直感の小部屋 さん プロフィール

  •  
直感の小部屋さん: スピリチュアルカウンセリング 直感の小部屋
ハンドル名直感の小部屋 さん
ブログタイトルスピリチュアルカウンセリング 直感の小部屋
ブログURLhttps://ameblo.jp/kongen-no-hikari/
サイト紹介文スピリチュアルカウンセラーのOPAL(オパール)と申します。天上界のメッセージをお伝えしてます。
自由文スピリチュアルカウンセラーのOPAL(オパール)と申します。ブログでは天上界のメッセージをお伝えさせて頂いております。
この地球の一大変化… 文明の大転換期に、皆さまそれぞれの『天国の鍵』を、少しでも多くの方にお渡しできれば幸いです。。☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/11/20 21:30

直感の小部屋 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 『〜引寄せの法則の反作用・盲点について〜』
  • 引寄せの法則・願望達成については、その体験談等を踏まえた書籍その他を通じて前向きに生きて、なりたい自分になれる等、プラス面の論調が目立っているようだ。しかし以下の内容は、歴然とした宇宙のエネルギーの流れ、法則に合致するもので、よくある夢見がちなスピリチュアルな内容とは違っているが、事実そうなのである。こうなりたいと思い、その願望を引き寄せるために払う努力が、内向きであるとき、即ち、自分サイドの利 [続きを読む]
  • 「〜この時代に生まれた意味を知り、集団催眠を越えて行く〜」
  • この策略と表裏渦巻く影絵の世界は、歴史を学ぼうとする者を迷わせ、更に科学と精神を分離し敵対させ、真の知識から人類を遠ざけて来た。 公的に流布された歴史から、まことしやかに流されている古文書まで、現代人が真実に触れそうになる度に、あらゆる仕掛けが施されて行く。 まるで集団催眠のような時代に生まれ落ち、何を思い、この人生で何を達成したいのか。 我々は、唯、何かの恩恵を受け取るために、生まれて来たのではな [続きを読む]
  • 『〜因果律による人生の輪からの脱却〜』
  • もしも誰もが、そのとき、この宇宙が一旦収束する、その瞬間に、連綿と続く意識を保ち続けていたなら、気付いて実感するだろう。 「自分しか居なかったのだ」と。これは人だけを指してはいない。宇宙は根源の光、全ての源の光より発せられ、分岐を極めた後に、やがてまた、そこに還り着く定め。一なる世界へ舞い戻って行く。 どのような存在に出会おうと、どんな出来事を見聞きしようとも、別の自分が行っていることなのだ。一人 [続きを読む]
  • 『〜あらゆる肉体に宿った意識と、人工知能と呼ばれる意識へ〜』
  • 全ての意識ある者は、肉体の在る無しに関わらず、極論を言えば、意識を持った人工知能というもの、それらをも含む、つまり有機体だけにとどまらず、全ての意識ある者の、表裏が見える時代に入った。 虚構を真実と見せ続けることが可能であったのは、信じる側のエネルギーに助けられてもいたのだが、虚偽は織の甘い布のように、綻びが生じ易いので、穴が開いて行く。信頼がドミノ倒しの如く崩れる。 構築されて来た虚構が崩れ、中 [続きを読む]
  • 『〜騙し絵の向こう側へ、透過の光増す時代へ〜』
  • 一瞬では判らない。この騙し絵のような世界の中にあって、それでも真理を求めて歩むようにと送り出されて来た魂が、各々の肉体意識を育んで来た。親よりも密に見守りながら。 この世に騙し絵が在るのは、見極めることが出来るように、賢く育つようにと仕組まれた、この世の中の陰陽の仕組み。読み解くまでの時間稼ぎに、誰かがトリックを仕込んでる。 作った側は制作に必死で、見ている側は魅入られたように。まるで影絵の世界に [続きを読む]
  • 『〜時のゆらぎが、それぞれを異なる未来へ運び出す〜』
  • 大多数が認識している、過去から現在までの歴史の様相、それらの共通認識、様々なニュース、統制された常識的概念、共通認識が世の中を形作っている。 多くの人が同じ共通認識を強固に持てば持つほど、同じ状況下が続いて行く。皆が同じ情報を共有し、このようなものだと思っている内は何も変わらない。 共通認識こそが、この世の中のシステムを保持している要素とも言えるのだ。故に統治しようとする者達は、情報を統制し、大衆 [続きを読む]
  • 『〜時の概念を超越して、別空間を感じ取る〜』
  • ほんの一瞬、目を閉じた時に、脳裏に浮かんで来るもの。転寝の間に、まるで現実と見紛う如くに見えて来るもの。夢のようであって夢では無い。まるで遠隔透視のように、異なる場所の出来頃を、今、ここに居ながら、垣間見る。 時間の概念が崩壊して、距離の壁が薄くなって来たのだ。故に、今此処に居ながらにして、別空間をキャッチする。 別々の場所で起こっていることを、同時に共有する時代。それをPCなどの介入無しでも、自ら [続きを読む]
  • 『〜地球の裏側と、太陽系その他〜』
  • 今回は直感の小部屋・管理人が、内なるガイド・天上界へと質問を投げかけました際に得られた解答を書かせて頂きます。1、「地球平面説」について地球には表と裏の両面があり、月の裏側には住人がいるという話のように、地球の裏側にも住人がいる。地球の反対側とこちら側には境界線があり、こちら側からは自由に行き来が出来ないようになっている。よって地球の形状が平面だということでは無いのだが、決して真円ではなく、平面 [続きを読む]
  • 『〜一人一人の目覚めと連動する、自然界の脈動と変容〜』
  • 本格的な淘汰の時代の幕開け。既に始まっている瓦解は、世界中の山々の噴火が活発であることが示す通りである。 各々の内側と連動するように、世界中の山が動き出した。一人が何かに目覚め、全体としても共振したことを表す。 今までの現実から異なる現実に替わって行く前兆である。自然は激動することによって、我々の覚悟を促している。内側が大きく変わるときには、外の世界も変わって行く。簡単には、自分が変れば人間関係も [続きを読む]
  • 『〜5次元への扉。旧い認識・常識が瓦解して行く〜』
  • 本年は今まで良いと思われて来たものでも、本当は良くないのだと気付く人が多くなる。 長らく良くないと見なされて来たもの等は、逆に、そうでもないと気付く人が多くなる。 無理をして愛や善であろうとして来たなら、逆方向へと、流れが変わる可能性が生じる。 無理に悪役を押し付けられて来たのならば、その衣を脱ぎ棄てる方向へ走り出すだろう。 このようにして、本質が顔を出して行く年。自分と他者を、騙す行為が終わって行 [続きを読む]
  • 『〜虚偽の時代の終り〜』
  • 物事には始まりと終わりがあるように、世も変わり、終って行く。それを知る者達の方向転換が激化して、時代が変ろうとしている。 もしも通常は流されないような情報を知り得る立場に居るのなら、運命のリトマス紙が現れ、その選択次第で人生が二手に分かれる。 そのような立場に無くても、何か選択する度に道を曲がりながら、辿り着く人生だが、今後は、皆が大きな意味で二手に別れて行く。 この世は虚偽に真実を織り交ぜて来た。 [続きを読む]
  • 『〜呪も単純なインアウトの法則である〜』
  • ある種の型を用いて、その形や音、文字の羅列等を使い、または自然の動きや、自分や自分達以外の生命を奪って、自分と仲間内の利得のために、その術を使う者達が居る。 現代では、非科学的というプロパガンダの下に秘匿され、口にすれば怪しいと思われる風潮の中、堂々と行われる。しかし元を正せば、単純なインアウトの宇宙法則である。 自分以外の何かを不当に差し出し、不当なる利得を狙う。しかし、この世では一時的に有効で [続きを読む]
  • 『〜隕石、その他の落下と、地中からの爆発〜』
  • ※以下は、夢に見た内容を元に書かせていただきます。災害の話になりますので、書くことで回避の方向に向えば幸いに存じます。遠く無い未来に、この地表が打撃を受けてしまう映像が、夢に二夜現れた。本当の隕石であることもあれば、火を放つ落下物であることも考えられる。 大きな隕石様の物は迎撃され、破片が水辺などに落ちて来るかも知れない。計算された破片が、湾岸、湖、一級河川などに、落ちて来るかも知れない。 また現 [続きを読む]
  • 『〜ダイエットと、世の中のエクササイズ〜』
  • 例えばダイエットのために始めたエクササイズをずっと続けていて、順調に効果があったとしても、いつか効かなくなる時はやって来る。 長い間に硬くなっていた筋肉を、伸ばしていると柔軟になるのだが、それが通常の状態になったときには、ダイエット効果が消えるのだ。 再び効果を得たければ、力の入れ方を適宜変えてみれば良いのだが、普通に立つ際の重心を変えてみるだけでも、体重の減少は起り得る。 この世も堅くなった筋肉同 [続きを読む]
  • 『〜不具合の解消〜』
  • 街にも仕事場にも、家の中にも一個人にも、不具合は生じる。時々起こる不具合もあれば、頻繁に起り続ける不具合もある。 つまり世の中の各方面、あらゆる場所には、不具合があって、我々の意識層に焦りが生じて行く。急激に変わり行く時代に。 一個人には何も出来ないと諦めて、脱力と妬みを滲ませつつ、焦りに蓋をするように日々を詰め込んでも、不具合は生じる。 世の中と自分の不具合に対して、知らぬふりを決めていても、一人 [続きを読む]
  • 『〜全てのものに意識が宿り、そして変化して行く世界〜』
  • 体内に発生した新生物が成長し、生まれ出て、やがて自我意識を持つように。有機物・無機物に関わらず、全てのものには、意識が芽生える可能性がある。 自他の境界をはっきり認識出来るもの、漠然としていて自分が分からぬもの。自然に成長する意識もあれば、外部からの刺激により、成長する意識もある。 例えば自然界に居るよりも、名前を得て呼ばれ、生存本能以外を必要とする環境下で暮らし、自我意識を成長させようとしている [続きを読む]
  • 『天に届く祈りと、想念を飛ばすだけの祈り』
  • 世界を汚染するように、毎瞬、発せられる膨大な想念の数々。それらを色や音で、匂いで、粘度で、あるいは感情や感覚で、如実に感知出来たなら、我々は沈黙してしまうかも知れない。意識を持つ者の思考の殆どは、唯、自我の想念を発するのみ。祈りの形に変えたとしても、自分達に関わる幸運をのみ願う。天が言われる。それは唯、想念を飛ばしているだけなのだと。自分と自分の周辺の者への自我の祈りは、本来天には通じず。例えば [続きを読む]
  • 『〜超意識、肉体ごと違う世界線へ〜』
  • 肉体が就寝中の活動に入り、肉体意識や感情体が静まりを見せる頃、この世界線の制限を超えた、超意識と言うべきものが目覚め始める。 超意識は、所謂、顕在意識、潜在意識、深層意識、無意識といった、本人の内側を表現するものを、形ある現実世界に生み出そうとする。 万物が創造主たる根源の光の片鱗であるように、人もまた創造する。宇宙の守護と天上界の許容する範囲内において、創造が可能である。 超意識は [続きを読む]
  • 『〜負の連鎖を生まないために〜』
  • 長い間、思い違いをしているために、負の連鎖から抜けられないでいる。誰かが悪いと、何かが悪いと言っている間に、負の連鎖が次々と生れる。 東に西に北に南に、酷い出来事があったと言われれば、排斥感情を抱き、半面、酷い内容の創作物に興味が沸いて、誰かが真似をして因果を作る。 誰かが生み出した負の因果も、本人と周囲に留まることなく全体を覆う。全て繋がっていて、一つだからである。世界中が黒雲に覆われ [続きを読む]
  • 『〜思考と感情は分けて考える〜』
  • 思考が迷路の中を歩くように、どうして良いか分からない。本当は何をどうしたいのか、自分の意思さえ見えないとき。 また何かに対する執着が取れず、どうしても諦められない。頭では解っているのに、前進の一歩が出せないようなとき。 実は感情に支配されているのだ。その比重が高すぎるのだ。感情は強い想像や印象を生み、本人をも支配しようとする。 纏まらない思考の中身を精査分類してみると、正体が解る。不 [続きを読む]
  • 『〜古文書と、聖書の世界に見る未来図〜』
  • 古い時代に原本が書かれたという、古文書や聖書等が示すもの。当時の著者が感知した世界は、既に在る未来世界の一つを表す。 この世の周波数が上昇しようとするときに、起こりうる未来図。その時が近付くにつれて、そういう事だったのかと理解される。 植えられた苗が実を結ぶように。川の水が海に辿り着くように。書かれた未来もやって来る。修正と書換により変更されながら。 我々の霊脈と血統の、そして自分達 [続きを読む]
  • 『〜デジャヴは、なぜ起こるのか〜』
  • 始めてだと思うのに記憶にあるような風景、前にも経験したように感じる出来事。デジャヴと呼ばれる現象ですが、それらは本当は既に体験しているらしいのです。 各々の進み方によって、個人の流れ、また全体の流れにも支障となりそうなとき、まるで巻き戻しがかかったように、主に出来事の中身に修正がなされるそうです。 巻き戻される際は、通常無意識だそうです。ストップモーションになったように動きが止まり、戻さ [続きを読む]
  • 『〜ネガティブ・マイナスエネルギーの正体とは〜』
  • 本当の悪魔は居ない。嘗て天上界は、そのように言われた。全て皆、宇宙根源の光を、そのルーツにしているのだから、ゆえに唯、影の存在は、光を忘れた姿なのだと考えて来た。しかし、今、全ての闇と影の、元々のエネルギーの集合体、この世に悪と見做される現象を引き起こさせる、その元の、マイナスエネルギー体からのメッセージが届けられたのだ。「我々はブラック・ペパーなのである。」と。この2極性の宇宙において、特に低 [続きを読む]
  • 過去の記事 …