koshimaro さん プロフィール

  •  
koshimaroさん: 越麻呂日記
ハンドル名koshimaro さん
ブログタイトル越麻呂日記
ブログURLhttp://koshimaro.blogspot.com/
サイト紹介文東北をこよなく愛する公認会計士の遥かなる思い
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/11/16 10:19

koshimaro さんのブログ記事

  • 漆の酒杯でワインを
  • 〜使えば使うほど味が出る〜 会計の世界では、会社の業績が二期連続営業赤字だと、「減損の兆候アリ」となって、減損損失計上の可能性を検討しなければなりません。決算に及ぼす影響は大です。 一方税務の世界では、「二期連続期限後申告」だと…青色申告が取り消しになります。これは法人にとっては大問題です。気をつけましょうね。 では、二期連続で有価証券報告書の虚偽記載を行ってしまったら…これはもうばれるまで継続す [続きを読む]
  • こも囲い
  • 〜幼木を守れ!〜 今年の冬は雪が降らないし、冬にしては暖かい日々が続いていたのですが、とうとう来ましたね。秋田の冬が。 今年の春、死にかけたイチジクをよみがえらせ、自分のことを「イチジクの魔術師」といっていい気になっていたのですが、そもそもイチジクが枯れかけた原因は、私が寒さ対策を怠ったからなのです。 秋田の仁賀保が「北限のイチジク」を謳っていることからも、イチジクは耐寒性がそれほど強いというわけ [続きを読む]
  • 質素な素材とおいしい日本酒
  • 〜出番ですよ!〜 もう12月ですか…早いですね。 監査法人に勤務しながら公認会計士協会の仕事をしていたころは、12月に入ると毎日のように忘年会がありました。 多いときは土日は別として、平日だけで20連ちゃんでしかもダブルヘッダーありという状況でした。肝臓だけは丈夫だったので酔っぱらうということはなかったのですが、でも大変でしたね。  そして愚かにも、忘年会の回数がいかに多いかということを、得意げに話して [続きを読む]
  • 有価証券報告書の虚偽記載
  • 〜最近の報道への違和感と監査法人〜 会社が株主総会後に毎年発行する有価証券報告書には、会社に関する詳細な情報が記載されています。誰でも閲覧することができ、ネットで見ることもできます。投資家をはじめ会社の利害関係者にとっては、会社のことを知るうえで最も重要な資料の一つなのです。 日産の有価証券報告書に虚偽記載があったということを知ったのは、車の中で聞いていた朝のラジオのニュースでした。違和感がありま [続きを読む]
  • 土縁を利用する。
  • 〜サトイモごろごろ〜 畑の作物も、もうだいぶ終盤になってきました。 サトイモは、食べる時にその都度採ってきていたのですが、先日霜が降りたのでそろそろ全面的に収穫します。 成長したサトイモの苗の姿は、とても変わった形をしています。こんな形。 これを鎌で根元から切って スコップで掘り起こし、土を払うと出てきます。 大量に収穫できたので、とても食べきれません。例によって冷凍します。 その前によく洗って乾 [続きを読む]
  • 干し柿完成
  • 〜とても助かる業務用冷凍庫〜 村の集会所を建てる際に、軒下に干し柿を吊るす仕組みを作ることを考えました。 ただ、吊るした干し柿や玉ねぎが風に揺られて窓ガラスにぶつかるリスクを考えて、その仕組みは裏側に作ったのでした。 でもこれだとあまり日が当たらないので、今年は南向きの正面にも同様の仕組みを作って柿を吊るしたところ、これがとてもうまくいきました。 いい干し柿が出来上がりましたよ。 とても冷蔵庫には [続きを読む]
  • 立派なミニ大根ができた!
  • 〜おでんにぴったり〜 最近ブログの更新頻度が上がりました。なぜか?それは机に向かう機会が増えたからです。 ではなぜ机に向かってばかりいたかというと、もちろん本業で、9月決算会社のとても緊張を要する重要な申告書の作成があったということもありますが、腰が痛くて農作業ができなかったということもあります。 でも腰も少し良くなったので、昨日から再び農作業開始。今日も頑張りましたよ。 今まで運搬機の購入に関し [続きを読む]
  • 今私がやっていること
  • 〜農家の人だと思われていた〜 昨年からだったでしょうか、ゴルフを一緒にやり始めた方がいます。ゴルフがとてもうまく、「孤高のゴルファー」と呼んでいます。 今年ももう7〜8回くらいご一緒させていただいているのですが、先日一緒にゴルフをやった際に、私のことを 「てっきり農家の方だと思っていた」 と言っていました。おお!そうですか。どちらかというとうれしいですね。 別の人は私のことを 「いろんな顔を持ってい [続きを読む]
  • これもシイタケ
  • 〜アンパンサイズ〜 原木なめこは、やや遅れたもののとても順調に収穫できました。問題は原木シイタケでしす。出てきません。 どうしたのよ! 通常は春と秋の2回収穫できます。今年の春は出過ぎてとても収穫が間に合わず、ずいぶん無駄なことをしてしまいました。 反省しています。俺が悪かった! 今年の秋は暖かい日が続く異常気象だったし、塩害の影響もあるのでしょうか。よくわかりません。 隣町の五城目町や三種町で原 [続きを読む]
  • 新たなる敵!
  • 〜来年の課題〜 イチジクはもう終わりです。しなびてしまいました。でももったいないので最後に残った実を回収しに行ったのですが、 この時期でもまだカミキリムシを発見しました。ゴマダラカミキリです。 まだいるんだ。 もうバイオリサの効力はなくなっているので、手で捕まえるしかありません。監査法人勤務時代は、こんなことは間違ってもやりませんでしたが、もう平気になりました。 カミキリムシとはやったりやられたり [続きを読む]
  • 落花生
  • 〜おおまさり〜 先日知り合いの公認会計士から、「某上場企業の監査でお忙しいでしょう」と言われてびっくり。 やってませんがな! 上場企業以外の監査は今後もやることはあるでしょうが、資産除去債務やIFRSなどはもういいです。 IFRSの代わりに、落花生の「おおまさリ」です。おおまさりというだけあって、とても大きいです。 落花生はその名の通り、花が落ちてからしばらくすると食べごろになります。 こうやって引っこ抜 [続きを読む]
  • ほおずきジャム
  • 〜まさに黄金色!〜 先日の魁新聞に、男鹿在住の方でブルーベリー園を経営している方がカフェを開き、ブルーベリーをはじめ地元の果樹でさまざまなジャムを作って販売しているという記事が掲載されていました。 頑張ってください。いつかお伺いしたいです。 さまざまな果樹のジャムといっても、このジャムはおそらくないでしょう。 食用ほおずきジャムです……もっといい名前を考えましょう。 まさに黄金色でとてもおいしく、 [続きを読む]
  • エスペランサ村の特産品
  • 〜来年も植樹します!〜 秋田に移住する際に、この町のことは何もわからず来たのですが、2年ほど前ですか、地元の魁新聞に 「この町には特産品がない」 ということが大きく取り上げられました。 この記事を見て私はがっかり。 がっかりしたのは「特産品がないこと」と「新聞にわざわざ特産品がないことを取り上げられたこと」でした。 でもその後魁新聞に、この町で「特産品開発研究会」なるものが立ちあげられたと記載され [続きを読む]
  • サルナシ酒
  • 〜果実酒で一番おいしい?〜 今日は顧問先の医療法人の医院長先生と、同じく顧問先の歯科クリニックの医院長先生たちと椿台CCで早朝からゴルフ。 もうシーズン終りに近いので、すごい人でした。一回でも多く! 椿コースでバーディ2個とって久々38。楽しかったですが…腰が痛い…。 堆肥研究家は内館牧子さんの講演を聴きに行き、種苗交換会を楽しんできたようです。秋晴れでよかった。 一昨日作ったサルナシ酒です。 まだ飲 [続きを読む]
  • 堆肥研究家の一日
  • 〜やることいっぱい!〜 昨日は珍しく夕食時にお酒を飲まず、食後も夜中の10時まで、9月決算の顧問先の確定申告の準備をしていました。 いっぽう堆肥研究家はというと、昨日に引き続き朝から干し柿の準備をして軒下に吊るし お昼には原木なめことサルナシの収穫です。 そして夕方にはサルナシ酒を作り、夕食後にヨガ教室から帰った後、昼にバケツ一杯収穫してきた原木なめこの冷凍作業を行います。 作業が終わったのは、夜中 [続きを読む]
  • 人間運搬機
  • 〜雲運雨運?〜 このところずっと雨や強風でしかも気温の低い天気が続いています。 「雨だからやらない」とか、「雨で堆肥が重くなったので運ぶのをやめる」とかいった類の生き方をしてこなかったので、雨の合間を縫って、あるいは雨の中合羽を着て、果樹の手入れは続きます。 奥の果樹地帯は土がそれほど良くないので、来年以降のために今のうち作業をしておきます。 まずは果樹の周り半径1〜1.5mほどの円内の草を、サンカク [続きを読む]
  • スーパーフルーツ
  • 〜栄養たっぷりサルナシ君〜 多品種果樹園を始める際に、JAからカタログを入手していろいろ選んだのですが、カタログを見るまでサルナシという果樹を知りませんでした。 キウイに似ていましたが、リンゴやナシと違って無農薬でも栽培できると聞いて、試しに注文。今年で3年目になります。 あまり手間をかけなくて、サルナシ君には申し訳ないことをしたのですが、この果樹も 「わしら勝手に育ちますケン」タイプのようで助かり [続きを読む]
  • うわっ!完璧。露茜の梅酒
  • 〜本当に赤くなった〜 多品種果樹園をやろうと決めた際に、こだわりを持って植えた果樹の一つが、梅の「露茜」でした。 赤い梅ジュースができるといいます。「面白そうじゃないの」と思いましたね。 そして4年後の今年、ある程度実が生りました。通常の梅よりも約1か月遅れて収穫できます。 梅ジュースよりもまずは梅酒です。作ったのが8月3日です。 そして今日。まだ3か月に満たないですが…。 見てびっくり。色がとてもい [続きを読む]
  • 今年も出た!原木なめこ
  • 〜これが本来のなめこの姿〜 毎朝早く、味噌汁に入れるネギを採りに畑へ足を運んでいるのですが、そのついでにキノコ区画を見に行くのが日課となっています。 昨年の今頃は既に原木なめこが収穫できたはずなのに…おかしいなあ思っていたのですが、やっと出てきました。 とりあえず今日は籠で2つ分。 スーパーで袋詰めにされているなめことは、似ても似つかぬ姿形をしています。 こんなに大きいのもありましたよ。 毎日見回 [続きを読む]
  • 栗のワイン煮
  • 〜加工が先〜 私が植えた栗で作ったワイン煮です…と言いたいところですが、残念ながら違います。買ってきた栗で作りました。 あちこちで食べてもらいましたが、「ケーキの上に載せたらどうか」と言ってくれる人もあり、とても評判がいいです。 白磁の皿にのせてでいただきましょうか。江戸時代の輪花の皿です。 とても上品な皿で気にっているのですが、今ではなかなか手に入らないので、大切に使っています。  作り始めると [続きを読む]
  • フォトブック
  • 〜秋田名物食いだおれの旅〜 今朝の魁新聞の一面に、私がかかわった仕事に関する記事が大きく掲載されていました。少しは県民のお役に立つことができたでしょうか。 詳しくは県のHPをご覧ください。 さて、先月名古屋から堆肥研究家の教え子が秋田にやってきたことは拙ブログにも書いたとおりです。 その後、親御さんからお礼のお手紙などをいただいたのですが、名古屋に戻った後数日してから、教え子たちからフォトブックなる [続きを読む]
  • ジャンボ栗
  • 〜こんなにでっかいのが…〜 3年ほど前でしたか、大きな栗で有名な西木町に栗の苗を分けてもらえないか尋ねたところ、残念ながら分けていただけませんでした…まぁいきなりなので仕方ないですけど。 それならと、カタログで購入して植えてみた栗の木ですが、早くも大きな実が付きましたよ。 まだ数は少ないですが、徐々に採れ始めています。もう数年もすれば、栗を購入する必要はなくなるでしょう。 大きさを山栗と比べてみま [続きを読む]
  • ここ見て!にゃんにゃん
  • 〜ハナちゃんが教えてくれた秘密の場所〜 初めてのマルチに苦戦しています。なにしろ慣れないので…。 今回はニンニク千個なので、失敗するわけにはいきません。 真剣に作業を行っていると、ハナちゃんがやってきました。 堆肥研究家の背中に乗っかって、何やらあっちへ行こうと誘っているようです。 敷地内の木々をかき分けて入っていくと、ハナちゃんが「ここ見て!にゃんにゃん」と言っています。 おお!アミコダケではな [続きを読む]
  • 畝立て
  • 〜ニンニク千個の準備は続く〜 ニンニク千個を植えるために拡張工事を行った畑ですが、牡蠣殻石灰をまいて2週間、ニンニク用の肥料をまいてから1週間寝かせておかなければなりません。 そしていよいよ畝立て。耕運機の出番です。300坪の畑用に購入したもので力強いです。 ところがこれからが大変なのですよ。鍬で整備していかなければなりません。人力です。 今回は初めてマルチを使うので、そのサイズに合わせて畝のサイズも [続きを読む]
  • 食用ほおずきをどうぞ!
  • 〜6次産業化への試みは続く〜 堆肥研究家は、春は山菜ガールで秋にはキノコおばさんになります。 そして最近は、6次産業研究家として新たな道を歩み始めました。いろんなものを作っています。 ブログではもう取り上げていませんが、アカジソジュースの「ディープパープル」はもう定番になりました。 他にもジャムでは「ブラックベリージャム」や「マルベリージャム」に「イタドリジャム」、それに「シソの実」「山椒実」の佃煮 [続きを読む]