なぎ さん プロフィール

  •  
なぎさん: なぎのブログ
ハンドル名なぎ さん
ブログタイトルなぎのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/ihafarm-okinawa/
サイト紹介文やんばるの農園と自然の移り変わりを発信します たんかん・マンゴ・すもも・コーヒー その他
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2011/11/22 08:42

なぎ さんのブログ記事

  • サガリバナ散る。
  • 久々の雨!うれしくなる、でもほんの2,3時間だけ、お昼前からはカンカン照り。サガリバナの落下した花柄、奇麗っちゃーきれいだが〜!ぶらさっがている夜中の真っ盛りの花の様子も見たい!昨年落ちた種から芽生えている。白い花のサガリバナにピンクの花を接木したものなので、これは花の色はピンクになる?それとも白?と問うと即‘白に決まっているだろう’とのこと、そうかな〜そうだったらいいのにな〜!こんなかぼちゃを [続きを読む]
  • 市販のものにも負けない大きさ。
  • 今度の台風10号の風にあおられたか、アボカドのおしりに擦り傷が、店で売られているものより大きいサイズにまで育っている。このままほっておくにもいかず、とりあえず切って様子を見ることにする。小さめのマンゴーにも劣らない大きさである。よくぞここまで!という感動。裏を返せば痛々しい、裂け目からおいしそうな果肉が見える。食べてみたい衝動に駆られるが、そこは我慢。サガリバナに沢山のつぼみ、薄いピンク色、一度 [続きを読む]
  • 華!ばあちゃんと過ごした日々、幸せだったかい?
  • 華が逝ってもうすぐ一か月、この頃やっと少しづつ‘もうこの世にはいない’ということが納得できるようになりつつある。ず〜と犬がいる生活をしてきた、華が一番賢くていい犬だった。自分にとっては一番の味方だった。子犬時代、成犬時代、老犬になるまでの間のいろいろな出来事を一緒に過ごした。晩年は歩くこと、食べること、排泄することが困難になりその世話を、、今おもえば世話をさせてもらえたことが華への恩返しだった。 [続きを読む]
  • 壊された、落とされた〜!
  • 台風7号のしわざ・速度も速く、それほどの害はないだろうと山のハウスのビニールはそのままにしていたのがこんなことに、、中身は少ないのが幸い。ああ〜、それでもまた修理して張りなおさなければならない。アボカドが落ちている。向こう側にも、、全滅!か〜!落ちているのを拾い集めたら4個、12−4=8、であと8こは残っているはず。この先また台風があるかもしれないので果たして何個残ってくれるのか、ちょっと難しい [続きを読む]
  • こんなことって、あるんだね!
  • マンゴー色つく。そろそろポトリ?翌朝、やっぱり落ちた。一年ぶりの再会、かんぺき〜!幸せな瞬間!スモモ、それぞれの農家さんも豊作らしい。山のアボカド、確か12個あったはず。葉っぱに隠れて探せない、ゆっくり暇があるときに見つけよう。台風の被害がなければこのまま順調に育つはず。あろうことか正男さんの髪の毛が黒々、日増しに量も増えて艶も、、、本人は鏡を見るたびうれしくなると、こんなことってあるんだね〜! [続きを読む]
  • 50年ぶり⁉の大雨!
  • 50年来の大雨だそうでどこもかしこも、水浸し、ハウスのすぐ側の排水路も満杯で、一時里2号ハウスが、半分くらい水田化状態に、、このまま2,3日水が引かないと〜と不安になったが、半日くらいですっかり水は引いた。翌日はなんとまた元通りの暑〜い日に、きっとマンゴーの木たちもつかの間の水浴びで大喜びしただろうな、めったにないことだから、、風もほとんど影響がなくてほんとによかった。台風の影響で涼しい日が続い [続きを読む]
  • はじめまして、9人目です。
  • 妹と初対面、お姉ちゃんになった、二人とも健康ですくすく育っていきますように!幸せな瞬間に感謝、感謝である。9人目の孫、小さな大切な宝物、全神経筋肉を、手元に、抱っこするじいさん、嬉しい瞬間。?十人目かの、ひ孫、‘おんなのこだったよね?’と何度も聞く、本日は少しぼーっとした感じの正男さん、孫が何人か、ひ孫が何人になったかもうわからない、と答えても許せる年齢。山のアボカドの木がこんなに大きく育った、 [続きを読む]
  • うれしさ2倍!
  • 里1号ハウス、里2号ハウス、、、里の2棟のマンゴーは5月31日で玉吊り上げ作業を終える。ほとんどの実が一本の枝に2個〜3個、今期は不作年と言われているがなぜか里はいつもの年より豊作である。山のマンゴーが不作なぶん上出来、ここまで来ればあとは袋掛けをして、収穫時期を迎えるのみ。やれやれである。少し息抜きをしようかな、、と思ってもすぐ次の作業が待っている。農民暇なし!じゃなくて暇はつくるもの。いつの [続きを読む]
  • ついに、あ〜あっ!
  • アボカドの肌が荒れてきたと思ったら、二日後、ついに落下、予想はしていたがあ〜!残念!半分に割ってみた、雨便りの海沿いの畑、このところの日照り続きでかわいそうなマイ菜園の野菜たち。ジョロ一杯分の水をかけてやる。そろそろ収穫しようかな、一号ゴーヤー、まだまだ大きくなりそうなのでもうすこしそのままで、アスパラ、今年は調子がいい。親株が丈夫だと出てくる芽も良い感じである。防除せずに親株をきちんと5本残す [続きを読む]
  • コーヒーが美味くなる。
  • またバナナが、、この先どうしよう、、アスパラがタケノコ化?!アボカドが肌荒れ?!家の中でマイコーヒーを焙煎すると決まって、じいさん、‘臭い、煙い’と言う。ならばと、外で焼くことに、なかなか使うことがないカセットコンロを息子にサイズを小さくしてもらって焙煎専用にすることにした。外で焼くことは大正解!なんで気が付かなかったのか、煙も臭いも家の中にこもることはない。そのうち抽出も外で!って言われるかも [続きを読む]
  • 暑くて当たり前、です。
  • 梅雨入りどころか、梅雨明け状態、暑くて大変!例年梅雨明けまでには袋掛けを、と言われているのに、玉吊りもしないうちに日焼けしそうな暑さ、急遽、昨年余った傘をかぶせる。雨が少なくて山のタンクも空っぽ、断水続き。ほんとの梅雨入りいつ?来週からは雨、曇りの日が多くなる予想、待ち遠しいものである。10日にいっぺんくらいの割合で正男さんに面会、本日は便秘薬がなくなりそうとのことで内科へ、相変わらず豚肉がいい [続きを読む]
  • 3日遅れの母の日
  • 梅雨入りしたはずなのに、雨らしきものはほとんど降らなくてお湿り程度、昨年は屋根が低い里2号ハウスのマンゴーが日焼けが多く出たので、今期は日よけのネットを張ることに、梅雨明けをメドにスタンバイしていたが、天気予報では晴れの日が続くので早めに張ることにした。午前7時前、朝日は問題ないのだが午後の日差しが問題、昨年以前は日焼けなんてものはなかったが、、やはり温暖化なるものが影響しているのだろうか。ナス [続きを読む]
  • バナナのつぼみ。
  • 梅雨入りしたというのに、もう中休み?このところまとまった雨がほとんどなくて山のタンクも空、断水続き。里から運ぶ始末。晴れの間にスモモのネットを張る。ネットの中の木陰は涼しくていい気持ち、小さいころ、蚊帳の中で幸せ気分を味わった頃を思い出す。むしろを持ってきてスモモの木の下で昼寝をしたい気分。ナスがもうすぐ食べられそう。ヘチマも順調。ばななのつぼみ?たくましいが美しさには程遠い。 [続きを読む]
  • これでもか!
  • 今年(平成29年度)は、スモモの花が一段と力強く、良く咲いていた。雨も少なく、天気にも恵まれていたせいもあったのか着果率が今までにないくらいの量で実が、、ところが喜ぶだけでは、後々の木の状態に不安が残りそうなので摘果に励む。これでもかと思うくらい落とすがまだまだ落とし足りない。まるでスモモの木に自分たちがどれだけ落とせるか試されているかのよう、、残っている量より落とされている実のほうが、多いので [続きを読む]
  • 底が浅かった。
  • 山1号ハウス、山2号ハウス、山のマンゴー達がどうしたのか最悪の状態、不作、凶作。来期にかける。不作なので今期はマンゴーの少し作業にゆとり?嬉しいやら、悲しいやら、、里1号ハウス、里2号ハウス、これから実の選別、一枝に一個か2個に、していく。山のアボカド、あれほど花盛りだったのに今残っている実らしきものは3〜4個、木が大きいので探すのも一苦労、名札を付けておこう先日バッサリと、自分の背丈よりも低く [続きを読む]
  • 後悔先に立たず。
  • 実が落ちるのを期待しているわけではないが、見回りに行くたびに‘あ〜、、まだぶら下がっている〜どうしよう〜’と複雑な気分。もう少し木が大きくなってからのほうが良かった、こんなにハラハラドキドキするなら、、、後悔しても始まらない。スモモが早いのは色付き始めた。今年から植えたグレープフルーツ、沢山咲いた花を3個だけ残してあとは全部摘花、これも実が大きくなるにつれ後悔するのだろうか、買って食べればいいも [続きを読む]
  • なのに、なんで!
  • なす5本、ピーマン2本、セロリ2本、ヘチマ1、ゴーヤー1、とパパイヤ、、、廃品利用で、しばらくは持つだろうマイ菜園、先に植えていたナスに元気な花が咲く。欲が出て菜園を少し広くした。ここ2、3年猛烈な台風がなかったので、その被害を忘れかけて、また新たにいろいろな作物を植えている。すぐ後ろは海である、なので強い台風が立て続けに来ようものなら、塩害で枯れてしまうのは必須。 [続きを読む]
  • もしかして、もしかするかも〜!
  • 花が散った後のアボカドの木、どれだけ大きくなるのだろうか。今年はミツバチが多くて盛んに花の中で仕事?をしていた、村で養蜂業を推進しているせいもあり、このあたりにも何人かの方がミツバチ用の箱を置いてある。アボカドの花にも蜜があるのだろうか。ミツバチがいなくても毎年これくらいのアボカドの実を見ることができていたが、この後はすべて自然消滅というパターン。が、しか〜し、今年は様子が違う、実の残っている数 [続きを読む]
  • 不作
  • 山2号ハウス、山1号、これほど不作なことは初めて、これから花が咲いても良い実になるとは限らない。どうなることやら結果を見ることもいいのかもしれない。 [続きを読む]
  • ゴーヤーとヘチマのケンカ?!
  • 見よう見まねでなんとかできました〜!あとは屋根に紐を張ってゴーヤーとヘチマがぶら下がるのを待つ。すべて廃品利用、一人で作れたのが我ながらすごい、といってもクランプで止めただけ。こんなことをやることには大反対のじいさん、‘ゴーヤーとヘチマをけんかさせるつもりか?’〜と! [続きを読む]
  • 面白いと楽をたくさん。
  • まだ頑張ってる。頑張らなくてもいいんだよと声かける。時期がきたらちゃんと芽が、、土を持ち上げて伸びてくるアスパラはほんとに可愛らしいものだ。コーヒーの花が咲いた。いまだにボチボチ収穫できるのもあるし、まだ青々としている豆もある、それで花も咲く、どうなっているのかまだよくわからないコーヒー栽培である。葡萄の木も不思議、花芽の付かない枝と、芽という芽」すべてが花芽だったりする枝に分かれている、なかな [続きを読む]
  • スモモ対、アボカド様。
  • まだぶらさっがっている。よかった〜!大きくなっているようでそうでないようで、でも枝が少し垂れ下がっってきているので、重たくなっているのだろう。毎朝見に行くのがドキドキワクワクものである。スモモの摘果こんなにたくさん摘果したことは今年が初、まだまだ続きそうだがこの作業ばかりだと気がめいってしまうのだ。だから、、、 [続きを読む]
  • 60代って、いいのかも!
  • 今年のスモモの花は一段と力強く、きれいに咲きそろっているなと感じていたが、これまた実の付き具合もハンパではない、いくら摘果してもまだまだ多すぎる、なんで?とうれしいような、もういいやと摘果を切り上げたくなるような摘果作業は収穫までやり続けることが大事、とのこと。始めの頃は手当たり次第におとしていたが、このくらいの量になると、選んで落とすことが楽になってくる。雨降りの日以外は毎朝摘果から仕事始めと [続きを読む]
  • ガンバレ!頑張らねば!
  • 平成30年4月中旬、里1号ハウス。里2号。とてもいい状態だと思うが結実するかが問題。山、リュウガン1号、今年初めて花が咲く。リュウガン2号、毎年花はたくさん咲く、が、小さい実が1,2個残るだけ、海側のミカン畑、幹からたくさん萌芽してきた、この調子なら生き残るかもしれない。畑周辺の片付け、防除作業を適宜行うと今までよりは、きれいなみかんがとれるだろうと期待している。アボカド2個中、一個は墜落!残っ [続きを読む]
  • いい匂い、臭い?!どっち?
  • 奇妙な花、イルカンダがあたり一面にこれまた奇妙な臭いを漂わせて咲く季節がやってきた。季節は何事もなかったかのように移り行く大きくなっている。このままいきのびてくれ〜!2メートル近くまで伸びた山のコーヒーの木をバッサリ自分の高さより低く切り戻す。今年、少し満足な収穫ができたが、バッサリ切った後はどうなるのだろうか、うっそうとした畑が明るくなった。山に登るのがおっくうになるときが来る。その時までに里 [続きを読む]