風城しん さん プロフィール

  •  
風城しんさん: 風城ひとりごと
ハンドル名風城しん さん
ブログタイトル風城ひとりごと
ブログURLhttp://fengchengshin.blog.fc2.com/
サイト紹介文台湾駐在のオジサンのひとり言。台湾、歴史、政治、ゴルフ、自転車、文化、酒等暇のつぶし方を語る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/11/26 22:14

風城しん さんのブログ記事

  • 山小屋からの夕景《鳥海山》
  •  これまで自分自身のトレッキング行動は安全を考えて「15時を目安に下山」(暗くなる前に下山)としていたが、今回のように山小屋宿泊ならば、その束縛から解かれる。(これが山小屋泊したかった一番の理由) 今回宿泊した御浜小屋(標高1700m)からの景色です。 夕日で赤く染まる鳥海山鳥海湖の奥に昨年登頂した月山が見える日本海に沈む夕陽、秋田県にかほ市に海岸線が綺麗に見える 山小屋の夕食はとても早くて17:30から、本 [続きを読む]
  • 昭和ノスタルジー
  • 先日の鎌倉散歩で大仏から江ノ電の長谷駅に歩く道すがら、何の変哲も無い商店に魅せられて、ついついシャッターを押してしまう。「暑かった平成最後の夏」、平成という元号すら終わろうとしているのに、生粋の昭和世代の私、なんとなくこの商店の佇まいに、「昭和」を感じたりして無性に懐かしさを覚えてしまう。この写真を見て、そんなことありませんか?(あとで調べたら、このお店は創業100年以上の精肉店だそうです) [続きを読む]
  • ポートレート・モードは使える
  • 会社支給のiPhone 8 plusはこれまでのもの(iPhone 6 plus、個人持ちはiPhone 7)と違いデュアルカメラ搭載していてポートレート・モードというのが使えるのが新しい。通常モードポートレート・モードどうだろうか、下の写真ではかなりボケがうまく処理されていて、素人目には一眼レフカメラで撮った写真のようにも見える。花と空の境界を上手くソフト処理するんだだろうが、この辺りのITの進歩は恐るべしと思う。この分野は日進月 [続きを読む]
  • 山小屋泊してます《鳥海山》
  • 今年のトレッキング目標だった山小屋泊をしている。昨夜は抜けられない宴席があり、どうしたもんだろうと思っていたのだが、「迷ったときはGO」という自作格言に従うことにした。鳥海山(標高2336m)途中の鳥海湖が見える御浜小屋(標高1700m)思った以上に夕景が美しく感動的、少々お高いビールを飲み始めました。明日は鳥海山山頂を目指します。 [続きを読む]
  • 自宅には1年で何泊しているのか
  •  長かったお盆休みが終わり、「日常」というべき、単身赴任アパートでの一人暮らし生活が始まった。自宅に帰ると「上げ膳据え膳」で何もしないグータラオジサンなのだが、単身赴任先ではなんでも一人でやる生活感溢れる暮らしをしている。ふと自分は一年で一体何泊くらい自宅で過ごしているのだろうという疑問が湧いて来た。(写真は自宅で食べた「夏野菜カレー」、TV見ながらゴロゴロしていてもこうしたものが食べられる) 平均 [続きを読む]
  • 福島第一原発近く常磐道を行く
  •  15日の朝、自宅で菩提寺の坊さんの来訪(棚経)を終えて、クルマで宮城に帰ることにする。いくら「下り」とは言え、このお盆の時期であるから、スマホで首都圏渋滞情報をチェックして道を選ぶ。圏央道は既に八王子JCTあたりで渋滞が始まっていたので、東名から首都高を目指すことにする。さしたる渋滞もなく、東北道にすんなり入れて、これならあとは空いている東北道をひたすら走ればいいという時に、この先の館林手前で事故情 [続きを読む]
  • 何年ぶりだろう《鎌倉大仏》
  • 奈良の大仏(東大寺)には数年前に訪れている。それに対して、近くに住んでいながら「鎌倉の大仏」に行った記憶がひどくおぼろげだった。小学生の時か、それ以前か、さすれば50年以上行っていないことになる。そういうわけで報国寺の次に向かったのは、いかにも鎌倉という大仏、江ノ電の長谷駅から歩く高徳院奈良の大仏よりは意外と細面の好男子、手の位置も思っていたのと違っていたりします。ここに来ている半数は海外からの観光 [続きを読む]
  • お盆休みも終わる
  • 今年のお盆休みも今日で終わる。せっかく山に行こうと山道具やカメラ一式など満載のクルマで自宅に帰って来たのに、結局のところ、変わりやすい天候のため大きなイベントがない休みになってしまった。「迎え火」をして「墓参り」、そして「棚経」16日の「送り火」以外の「お盆のルーチン」を一通りこなして、宮城の単身赴任アパートに約400km弱のドライブで帰ることにする。こんな無駄とも思えるドライブが出来るのも、心身ともに [続きを読む]
  • 暑いのに鎌倉散策《報国寺》
  • このお盆休みの旅の目的地は標高2000mを超える北八ヶ岳のハイキングのはずだったのが、一向に雨雲が抜けない天気予報で、自宅からは近場の「鎌倉散策」に方向転換することにした。「暑いのに鎌倉なんか行くことないじゃない」という家人の気だるそうな声に、それなら涼しくてハッとする所に連れて行こうと選んだのは「竹の寺」として有名な『報国寺』(神奈川県鎌倉市)、実は2年前に一人で行ったことがあった。竹林の奥には茶席が [続きを読む]
  • お盆のルーチン
  •  勤務先のお盆休みは11日から15日まで、まあこんなのが世間一般、普通なのではないかと思う。このお盆休みは自宅に帰って来て、のんびりするのが毎年の通例になっている。国内はどこへいっても激しい交通渋滞だし、海外へのフライトチケットは極端に高すぎる。 記録的に暑い今年は、暑さを避けるために標高の高い八ヶ岳(北八ヶ岳ロープウェーあたり)にでも行こうかと、クルマで山道具やカメラ一式を持って帰ったのだが、天気が [続きを読む]
  • モンベル大人買い
  • お盆の休みで自宅に帰って、家人の夏用の短い山パンツを見にモンベルショップへ行くことになった。これだけを買うつもりだったのだが、最高気温は30℃を優に超えているというのに、私自身が思わず衝動的に大人買いしてしまったのは「プラズマ®1000ダウンジャケット」という少々お高いダウンウェア。(写真、またまた赤を買ってしまいました)今シーズン、是非とも山小屋トレッキングをしてみようというのが、私の一つの趣味的 [続きを読む]
  • 音声ガイドをケチらない
  •  先日行った仙台市博物館『古代アンデス文明展』だけではないが、ミュージアム好きな私、美術館や博物館へ行くと音声ガイドは必ず借りることにしている。元々大した知識がないのだから、展示物の説明を文字で読むだけはわかりにくいこと甚だしい。その点、音声ガイドは要点を私のような素人にわかりやすく説明してくれるのだから、高い入場料(今回1500円)を払うのだったら、音声ガイド(今回500円)は必要不可欠なセットだと思 [続きを読む]
  • 日本のいちばん長い日
  •  仙台七夕の最終日(水曜日)、台風の影響で雨が降り止みそうもなく、出かけようとしていた元気が失せてしまい、久しぶりの映画観賞日ということにした。季節ごとに観る映画というのがあるのだったら、12月が「忠臣蔵」、今月8月は「終戦物」、選んだのが『日本のいちばん長い日』(2015年、原田眞人監督)、確かモノクロの同名映画の岡本喜八監督の1967年版は観ているが、このリメイク版は自分にとり初見になる。 当にどうしよ [続きを読む]
  • 星座早見板はスマホで
  •  このところ宵の口の南の空に妙に赤い(不気味に紅いというべきか)星が見える。新聞などで取り上げられている、接近している火星だとは推測がつくのだが、こんなときに夜空を見ながら確認したいときに役立つのが、私のiPhoneに入れている「Night Sky」というアプリ。 もう50年近く前、星見る少年だったころ、金属板にプラスチックの板を回す星座早見板を持っていたことを思い出した。これは動かない恒星、つまり星座などは表記 [続きを読む]
  • 海外旅行、なぜ女性が多いのか
  •  先月のキューバ旅行の帰りのフライトのことを思い出している。アエロメヒコ航空便でハバナからメキシコシティでのトランジット(乗り換え)で成田に帰る日本人は全部で8名いた。(荷物がトランジット空港で出てくるからと長い時間待っていたため、この人数は間違いないはず) パック旅行やツアー旅行はいないその内訳はカップルが2組(内1組は私たち夫婦)、女性同志の2人組、女性一人旅が2人という構成だった。つまり、8 [続きを読む]
  • 擬似海外歴史旅《古代アンデス文明展》
  •  土曜日は運動部系(ゴルフ)だったので、日曜日の天気予報が午後から雨が降るとのこともあって文化部系にしよう。全国を巡回している『古代アンデス文明展』が仙台市博物館でやっていて(仙台開催7/27〜9/30、東京国立博物館では昨年秋〜今年2月開催)、開催期間中にいつか行こうと思っていた。この日は仙台七夕まつり前夜祭のような「仙台花火」なので、この界隈の大混雑を避けて朝10時前には到着する。  インカ帝国の「マチ [続きを読む]
  • 天の川に圧倒される《刈田岳》
  •  平日にGPV(雲の天気予報)を見ていたら、どうやら金曜日の夜は晴れそうだ。土曜日はゴルフの予定なのだが、身体を動かさないのならOKだろうと、単身赴任の気ままさ退社後蔵王エコーラインを登って刈田岳駐車場へ、その後カメラと三脚を担いで刈田岳山頂(標高1788m)へ、日の入り(18:45ごろ)後、暗くなった道を歩く。目的は綺麗な天の川を撮影すること、標高が高ければ空気が清涼で、さすがにここまで来れば街の灯りも遠い。 [続きを読む]
  • 今年の夏はクレイジー
  •  今週半ばの1日に、仙台では観測史上最高気温の37.3℃を記録したことが伝えられた。関東以西の方にとっては、そんなの大したことじゃないじゃんという気温なのだが、こちらではこれでも立派なニュースになる。しかも、この高温が一週間も続くという。(写真は勤務先の欅の木を見上げて3日午後3時撮影、気温33℃ぐらいでも外に出れば、もうぐったりする) こんな暑いのに今週末は土曜日にゴルフの予定が入っていたりする。気象庁 [続きを読む]
  • ブロッコリー・スプラウト
  •  「ブロッコリー・スプラウト」という食品(写真右)をご存知だろうか。スーパーを歩くのが好きな私、野菜コーナーでカイワレにそっくりな食材(名は「ブロッコリーの新芽」ということらしい)を発見した。やたら多い民放のTVの健康番組の中で取り上げられていたことが記憶にあった。 どう見ても「健康フェチ」気味な私、がん予防効果があり、活性酸素抑制効果(つまり老化予防)もあると聞けば、買わないわけにはいかない。どう [続きを読む]
  • 会社ってアリガタイ
  •  会社勤めなどを長年していると、ついついわからなくなってしまうのだが、その会社に勤めていることの恩恵が計り知れないものがある。特に高齢になってくると苦手意識が出てくるIT関係は、その庇護が大きいことを実感することが多い。 自分自身が何年か使った会社支給のiPhone 6 plus(写真・上右)が新品の箱に入ったiPhone 8 plus(上左)へ、そしてiPad(下右)がiPad 6(下左)へレンタル品につき無償交換されることになった [続きを読む]
  • ひまわり畑に行きた〜い
  • この季節になると全国のあちこちの「ひまわり畑」に多くの人が訪れていることを、写真を撮り出してから知るようになった。ここ最近、有名どころでは遠くは北海道の北竜町(早すぎて咲いていなかった)、自宅そばでは座間市(神奈川県)などに行ったこともある。 しかしながら、私のこのところの週末の予定はなんだかだで埋まっていて、実際の「ひまわり畑」が見頃になかなかその地には行けない。代わりと言ってはなんだが、勤務先 [続きを読む]
  • 親の看取り方
  •  今週号(8/4号)の東洋経済の表紙『親の看取り方』、自分の80歳台半ばを過ぎた母のことを思い出し、ちょっとドキッとする表題になっている。還暦過ぎの自分と同年代の人たちにとって、子どもの話題と双璧なのが、親世代に対するこの手の話なんだろうが、実際にはあまり具体的には何も考えていない、行動していないというのが普通の人の実態ではないか。 重大な決定を誰に任すか、人生最後に何を大事にしたいのか、医療や介護を [続きを読む]
  • 意識して街歩き
  •  自宅から単身赴任先に帰る道すがら、1本(1時間)新幹線を遅らせれば、ゆったりと街歩きが出来る。とても暑かったこの日は、乗換駅の新宿西口の地下道を歩いてみる。新宿に着くまでの車中でどこに行こうかとスマホで事前検討していれば、スマホ・マップで迷うこともない。カメラのO社のギャラリーで写真鑑賞して、帰り道に中古カメラのM社で欲しいレンズの価格の確認のために寄ってみることにした。 フィットネスクラブで運動 [続きを読む]
  • 防災情報鳴り止まぬ
  • 久しぶりに帰って来た自宅で迎えた土曜日の午後、台風12号がこれまで見たことのない経路(ゴルフで言えば、左へ曲がる「フック」か)で関東地方に近づいている。いつもは行動的なのが自慢の私なのだが、さすがにこの天気予報では、午前中に図書館に行っただけで、時々スマホの防災情報で起こされながら、午後は自宅に籠ってまったりしている。昼寝を終えて窓の外を見れば、台風の強い風で庭の生け垣が大きく揺れている。 このと [続きを読む]
  • 写真展をハシゴする
  • 東京出張のおりに、必ず乗り換え駅として利用するのが新宿駅、この界隈にはカメラメーカーのギャラリーが数多くある。勤務先の小さなフォトコンテストに応募を始めてからになるのだが、意識して時間を作っては、こうしたギャラリー(無料)に写真展示を真剣に見に行くことが多くなっている。 人に評価される写真を撮るためには、人に評価された写真を一生懸命にひたすら多く見るのが一番だと思うからなのだが・・・・ これで実 [続きを読む]