ジム小島 さん プロフィール

  •  
ジム小島さん: ジム小島の格闘技談義
ハンドル名ジム小島 さん
ブログタイトルジム小島の格闘技談義
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ssk826/
サイト紹介文ボクシング、格闘技の雑談
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/11/20 13:54

ジム小島 さんのブログ記事

  • 祝!東京マラソン当選
  • 2年ぶりの当選だ。倍率はなんと12.5倍!!幸運に感謝。4年前に出場したのが初めてだが、2年周期で当選している。初出場まで4年くらいかかったような記憶だ。恵まれている。落選した方々に失礼のないよう仕上げねば。毎年大阪、京都、福岡、横浜とか大都市型マラソンに... [続きを読む]
  • リナレスVSキャンベル 観戦記
  • スプリットでリナレスの防衛。小差ながらリナレスの勝ちは動かないと考える。まず感じたことはリナレスもキャリア最終コーナーにあるということだ。一言で言って見事な空回りであった。試合を振り返る。出だしからモノの違いを見せつけ、2Rには早くもダウンを奪う。そ... [続きを読む]
  • ゴロフキンVSカネロ 観戦記
  • ハイレベルな攻防の末ドローとなった。私の採点では116-112でGGGの勝ち。終わった瞬間私としてはGGGの無難な勝利と見たが、カネロの手が上がるのではないかとも相当程度感じていた。カネロ寄りのジャッジ構成、見た目の派手さからカネロに流れてしまうのではないかと考え... [続きを読む]
  • ゴロフキンVSカネロ 展望
  • 今年最大の大一番だ。拳論のアンケートではGGGを推す声が圧倒的だ。一方米国ではカネロの声が多い。メイウェザーもカネロ優位という考え。若干陰りの見えるGGGと勢いのあるカネロという図式で予想は非常に難しいが、論議を呼ぶ判定でカネロ勝利を予想する。ゴロフキ... [続きを読む]
  • 大阪ダブル世界戦 観戦記
  • 両試合ともKO決着だったが、試合展開は意外なものであった。小國VS岩佐岩佐の圧勝であったが、「小國ってこんなに弱かったの」「よくぞグスマンに勝てたな」というのが率直な感想だ。小國をけなしてるわけではない。相手次第でこうも違うのかということ。ボクシングは... [続きを読む]
  • 大阪ダブル世界戦 展望
  • 計量も無事終わり本番を待つばかりとなった。先日の米国のSUPER FLYが非常に見ごたえあったので国内興行も負けてはいられない。小國VS岩佐高校時代の対決では岩佐が勝利しているがそんなことは過去の話。今どうかというところだ。小國は絶対不利の予想を覆し戴冠した... [続きを読む]
  • SUPER FLY 観戦記 〜衝撃の結末〜
  • いやぁ久々に驚いた。ロマゴンがこうも完膚なきまで叩きのめされるとは。盛者必衰。スーパーチャンピオンも最後は新旧交代の波に飲み込まれる。今まで何度となく繰り返されてきた光景だ。井上、先を越されてしまったな。当の井上の試合は顔見世だったのでしかなかった... [続きを読む]
  • SUPER FLY 展望
  • いよいよ明日に迫った。計量も無事終わったようだ。井上の鮮烈な米国デビューなるか。ロマゴンの復活なるか。今後のスーパーフライ級ウォーズを展望する上で重要な日となる。シーサケットVSロマゴン前回はどう見ても不当判定。ロマゴンも限界をさらしだしてしまった... [続きを読む]
  • 名門ヨネクラジム閉鎖
  • 本日8月31日をもってヨネクラジムは閉鎖となった。最終日なのでビッグネームも来ているのではないかと思って行ってみた。18時半過ぎくらいに行ってみたが、ジムは現役選手、OB、関係者が多く集まっており盛況。さらにその家族らしき人達も数多くきて、ジムワークを見守っ... [続きを読む]
  • メイウェザーVSマクレガー 展望
  • まずは考えられない一戦だ。メイウェザーだから実現したのだろう。考えられない一戦だからこそ試合前の舌戦もテンションの高いものになっている。まず普通に考えたらメイウェザーの圧勝だ。マクレガーには反則上負け上等のハチャメチャな試合をしてせいぜい楽しませてほ... [続きを読む]
  • WBCバンタム級 山中VSネリ 展望
  • 具志堅に並ぶ重要な試合だ。計量を無事通過し、後は試合を待つばかりとなった。今回の勝敗予想はなかなか難しい。山中が前回のカールソン戦のような調子であったらかなり危ない。いや、モレノⅡを含めた数戦の状態からするとまさに負けるタイミングにある。山中は完全に... [続きを読む]
  • 村田世界戦決定!
  • 村田の二度目の世界挑戦が決まった。やはりエンダム。本田会長は否定的なことを言っていたが、駆け引きであったことは明白。まとまりやすいのはエンダムだし、そもそもエンダムでないと勝てないだろう。志としてはどうかという面もあるが、村田プロジェクトは日本ボクシ... [続きを読む]
  • 名王者内山ついに引退
  • 内山がついにグローブを壁に吊るす。惜しまれつつ引退というか、一度は本場でビッグマッチを、と思っていたファンも多いだろう。興行の世界である以上、所属プロモーション、スポンサー、テレビ局等々との巡り合わせの問題もあろう。これも運命、これも人生か。内山とい... [続きを読む]
  • リアル世界王者三浦引退
  • 三浦が引退した。潮時であり良い決断であった。まともな相手に4度防衛というのも立派だが、日本の世界王者でこの選手ほど本場米国で活躍した王者はいない。最近疑問符のつく世界王者が多くなっているなか、数少ない「本物」王者であった。当初三浦に世界は無理と見ていた... [続きを読む]