olive さん プロフィール

  •  
oliveさん: oliveのドラマ帳〜風に吹かれて〜
ハンドル名olive さん
ブログタイトルoliveのドラマ帳〜風に吹かれて〜
ブログURLhttps://ameblo.jp/olive845/
サイト紹介文テレビドラマ視聴後にどこよりも早く!?レビューします♪
自由文視聴後に、泣き笑い&毒づきレビューを楽しく書き綴りたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供671回 / 365日(平均12.9回/週) - 参加 2011/11/20 11:50

olive さんのブログ記事

  • 「まんぷく」68話ちょこっと感想。
  • 頼りないのか?頼りになるのか?東大一にチョンつけた弁護士の巻。 罰金7万円をどう確保するのか?資産管理に詳しい弁護士に会いにいこう! それが菅田将暉演じる東太一弁護士でした。 先生・・・大丈夫?頼りなさそうだけど。依頼人と目を合わせないで下ばかり向いて話してるよね。 大丈夫・・・大丈夫なん?と思っていると事務員の人がフォロー。東先生は東大を首席で卒業してるそうな。ほぉーーー!優秀だね。でも、東大のこ [続きを読む]
  • 「まんぷく」67話ちょこっと感想。
  • 菅田将暉登場までカウントダウンの巻。 奨学金が脱税とみなされ逮捕された萬平さん。 手榴弾に脱税で進駐軍に逮捕される。世間から大悪党だと思われているわ〜鈴母のぼやきは世間の声代表なんだろう。 実刑で重労働する萬平さん。罰金として7万円も必要だ。 7万円をどう工面するのか?相談するために福ちゃんは萬平をたずねて東京へ。一方で、カツオセラは、ややこしや、ややこしやに関わるのが面倒で、大阪に逃げたーーー!仮病 [続きを読む]
  • 意義とは何か?「下町ロケット」10話感想〜
  • 意義=目的でもいいのかな? ●定時で退社する軽部(徳重聡)の目的はなにか?●クソ野郎に描く農協職員の目的はなにか?●残業しない軽部が悪いような考えの佃製作所社員の目的はなにか?●佃社長(阿部寛)が無人農業ロボットに拘る目的はなにか? そして!そして!年またぎで「下町ロケット」を放送する目的はなにか? 「下町ロケット」10話感想を♪ 島ちゃん(イモトアヤコ)が佃製作所に入社しました。トランスミッションと [続きを読む]
  • 「まんぷく」66話ちょこっと感想。
  • 恋泥棒な神部くんと脱税で萬平さん逮捕!の巻。 ダネイホンの萬平さんで世間に浸透してきた矢先に!またまた萬平さんがーーーー! 福ちゃんが妊娠しニヤニヤがとまらない萬平さん。あら?有名人になってるね。サインこそ求められなかったけど、ダネイホンの萬平さんと道行く萬平さんが同一人物だと気づかれたわ。それだけダネイホンが認知されているということよね。 東京組に夜学に通わせ、みんなも一日も休まずに勉学に励んでい [続きを読む]
  • この瞬間を生きる〜「大恋愛〜僕を忘れる君と」最終回感想〜
  • 生きるとは死に一歩近づくことであるのに、人は意外と無関心だったりするものです。 永遠なんてないと思うのに、永遠に変わらないものがあるのではないのか? この両方をこのドラマは見せてくれたのではないでしょうかね。 「大恋愛〜僕を忘れる君と」最終回感想を♪ 恵一くん子役ちゃんの健気さと可愛さに大号泣でした。 衰えていく姿を夫と子供には見せるのがツライと家を出る尚(戸田恵梨香) 探しても見つからない。探してい [続きを読む]
  • 「まんぷく」65話ちょこっと感想。
  • バッタもんのダネイボンに、その出会いはバッタもんの恋?それとも・・・巻。 カツオセラ!大活躍。半分はボクのおかげは間違っていないかもね。 東京組は夜学へ。その夜学で・・・ん?神部くんとポストで出会った美人さんじゃない?着実に神部くんに近づく女。その頃、タカちゃんは、忠彦パパに思惑で大学進学を勧められるも恋を選びたい!神部くんと結婚したい。だって、だって、ウソついた針10万本飲ますと約束したんだもん。 [続きを読む]
  • 「まんぷく」64話ちょこっと感想。
  • おいしいダネイホンが東京進出!の巻。 東京進出に向けて宣伝だ! 宣伝放送に挑むことになった福ちゃんと萬平さん。福ちゃん、七色の声色と顔を持つ人になっとる〜福ちゃん、中の人の魅力が全開だね。 おいしい萬平印になりたくないと萬平。萬平さんがやりたくないなら、やってもいい♪鈴母がさりげなく?、大胆にアピール。やりたいとまで言っているのに最後まで無視だよ。 結局は萬平さんがモデルに。 さて、宣伝放送ナレーショ [続きを読む]
  • 終わってない変わっただけ〜「獣になれない私たち」最終回感想〜
  • 飲み会が終わり、急いで帰って途中から視聴なので、簡単感想で。 やっぱり再生物語だったようですね。自分を取り戻す。そして終わったわけじゃなくて変わっただけ。ガッキー晶と恒星(松田龍平)の行動でそれを見せましたな。 「獣になれない私たち」最終回感想を♪ 苦手だったキャラが愛しいキャラに変わった最終回でもある。 呉羽(菊池凛子)勝手な女だなーーー!最初はそう思っていたけど、呉羽は呉羽。自分以外の何者にもな [続きを読む]
  • 「まんぷく」63話ちょこっと感想。
  • 東京進出に向けての巻。 東京へ視察に向かう萬平さんと真一さんとカツオセラ。なのに東京シーンなし。東京進出できるんか?と不安になってるんだけど〜 でも、カツオセラの張り切りで東京進出は盛り上がる。 まずは、真一さんを営業本部長として、若手から東京組選抜を選ぶ。若い子は戦争で学校に行けなかったので、奨学金を出し夜学に通ってもらう。そして若い男衆の頭として神部くんも東京組へ。 えっ!俺もな顔する神部くん。そ [続きを読む]
  • 18歳男子連れ去り事件!?〜「中学聖日記」10話感想〜
  • 勝太郎(町田啓太)最終回前にして、めんどさい男の頭角を現す。 聖先生(有村架純)は黒岩くん(岡田健史)のことで、精一杯なんやでーーー!あっちがダメならこっちってどういうこと?あぁぁぁぁーーー!めんどくさい 「中学聖日記」10話感想を♪ 黒岩母が聖母のところに二人が一緒にいるとチクりに行く。聖が心配な聖母は、黒岩母に謝りに行きましょう。母親同伴で謝罪に。なぜに?いい大人なのに母親同伴なんだよ? そこで [続きを読む]
  • 「まんぷく」62話ちょこっと感想。
  • 東京進出だーーー!の巻。 塩作りを廃業し、ダネイホン一本でやっていくぞーーー! 社長は、未来が見えていると塩男衆たち。いやいや、萬平くんは見えていないとカツオセラ。客の顔が見えてない。 顧客を増やすには一般人向けにも売っていくことが大事。それには・・・イマイチな味なダネイポンを美味しいダネイホンへ。 味の改良を。美味しくするには・・・食事の支度をしている時に福ちゃんが閃いた。出汁だ!ワカメの代わりに昆 [続きを読む]
  • 「まんぷく」61話ちょこっと感想。
  • たちばな塩業からたちばな栄養食品への巻。 婿殿たち。鈴母を持ち上げ術が上手くなったね〜人を気持ち良い気分にさせるのは、商売にも通じるからね。いいぞ〜 さて、疑いが晴れて釈放された萬平さんたち。でも、逮捕されたことで信用を失う。専売局から出荷拒否され、鉄板は錆びて・・・ お塩作りをやめませんか?ダネイホンを全国展開しましょう♪決断力の早い福ちゃんからの提案に悩む萬平だけど、婿殿たちに負けない福ちゃんの [続きを読む]
  • 「まんぷく」60話ちょこっと感想。
  • 福ちゃんからの手紙と赤とんぼの巻。 塩男衆たちを、その他大勢にしないのがいいね。萬平さんがこだわる、好きな仕事でみんな(塩男衆)で、人の役に立つことをしたい。自分だけではなく、みんなで。だから、その他大勢でなくて・・・一人一人を強調。 福ちゃんからのお手紙。一人一人に伝わる手紙に泣けたね。 福ちゃんからの優しい手紙に故郷を思い、母を思い、家族を思い・・・「赤とんぼ」を歌い出す赤津。それにつられて一人 [続きを読む]
  • 「まんぷく」59話ちょこっと感想。
  • 福ちゃんと鈴母の事情聴取の巻。 福ちゃんの見せ場!というか、安藤サクラさんの本領発揮だった今話。静かな中にも芯の通った強い眼差しがいいぞ。あの眼差しは本物だと進駐軍さんもわかってくれたはず・・・ 笑い部分と本筋部分を緩急つけている脚本と演出よね。 タカちゃんをめぐるファンと神部くん。突然、忠彦さんがタカちゃんと神部くんが結婚してもいいと言い出す。その頃、神部くんとファンたちは神部くん一歩リード話しを [続きを読む]
  • 「まんぷく」58話ちょこっと感想。
  • 思わぬ支援者たちの巻。 アバン明け、出演者クレジットタイトルに、ネタバレになれそうな!思わぬ人の名がーーーー! たちばな塩業ピンチ。専売局の知るところになり取引停止になりそう。ダネイホンの材料もなくなってしまった。 早く無実が証明されなければーーー! そこで、思わぬ人が支援者となり萬平さんの無実を訴えてくれた。一人は牧さん。お髭が立派になって、♪インチキおじさん登場♪って感じだけど、萬平さんの無実を訴 [続きを読む]
  • 共通の敵と慰め合い 〜「獣になれない私たち」9話感想〜
  • 働く皆さんが告ぐ!上司よ、同僚よ、社長よ!今夜は震えて眠れ。 働いていると一度や二度、もっとか?辞めてやるーーー!戦ってやるーーー! 心の中で、近しい人に愚痴ったり吠えたことがあるよね?あたしは、何度もあるよ。だけど、辞めることも戦うことも未だにできない。辞めるわけにはいかない。暮らしというものがあるからね。そして、自分がいなくても仕事はまわっていく。まぁ、まわらないといけないのが会社だと思うけど。 [続きを読む]