たか・えふ さん プロフィール

  •  
たか・えふさん: Kiw124
ハンドル名たか・えふ さん
ブログタイトルKiw124
ブログURLhttp://hello.ap.teacup.com/kiweb/
サイト紹介文2016年6月から始まった首都圏生活もラストスパート! 現在、近“鉄分”は少なめ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/11/26 18:02

たか・えふ さんのブログ記事

  • 【近鉄】田原本線での復刻塗装車
  • 田原本線の前身となる大和鉄道(やまてつ)が、新王寺〜田原本(現:西田原本)間を開通し、本年4月で100周年を迎えたことを記念し、同線では復刻塗装車が登場している。2018年4月1日運行開始 8400系8414F(B14)820系塗装色であるマルーンレッドにシルバーのラインを入れた復刻塗装[画像]2018年7月22日 西田原本駅遠目で眺めたほうが820系っぽい!?[画像]2018年7月22日 但馬〜黒田駅間2018年7月18日運行開始 8400系8409F [続きを読む]
  • 【近鉄】リニューアルした観光列車「つどい」
  • 近鉄では観光列車2013系「つどい」をリニューアルし、三重県菰野町と連携して近鉄名古屋〜湯の山温泉間で運行を開始した。運行初日となる2018年7月14日(土)には近鉄名古屋駅ホームでの観光列車「つどい」出発式が行われた。[画像][画像]「つどい」は、2018年7月14日(土)から9月2日(日)までの土日祝を中心にイベントの臨時列車として一日一往復運行、車内でリアル謎解きゲーム「湯の山秘密鉄道と伝説の折鶴」が楽しめる。運行ダイ [続きを読む]
  • 大人の休日倶楽部パス(26k)
  • 今週末は「大人の休日倶楽部パス」を使った旅に出た。今回は北海道エリアにも足を延ばそうと思い、JR東日本・JR北海道の各路線がフリーエリアとなる「東日本・北海道」版(5日間乗り放題、26,000円)を購入。出発前には北海道周遊も検討したが、時間がかかりすぎることから。北海道は函館だけ訪れることとした。金曜日は仕事を終えたのち、東北新幹線で八戸まで行き宿泊。翌日朝から北海道へ向かう。青函トンネルは今年開業30周年 [続きを読む]
  • 【西武】電車フェスタ2018
  • 2018年6月2日(土)西武鉄道武蔵丘車両検修場で開催された「西武・電車フェスタ2018」へ西武池袋駅から快速急行飯能行(池袋8:25発、飯能9:16着)に乗車、飯能駅到着後はそのまま検修場への特別運行。飯能駅からの方向幕は「臨時」[画像][画像]検修場内の臨時改札口はICカードにも対応[画像]武蔵丘車両検修場は自然豊かな山間の高台にある[画像][画像][画像]グループ会社である近江鉄道100形のカラーリングを模した101系電車の先 [続きを読む]
  • 【京急】ファミリー鉄道フェスタ2018
  • 本日は京浜急行電鉄?久里浜工場で開催された「京急ファミリー鉄道フェスタ2018」へ出かけた。京急久里浜駅までは東京メトロと東急東横線を乗り継ぎ横浜駅から京急を利用。「快特」という非常に便利な優等列車が高頻度で運転されている。[画像][画像]京急といえばカラフルな車両群。恒例の車両撮影用の展示。[画像][画像]鉄道友の会「ブルーリボン賞」「ローレル賞」を受賞した車両も展示。[画像][画像]保存車両[画像]そして旧1000 [続きを読む]
  • 【東京メトロ】全線乗車へ最後の区間
  • 東京メトロ(東京地下鉄株式会社)は地下鉄9路線195.1?を有する大手民鉄。地方の大手民鉄でさえ総じて輸送人員が減少しているなか、東京メトロの各路線の輸送人員は増加傾向が継続、積極的な設備投資を続けており、その取り組みは趣味的にも興味深いものが多々ある。私が通勤で利用している東西線は東京メトロの中でも最大の混雑率と言われており、目下、混雑区間においてホームおよび線増工事(南砂町駅)や折返し線設備整備工事 [続きを読む]
  • うまし うるわし 奈良「円成寺編」
  • JR東京駅の日本橋口には垂れ幕タイプの「うまし うるわし 奈良」のポスターが目につく。[画像]JR東海が奈良の観光をPRする「うまし うるわし 奈良」キャンペーンでは、これまで東大寺、薬師寺、法隆寺、春日大社など超有名観光地が取り上げられることが多かったが、今春は「円成寺編」がポスターやテレビ、ウェブサイトで展開されている。JR東海公式サイト「円成寺(えんじょうじ)」は、奈良市忍辱山町(にんにくせんちょう)にあ [続きを読む]
  • 【近鉄】特急停車駅を巡るスタンプラリー
  • 近鉄特急運転開始70周年記念キャンペーン「特急停車駅を巡るスタンプラリー」が、平成30年3月1日(木)〜5月6日(日)を実施期間として企画された。定期列車として特急が運転されている路線を5つのエリアに分け、それぞれのエリアの停車駅2駅もしくは3駅のスタンプを集める「エリアコース」と、主要停車駅28駅のスタンプを集める「チェレンジコース」が設定された。なお、「エリアコース」の対象駅は「チャレンジコース」の対象駅 [続きを読む]
  • 【東武】通勤型車両による長距離・長時間乗車
  • 東武鉄道は、GWにあわせ通勤型車両6両による伊勢崎線・日光線直通の臨時列車を運転運転日は、2018年4月28日(土)〜30日(月・祝)、5月3日(木・祝)〜6日(日)運転区間は、浅草(8:52発)〜東武日光(11:40着)、東武日光(12:00発)〜南栗橋(13:19着)始発駅である東武浅草駅[画像]初日28日の臨時列車は、区間急行として浅草駅1番線に入線した10030系11660Fが、東武日光まで折り返し運転する[画像]本列車の停車駅(下り)( [続きを読む]
  • 2018年 鉄道友の会ブルーリボン賞・ローレル賞候補
  • 今年の鉄道友の会ブルーリボン賞・ローレル賞の投票用紙が届いた。例年になくクオリティの高い面子で、贔屓の近鉄には該当車両がないため投票は悩むところ。・JR東日本 E353系・JR東日本 E001系・JR東日本 EV-E801系・JR貨物 DB500形・東武 500系・東武 70000系・西武 40000系・京王 5000系・東京メトロ 13000系・東京都交通局 320系・横浜市交通局 3000V系・JR西日本 87系・JR西日本 35系・京阪 8550形・JR四国 26 [続きを読む]
  • 近鉄生駒線終電への接続
  • 平成30年3月17日(土)、近鉄やJR各社でダイヤ変更が実施される。近鉄が発行する近鉄時刻表の表紙は、南大阪線・吉野線で運行されている観光特急「青の交響曲(シンフォニー)」[画像]近鉄生駒線は、2017年に発生した台風21号の影響による特別ダイヤが継続される。[画像]終電の繰り下げが実施される近鉄生駒線への主要駅から接続する時刻・列車を調べてみた。<平日ダイヤ>■下り最終列車(生駒23時57分発→王寺0時23分着)への接 [続きを読む]
  • 鉄道会社企画スタンプラリーあれこれ
  • 首都圏勤務もあと数か月。時間がある休日には鉄道に乗車するため、鉄道会社が企画するスタンプラリーを楽しんでいる。一日で周りきれるスタンプラリーもあるが、なかなか手強かった2例を紹介したい。●東京メトロ 「駅から始まるさんぽ道」2nd Season2017年4月から2018年3月までの1年間に渡って、毎月、「駅と街をめぐるスタンプラリー」東京メトロの駅を起点として周辺のポイントを3か所めぐってスタンプを集めるというもの。 4 [続きを読む]
  • 大人の休日倶楽部パス(15k)
  • 先週末はJR東日本の「大人の休日倶楽部パス」を利用したひとり旅。連続する4日間、JR東日本エリアの全路線が乗り放題というもの。[画像]1月26日(金) 仕事を終え一旦社宅に戻ってからスタート!東京から上越新幹線 E4系「Maxとき343号」 で新潟へ[画像][画像]1月27日(土) 新潟から E653系「いなほ1号」 で秋田へ[画像][画像]秋田からは E751系「つがる3号」 で青森へ[画像]青森からは本州最北端のJR大湊線「下北駅 [続きを読む]
  • 3月17日からの近鉄生駒線ダイヤ変更
  • 近鉄は昨日、3月17日(土)からのダイヤ変更を発表した。昼間時の京都線特急(京都〜奈良、京都〜橿原神宮前)の併結運転の取り止め、大阪線、名古屋線の急行停車駅の追加、一般列車の最終時刻の繰り下げなどが主な内容となっている。生駒線では生駒23時36分発(土・休日23時34分発)王寺行き最終列車を23時57分発に変更し、発車時刻を21分(土・休日23分)繰り下げられ、大阪難波23時25分発奈良行き急行が生駒線への最終連絡する [続きを読む]
  • 11月6日からの近鉄生駒線ダイヤ変更
  •  近鉄生駒線において、沿線住宅での土砂崩壊の復旧工事が着手できないなか、当該被害現場での徐行運転を踏まえたダイヤが11月2日(木)夕方に発表された。すぐにでも新ダイヤで運行したいところだが一定の周知期間を設けて、利用者の多い平日ダイヤ初日である11月6日(月)からの変更としている。[画像] 生駒線のダイヤは平成6年3月のダイヤ変更(生駒〜萩の台間から生駒〜東山間へ運転区間延長等)以降、「生駒〜王寺間1時間あ [続きを読む]
  • 近鉄生駒線の今後の運行について
  • 平成29年10月22日(日)から23日(月)にかけて近畿圏を襲来した台風21号は、近鉄生駒線竜田川〜勢野北口駅間の住宅地での土砂崩壊という被害をもたらし、22日(日)深夜から近鉄生駒線のダイヤが大きく乱れている。23日(月)夜から生駒〜東山駅間での区間運転、25日(水)夕方からは生駒〜王寺間で運転が再開されたが、土砂崩壊区間の抜本的な改修が完了していないため、被災区間は最高時速15?の徐行運転を余儀なくされている。 [続きを読む]
  • SL大樹運休によるDL大樹
  •  本年8月10日より東武鉄道鬼怒川線(下今市〜鬼怒川温泉間)で運転が開始されたSL大樹。東武鉄道としても大々的にプロモーションしていることもあり、日光・鬼怒川エリアの観光資源の一つとして育ってきていると思われるが、1台しかない機関車の不調により幾度かの運休を余儀なくされている。 9月3日、10月1日に続き、10月21日〜23日もSLによる運行を取りやめ、ディーゼル機関車が客車を牽引することとなった。ディーゼル機 [続きを読む]
  • JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ(10k)
  •  JR西日本は会社発足30周年を記念し、2017年9月1日(金)から「JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ」を枚数限定で発売。JR西日本全線の新幹線・特急・普通列車が2017年10月の土曜日・休日に、JR西日本全線の新幹線・特急・普通列車の普通車自由席が1日乗り放題。販売金額は大人10,000円という格安きっぷである。 1利用日あたりの発売枚数は3,000枚で、利用日の1か月前の朝5時30分からネット申込(e5489)での争奪戦を制し、10月1 [続きを読む]
  • 近鉄特急運転開始から70年
  • 近鉄特急の歴史は、1947年(昭和22年)10月に一日2往復の名阪特急の運転開始にさかのぼる。この年の年末には、大阪上本町発名古屋行きが「すずか」、名古屋発大阪上本町行きに「かつらぎ」の愛称が設けられた。当時の大阪線は標準軌、名古屋線は狭軌であったため、大阪線は2227系、名古屋線は6301系により伊勢中川駅で乗り換えする形で名阪間を繋いだもので、当初の所要時間は4時間3分だったそうだ。今年で名阪間の定員制特急の [続きを読む]
  • 箱根登山鉄道(まずは下見)
  • 関東圏で思い浮かぶ観光地のひとつ「箱根」に行ってきた。とはいえ時間と予算の関係で下見の意味合いが強い乗り鉄。箱根登山鉄道の入り口である小田原駅へは、都心からは新幹線や東海道本線、そして小田急電鉄を利用することができ、同駅での小田急から箱根登山鉄道への乗り換えはスムーズである。[画像][画像]また小田急は有料特急列車が箱根登山鉄道の箱根湯本駅まで乗り入れている。[画像][画像]箱根湯本駅でさらに車長の短い登 [続きを読む]
  • 50歳の特権
  • 先月、満50歳という年齢を迎えた。真っ先に申し込んだのがJR東日本の「大人の休日倶楽部」[画像]JR東日本・JR北海道線のきっぷが5%割引(50歳以上)になるという特典のほか、期間限定の「大人の休日倶楽部パス」を利用することができる。この乗車券はJRが取扱うフリーパスのなかでも最強ではなかろうか。利用期間は年3回の指定された期間のみ。ちなみに2017年度は以下のとおり。 [第1回]2017年6月22日(木)〜7月4日(火) [第 [続きを読む]
  • 嵐電 妖怪列車
  • お盆の夏休みを利用した嵐山への一泊旅行。嵐山のホテルで夕食後に外出、夜間にブラブラすることは初めて。京福電気鉄道嵐山駅を覗くとレトロ列車が到着。さらに改札口に向かうと「幽霊列車」なるイベント列車であった。京福電鉄嵐山線(四条大宮〜嵐山)での幽霊列車は毎年8月の週末を中心に運行されており、今年は8月11日(金)〜15日(火)のお盆期間に運行された。[画像]料金は通常運賃と同じ片道大人220円。貸切列車なので途 [続きを読む]
  • 青春18きっぷでの帰省
  • ただいま夏の青春18きっぷの適用期間でもあり、千葉から奈良への格安帰省を試みた。ご存知のとおり同きっぷは、様々な制限があるものの、5回分で11,850円、JR全線が乗り放題という破格な料金。例年「乗り鉄」だけだと5回分を持て余すことが多いが、今回は「帰省」という目的をもって利用してみた。新幹線や特急に乗車できないため片道10時間以上かかり、過度の疲労を蓄積するようなことになれば元も子もない。とはいえ、これまで経 [続きを読む]
  • 湯の山温泉サマーライナー2017
  •  夏の湯の山地域の活性化を図るため地元の菰野町や観光協会等の協力のもと、近鉄名古屋駅から近鉄湯の山温泉駅とを往復する臨時特急「湯の山温泉サマーライナー」が今夏も運転される。 今年で10回目となる「湯の山温泉サマーライナー」は7月15日(土)から8月19日(土)までの毎週土曜日と8月11日(金・祝)の計7日間で1日1 往復 計14本の運転となる。この日のサマーライナーには新塗装化された22600系(AT61)2両が充当さ [続きを読む]
  • 会津若松駅で出会った2台のSL
  • JR東日本磐越西線会津若松駅でSLまつりが開催された。同駅前広場では各社のブースがあったり、ステージプログラムが用意されていたが、メインイベントは東武鉄道のSL「大樹」(C11−207)が同駅構内に展示され、JR東日本が運行している「SLばんえつ物語」(C57−180)と並べるというものだった。[画像][画像]2台のSLが並ぶのはSLばんえつ物語が同駅に到着・入線する13時35分から出発する13時45分までの約10分間。この貴重な並びを [続きを読む]