源五郎 さん プロフィール

  •  
源五郎さん: 源五郎の戯れ
ハンドル名源五郎 さん
ブログタイトル源五郎の戯れ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/gengorou2jp
サイト紹介文ミニボーで鰤釣りに燃えるオジンの釣馬鹿です〜宜しくです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2011/11/16 12:22

源五郎 さんのブログ記事

  • 石鯛の刺身
  • 最近は更新が遅れ気味ですね。久しぶりに覗いた、常連の鮮魚屋。石鯛刺身が目にとまった。値段も高値と強気だ。かなり思案したがゲットした。タンパクな味ですがあっという間になくなりました。(爆) [続きを読む]
  • アワビをゲットです。
  • 昨夜。近所のスーパーを覗くと🎵本日のメインワタクシは目が点になった一品。アワビの刺身。貝つきの正味の刺身。値段も半額とは言え高い。周りを良く観ると刺身半分のパックがワンパック残っていた。独りで食べには、ちょうど値段もよいからゲットしました。💪続いて👍ヒラメ、縁側もあり、これもゲットした。 [続きを読む]
  • 京都は8月に鱧落としとして、真夏の暑い季節に食べる風物。暦は秋の9月であるが🎵半額奉仕に手が出た。練り辛子もあったが、梅にした。💪 [続きを読む]
  • 朝食🎵
  • 朝から自家製の唐辛子を焼き肉うどんを食べました。肉は近江肉。スライスしたオクラがネギの役目しました。白いうどんに黒い肉に青いオクラと食欲を誘う色目です。 [続きを読む]
  • 宮崎焼酎
  • いつもは霧島白焼酎を買うが、モノは試しと宮崎ではダントツの人気と、宣伝文句に釣られて購入した。木挽(こびき)25度。口当たりは爽やかで一杯が二杯にすすむ。ロックの話し。(爆)通は肴はアテにしない。(大爆) [続きを読む]
  • 和菓子(玉簾)
  • ひょんな事と、言っても今みてる本のワンページに小豆の話題から京菓子、玉簾(たますだれ)に及んだ。玉簾をネットで調べると生花と和菓子があり、八月を代表する御菓子の一つらしい。写真を見ると涼しげで口にしたい欲望に誘われる。暑さで食欲不振解消におすすめとある。京都に人生の半分以上すごした身。御菓子もガラス越しにあれこれ観ていた。だが、辛党で過ごしたから興味なかった。歳がなせる業か?。機会あれば、お茶と味 [続きを読む]
  • ソフトな生地のパンには・・?
  •  ソフトな生地のショッパンを手にした。 そのまま焼くのも能がない。 そこで、 卵を数個取り出して茹でる。 パンにマヨネーズをぬり、 茹でた卵を細かく切り刻み、 パンにのせて、 はさみ(上下二枚)。 パンの端の四方を切り取り。 完成! ”タマゴサンドイッチ”。 このまま食すれば、 喉が詰まるから、 ”朝採りトマト”を添える。 [続きを読む]
  • 活字におぼれる
  • 窓からは蝉の合唱が聞こえ、夏本番ですね。夏を謳歌に海に山は通勤電車よろしく混んでる事でしょう。ワタクシは一時引き潮だった活字が満ち潮となり、一冊の本から芋づる式に派生する欲に本能されて、睡眠不足。夜は解放した窓から冷気が入り、雑音なく活字の海に意識を浮かぶ事が出来ます。窓から明かり射す頃は、瞼がとじる現象に悩まされます。(爆) [続きを読む]
  • 早朝に煮込む
  •  外の気配は薄明り もぞもぞと起きてキッチンを占領した 昨日購入の”鶏の肝” ハートに肺が一体になっている バラバラにして ハートを縦半分にして中の血管を取り除く 塩に料理酒・味醂と砂糖少々&ウドン出汁・ニンニク醤油で煮込む 最後に生姜をスライスして投げ込む 出汁が少なくなる頃に火を止めて 器に盛る          おわり(笑) [続きを読む]
  • 土用丑のウナギ食べたら〜
  •  今日は土用丑の日 半分をコレのアテにして残りを丼として食す  そのご パワーがつき テリトリの日本海へハンドルを握る 途中大雨 現地も小雨 スロープに 海鳥が戯れていた 途中の波止にもテリトリの波止にも釣り人の姿なし、ミニ ボート釣師の姿も無かった ワンhして帰路に着いた ウナギのおこぼれにゲットした槍イカです 冷凍庫で凍らせて明日にでも刺身用に解体します(爆) [続きを読む]
  • 数日中に腹におさまった料理
  •  書庫は男の料理 料理と言えば三度の食事 だが オサボリの虫が動きましてね(大爆) と 言うのも 自称  「独身シルバー貴族」 ですから 独身ですね 相方はおりますが 独身 だから 自家調達に手前料理しか、空腹を満たせない そこで 飽きもせずに包丁を握る〜 時もあれば 大衆食堂の住人になる時もある いや〜 失敬 時もあるでなく・・時々・・いや〜・・たびたび・・ の ほうが日本語として通じますね(笑 [続きを読む]
  • 金目ゲット
  • 何時もの場所で、金目鯛ゲットした。炙りと刺身がパックいり。刺身の旨さは、本場の水揚げ場で分かっていたが?炙りははじめて、いゃ〜刺身に遜色なく美味しいです。 [続きを読む]