絵描きの日常 さん プロフィール

  •  
絵描きの日常さん: 絵描きの日常
ハンドル名絵描きの日常 さん
ブログタイトル絵描きの日常
ブログURLhttps://ekaki-yoshiko.jimdo.com/blog/
サイト紹介文人物画を中心に絵を描いています。 日々に描いた絵の記録を見ていただければ幸いです。
自由文岡山より美術公募団体 一水会、日展などに出品しています。
主婦で絵描き、昼間の時間が制作の時間です。
油彩、水彩、パステルなどいろいろな画材をつかって好きな絵を描いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2011/11/23 21:19

絵描きの日常 さんのブログ記事

  • 秋雨の中のバラ
  • 今朝、雨の中、庭に出ると雨に重たく頭を下げて咲いているバラがいくつかありました。 それを切って、教室へ。 重いので逆さにして水分をふき取って少し軽くなるとくっついていた花びらがふわりとほどけて広がった。 それと同時になんとも良い香りが…。 雨のお天気が響いたのか、この色合いも素敵な組み合わせでした。 なんとも言えない色。自然界って、素晴らしいですね。 [続きを読む]
  • 横顔
  • 横顔(描画中)3号 油彩 夏の終わりに髪を自分で結って、アトリエにやってきた娘です。 やってくるなり、「見て!上手にできた!!」 そのままモデルになってくれました。 お澄ましして、この子は女の子らしいなあ…とちょっと思いながら、15歳になったばかりの娘の横顔を記録しました。 これに少し手を入れて、不足している小さい油彩に加えて・・・と。 ただいま個展の準備中。 [続きを読む]
  • 載せていただきました。
  • 今月発売の美術月刊誌『一枚の繪』11月号に私の記事が載りました。 21日が発売日なのでもう少しで店頭に並びます。 遠いところ、東京から玉野まで編集部のTさんが来てくださいました。 雑談のようにたくさんおしゃべりした絵の話、うまくまとめてくださって、作家になったみたい。。。 11月の個展を前に出品する絵を数点一緒に載せていただいています。 昨日届いて、娘が開いてみ [続きを読む]
  • ペンギンさんと娘
  • さて、なん年前か。。。 娘は動物園が好きで何度かいきましたが大きなペンギンのぬいぐるみを見つけて得意げです。 あんまり嬉しそうだったので当時、メモしていたもの。 油彩で描き起こしています。 画像は今日、2回目の加筆。部分です。 [続きを読む]
  • 個展の準備
  • ペンギンのぬいぐるみと  3号(描画中) 2つ前の更新から表示がされていなかったみたいです。すみません。 今日から、一本で個展の準備に取り掛かりました。あと1ヶ月足らずになりましたのでどの作品を出そうかと今日も描きかけの絵も含め考えていました。 数はそれなりにあるのですが、展示のバランスや、今出品したいものを考えると…あと10点近くは手を入れないといけないように思え [続きを読む]
  • 順調
  • ほぼ毎日更新しているブログですがブログが書けないほど毎日充実しています。 久しぶりに更新します。 昨日もうれしいことがありました。 昨日は特に。。。 内容はここには書きませんがとにかく絵を描いてきてよかったと思えるのは確信が持てた時です。自己満足ではなく、確信が持てた時は安心感があります。 日展の絵は今日で完成。サインを入れます。 明日出てい [続きを読む]
  • 作品が歩く
  • 明日5日、ホテルニューオータニにて一日だけの三越伊勢丹秋の美術逸品会が開催されます。 私の作品は「コッコちゃんと娘」6号です。 少し前に預けていたのは、、、そうかここに使われるんですね。 それで図録が届いたので、お知らせをします。逸品会は特選会が日本橋の本店であるのに対し、ホテルニューオータニの会場で1日限りというところが違います。 …行ったことないです。行ってみたい。 [続きを読む]
  • 穏やかな時間
  • 今までどこかしら甘いところがあって、もっとできるはず、これでは本気とは言わない…と思いながら絵を描いてきました。 もう少し何とかすべてが絵を中心にした生活をしなければ一人前とも言えない…と。 今年は変化した。 毎年、娘が夏休みになれば一緒に朝寝坊をすることも多かったのですが、それもない。 毎日5時台には起きて…というか目が覚めます。 そして、一度必ずアトリエに入り、窓を開け、絵 [続きを読む]
  • できた!!!
  • 日展の絵がほぼできました!!! 今回の絵は、つい先日までダメだった。 難しかったし、上手くいかない部分が多すぎてどうなるかと思っていました。ところが、今日の晴天のお天気も手伝って、今までで一番の出来だ…と思えるところまで来ました。 もう、思い残すところはないな。 自分の絵に感動するのはおかしいのですが、何年も娘がモデルをしてくれて、15歳になって、少女といえる時期のほぼ最後、 [続きを読む]
  • 日展の制作と個展の準備
  • 11月6日から東京の銀座ギャラリー一枚の繪にて2回目の個展を開催させていただく予定です。 それに向けてまだいくつも描きたい絵があります。 画像は急きょ、仕上げつつある一水会展出品作の制作前に描きかけていたエスキース。 15号です。 個展の案内状になる予定です。   15号というサイズで全身を入れるのはとても難しい。どのような感じに仕上げるかも難しい。 100号は [続きを読む]
  • 夏のアトリエ
  • 画像は開催中の一水会展出品作「夏のアトリエ」100号です。 この度は会員佳作賞という大きな賞をいただきました。 ブログをずっと見てくださっている方にご報告をいたします。 とても励みになり、また、昨日まで東京にいました。ピリッと唐辛子を噛んだようなこともありました。これで帰ってすぐのダッシュができそうです。 娘が授賞式の一番後ろの席で記録してくれた [続きを読む]
  • 明るい日
  • 台風が過ぎて、今朝は雲一つない晴天でした。 昨日暗がりの中で長い時間描いた絵をどうなっているのか確認しに朝早くアトリエに入りました。 第一印象は「これで良いと思う!」 それで、昨日気になっていたところを少し直しました。 後は気持ちも吹っ切れて何か描き始めたい気持ちになり、画像のバラを描き始めました。8号の油彩です。 明るい日には明るい絵が描きたい。そ [続きを読む]
  • 台風の中
  • 夜になっていくらか雨も風も静かになってきたような気がしますが朝から夜のような暗い暗い、激しい暴風雨の1日でした。 でも、もう間も無く一水会で数日間いないし、100号が止まったままになっていたので「なんとしても今日は描きたい!」と思って暗がりの中、乏しい自然光で描きました。 暗い中である光明が差しました。 見えた! この暗さでないと見えないものを今日は描きました。 [続きを読む]
  • 巻くか…
  • 絵は、薄い絵具の層である方が耐久性を考える上で健康だと思うのですが100号ともなるとある程度は絵具の厚みが欲しいところ。 昔はそんなに絵を移動する回数は考えなくてよかったんですよね。 ところが今の時代は一つの作品がいろんな展示会場を回るということがあります。 それに研究会もあったりして、遠いところまで送るということも含めると振動や、衝撃が絵に加わります。 それに加え、運送会社の荷物の [続きを読む]
  • グリーンのブラウス
  • 今日は人物画研究会でした。 参加者は12,3名? モデルさんはなんとも美しい、グリーンのブラウス、濃紺のフレアスカート。 今どき珍しい衣装でした。 いつも描いている娘の丸顔ちゃんとは違って、大人びた面長の顔つき。 描いてみたくもなります。 少しダメなところもあってあとで手直ししようとは思いますが、2ポーズほど一緒に描かせていただきました。 [続きを読む]
  • らくがきのような
  • 一昨日でしょうか、ブログが公開になっていませんでした。 一水会展の開催のお知らせでした。 昨日、少しだけ知った方にご案内を送って、あとはあまりご案内しないで、告知だけ。 そして、必要な方がありましたら、ぜひ案内状を送らせていただこうと思っています。会期中受け付けます。 メールで送り先をお願いいたします。 ブログの下のコメント欄にはご住所など、載せないでくだ [続きを読む]
  • いいんじゃないか
  • 描いていて気持ちがいい絵は早めに引き上げた方がいい。 どこかに塗り残しがあっても、バランスが保てていて、奇跡的に絵になっているならそれはそれで本人が認めるほかない。 「自分がよいと思うんだから仕方ない。」 と、一人の私が言う。 もう一人の私が、 「いやいや、これではいけないんじゃない?だって、どう考えても仕上がってないみたいに見えるもの。」 [続きを読む]
  • 今年の一水会展、まもなく
  • 今年も9月半ばとなり、朝夕にはあの暑さはどこに行ったのか…と思うくらいの涼しさです。 今月20日から今年も一水会展が始まります。 今年から東京都美術館における展覧会場が広くなり、1階のフロアーすべてを使っての展示となります。 ご高覧頂きますよう、ご案内申し上げます。 この度、ありがたいことに立派な賞をいただくことができました。 本当にうれしい。 そして [続きを読む]
  • まなざし
  • ピアノの練習をしながらひょっこり私を見たその表情がなんとも印象に残って、ずっと描きたいと思っていた絵です。 それをやっとやっと、何年も前の絵ですが昨日から加筆。 顔が今の顔と当時の顔と混ざってしまうけど、ま、良いでしょう。 今日は父の定期検診の日で半日大学病院に付き添いました。 「待つ」って大変。とっても疲れました。 でも、なにより異常は見当た [続きを読む]
  • 小さい絵、楽しい。
  • ずっと前に描きかけていたものを今日は加筆してみました。でもまだ顔は決まらないし、少し、今の感じに近くなっています。 それでも、気に入ったように描けたらそれでいいか… 大作は少し止まっていますが、いったん木枠から外すためで、これパネルに張り替えます。 そうすると少し厚く描いてもひびが入ったりしないし、衝撃にも強いので、ちょっと繊細な絵でしかも厚く絵具を付けようと [続きを読む]
  • 100号と個展準備
  • 一昨日、月刊誌の『一枚の繪』11月号に載せてもらうための絵を数点送りました。 4日には東京から取材にも来られていろいろとお話をさせてもらって、夏休みが終わるや否や続けていろいろとありました。 昨日はやっと一日、100号に迎えました。 夜にはちょっと、薔薇の絵を描いてみました。 前に描き始めていたもの、2度目の加筆です。 うまくいきましたのですぐにサイン。 [続きを読む]
  • 絵のためにできること
  • 早朝、100号の前に座りました。まだ娘は出て行っていなかったけど、時間に余裕があったのでいったんアトリエに。 眺めているといろいろなことを思います。 メモしておこう。 今年、はっきりと打ち砕けた…と思ったことに気が付きました。 絵を描くうえで… 表現は徹底的に自由であるということ。 そこが何よりも前に来ないといけません。 その意味がはっきりした。 今まで出来ていなかっ [続きを読む]
  • ひとつ終わり
  • 昨日、自宅のインターネット回復。 結構時間がかかりました。 そして、29日に汗だくになって梱包準備した一水会の作品は30日に無事トラックに積み込まれ、東に向けて旅立ちました。100号を額装、梱包すると筋肉痛。手が震えます。 いつも送り出す瞬間同じ気持ちです。無事に搬入されますように…そして会場に展示され、皆さんに見ていただけますように…拝むような気持ちです。 [続きを読む]
  • 自由になる色
  • 大作に目処がたって、ひと段落です。 今日は小休止。まだ日展の制作、個展の作品準備などが残っているので気は抜いてしまえないので小さい水彩を描いてホッとしました。 残暑、厳しいのでせめて絵は自由に色使って涼しげに白いバラを描いてみました。 そうそう、昨日から家のインターネットが元からおかしい。明日にでも問い合わせてみます。 光にしたのは何年か前で元の線をパソコン [続きを読む]
  • 大作も仕上げ
  • 月末に一水会展の作品が出て行きます。 今年もやはり娘を描いています。日展に出品するものと両方でひとつのような感じで2点並べて描いています。 考えてみると娘をモデルにして今のようなスタイルで描き始めてからもう数年になります。 いつの間にか娘になって少女としてモデルをしてもらうのは今年が最後かもしれません。 そんな思いもあり夏休みのたびにアトリエに来て何度となくモデルをしてくれた娘をそ [続きを読む]