カサマ さん プロフィール

  •  
カサマさん: 疲労困憊したおじさんのブログ
ハンドル名カサマ さん
ブログタイトル疲労困憊したおじさんのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/masaya1015/
サイト紹介文元、原発作業員です。 昨年からミドリ亀を飼いました。
自由文ブログはアメブロが中心です。主に原発の危機について書いています。記事についての質問、コメントいつでもどうぞ!047−423−0255
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供702回 / 365日(平均13.5回/週) - 参加 2011/11/15 06:52

カサマ さんのブログ記事

  • アベとヤーさん
  • アベがヤーさんを雇って選挙妨害して、ヤーさんへの礼金をケチったので、火炎瓶を自宅に放り込まれた事件でヤーさん本人が出頭して暴露が始まって、それは時効に関係なく議員辞職ものの事件で、それを誰も追及しないのかなと思ってたら、山本太郎議員がやってくれてる。度胸がハンパないね。 2018/7/19船橋市:弓場清孝 [続きを読む]
  • K君とY君
  •  K君は人気者だ。評論家よろしく身内の批判もするので、メディアはK君の発言に群がる。 Y君は一部を除いて不人気だ。政権批判を臆せずするので、メディアはY君を煙たがる。 十二日、Y君は参院内閣委員会で西日本豪雨災害の被害が深刻であることを取り上げ、国会審議を一時中止し、行政の災害対応に注ぐべきだと訴えた。「ばくち改憲法案の成立が秋の臨時国会に先延ばしになっても被災者は困りません」 同じ十二日、K君は [続きを読む]
  • [コピー][コピー]ため池と台風と大雨
  •  今回の西日本豪雨で気になったのが私の郷里の広島県東部で、井伏鱒二原作の「黒い雨」にも使われた山村である。 大雨になりだした6日頃、役場のホームページを検索したら避難勧告もすでに発令されていた。 岡山県倉敷市では6日の夜、小田川の堤防が決壊し、大惨事を招いた。そして何の因果か、その小田川の源流は我が故郷にある。 郷里には大池と呼ばれる「ため池」もあり、子どもの頃は夏休みになると、その「ため池」で水 [続きを読む]
  • ため池と台風と大雨
  •  今回の西日本豪雨で気になったのが私の郷里の広島県東部で、井伏鱒二原作の「黒い雨」にも使われた山村である。 大雨になりだした6日頃、役場のホームページを検索したら避難勧告もすでに発令されていた。 岡山県倉敷市では6日の夜、小田川の堤防が決壊し、大惨事を招いた。そして何の因果か、その小田川の源流は我が故郷にある。 郷里には大池と呼ばれる「ため池」もあり、子どもの頃は夏休みになると、その「ため池」で水 [続きを読む]
  • ”韓国原発事故詳報URL”
  • 6月11日、韓国の月城原発で 冷却水3.6トン漏洩し、労働者29人が被爆する事故。原子炉外部でも 放射性気体廃棄物の 三重水素が7テラベクレル検出 昨年10月も冷却水110キロ漏洩これを請けてTwitterでは世論調査を開始した結果がこうなりました。6月23日〜3日間 質問「日本マスコミは韓国の放射能被曝原発事故を報道すべきですか?」投票総数:1万1,594票真っ先に報道すべき95% 報道する必要はない5%https://www.facebook.com/you.ku [続きを読む]
  • リュックを背負ったまま(倉敷・真備)
  •  倉敷市真備町地区で犠牲になり、年齢が判明した四十人余りのうち九割が六十歳以上だった。住宅の一階でリュックサックを背負ったままだったり、廊下に倒れていたり。急激に浸水する中、とっさの避難ができなかったとみられる。「タクシーを呼んで、これから避難する」雨が降りしきっていた六日午後十時一時過ぎ、真備町川辺の井上尚子さん(八三)は次女に電話をかけ、そう伝えた。だが、平屋の市営住宅でリュックを背負い、泥ま [続きを読む]
  • 河本ダムの緊急放流と小田川の決壊
  •   岡山県倉敷市真備町での水害は高梁川支流の小田川の堤防の決壊により多くの人命も失われています。    私はこの小田川の決壊は想定されていたと思います。先日の東京新聞の特報記事をもう一度読んでみて下さい。    岡山県高梁ダム統合管理事務所は高梁川にある河本ダムの緊急放流操作の連絡を新見市や総社市には連絡をしていますが、「倉敷市にはしていない」と管理事務所の森本光信・総括参事は述べています。 豪雨 [続きを読む]
  • 「どけクソジジイ」
  •  昨日の朝日新聞のオピニオン&フォーラムにこのような投稿があったので読まれてみて下さい。私も同様な経験をしています。 読んでいて涙がでました。      書かれてあるように「誰も好きで高齢者になったわけではない。どんな人でも必ずいつかは、自然の摂理で高齢者になることを声を大にして言いたい。」 [続きを読む]
  • 倉敷市の高梁川水流が小田川にバックウオーター
  •  まず、高梁川に上流に治水用のダムが五つあります。その最も下流にある河本ダムが豪雨の増水により、「異常洪水時防災操作」で放水を始めたのが6日の午後11時で、流入量とほぼ同じくらい緊急放水を始めました。 真備町の高梁川と、その支流である小田川に高梁川の増水した水が流入(バックウオーター)し、小田川の堤防が決壊し、今回の惨事に繋がったというのが私の考えです。みなさんの意見が聞きたいです。コメントにも [続きを読む]
  • 倉敷・真備「バックウオーター」に影響か(東京新聞・特報)
  •  今回、西日本の豪雨による水害で岡山県倉敷市真備町では高梁川に流れ込む小田川で堤防が決壊し、地区全体の三割にあたる約千二ヘクタールが浸水し、死者は地区だけで五十人、十二日午前六時時点で八百五十人が避難所に身を寄せている。決壊の原因は、高梁川の増水で小田川が流れにくくなる「バックウオーター現象」が原因とされている。  高梁川には、県が管理する治水目的のダムが五つある。それなのに、なぜ支流の決壊を招く [続きを読む]
  • 山本太郎「カジノ審議より、災害対応だろ!」:7/10 参院
  •         【自民懇親会ツイッター写真 陳謝】 7月12日、今日の朝日新聞も懇親会の状況を写真付で報じています。これでもあなたは自民党を支持するのですか? 酒盛りがあった5日の夜は東日本から西日本の広い地域で記録的な大雨になるという恐れがあると気象庁が発表していました。   岡山県倉敷市真備町を安倍首相が視察に・・なんと、避難所の酷暑の体育館にクーラーが急遽付いたと。酒盛りの話しを聞かれた避 [続きを読む]
  • 東海第二は廃炉にすべき(3)
  •  原子力規制委員会は7月4日の定例会で、原電の東海第二原発(茨城県東海村)が、新規制基準に「適合」したことを示す審査書案を了承しました。東日本大震災で被災した原発の新基準適合は初めてで、震災の時は、自動停止しましたが、外部電源を喪失。高さ約5.4メートルの津波に襲われ、非常用ディーゼル発電機の一部が使えなくなり、残りの発電機でかろうじて原子炉を冷却しました。そして再稼働には40年の運転期限となる1 [続きを読む]
  • 野党が批判「責任感の欠如」
  • 「5日の夜50人宴会」 野党は十日、西日本で大雨による災害の危険性が高まっていた五日夜に安倍晋三首相ら自民党議員約五十人が衆議院宿舎で宴会を開催し「責任が欠如しているとしか思えない」(立憲民党の蓮舫参院幹事長)などと一斉に批判した。 蓮舫氏は首相に加え、救助要請を受ける立場の小野寺五典防衛相が参加していたことを問題視。「気象庁が警戒を呼びかけていた夜だ。まさかと思った。」と国会内で記者団の語った。 [続きを読む]
  • 枕崎台風と西日本豪雨
  •  今日の朝日新聞によれば「すでに九州などで豪雨になっていた5日夜、首相は議員宿舎で自民党国会議員らと懇親会に出席。野党から『緊張感が足らない』などと批判が上がった。主催者の一人で懇親会にも出席した竹下亘・党総務会長は9日、記者会見で『どのような非難もお受けする』これだけの災害になるという予想は私自身はもっていなかった』と釈明した。」竹下亘氏は島根県出身でNHKに入社、退社後、竹下登の秘書を勤め政界 [続きを読む]
  • 転居先が「身障者なら」入居お断り
  •  医師から「手摺りも無い階段があなたにとっては危険だから」と転居を奨められていたので、船橋市議会議員のとある方に相談したところ一緒に不動産会社のところに行き物件を紹介してもらい、今日、内覧というところまできて、不動産会社に時間の打ち合わせをしたところ、不動産会社の担当者曰く、「アパートの大家さんが入居お断り」と言ってきたそうで、内覧もできなくなりました。前回もそうで、私のような重度身体障がい者(心 [続きを読む]
  • 災害と昨日7日の安倍首相の動静
  •  昨夕、西日本の豪雨による災害と安倍首相の昨日の動静についてかいつまんで書かせていただいたが、このような西日本での現状において安倍首相はどのような総理大臣としての一日であったのでしょうか? 【午前】9時44分、公邸から官邸。10時1分、7月5日からの大雨に関する関係閣僚会議。11時49分、東京富ヶ谷の私邸。 【午後】来客なく私邸で過ごす。さいとう和子 @saitokazuko さいとう和子さんが首相動静をリツイ [続きを読む]
  • 原発で使われるケーブル火災の怖さ
  •  原発で使われるケーブルには様々な形態のものが使用されます。私の場合は2007年の中越沖地震直後から柏崎刈羽原発敷地内の電力洞道(地下トンネル)と呼ばれる各タービン建屋で発電される電力を送電するケーブルの交換、敷設作業に3年近く関わっていたのです。ケーブルは超高圧の50万ボルトケーブルで1基の送電ケーブルは3相ですから3本あり1本の径は200ミリ近くあったと思います。 この送電ケーブルはトラフと呼 [続きを読む]
  • 東海第二の再稼動は無理筋だ
  •  昨日、朝日新聞で東海第二原発の再稼動は「無理筋だ」という社説を紹介しました。 東海第二は今年11月28日をもって40年で稼動できないことになっています。そして、この法律は福島事故後に成立したのですが、規制委の認可を条件に20年の延長を認めるという節穴があるのです。法改正の際、政府は「極めて限定的」と説明していますが、にもかかわらず、すでに関西電力が運転延長を申請した3基はいずれも認められ、東海第 [続きを読む]
  • 再稼動は無理筋だ
  •  今日の朝日新聞は社説において東海第二原発の再稼動について「無理筋」と述べ規制委員会がまとめた安全性のチェックにも問題を投げかけている。同原発は11月で40年の運転期限が迫る老朽化原発に他ならないのだ。 法改正の際、政府は「極めて限定的」としている。  (つづきは明日書きます。)2018/7/5船橋市:弓場清孝 [続きを読む]