落第生だった。アインシュタインは5歳ころまで言葉がしゃべれなかった。エジソンは腐れ脳みそといわれ、小学 [続きを読む]
  • 三鷹外語センターで算数講座開講します
  • お知らせ平成30年3月より三鷹で以下の講座を開設いたします。 〇小4 算数講座:毎週土曜日16〜18(授業料500円/月、先着7名)中学受験算数の文章題を楽しみながら身に付けるための講座です。(初学者歓迎)定型的な解法ではなく、子供の発想を大切にするためにたくさんの解法を用意しています。まず自分で考えること、そしてできるだけ自力で完答できること。完答が難しい時に、その本人の力と発想、着想にあった考え方と解き方 [続きを読む]
  • 共通のスタンス
  • 最近は三鷹の街、教室に出入りしています。東京とはいっても生活のにおいがあり、街に独特の雰囲気と活力があります。私にとっては学生のころ慣れ親しんだ「におい」のある街にこれたことを有難く思います。 老舗の教室は地縁のコミュニティが崩れていく時代の中で、教室を軸に堅い信頼を積み上げています。 その月日の分だけ価値に深みがあると思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ スポーツ選手は試合 [続きを読む]
  • 事業承継
  • 小さな資本で長く続けている飲食店に見られる共通の特徴は、料理の技術、接客サービスのクオリティが秀でていて、そして空間に独特のあたたかみがある事だ。 例えば評判のいい病院も、診断が正確で処方が効果的だとされるベテランの医師がいて、そしてその空間にあたたかみを感じさせる。 いずれもドアを開けたときに感じる「空気のチカラ」が確かに存在する。大きな資本でとらえる事が難しい小さな資本が魅せる「人のチカラ」。 [続きを読む]
  • 今年もよろしくお願いいたします
  • 昨年の年末に毎年年末の恒例になっている国語の授業で内蔵助留守の授業を行った。 内蔵助留守のあらすじは、 主人公岡田虎之助は剣術の秘奥を会得するために内蔵助を訪ねるが、内蔵助は旅に出て不在であった。虎之助は内蔵助の帰りを待つために、近所の百姓閑右衛門の家に世話になりながら帰りを待つことにした。同じように内蔵助の帰りを待つ侍はたくさんいたが、一向に内蔵助は現れない。侍たちは待ちきれずに銭をさらって逃げ [続きを読む]
  • 大晦日のご挨拶
  • 2017年もあとわずかな時間を残すのみとなりました。時の流れを意識することはモラルを大切にすることだといわれていますが、この時期は子供にとってとても大切なものだと毎年感じます。 今年も実に多くのことがありました。私個人としては、自分の傍にいてくれた子供達に大きな資本に負けない強さと誠実さを見せれたかなと思います。 また、来年度12日に公表しますが2018年は勝負の年になります。 2017年、当教室や私と関わって [続きを読む]
  • 質の異なる力
  • 産業や社会が成熟すると、どの分野においても分業の仕組みが出来上がる。権限や責任は分散される。権限を分散するのは一人の権力者の暴走を防ぐためだ。同時に責任も分散することになる。専門性と生産効率は担保されるが、責任の所在は不明確になる。 合理性と効率を追求する現在の豊かな社会は、一人一人が大きな責任を背負わずに生きられる。角度を変えて見れば、生きることに真剣にならなくても生きられる。必死にならなくても [続きを読む]
  • 2018年度通常授業時間割
  • 新小学1年火曜日算:スタンダード16:00〜16:45フェニックスビル(3月から授業を行います)新小学1年水曜日算:珠カップリング16:00〜16:45 先着3名1000円フェニックスビル(3月から授業を行います)新小学1年西小中台金曜日算:珠カップリング16:00〜16:45 先着3名1000円(3月から授業を行います)新小学2年月曜日算:珠カップリング16:00〜16:45 先着3名1000円フェニックスビル新小学2年西小中台土曜日算:珠カップリング9:3 [続きを読む]
  • 101
  • 1984年ロス五輪柔道決勝で、山下泰裕とラシュワンの試合が行われた。山下は右足の肉離れで足を引きずりながら戦うことになる。ラシュワンはコーチから、最初の一分間は技をかけず山下を焦らせながら右足を攻めろと指示を受ける。 試合が始まるとラシュワンは作戦を無視する。真っ向勝負を挑む。そして敗れた。 柔道を通して勝利とは違う価値を自分の身の回りにいる人間に伝えようとしている。アンフェアと対峙するという柔道の心 [続きを読む]
  • 新講座のご案内
  • 教室は開講してまだ6年目です。後発の教室であり、競合はたくさんあります。その中で、自分はどんなことがしたくて何ができるのかということが常に頭の中にあります。 「ほかのどこを探してもやっていないこと」「創造性・革新性があって、社会に価値として認められるもの」 この方向性でできることややりたいことをいつも考えていました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 1000円札
  • フランクルは第2次大戦中のドイツで強制収容所に収容された経験を持つ精神科医だ。強烈な体験をしたことがきっかけとなり、フランクルは生きることの意味を深く掘り下げて考えた。 「例えばガン末期の治る見込みのない人であったとしても、生きることに意味はある。その人が運命を知ったうえでとる態度によって、周囲の他人は力づけられる。(参考:夜と霧)」 お年寄りや病人は「死生観」が明確だ。生きる中で何をすべきか、何を [続きを読む]
  • カンブリア宮殿
  • 今の社会は継続して生産を拡大していく経済のシステムだ。経済の競争はお金がたまるほどどんどん競争に有利になる。そこに暮らす人たちは落ちこぼれないように必死に競争に参加する。利益を上げるために終わりのない競争に加わることになる。 その社会の中で、私は業種にかかわらず人のファクターが大きな仕事をしている方たちの言動を見たり聞いたりすることが好きだ。 「ほかのどこにもない菓子」と絶賛される作品を造るパティ [続きを読む]
  • 夏期講習時間割予定
  • 小学1年7月20〜25日算マルエツ前教室12:30〜13:30小学1年8月8〜10日渋谷幕張への算数マルエツ11:00〜12:30小学2年7月20〜25日 算数パズル基礎 マルエツ13:45〜15:00小学2年 8月8〜10日渋谷幕張への算数マルエツ前13:00〜14:30小学3年8月1〜3日8月8〜10日算マルエツ9:00〜11:00小学1〜3年8月8〜10日低学年算パズルマルエツ11:00〜13:00小学4年7月20〜25日算マルエツ9:30〜12:30小学4年8月4〜7日理社マル [続きを読む]
  • ご挨拶
  • 5月21日実施の西小中台教室(母が40年経営している教室です)の珠算検定試験結果を掲載しています。http://ameblo.jp/abacus2011 検定結果の成否は別にして、チャレンジ出来たこと自体にも掛け値なしに喜んでいる、満足感がある姿を見澄ませると思います。子供達には、月曜日に合格発表をHPでするよと言っておいたら、昨日はものすごくアクセスがありました(=⌒▽⌒=) うちの教室の(珠算)技術の完結は [続きを読む]
  • 横綱
  • 小学生のころ小さかった自分の身体が大きくなると、心に気取りができる。身体のチカラで大人に負けないという感知をする。 精神的に大人ぶったときに、世間に経験や知識で思い知らされることは度々ある。それでも若年には若年の言い分がある。そして若者に特有な理論と物差しはある程度通用してしまう。 それでもどうあってもこれはかなわないと思わされるものが子供のころの自分にはあった。 必死に働いている人 [続きを読む]
  • パラドックス
  • 日本人は権威主義的であると言われている。自分以外の権威に依存しながら生きていて、その権威の一つが「世間」だといわれる。 そういった社会の中では、強く巨大な権威に義と志で立ち向かう真田幸村のような人間を主役にした大河ドラマは人気を集める。大坂夏の陣では、負ける、命をなくすという事を前提で幸村は戦う。 徳川の軍勢17万4千、真田の軍勢3千5百。戦う前に勝敗はあきらかだが、進退窮まった幸村が死の恐怖 [続きを読む]
  • 示唆
  • マラソンランナーは強さを体現するといわれる。見ている人間に結果、記録とは違う次元で「強い」と思わせる。その強さの本質は「抑制の美学」と言われるものだ。 苦しくても前に進む力。努力を継続できる力。自分の限界を乗り越える力。 そこには生きるための哲学がみられる。一般の人たちに「生き方」を身をもって示す。 同様にスポーツは、「必死」、「真剣」、「集中」、「努力」という言葉を体現する。 [続きを読む]
  • 春期講習時間割
  • 下記に春期講習時間割の予定を掲載いたします。現時点での予定であり、変更可能性があります。ご了承ください。新小学1年3月20〜24日算マルエツ前教室14〜15新小学2年3月20〜27日(28日休み)算マルエツ前教室12:30〜14:00新小学3年4月1〜4月5日4月8・9日算 マルエツ前教室13:00〜15:00 新小学4年4月2〜5日国語山本周五郎茂木健一郎読解講座マルエツ前教室17:00〜19:30 新小学4年4月1〜4月5日4月8・9日算・理マル [続きを読む]
  • 反語の写真
  • 写真家は物事を表現するとき、何を伝えるかということとどう伝えるかということを意識する。例えば、スーダンの内戦というテーマがあったとしたら、殺りくの痕跡ではなく、そこで暮らす子供の笑顔を写す。アフリカの貧困がテーマであったとしたら、栄養失調の痩せた子供ではなく家族が食事を分け合って一緒に楽しく暮らしているところを写す。悲惨な状況の中に置かれている人間の誇りをクローズアップする表現を用いる写真家がい [続きを読む]
  • 大晦日のご挨拶
  • 今年もあとわずかになりました。1年間、本当にありがとうございました。 本日、つい先ほど仕事納めでした。大晦日に小学生相手に授業をしていると、映画レオンのセリフを思い出します。 「大人になっても生きるの辛い?」 映画では「ああ、辛いさ」 と返事をしますが・・。 同時に思い出すことがもうひとつあります。私は事故で脳外 [続きを読む]
  • ポーカーフェイス戦略
  • 多くの魚はなわばり争いをする際、力いっぱいの強気を装う。相手が自分より強いと感じてもそれを身体の色や動作にはださない。 ポーカーフェイス戦略と呼ばれるもので、鳥やほ乳類の同種間の争いにおいてもよく知られるものである。 一方で格闘家、例えばボクサーで一流とされている強者は心の動きを外へはあらわさないとされている。追い詰められたとき、ピンチの状況であっても表情を変えずに戦う。そして勝てる可能 [続きを読む]
  • 財産
  • 教育制度が整えられた現代の社会では、体系だてられた知識が子供の前に用意されている。洗練された知識や論理を考える努力をしなくても常に目にすることができる。そのため、現代の人間は知識は豊富だが、考えるという事は不得手だ。すると日々の行動の意思決定は、自分がどう思うか、どうしたいかではなく、他者の行動を参考にするようになる。正解がなく、自分にとって生きていくうえで大切な問いに応えるときに、他者の行動に [続きを読む]