カサマ さん プロフィール

  •  
カサマさん: 疲労困憊したおじさんのブログ
ハンドル名カサマ さん
ブログタイトル疲労困憊したおじさんのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/masaya1015/
サイト紹介文元、原発作業員です。 昨年からミドリ亀を飼いました。
自由文ブログはアメブロが中心です。主に原発の危機について書いています。記事についての質問、コメントいつでもどうぞ!047−423−0255
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1073回 / 365日(平均20.6回/週) - 参加 2011/11/15 06:52

カサマ さんのブログ記事

  • 原発の安全重要度分類で「クラス3」以下って?
  •  原発の重要度分類で「クラス3」というのは「一般の産業施設と同等以上の信頼性を確保し、かつ、維持すること。」となっていますが、11月1日に柏崎刈羽原発敷地内洞道で発生したケーブル火災がこの分類に入ると思いますか?しかも「クラス3以下」です。    船橋市・弓場清孝@roro101577 安全重要度分類で原発敷地内の洞道のケーブルがクラス3以下っておかしくないですか?https://t.co/FbZ3Bm9RVZ' https://t.co/CWAivAK [続きを読む]
  • 「失踪実習生 データ誤り」について一言
  •  私は今日の朝日や東京新聞の一面を見ても別に驚きもしなかった。今ごろになってこういうことを取り上げるのもおかしいし、野党が追及することも遅いと思う。     外国人労働者の受け入れは今になって始まったことでもないし、受け入れ側の企業が冷遇し、差別し、暴力を振われれば、トン子するのは当たり前だろうが!このような実態は私が知る限り20年前くらいから、あったことを実際に知っているし、一緒に仕事もやってい [続きを読む]
  • 安全神話の復活なのか
  •  今日の東京新聞の社説には伊方原発の稼動を容認した高松高裁の判決に対し、「安全神話」が前提にある限り、福島の悲劇はいつかまた繰り返される。」と結んでいます。    伊方原発の場合は地震、津波などで過酷事故が起これば、周辺住民の避難が難しいといっても過言ではないでしょう。それでも規制委は「基準」に適合すると認めているのです。   2018年11月17日船橋市海神:弓場清孝 [続きを読む]
  • 柏崎刈羽原発は即刻廃炉!
  •  (以下転載記事) 新潟県の柏崎刈羽原発で起きたケーブル火災について16日、柏崎刈羽原発の設楽所長が柏崎市の桜井市長のもとを訪れ、謝罪するとともに詳細を説明しました。桜井市長は「適格性の問題につながりうる対応と危惧している」と苦言を呈しました。ケーブル火災から15日。桜井市長を訪ねた柏崎刈羽原発の設楽親所長は、まず謝罪しました。柏崎刈羽原発で1日非常用の電気ケーブルの接続部で発生した火災。東電は、これ [続きを読む]
  • 安倍政権は労基で禁じられている「徒弟制度」を復活させようとしている
  •  明治の小学校令では徒弟制度が学校で規定されていて、労働者を酷使することを認めていた。現行の労働基準法では第69条に徒弟制度を名目とした、「労働者の酷使を禁止する」という規定を設けているが、それを蔑ろにしているのが、建設労働や原発労働などであるが、いわゆる「人を踏んづけて」成り立っている企業だろう。 これらで働く労働者の収入の形態というか額面は数十年経っても変わらないという現状がいまだにあり、下請 [続きを読む]
  • 外国人実習生 騙されて除染作業「ブローカー」搾取
  •  「苦労仕事、危険仕事、汚い仕事をさせられた。専門技術を教えてもらうことが全然ありませんです」福島県郡山市で暮らす三十代のベトナム人男性が国会にあてた手紙には、たどたどしい文字で日本への失望が綴られていた。二〇十五年七月に来日。「文化がいいし、科学技術がいいし、経済がいいし、給料も高いと思い、それで技能実習生として日本に来ることが決まったです」。建設会社で鉄筋施工の技術を学ぶはずだった。 しかし、 [続きを読む]
  • 更田規制委員長は電力洞道の事情も認識できていない
  •  しかし、驚きましたね。電力洞道が規制の範囲では無いというような理由を持って、柏崎刈羽原発の電力洞道でのケーブル火災を「報道で知った。・・同居しているケーブルは何なのだろうと。・・自主のものは私たちが知る範囲ではなくて・・」と発言・・。    質問は新潟日報のお二人ですが、30:52〜とスズキさん48:47〜    開いた口が塞がりません。というか、呆れています。これで東電の言いなりなんですよ。い [続きを読む]
  • 豊洲市場の問題
  •  都民でもないのに口を挟むことでも無いかも知れないが、気にもなるので・・腐臭が匂ってるだけではなく、仲卸売場棟4階の荷さばきスペース。南西部に位置するエレベーターを出たところにある排水溝付近にヒビが入り、陥没してしまっていると、幅は二十数センチで、深さは4〜5センチ。コンクリートの下から、発泡スチロールのようなものが露出していると・・・たくさんの荷物を積んだターレが通りますから、タイヤが引っかかり [続きを読む]
  • 柏崎刈羽原発ケーブル火災についての続報
  •  昨日、柏崎刈羽原発の電力洞道内で発生した非常用電源ケーブルの火災について「さようなら原発いばらきネットワーク」さんから東電からの情報と規制委員会の火災についての定例会見の動画情報もいただきました。ありがとうございます。 まずは東電が11月13日に発表した資料ご覧下さい。     この図を見ると火災を起こしたのは発電用ケーブルの上にある非常用6,9kvケーブルで下にあるのは、6号機発電用500kv [続きを読む]
  • 原発の区域区分について
  •  原発敷地内は主に三区分されていますが、原子力規制庁が変更しているところもあるようですが、2016年の公表されたものについては私が働いていた、当時とほぼ変わっていないと考えられます。   上の図は2016年に更新してあります。昨日も書きましたが、三区域のうちの中で「周辺監視区域」というのは原発敷地内の中で最も外側にある区域ですが、この区域内には核防護を考える上での建物がまったく無いわけではありませ [続きを読む]
  • 柏崎刈羽の洞道ケーブル火災から2週間経ちますが
  •  柏崎刈羽原発の電力洞道での7号機非常用ケーブル火災から2週間経ちますが、現場所長の挨拶で「今後、火災の発生原因をしっかりと調査し、再発防止を徹底してまいります。・・・」と仰っておられますが、未だに調査の究明もされていないようです。私は忘れてはいませんから。    ところで、どこの原発もそうでしょうが、電力洞道というのは、いわゆる、原子炉建屋やタービン建屋の外部であっても、原発敷地内の周辺防護区域 [続きを読む]
  • 原子力規制委による被曝基準の引き上げは大問題
  •   ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、原子力寄生委員会が10月17日原発事故の緊急時に避難基準を1週間で100mSvにしました。http://www.nsr.go.jp/data/000249532.pdf たんぽぽ舎さんによるとこれは、表面的に見ても、いままでの基準、50mSv/週間を2倍に引き上げるものだそうで、つまり、原子力寄生委員会の意図するところは、事実上、100mSv、実際には3.5Svを放射線致死量を住民が被曝するまでは、「避難を許さない」と [続きを読む]
  • しつこく、農薬の話し
  •  以前少し書いたが、農薬には、昔、DDTやパラチオンという猛毒農薬があって、今のネオニコチノイド系よりさらに酷かったことを覚えている。私の父も田畑でこれらを使っていたのだが、農作業で農薬を撒くと決まって体中真っ白になって帰宅していた。当時はマスクもせず平気で撒いていたが、そもそも、戦後、DDTなどは占領軍がノミ取り、虱取り名目で、子どもにも頭から撒いていたくらいだから、そのの恐さを政府も取り上げな [続きを読む]
  • 柏崎刈羽原発の電力洞道は基本的に機密事項です
  • 今月の一日に洞道内でケーブル火災を起こし、柏崎市消防署に通報していますが、東電は原因究明と発表して、今日で三日になります。 さて、基本的にどこの原発においても、洞道の構造や内部は機密事項となっていますので、下に貼る図面が今のところ精一杯というところでしょうか・・。このように黒枠、白抜きの部分もたくさんありますから。     下の図は既成(旧)洞道のルートも赤いラインで書かれてありますが、7号機から [続きを読む]
  • 「すべての原発は即廃炉に」というのが私の主張です。
  •  今日、国会前で野党の議員の人たちを交え「原発ゼロ」を訴えています。それは、それで批判はしませんが、私はすべての原発は即廃炉にするべきと主張していますから、そして身体をこのような状態にもされていますから、参加はいたしません。 言っておきますが、今から廃炉工事に入ったと仮にしても何十年か、福島第一の場合だと百年単位の時間もかかると言われていますから。当然、これを読まれている方も、おそらくこの世にはい [続きを読む]
  • 柏崎刈羽原発6,7号機の工事計画‐補正書を来月提出
  • 1日に東京電力柏崎刈羽原発敷地内で発生した電気を通すケーブルの火災で、東電が把握していた火元の位置情報が、現場に出動した柏崎市消防本部と原発内に常駐している東電の自衛消防隊に伝わらず、1時間半も対応が遅れていたことが8日、分かった。東電は当時のやりとりを市消防本部と確認するとしている。(中略)8日の定例会見で、設楽親所長は「地域の皆さまにご心配を掛けたことに、改めておわび申し上げる。刻々と状況が [続きを読む]
  • ハゲ山オヤジの顛末記
  •  先の記事にコメントをいただいたので、こちらから、ハゲ山オヤジについて書かせていただきます。 日本がバブルと呼ばれていた時代にはハゲ山オヤジがたくさんいて、我も我もとなぜか大挙して東南アジアに行く風潮が病のように流行していました。行き先はだいたい、フィリピンかタイで使う飛行機はフィリピン航空とか、エジプト航空で機内に入ったハゲ山オヤジ連中は酒を飲んでは騒ぎ、フライトアテンダントをからかい、破廉恥行 [続きを読む]
  • 外国人実習生 窮状訴え
  •  昨日の東京新聞の一面に外国人労働者受け入れ拡大する入管難民法改正案を巡り、外国人技能実習生らが八日、野党の求めで国会に呼ばれ、関係省庁の担当者らに窮状を吐露した。パワハラや労災事故、除染作業など、過酷な実態を涙ながらに訴えた。「職場でいじめに遇いました。仕事を頑張っても認められないし、残業もさせてもらえない」・・・上司から仕事を与えられず、配置転換の願いも無視され、飛び降り自殺を図った・・・ベト [続きを読む]
  • ”柏崎原発火災ー東電、火元情報 正確に伝えず=消防、火元確認に1時間半”
  • 発火場所は立て口の北側と書きましたが東電の2報と3報では違い、3報が正しいと思います。3報を確認していなかったものですから、申し訳ありません。深さが5?地点ですので、既成洞道と同じ位置だとすれば、50万vケーブルも可燃性か難燃性か分りませんね。燃えにくいケーブルとは発表していますが、既成洞道では6、7号機は可燃性の50万vケーブルを補修とスネーク修正して通電も6号機はやっていましたから。お邪魔い [続きを読む]
  • 柏崎市長「東電に説明を求める」
  •  1日に東京電力柏崎刈羽原発の敷地内で起きた電力ケーブルの火災について、桜井雅浩市長は7日の定例会見で「重要な事象につながり得る。東電に説明を求めたい」と述べた。 火災は、ケーブルを収納する地下通路内で発生し、緊急時に非常用ディーゼル発電機が使用できなくなった場合に、高台にある電源車から原子炉建屋に電気を供給するケーブルが溶融した。同じ通路内には6、7号機で発電した電気を送るケーブルも収納されてい [続きを読む]