てくてく さん プロフィール

  •  
てくてくさん: 今日のてくてく
ハンドル名てくてく さん
ブログタイトル今日のてくてく
ブログURLhttp://tekuteku105105.seesaa.net/
サイト紹介文建築家 永井政光の、実際にみた面白い建築&その日のコト
自由文建築家 永井政光が、海外、国内を問わず、新旧も問わず、面白い建築を中心に、さまざまな情報をお届けします。
ちなみに、私の主催する設計事務所は、デザインされた自然素材の家づくりにこだわっています。
国産の無垢の木や漆喰に、特にこだわっています。
よろしければホームページもご覧下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2011/11/18 19:22

てくてく さんのブログ記事

  • 講演会「伝統的構法木造建築物の新築と改修について」
  • 先週、「伝統的構法木造建築物の新築と改修について」という講習会に参加してきました。実務者に大変有益な情報を沢山講演して頂き、とてもためになりました。特に印象的だったのは、昔ながらの石場立ての工法が大地震においていかに有効に効き、倒壊を防ぐメカニズムなのかということや、石場立て工法には今のところ限界耐力計算が避けられないということ、そして、2016年の熊本地震による木造建築物の被害調査の分析です。ま [続きを読む]
  • 雪の坪庭
  • 先日、春日井のお施主様が雪の坪庭の写真を送って下さいました。「今日は更に素敵な坪庭です(笑顔の絵文字)」という嬉しいコメント付きで、私もほんとに嬉しい限りです。冬は雪景色、秋は紅葉、夏は茂る緑、春は芽吹く新緑と、四季折々の愉しめる庭のある家は、日々の何気ない暮らしに小さな喜びと豊かさをもたらしてくれます。風情といいますか、趣きといいますか、大きい小さいとか高い安いといった分かりやすい尺度ではなく、 [続きを読む]
  • 「坪庭のある招き屋根の家(春日井市)」竣工写真
  • リビングの全景です。白い壁は全て漆喰塗りです。外観ファサードです。シンプルでダイナミックな燻し瓦の屋根です。数寄屋テイストの玄関です。玄関からも、苔の坪庭が楽しめます。ダイニングの建具に組み込んだ、組子細工です。2階の寝室です。低い勾配天井は落ち着く空間となり、寝室におすすめです。洗面コーナーです。ナチュラルな雰囲気です。夜の浴室。浴室からも坪庭が楽しめます。アプローチの植栽。苔と古板石を使って、 [続きを読む]
  • 新年あけましておめでとうございます。
  • 新年あけましておめでとうございます。本年も、元日の豊川稲荷への初詣の道中にて、大変美しい初日の出を見ることが出来、気持ちの良いスタートを切ることが出来ました。今年は、二月に十周年を迎える節目の年となります。これまで続けてきたこと、こだわってきた核となるものを引き継ぎつつ、次の十年を見据え大きく飛躍させるための再スタートの年としたいと考えています。今年は、今まで以上に素敵な建築が生み出せるように頑張 [続きを読む]
  • 「牛山の小さな家」今年の紅葉(もみじ)
  •  牛山の小さな家(春日井市)のお施主様から、今年の紅葉(もみじ)の写真を頂きました。以下、お施主様のコメントです。「毎年違った表情で紅葉(こうよう)を楽しませてくれています。良い年も悪い年も有りますが、今年はとても綺麗な色で心を暖かくしてくれました。」 春が桜なら、秋は紅葉。自分の家の植栽を季節ごとに楽しめる喜びは、四季のある日本ならではのことかもしれませんね。自分の家の庭に、燃えるような真っ赤な紅 [続きを読む]
  • 「各務原の切妻屋根の家(岐阜県各務原市)」祝上棟
  •  今月の11月12日(日)に、「各務原の切妻屋根の家(岐阜県各務原市)」が無事上棟しました。晴天に恵まれ、いつも通り美しい肌の国産の桧や地松材が、岐阜の大工さん達によってガッチリと組まれていきました。 今回の各務原の切妻屋根の家は、延床面積が約30坪のシンプルな2階建ての切妻屋根の家で、屋根の軒やケラバの出をいつもに増して深くし、いい雰囲気の飽きのこない佇まいの家になりそうです。今回も完成がとても [続きを読む]
  • 「音楽室のある中津川の家(リフォーム)」竣工写真
  •  先日、「音楽室のある中津川の家」のリフォーム工事が無事完成し、お引渡しをしました。 いわゆる伝統的な古い日本的な古民家を、ナチュラルな雰囲気にリフォームしました。音楽室は、元々畳の部屋だった空間を、床を補強し、床・壁・天井共、板張りにするなどし、グランドピアノを設置しました。また、個性的でチャーミングな薪ストーブも見所です。何とも言えない、大きくて朴訥な形状が乙です。あと、2間続きの昔ながらの和 [続きを読む]
  • 「北外山の二世帯の家(小牧市)」竣工写真(LDK、玄関、外観編)
  •  今回は、北外山の二世帯の家(小牧市)のLDK、玄関編です。この家の和室や土壁、地棟の丸太梁などは私の事務所で馴染みの仕様となっていますが、それ以外は、いつもと少々趣向が異った雰囲気の家になっています。 白を基調としたナチュラルなスッキリした仕様で、お施主様好みにカスタマイズされています。床材の無垢のチーク材や、腰壁の赤杉、天井材の桧など、質感のある上質な木材を使用しているので、スッキリしていると [続きを読む]
  • 「北外山の二世帯の家(小牧市)」竣工写真(和室編)
  •  北外山の二世帯の家(小牧市)の竣工写真の和室編です。本格的な書院のある2間続きの座敷で、随所に手の込んだ納まりになっています。欄間は杉の赤身の板を使い、透かし彫りにしています。あえて欄間の枠は設けず、スッキリとした現代的な納めにしています。書院部の丸い開口部や、絞りの床柱、違い棚や天袋、地袋、雪見障子、長押など、伝統的な書院の和室の要素が盛りだくさんの内容になっています。伝統的な手法を駆使したと [続きを読む]
  • 「春日井の坪庭のある招き屋根の家」完成見学会のご案内
  • 【 完成見学会のご案内 】10月8日(日)に、完成見学会を行います。場所は、愛知県春日井市です。坪庭を活かした、見所の多い家になりました。今回の見学会は、【完全予約制】となっています。見学をご希望の方は下記を御一読の上、メールにて事前予約をお願い致します。◆見学をご希望の方は、上記①〜⑤の内の第一希望の時間、第二希 望の時間、住所、氏名、連絡先の5点をご記入の上、下記の永井 政光建築設計事務所のメール [続きを読む]
  • 「牛山の小さな家(春日井市)」お庭のリニューアル
  • 牛山の小さな家のお施主様から、お庭の写真を頂きました。なんでも、北側(アプローチ側)のお庭をご自身でリニューアルしてみたとのこと。元々あったグランドカバーの植栽をある程度撤去し、煉瓦の小道を設置し、さらに芝の種を蒔いたそうです。そして、その芝の種から芝が生えてきました!この家に移り住んでから、庭いじりが暮らしの愉しみの一つになったそうです。何とも嬉しいご報告でした。 [続きを読む]
  • 和風について考える
  • 和風という言葉。これは、日本人であれば各々そのイメージを持っていると思うのですが、深く考えてみるとなかなかつかみ所のない、難しい言葉のように思います。例えば寺院建築について考えてみます。 聖徳太子の時代に飛鳥の地に法隆寺が建設されたころは、法隆寺は最先端のモダンでかっこいい仏教建築であったと思います。 そのころの日本人は、法隆寺をあくまで外来建築であり、和風だとは誰も思わなかったと思います。 その後 [続きを読む]
  • 建築探訪94(Number11/ジェフリー・バワ)
  • [今日の一枚] 今回の写真は、先日研修旅行で訪れたスリランカの写真"その2"で、スリランカが生んだ天才建築家ジェフリー・バワが設計したNumber11です。(写真は全て私が撮影したものです。残念ながら撮影不可の空間がいくつもあり、その空間も非常に素晴らしかったです。ご興味のある方は是非現地を訪れてみて下さい。) さて、Number11は、スリランカ最大の都市コロンボの中心部にあり、前回の田園的なルヌ [続きを読む]
  • 建築探訪93(ルヌガンガ/ジェフリー・バワ)
  • [今日の一枚] 今回の写真は、先日研修旅行で訪れたスリランカの写真"その1"で、スリランカが生んだ天才建築家ジェフリー・バワが設計したルヌガンガです。(写真は全て私が撮影しました。)【バワとルヌガンガについて】 バワはスリランカ最大の都市コロンボの裕福な家庭に生まれ、イギリスの名門ケンブリッジ大学で学びます。そして、祖国スリランカに理想郷を創るという志を立て、コロンボから50km程南にあるベントタと [続きを読む]
  • スリランカから無事帰国しました。
  • スリランカから無事帰国しました。予定通り、ジェフリー・バワの建築を堪能することが出来ました。期待以上に素晴らしかったです。また、スリランカから何とも言えないエネルギーを頂き、大変有益な旅行になりました。食事も、カレーなどスパイスの効いた料理が多く、僕の好みに合っていて美味しかったです。バワ建築の写真をたくさん撮ってきたので、整理が出来次第、良さそうな写真をピックアップしてブログにUPさせて頂きます [続きを読む]
  • お知らせ
  • 8/2〜8/9の間、研修旅行のためお休みをさせて頂きます。スリランカのジェフリー・バワの建築を複数観てまいります。今後の設計活動に活かせていけたらと思っています。そのため、その間は連絡が取れなくなってしまいます。ご不便、ご迷惑をおかけします。どうぞ宜しくお願い致します。 [続きを読む]
  • 早いもので。
  • 早いもので、今年も半年が過ぎました。時が流れるのは早いものです。最近のマイブームは、スリランカの建築家ジェフリー・バワの写真集を見るのと、シャンソンの名曲をユーチューブで聴くことです。フランスのシャンソンの名曲も素晴らしいですし、金子由香利さんなど日本人のシャンソン歌手もなかなかあなどれません。音楽って素晴らしいですね。 [続きを読む]
  • 「牛山の小さな家(春日井市)」 漆喰壁に落書きが!
  • 先日、牛山の小さな家の玄関戸関係を塗装メンテナンスした後、家の中にお邪魔して、甥っ子たちとマリオのTVゲームをしたり、姪っ子の習いたてのピアノ演奏を聴かせてもらったりしました。ほっこりする楽しいひと時でした。その際、妹から漆喰の落書きの話しを聞きました。色鉛筆での落書きで、消しゴムで消せる程度の軽いものでしたが、可愛いかったので、あえてそのまま残しているとのことです。確かに、これくらいであればご愛 [続きを読む]
  • 「牛山の小さな家(春日井市)」 木の建具のメンテナンス
  • 愛知県春日井市にある牛山の小さな家は、早いもので竣工してから7年が経過します。プラン開始からは8年と数ヶ月が経ちました。本当に月日が流れるのは早いものです。当時の僕は独立して1〜2年程の時期で、雲を掴むような気持ちで夢や理想に向かって突き進んでいました。この家は私の妹夫婦の家で、どうしても無垢の木や漆喰を使った天然素材の家づくりがしたいと思い、予算が厳しい中、予算削減のために妹と漆喰をせっせと塗っ [続きを読む]
  • 美しい虹
  • 今日、所用で大府に行ったら虹が出ていました。地平線から地平線まで続く、大きくて美しい虹でした。吉兆でしょうか?(ポジティブすぎますでしょうか?)何か心が洗われた気分がしました。 [続きを読む]