Tragis(トレジス) さん プロフィール

  •  
Tragis(トレジス)さん: トレーニング スタジオ 「Tragis(トレジス)」
ハンドル名Tragis(トレジス) さん
ブログタイトルトレーニング スタジオ 「Tragis(トレジス)」
ブログURLhttps://ameblo.jp/tragis/
サイト紹介文白金台にあるトレーニングスタジオ「Tragis(トレジス)」です。
自由文提供するトレーニングの種類はストレッチ、ピラティス、ウエイトトレーニング、加圧トレーニングと幅広い層の方々をお迎え致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2011/11/15 21:22

Tragis(トレジス) さんのブログ記事

  • スクワット
  • 最近、スクワットを再開しました、鵜飼です(°∀°)b ここしばらくメニューから外していたのですが、久々にやってみると、やはり他の種目とは違うな、という感じですね。 脚全体にズンッと負荷が乗ってくる感覚や、高重量のバーベルを担ぐ緊張感など、他の種目では得難い疲労感と達成感、そして充実感があります。 やはり、超重要種目と言われるだけの事はありますね。 ちなみに、女性の脚やせやヒップアップの場合もスクワットを [続きを読む]
  • 苦手
  • 先日書いた事と若干矛盾するかもですが・・・ 得意な部位や好きな部位が発達しやすい反面、苦手な部位やあまりトレーニングしていない部位というのは、やはり発達が遅れているものです。 ここに、さらなる進化を求めるのも、良いトレーニングだと思います。 苦手というのは、効かせづらいとか、つらいから避けているだとか理由は色々だと思いますが、そこをクリアすれば、弱点がまた1つ潰せるわけですね。 トレーニングを続けて [続きを読む]
  • マッスルラウンジ更新!
  • 大好評! VIT UP!「高田一也のマッスルラウンジ」 ムキムキボディの天才研究者・光吉俊二さんとの対談が更新されました!  コチラ! 今回も深い内容の対談になっております! バックナンバーも合わせて、是非ご一読ください!! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜Over60 応援キャンペーン !! ・60〜64歳の方  10回指導チケット / 64,800 / 期限3ヶ月・65〜69歳の方  10回指導チケッ [続きを読む]
  • 最近のトレジスインスタグラム!
  • ご存じの方も多いかと思いますが、絶賛高頻度更新中の    トレジス公式インスタグラム! お客様のトレーニング風景やビフォーアフターなど、バラエティに富んだ内容でお贈りしておりますが、今回ピックアップするのは、    コチラ! ダイエット食ですが、出来たてホヤホヤの様子を動画にて公開させていただいております(^O^) 美味しそうでしょう? これならダイエットもはかどりますね( ´艸`) 是非、参考にしてみてくださ [続きを読む]
  • 背面
  • トレーニングを始めて徐々に体が変わり始めてくる頃・・・ 胸や腕など、目立つ場所は自分でも変化に気付きやすいものですが、本当は発達しているのに実感がなかったりするのが、何といっても   背中 でしょう。 本当は発達しているのに、見えないからその事に気づかない・・・。 そんな時は写真を撮ってもらうといいですね(^O^) 写真を撮れば、想像以上にスゴイ背中になっているかも知れませんよ!       週2トレ・8ヶ [続きを読む]
  • 影響力
  • 過去に何度か書いてますが、わたしがトレーニングを始めたきっかけって、あるプロレスラーを至近距離で見た事なんです。 その姿が衝撃的にかっこよくて、なれるなれないは全く考えず、ただ「なりたい!」という一心でトレーニングをスタートさせたと記憶しています。 最初は腕立て伏せからでしたけどね(^O^) それがきっかけでトレーナーにまでなってしまったわけですから、わたしにとって、その人から受けた影響力は絶大だったん [続きを読む]
  • 風邪
  • 突然ですが、ここ2年ほど風邪をひいていません。 もともとは風邪っぴきで、けっこうな頻度でひいていたんですけどね(^▽^;) 栄養素の摂り方と、もう一つちょっと変えた事があって(直接聞いてネ)、それを実行したら全くひかなくなったという(^O^) 健康はトレーニングを行なう上でのベースになります。 健康のためにトレーニングをするわけですが、健康でないと良いトレーニングが出来ないとも言えます。 風邪を引いていたら、良 [続きを読む]
  • 重要サプリメント
  • 最近はサプリメントというもの自体がメジャーになってきて、色々なものが世に出回るようになりましたね。 わたしもサプリメントは好きな方ではあるのですが、その内容はといえば、健康に関わるものや疲労回復を促すものがほとんどで、筋肉の発達に関するものはそれほど摂っていないんですよね。 例えばクレアチンや、最近有名になってきたHMBなど、筋肉増加に直接関わってくるものも、もちろん効果はありますが、それは体自体 [続きを読む]
  • 頑張り所
  • 体作りの頑張り所って、いくつかあると思うんです。 トレーニングを未経験から始めて、 ①フォームを覚えつつ、体のベースを作っていく時 ②神経伝達が良くなり、体が劇的に変わっていく時 ③トレーニングに慣れてきて、体の変化が緩やかになる時 大まかに上記の分け方をすると、まずは①の段階で頑張る事です。 期間としては個人差がありますが、1〜2ヶ月という所でしょうか?? 始めたばかりの時って、いきなり凄まじい体の変 [続きを読む]
  • 正しいダイエットとは
  • ダイエットって、体重を減らして細くするという意味では、食事だけでも可能だと思います。 そもそもダイエットというのは、食事制限の事ですしね。 では、なぜにウエイトトレーニングを併用するか、というと ・リバウンドしにくくする・きれいな体のラインを作りつつ細くする この2点に尽きると思います。 当り前といえば当り前かも知れませんが、若い女の子達が割と無茶な食事制限でダイエットを実施しているのを耳にすると、や [続きを読む]
  • こだわって鍛えたい部位は・・・②
  • 昨日の話の続きになりますが・・・ あるお客様のこだわりをご紹介します! もともとはゴルフのパフォーマンスアップでトレーニングを始めた、こちらのお客様。 細身だった体が、トレーニングによってどんどん逞しくなり、今やかなりのレベルの体になってきました! 彼のこだわりは、とにかく   背面 なのです。 前から見て目立つ、いわゆるミラーマッスルではなく、背中やお尻といったところにこだわっている所が、玄人っぽく [続きを読む]
  • こだわって鍛えたい部位は・・・
  • 体作りを始めるにあたって、特にこの部分をこうしたいというのは、誰にでもあるかと思います。 もちろん、全身万遍なく発達させるのが理想ですが、頭の中に理想の体を思い浮かべてみると、胸板が逞しかったり、腹筋が割れていたり、腕が太かったり・・・何かしらの特長があるのではないでしょうか?? そういった部位をこだわってトレーニングするというのも、なかなか楽しいものです(^O^) 例えば、胸を厚くしたかったら、胸のト [続きを読む]
  • マッスルラウンジ更新!
  • 大好評! VIT UP!「高田一也のマッスルラウンジ」 ムキムキボディの天才研究者・光吉俊二さんとの対談が更新されました! 年齢や健康、そして対談はさらに深いお話に。 是非ご一読くださいませ! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜Over60 応援キャンペーン !! ・60〜64歳の方  10回指導チケット / 64,800 / 期限3ヶ月・65〜69歳の方  10回指導チケット / 54,000 / 期限3ヶ月・ [続きを読む]
  • 使用重量が変わらなくても
  • トレーニングを始めたばかりの頃と、ほとんど使用重量が変わっていない種目というのがあります。 「何年も発達していないの?」と思ってテンションが下がりそうなものですが、当然というか、クォリティが絶対的に上がっているんですね。 例えば、現在ダンベルフライなんかは、10年近く前と同じくらいの重量で行なっていますが、 ・胸で重さを受けている割合・扱う重量のすべてを受け切る軌道 この2点の徹底度を年々上げている [続きを読む]
  • トレーナーをつけて
  • たまにふと思うんです。 初心者の頃、良いパーソナルトレーナーをつけてトレーニングしていればよかったなーって。 完全にロンリーで行なっていましたから。 特に、フォームをきっちり習っておきたかったと、切に思いますね。 もちろん、自分自身で試行錯誤しながら色々試した事は、トレーナーとしては財産になっていますが、一般の方々はそういった面を、言い方は悪いですがショートカットしてもいいと思うんです。 例えば、完璧 [続きを読む]
  • トレーニング間隔
  • 「今日は気合い入れてトレーニングするぞ!」と意気込んでスタートしたものの、思わぬ調子の悪さにテンションが下がる事ってありませんか?? 妙にウエイトが重く感じたり、前回よりも反復回数が減ってしまったり・・・。 こんな時は、トレーニングの間隔を見直すと、問題解決するケースがあります。 トレーニングとトレーニングの間隔が空きすぎてもダメですが、詰まり過ぎても良くない。 自分にとってベストなトレーニング間隔 [続きを読む]
  • 年齢
  • 昔から実年齢以上に若く見られやすいわたしですが、トレーニングを始めてからはそれが顕著になってきた気がします。 トレジスインスタから、さわやかに(自己評価)撮ってもらったものをチョイス 実際はもうすぐ44になるんでけどね(^▽^;) その理由は、筋力がついて心身ともにアクティブになる事と、成長ホルモンの分泌により、肌の質感が若くいられる事などが挙げられますね。 トレーニングを真剣に始めると、栄養にも気を遣う [続きを読む]
  • トレーニングギアで
  • 数あるトレーニングギアの中でも、重要度がMAXに高いのが、ご存じ   パワーグリップ です。     これです。 知らない方のためにどんなギアなのか説明しますと、簡単に言えば重いものを素手で持つと、狙った筋肉よりも先に握力が参ってしまいますが、それをサポートするものですね。 例えば、高重量のデッドリフトなどは、よっぽど握力が強くない限り、狙いの背中よりも握力が死にますが、パワーグリップを使えば握力に気 [続きを読む]
  • 若く見せる筋肉
  • 年齢を表現する筋肉って、色々あると思うんです。 平たく言えば、どこの筋肉をどのようにつければ若く見えるか、という事ですね(^O^) 胸周りや肩など、男女でも若干の違いもありますが、最も大事なのは   「お尻」 ではないかと思っています。 お尻が引きあがっていれば、見た目的に若く見えるという事がまずありますが、それだけではなく、お尻の筋肉の発達は姿勢にも関わってきますし、歩く動作にも関わってきますので、ここ [続きを読む]
  • マッスルラウンジ更新!
  • タイトル大好評連載中! VIT UP! 「高田一也のマッスルラウンジ」 ムキムキボディの天才研究者・光吉俊二さんとの対談が更新されております!   コチラから 2人とも大病をウエイトトレーニングにより克服しております。 今回のタイトルにもあるように 「真の達人は常識の外にいる」 そんな事を思わせる深い対談になっております。 是非、ご一読くださいませ! 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜Over6 [続きを読む]
  • 日々勉強
  • こんにちは、池田です!! 気が付けばもう9月、平成も終わりに近づいてきていますね!そして僕がトレジスに来てから4ヶ月半が経ちました。 実は僕はここ以外でもトレーナーをしていて、トレジスで学んだことを実践したりも出来るんです!教え方一つでも、誰にでもわかりやすく伝えるという技術はここで培いましたね^^ お客様の中には別のジムでもトレーナーをつけているという方もいますが、トレジスのトレーナーの方が断然わ [続きを読む]
  • モニターさん頑張っています!
  • 最近、女子モニターさん達の頑張りが素晴らしいですね(^O^) 例えば、こちらのお客様。 ウエスト周り、そしてヒップの位置がまるで変わっています! 数値的にも、 体重 -2.8kgウエスト -6cmヒップ -3cm しかも、たった10回のトレーニングでの成果だからスゴイ! 後半戦、そしてその後へと続くトレーニングも楽しみですね!! 正しい運動と正しい食事で、誰もが体を変えられます。 迷っている方は、勇気を出して第一歩を踏み出 [続きを読む]
  • トレーニングメニューの組み立て
  • わたしが自分のトレーニングプログラムを組み立てる時、基本的に2つの考え方があります。 1つは、自分にとって効く種目で構成する事。 もう1つは、自分のとって苦手な種目、効きが悪い種目を敢えて取り入れる事。 前者は自分の良い所を伸ばすイメージ。 後者は弱点を強化するイメージですね。 当然、効く種目を行なう時の方が全然楽しいに決まってますが、1番は筋肉の発達を促す事ですからね(^O^) キライな種目、苦手な種目も [続きを読む]
  • ダイエットで大事なのは
  • ダイエットの際、基本となるのは「やせるためには、やせるための事をしなければならない」という事だと思います。 「何を当り前の事を」と思うかも知れませんが、これが意外と盲点というか。 割と、やせるためにやるべき事をやっていないのに、「何故やせないんだろう?」と悩んでしまうケースが多いんですね。 人間の心理として「なるべく楽にやせたい」というのがあると思います。 できれば食事制限せず、運動もなるべく楽に、 [続きを読む]
  • キツいポジションを大切に
  • 前にも書いた気がしますが、改めて感じるので、再度。 トレーニングは、種目ごとのスティッキングポイントを大事にしなくてはいけないなと思います。 スティッキングポイントというのは、簡単に言えばバーベルやダンベルを挙げる際に、最もキツく感じるポジションですね。 例えば、毎度おなじみ、わたしが大好きなダンベルフライ。 この種目はいわゆる「胸のストレッチ種目」ですので、ダンベルを一番下にした時に最も負荷がかか [続きを読む]