風城しん さん プロフィール

  •  
風城しんさん: 風城ひとりごと
ハンドル名風城しん さん
ブログタイトル風城ひとりごと
ブログURLhttp://fengchengshin.blog.fc2.com/
サイト紹介文台湾駐在のオジサンのひとり言。台湾、歴史、政治、ゴルフ、自転車、文化、酒等暇のつぶし方を語る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供356回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2011/11/26 22:14

風城しん さんのブログ記事

  • 温かいオニオンスープが飲みたい
  •  12年目に入った単身赴任生活、朝食をしっかり摂ることは、とても大事なことだとずっと思い続けている。朝はパンやご飯の主食を摂らないので、卵料理一品と牛乳(あるいは飲むヨーグルト、野菜ジュースなど)で済ますことが多い。食後にハンドドリップのコーヒーを淹れて、デザートに季節のフルーツまたはヨーグルトが定番だろうか。 このところ、やけに寒い日が多く、とっても冷たい牛乳は飲みたくない気分で、粉末のスープの買 [続きを読む]
  • 口内炎アラート
  •  唇の裏側が何か痛いので、鏡を見るとどうやら口内炎ができているようだ。口内炎など久しくできていないので、ネットでなんで起きたのか調べてみると、野菜(ビタミンB2)が不足しているのか、概ねストレスが原因とある。考えてみれば、少なくとも平日はフルタイムで働いているのに、休みの日に1日ゆっくりと休んだことなど記憶がない。このところの予定を見てもゴルフ、博物館、BBQ、トレッキング、ドライブ&写真撮影(何もない [続きを読む]
  • ガスってる《栗駒山》
  •  GPVであまり天気に恵まれない週末とは知りながら、じっとしていられない性(さが)の私、宮城県・岩手県にまたがる栗駒山トレッキングに行く。(10月14日撮影) 朝6時過ぎにはスタート地点のいわかがみ平(標高1113m)の駐車場に約2時間半ほどかけて到着、気温は7℃ 終始ガスっていて、かろうじて下の眺めが見えた瞬間 山頂(標高1627m)に8時過ぎには到着、風が強く寒くてたまらず、お湯も沸かす気にもなれずチョコレート [続きを読む]
  • ピンボールな会社人生
  •  私とは別の宮城県内の関連会社に出向していた人が本社に戻るというので、今週こじんまりとした送別会を催した。彼とは一時期、本社のある部門で共に過ごしたのだが、彼はその本社の職場の前にカナダの子会社、その後は中国・上海の子会社、その後本社に戻れず今度はタイの子会社、しかもタイの中で二つの会社を経て、やっと久々に日本に戻れたと思ったら本社ではなく宮城に来たという経歴を持つ。 彼の経歴をたどりながら、つい [続きを読む]
  • 色付く欅(けやき)
  •  朝晩はすっかり冷え込み、今週は最低気温が10℃を下回るこの頃、わざわざ遠くに行かなくても近くでも始まっている「紅葉」、勤務先にある大きな欅の木、葉はすっかり色付いています。 でも、週末はどっか紅葉名所に行きたいなぁと強く思っています。(週末編、乞うご期待) [続きを読む]
  • サイドウェイ
  •  日本で初めてのワインリゾートが八ヶ岳にお目見えしたという新聞記事(日経電子版)に、この先駆者的存在であるアメリカ・カリフォルニア州のナパバレーの景色ふんだんの『サイドウェイ』(米、2005年)という映画の話が載っており、久しぶりに映画が観たくなる。 冴えない中年男の「サイドウェイ」な(寄り道ってことでしょうか)二人旅、ネガティブ思考のハゲでちょっとお腹のでた主人公、女好きでおバカのしょうもない友だち [続きを読む]
  • 国宝アプリ
  •  先日「運慶」を観に行った東京国立博物館に関することをネットサーフィンで調べていたら、下のアプリを偶然発見。 独立行政法人国立文化財機構の公式アプリとしてリリースされた国宝と重要文化財の解説アプリ『e国宝』 「トーハク」(東京国立博物館)だけでなく、自分が行ったことがない京都、奈良、九州各国立博物館の、いろんなジャンルの国宝や重要文化財を、自宅に居ながら座ったまま、手持ちのスマホやiPad上で見える時 [続きを読む]
  • モチベーションを維持するのが難しい
  •  ゴルフの宮里藍が引退会見で「モチベーションを維持するのが難しい」と語ったのは記憶に新しい。日米で20勝以上勝っている彼女と比べてはいけないのだが、平凡なサラリーマンだった自分にだって、モチベーションが妙に高くて、仕事に没頭している時期があったと思う。それは自分が持つスキルと、挑戦している課題がうまい具合に釣り合っていたのではないか。(課題の難易度が高いと挫折する、難易度が低いと退屈だ) ところが、 [続きを読む]
  • 庭BBQパーティー
  •  子どもたちが小さい頃はよく行ったキャンプ、最近はすっかりご無沙汰気味で、今シーズンも1ヶ月ほど前に行った田貫湖「弾丸ツアー」キャンプ1回きりだったりする。それではと、手近なアウトドア、自宅の庭に友人夫妻、息子を招いてのBBQパーティーと相成る。 BBQには好適のいつになく暖かい日だったこともあり、明るいうちから戸外で飲むは飲むはビール5.5リットル、ワイン2本、ウィスキー・・・身体が気怠い晴れた朝を迎え [続きを読む]
  • 何気なくススキ
  •  先週は「中秋の名月」、この言葉から浮かぶイメージは団子とススキだろうか。せっかく神奈川の自宅に帰っているのだから、ススキの名所である「箱根仙石原」でも行けばいいのだが、野暮な用があって行く時間がない。 自宅近くにある雑草ばかりの遊休地、久しぶりに秋の日差しが強い中で、まだ新緑色の葉の樹々をバックにススキの穂が光っている、秋本番です。 [続きを読む]
  • 「運慶」を観に行く
  •  今回の3連休、本当はどこでも紅葉を観に行きたいのだが、あいにく天気は写真を撮るには相応しくなさそうだ。こうなれば、インドア系の愉しみ、前々から観に行こうと思っていた東京国立博物館で始まったばかりの「運慶」展(9/26〜11/26)に行くことにする。土曜日の午前中には到着したのだが、入場待ち時間こそないものの、どの展示物の前も人だかりがすごい。今晩もNHK/BSで特集番組(10/7 19:00 「仏像ミステリー 運慶とは何 [続きを読む]
  • 短期記憶がどうもアカン
  •  今朝、出勤前にスマホをどこかに入れたはずなのだが、思い出せず、しばし探すのに時間がかかってしまう。結局、会社に行くカバンのポケットに入れていたのだが、1時間も経っていないはずなのにこれを忘れる。マズイぞ! 確か「短期記憶」という言葉を使いブログを書いたはずだと(長期記憶はしっかりしているようだ)、ブログ内検索してみれば先月中旬にも同じようなことしている。 まあ、こんなことはよくあるさとさらりと流 [続きを読む]
  • プロ写真家は辛い
  •  勤務先のホームページ制作のための写真を撮りにプロの写真家がやって来た。建屋の外観写真であったり、ある組織の集合写真、一人のポートレート写真など様々な写真を撮っていく。一人は助手なのだろう、二人で重たい機材を運びながら、セッティングをしながら順次、限られた時間で撮っていく。アマチュアとして写真撮影をしている私は彼らが持っている機材が気になり、どのレンズを使っているのか、どういう設定でシャッターを押 [続きを読む]
  • ローマで給水制限?
  •  購入している唯一の「紙の雑誌」である『文藝春秋』の十月号を読み出している。巻頭にあるエッセイ、特に塩野七生さんのものがもっともお気に入りだ。今月は「ローマで給水制限?」という題で、今夏ローマ市庁が言い出した1日8時間の給水制限という話(実行されたのか私は知らない)が、女史を唖然とさせたとある。二千年も前のローマ帝国時代には給水制限なんてなかったのに、なぜ今の人間にはこんなこととを防ぐ能力がないの [続きを読む]
  • 山頂の外国人
  •  先週の月山トレッキングのおり、快晴の山頂付近では数名が食事をとったりして休んでいた。今時、ありふれた観光地では外国人などちっとも珍しくはないのだが、一人の西洋人がしきりにスマホを操作しているのは流石に目立っていた。 私が休憩を終えて山頂の風景を撮ろうとポイントを探しに歩くと、やはりカメラが好きそうな彼も同じ道を行く。「どこから来たのですか」と英語で聞いてみると、何やら聞き取れない答え。「シマッタ [続きを読む]
  • 2017 初紅葉
  •  土曜日のゴルフを疲れた身体、ゆっくりまったりしていればいいのに、カメラ・バッグをクルマに放り込んで、蔵王エコーラインをドライブ、標高を徐々に上げていく。こまくさ平という絶景ポイントに駐車する。あと1ヶ月も経てば、この辺りまでは来れなくなる。(11月上旬、標高1100mより高い蔵王エコーラインはクローズドになる) こまくさ平の展望台で絶景に見とれる人々を望遠レンズにて 展望台から滝を眺める 今シーズンの [続きを読む]
  • トップは68歳
  •  昨日は勤務先の春と秋に開催しているゴルフコンペの秋の部、すごく気持ちの良い秋空のもと、社内のゴルフ好きが30数名参加する。この大会ではあるルールに基づきハンディキャップを算出して順位をつけるのだが、優勝したのは5年前ほどにリタイヤされた方、この大会には必ず参加しており、年齢は68歳になる。 この優勝はハンディキャップの幸運に恵まれただけでなく、グロススコア(本当のスコア)でも、ただ一人の70台(78)で [続きを読む]
  • 超贅沢な食事《月山》
  •  苦労して登頂した月山山頂を南側からちょっと離れて見上げる。頂上には「月山神社」があり、この少しばかり下の地点で、いささか早い(9時過ぎ)昼食、風もないこの場所で約1時間ほどゆっくり休む。 食事の場所からの眺め どんな最高級レストランでもこのような眺望はそうそうないでしょうな。(食べたものは相変わらずお湯を入れれば3分間で調理という山ごはん「リゾッタ」でしたが・・・) [続きを読む]
  • 有給休暇取得の考え方
  •  今週、平日に「月山」に行けたのは、自営業の方にはひどく申し訳ないのだが、比較的自由に「有給休暇」を取れる恵まれた立場にいるからに他ならない。企業で働いていれば、有給休暇は働く者の権利として毎年20日ほど有給休暇をもらえることになっている。しかし、多くの勤め人は、毎年もらえる20日の休日を使いきれないのが平均的な使い方になっているのではないか。 再雇用社員になって、この仕組みは基本的には変わらない。私 [続きを読む]
  • 草紅葉を見に行く《月山》
  •  参加したイベントに対して、よく「天候に恵まれて・・・」という表現を聞く。日程を自分で決められないものならともかく、自分で日程設定できるものは、「天候が恵まれる時を選べる」時代だと思っている。 前から行きたかった「月山」(山形県、標高1984m)、草紅葉のシーズンになりGPVでずっと探っていた。「この日だ」となり、すかさずポジティブ・オフ(有給休暇を取り)、月山8合目からトレッキングを始めるコースで決行す [続きを読む]
  • 飛び物撮影《仙台空港》
  •  夕方の「仙台空港」は狙っていた場所、GPV(雲の天気予報)で天気が良いことはわかっていたので、日没の1時間ほど前に空港駐車場に駐車して、初めての空港屋上の展望台(無料)へ向かう。小さな子どもを連れた家族連れが多いです。 ローカル空港にしては、結構、離着陸がある 夕陽に向かって上昇する 暗くなってからのランディング流し撮り こうした動き物って、あまり撮ったことがないですが、こういう場所で飛行機の撮影 [続きを読む]
  • 曼珠沙華祭り
  •  同じ花なのに名前が違うのはどうしてだろうかと思う。先日は神奈川の自宅近くで田んぼのあぜ道の「彼岸花」を見て、今度は「曼珠沙華」の花として、また同じ花を全く別の場所で見ることになる。(宮城県柴田町船岡城址公園「曼珠沙華祭り」にて、9月24日撮影) 夕刻の日差しが差し込んで、曼珠沙華の花の輝きがとても美しく感じるとき。 この時期、この場所では、多くの曼珠沙華の花はすでに峠を過ぎているように見える。来年 [続きを読む]
  • オバサンは強い《スタジオプログラム》
  •  出張やら宴席やらで、約2週間ぶりのフィットネスクラブに行く。日曜日の午前中というあまり来たことのない時間帯、いつも通りストレッチを始めていると、顔見知りのコーチが「スタジオに来ませんか」と誘う。どうやら彼のプログラムに参加する人が極端に少ないらしい。スタジオに行ったことがない私は「きつくないの?」と問えば、「イージーラインという筋トレ種目が多いプログラムで、文字どおり簡単ですよー」と答える。 参 [続きを読む]
  • モンベル・カード作りました
  •  今シーズンはまだ1回しかトレッキングに行っていないが、このための様々な用品やウェアを選んだりするのが好きになっている。この場合はブランドは「ユニクロ」ではないだろう、最近はリーズナブルな価格からモンベルを選ぶことが多くなっている。先日、レインウェアを買うときに、ついつい誘いに乗って「モンベル・カード」を作ってしまった。 ポイントが貯まるというのがカードを作った主な理由だが、アウトドアグッズの総合 [続きを読む]
  • 出張の合間《ヒカリエ・ランチ》
  •  最近は渋谷って行ったことがないなぁ、それなら本社出張のついでに(ただしちっとも通り道ではないのだけれど)渋谷駅で降りてみる。駅を降りて界隈の地図を見ながら、聞いたことだけはある「ヒカリエ」ってどういうところだろうと思い、行ってみることに。美味しそうな飲食店がたくさんあり、その中の一つで食べた「佐賀定食」なるメニュー。(下の写真、蓮根とイカの煮物、湯豆腐、小城羊羹など) これに限らずどっか行ったこ [続きを読む]