海王星 さん プロフィール

  •  
海王星さん: 海王星の魚座だより
ハンドル名海王星 さん
ブログタイトル海王星の魚座だより
ブログURLhttps://ameblo.jp/kozakura11/
サイト紹介文台湾・歴史・旅・料理が好きな女性ライターのブログ
自由文旅と料理が好きな女性ライターです。日々感じたことや、ライフワークとする台湾の歴史や文化に関することをつづっていきます。「これから台湾についていろいろ知りたい」方は必見です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2011/11/23 10:22

海王星 さんのブログ記事

  • 何とかやってますのご報告
  • 季節柄みんな忙しい。私だけじゃない。忙しいと言うと、余計余裕がなくなるから言いたくはない。でも言わずにはおられない、ああ忙しい!11月中頃から仕事をメインに5つほど用事が重なり、私的非常事態宣言発令中です。どれも後回しにできない、私本人がやるしかないことばかり。特に来週がキツイ!うわー、やってけるかしらと今から心配です。 今日はその大きな山場を前に一息ついて(と言うより半分ばてて、しばし休息)、こ [続きを読む]
  • みっともない
  • 関東でも紅葉が見ごろを迎えています。毎年この時期になると、「ほらほら、すぐ年末だよ!」と急かされてる気分になります。この業界、今頃から「年末進行」が加速し、媒体によっては年内に2、3月号まで作りますからね。もっとも、どこの業界も忙しいでしょうから、お互い栄養ドリンク片手に乗り切っていきましょう。  さて現在は中国で「皇帝待遇」されているという例のご夫妻。日本ではその前に娘が来て、てんやわんやの6日 [続きを読む]
  • ありえない!また雨の週末かい!
  • 関東の皆さん。また雨、それもまたまた台風だって。数日前まで予報にはずっと?マークが並んでたのに、何なのコレ。 先週はお台場が中止、今週末の調布の花火大会もアブナイですね。観光業や農業の皆さんは本当に泣きたいと思います。土砂や河川の災害も心配です。21号もすごかったのに、また被害が出ないことを祈ります。今も陰陽師とかいたら、この異常な天候の理由を天に聞いてほしいです。 さてヅカの話題。先日宙組「神々の [続きを読む]
  • 投票に行きましょうね!
  • 8月の長雨の悪夢ふたたび・・・という感じの天気が続いています。明日はお台場花火なんだけど、無事に上がるんでしょうか?先週は赤羽で花火大会がありましたが、こちらも雨の中だったようだし。本当に秋らしい天気はどうしちゃったんでしょうね? さてあさっては衆院選選挙です。大荒れの天気みたいだけど、投票所は近所なんですから、絶対に投票に行きましょう。かえって天気が悪いので、遠出する人は少ないんじゃないでしょう [続きを読む]
  • 海外ドラマに見る日本ドラマの限界
  • はじめに:私の中では、国家や政治体制と、その国の文化エンタメは切り離してとらえていることをおことわりしておきます。 先月までBSで「推奴(チュノ)」という韓国歴史ドラマを放映していました(あらすじに関してはネットで検索してください)。中だるみもありましたが、非常に面白かった。 そして今チャンネル銀河で、「オスマン帝国外伝」というトルコの歴ドラを放映しています。16世紀のハーレムの物語で、場面と展開が [続きを読む]
  • 福島の高校生が開発した米粉マドレーヌ
  • 稲の刈り取りが進む今となっては、時期が遅いですが・・・。田んぼアートってご存知ですか?黒米など色のちがう稲を植えて、田んぼに絵柄をつくるイベントです。稲が育つ7〜8月が見頃。 東京に比較的近い名所のひとつが、福島県鏡石町。隣接する図書館最上階の展望室から見るのですが、ありきたりの水田がこんな風に楽しめるんだなあと、なかなかおもしろかったです。http://www.town.kagamiishi.fukushima.jp/tanbo/2017/index. [続きを読む]
  • 台湾みやげにオススメの防水バッグ
  • どこかに旅すると、必ず買い物しますか?私はもともと買い物にはあまり興味がありません。ただし食品は別ですよ。食べるのも作るのも好きなので、現地でしか手に入らない食材や調味料はついつい手に取ってしまいます。 でもそれ以外は、今ではめったに買いません。服も食器も飾るものも、これ以上増やしたくないんです。ましてや何回も行ってる台湾では、資料になる本・食関係・人へのお土産以外は一切買いません。 そんな私が、 [続きを読む]
  • 蕃地に咲いた恋物語
  • 久々に日治台湾時代について書こうかと思います。当ブログで以前何度もご紹介している『植民地台湾の日本女性生活史』大正編に載っている話です。 著者の竹中信子先生は、15才まで台湾で育った湾生。祖父は紀伊徳川家の血を引く名家出身で、日本統治の開始と同時に台湾へ移った方です。のちに蘇墺の冷泉を今のような観光資源に発展させたことから、今でも先生は「冷泉の父」の孫娘として現地で尊敬されています。日治台湾関係の [続きを読む]
  • 梅雨明けとか廃止して「雨期」でいいかも
  •  ホントなら思い切り残暑のはずなのに、昨日今日と、東京はうすら寒いぐらい。東日本は、雨ばかりの8月が終わっても、冷夏はまだ続いているようです。農家にあまり大きな損失がないことを祈ってます。 米の品種改良やハウス栽培など農業技術の進歩+全国海外から産品が届く現代は飢える心配は無用ですが、昔なら冷夏=飢饉。先人たちはどれほど苦労したんだろうと痛感します。 雨乞いの反対に、晴れ乞いってあるんでしょうかね [続きを読む]
  • 梅干しが作れない・・・
  • 東京は、本当に8月かと思うような天候続きです。明日あさってはいくらか晴れるようですが、いわゆるカンカン照りではないみたい。南関東の皆さんは、大きな洗濯物どうしてます?で、私にとってそれ以上に悩みのタネが、梅の土用干しです。 梅干し作りをやってみたいと前々から思いつつ、何だか大変そうで二の足を踏んでいました。一番の理由が、梅を干す3日間は家にいなきゃいけないこと。 梅干しは長期間もたせる保存食なので [続きを読む]
  • 関西に行ってきました
  • 所用があって久しぶりに関西へ行ってきました。せっかくなので、ついでに念願の場所をあちこち行ってきました。メインは京都なんですが、他にも目いっぱい予定を詰め込んで、猛暑の中、体力の限界に挑戦するような日程になりました。 京都では、ちょうど祇園祭の後祭りの日でした。祇園祭といえば、前祭(さきまつり)と呼ばれる7月15・16日が有名ですが、すさまじい混雑らしいので、雰囲気を味わうなら後祭りで十分でした。 [続きを読む]
  • 再掲:ビギナーさん向け台南&高雄の旅行アドバイス
  • 明日から東京の学校は夏休みです。学生だけでなく社会人にとっても、夏休みの本格的シーズンが始まりますね。台湾旅行を計画中の方もいることでしょう。 それで、昨春に書いた台南&高雄が初めての方向けのプランニング案を、あらためてご紹介します。全4回シリーズです。 というのも、南部はまだ慣れてない日本人旅行者が多いようで、あちこちのサイトで「どこへ行ったらいいですか」という質問をよく見るからです。「適当にぷ [続きを読む]
  • がれき運びをしたことがありますか
  • 6年前の2011年のちょうど今頃、私は宮城県に滞在していました。  東日本大震災が起きて、母の故郷である福島が大変なことになりましたが、被災地の沿岸部には一般人は立ち入れない。でもいても立ってもいられない気持ちで、被災地ボランティアのあてを探しました。正直ビジネスホテルに連泊してまでは金銭的にちょっとなあ・・・と思っていた矢先に、仙台市の東本願寺がボラは無料で泊める(食費等は実費)というので、2週 [続きを読む]
  • 脳脊髄液減少症4 参考書籍とサイト
  • 最終回の今回は、この病気についてもっと知りたい方向けの情報です。本:「脳脊髄液減少症を知っていますか」西村書店 2013年この病気治療の第一人者の医師が著者。やさしい言葉で書かれているので、素人さんにもわかりやすい。巻末には、さまざまな書籍が紹介されています。 サイト:私が読んだ限りでは、以下の2つをおすすめします。リカ場 〜私の脳脊髄液減少症のリカバリー〜少しでも症状改善につながる方法を、患者さん [続きを読む]
  • 脳脊髄液減少症3 〜検査と治療〜
  • 今回はちょっと重い話ですが、これが話の核なのでお付き合いください。前2回で、患者さんたちの苦痛が大きいことを書きました。あくまで概要の紹介に留めますが、こういうことなんです。・脳脊髄液は中枢神経や自律神経を調整する役割?これが減る+それによって脳が沈むことで、さまざまな症状が出る?上は頭(頭痛や記憶障害、不眠)から下は足腰(しびれや痛み)まで、全身にあらゆる症状が出る。どの症状が出るかは個人差があ [続きを読む]
  • 脳脊髄液減少症2 〜誰がための自動車保険〜
  • いろいろな記事をはさむと読みにくいと思うので、しばらくは(回数未定)この病気のネタを続けさせてください。 前回続き。知人に「こんな病気あったよ」と知らせると、もう知ってました。ただしその可能性を脳神経外科の医師に伝えたら、「髄液漏れでそんな風にならない」と否定されたそうです。まだまだ研究段階のため、医師でもこの病気のメカニズムに対する理解は薄いわけです。 その後知人は理解のある医師を必死の思いで見 [続きを読む]
  • 脳脊髄液減少症という病気1
  • いよいよ梅雨入りして、東京はこのところどんよりした天気+肌寒い気温が続いています。そのせいか、私の周りにも、体調を崩している方が多いです。そして皆様の周りに、こんな方いませんか?天気が悪くなると、頭痛や目まい、だるさが起きる。それも午後以降になると悪化しやすい。医者では異常なしと言われる。疲れているせい、ストレスのせい、いろいろ原因は考えられますが、「脳脊髄液減少症」という病気も一応疑ってみてくだ [続きを読む]
  • 軽井沢は華人がいっぱいでした
  • 海王星は、6月の幕開けを軽井沢で迎えました。東京は大雨や猛暑に見舞われたそうですが、向こうはおおむね晴天でした。東日本各地の天候不安定の影響で、にわか雨もちらりとあったし、夜中にはひょうまで降ったらしいけど、私が出歩いている間に傘の出番はありませんでした。 軽井沢は本当に久しぶり。10年ぐらい行ってないかな。東京から手軽に行けるのに、なぜこれほど行かなかったというと、嫌いなわけではありません。やは [続きを読む]
  • 鮮芋仙 赤羽本店
  • 残念ながら、食レポではないんです。  私はどこかへ行く時は、事前に食べログをチェックして高評価の店があれば、極力利用するタイプです。まあ、こんな方は多いと思いますが。先日、北区の赤羽に行く用事がありました。赤羽は滅多に行きませんが、過去にはかの有名な「まるます家」へも何度か行きました。今回は単独で、しかも降りたのが夕方近くだったのでランチというほどでもなく、セキネという店で買い物しただけに終わりま [続きを読む]
  • 八田與一銅像事件について思うこと
  • 日台関係が悪化しても「これだけは起きるまい」と思っていました。それに比べたら、犯人が台湾人(元議員は予想外でしたが)とわかった時の驚きは大きくありません。神の如く尊敬されている人物の像を切断するなんて大胆なことは、他の民族は難しいのではと思ってました。名刹に油まかれても、仏像を破壊されたり盗まれても反○デモが起こらない日本人より、台湾人の方が熱いですからね。  私が台湾のサイトをのぞいてみた限りで [続きを読む]
  • 台湾南部本の第3弾を27日に発売します
  • 以前ご案内した「ガランピ魚(ぎょ)」の発売まで、ちょうど1週間となりました。 今回の作品は、高雄・屏東・台東を舞台にした短編集です。小説の形態にしたのには理由があります。 私は台湾の歴史をより多く日本人に知ってほしい、それがある種の自分の使命と思っています。しかし、どれほどやさしく書いても、歴史ものは、やはり硬さが出てしまいます。学問ですからね。「わかりやすく、おもしろく読んでもらうにはどう書いた [続きを読む]
  • 遅めのお花見におすすめの場所
  • 東京の桜は、この週末でかなり散っちゃうらしいですね。先週・今週と、週末になるとこの天気でしたから、しょうがないですね。「まだお花見してないよ!」とお嘆きのアナタ、まだ見られる場所ありますよ。ちと遠出になりますが、景色の美しさは保証します。 まずは、高尾駅から少し北にある多摩森林科学園。国立の森林研究所で、広大な敷地にさまざまな樹木を植えてあります。中でも、山ひとつ丸ごとに多彩な桜を植えたエリアがす [続きを読む]
  • 酸菜白肉火鍋をできるだけ簡単に再現してみた
  • ゆうべの日台戦。その前の日が台湾が勝ったので、こうもボロ負けだと・・・日本の寒さにやられちゃった?1戦目の祝勝会で焼き鳥と日本酒飲み食いしすぎた(勝手に妄想)?と思ってしまいました。何年前でしたっけ、ものすごい延長の後の台湾チームの態度は素晴らしかったですね。涙出ちゃいました。あんな試合がもう一度見たいなあ、やる方は大変だけど。 さて本題。和風以外で私が一番好きな鍋は、何と言っても酸菜白肉火鍋。汁 [続きを読む]
  • 今更ですが「流」を読んでみた
  • 大した収入でもないけど、確定申告が終わってホッとしました。 で、心身共に余裕ができたんで、久々に読書でもしてみるかという気になりました。私は、職業のわりにホントに本を読みません。仕事で資料や校正を読んでばかりなので、それ以外の文字を読もうという気にあまりならないんです。それでもって、読むのはやっぱり歴史か台湾に関するものばかり。これだけはどんなに読んでも苦にならないので。 そういうわけで、やっと「 [続きを読む]
  • 第3作予告その他・今回は長文だよ
  • 1月は怒涛のような日々でした。前回のブログで「風邪もひかない」と書いた直後に、ものすごいのにやられました。仕事休めない(いっそのことインフルなら天下御免で休めたのですが)うちに気管支炎まで進んでしまい、ぜんそくの方の苦労を知りました。それでも2日ぐらいで仕事に戻り、気力で乗り切りました。で無理したせいか長引いて、この数日からやっと楽に。はあ、よくがんばった。 で、今は台湾南部ものの第3作の最終修正 [続きを読む]