はいから さん プロフィール

  •  
はいからさん: 知られざれし エジプトのTREE OF LIFE
ハンドル名はいから さん
ブログタイトル知られざれし エジプトのTREE OF LIFE
ブログURLhttps://ameblo.jp/lovely-sunny/
サイト紹介文エジプトで、驚きの異文化生活中 ☆ エンジェルヒーラーの不思議体験と奮闘生活をテーマにした痛快ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2011/11/30 09:04

はいから さんのブログ記事

  • ピザパン
  • 日本行が近づくと、日本でしか食べられないものが脳内に溢れてきます。その中に菓子パンがあります。日本のパン屋では様々な趣向を凝らしたパンが当然のように棚を埋め尽くしていますが、ヨーロッパでさえあそこまで華やかではありません。エジプトのパン屋は小さな工房のイメージで素朴感満載。アエーシやホットドックパン、イタリアのグリッシーニを少し太くしたような棒状のもの、フランスパン(ぱさぱさ固めが多い)などのパン [続きを読む]
  • タジン料理: モロッコ VS エジプト
  • ◆ タジン鍋 は浅い受け皿ととんがり帽子型の蓋一式の特徴ある土鍋のことですが、一般的にはこれで作った料理のことを指します。タジン鍋は日本でも売られています。添乗員時代に周ったモロッコのツアー旅行では何度もこの料理を口にした経験からモロッコの伝統料理だと思っていたら、北西アフリカの料理らしい。ところが、エジプトにも「タジン」と呼ばれる料理があります。「今日はタジンだ !」と言ってMY SCHAETZの実家から運ば [続きを読む]
  • 市販ハンバーガー
  • ルクソール西岸にはエジプト色の強いレストランが多い。それはつまり、テーブルクロスがビニールでしかも油っぽかったりするところ。その点、まだフルガダには見た目は小奇麗なレストランも豊富です。そんな理由から、ときどき利用するレストラン料理はテイクアウト専門です。器を移し換えて盛り付けてマイサラダをつければ☆MY SCHAETZはプライベートボートをできるだけ近くまで乗りつけて東岸まで買いにいくほどにMcDonald‘sが [続きを読む]
  • 酔っ払いの鍵騒動 #3
  • ◆ 信用の薄いエジプト人の夫 、◆ 酔っ払いの鍵騒動 #1 & #2 からの続き鍵騒動がひと段落した数日後、シーツの換えが欲しいと言うので外出前にMY SCHAETZにもっていってもらいました。我が家の扉の前で車のキーなどをもって待っていると、MY SCHAETZがインターホンを鳴らしたあとすぐに「鍵、鍵・・・」とあわてた声が部屋の中から聞こえますが、なかなかドアが開きません。昔、職業柄、毎夜4☆5☆ホテルに泊まっていたときに気 [続きを読む]
  • 酔っ払いの鍵騒動 #2
  • ◆ 信用の薄いエジプト人の夫 、◆ 酔っ払いの鍵騒動 #1 からの続き部屋の鍵穴に差し込まれた玄関の鍵が抜けなくなってしまうという騒動が解決したあと、元凶のエジプト人夫は、「玄関を開けて欲しい」と深夜に再び我が家へやって来ました。少し曲がった玄関の鍵はMY SCHAETZが修理して機能するか確かめた上で渡したはずです。「さっき、玄関の鍵も渡したでしょ ?」「もらってないよ」彼の手には各部屋を見分けるためのキーホルダ [続きを読む]
  • 酔っ払いの鍵騒動 #1
  • ◆ 信用の薄いエジプト人の夫 からの続きチェックインをした2日後、エジプト人夫が我が家の呼び鈴を鳴らしました。ドアを開けてみると、鼻の下に白髭 ?!いや、口幅より長い白帯のようなものが鼻下に張り付けてあって上唇は見えません。私の第一声は「えっ、どうしたん、それ ?」「いや、ちょっと・・・」イギリス人ツーリストワイフの嫌がっていた彼の友人を部屋に引き入れた結果か ?と思ってもそこまで立ち入っては聞けないから、 [続きを読む]
  • 信用の薄いエジプト人の夫
  • ルクソール西岸にある我がヴィラ内の貸アパートSUNNY NILEはいまだにネット予約を取り入れていないにしては紹介・口コミで順調に稼働しています。1か月の予定で滞在しているエジプト人男性とツーリストワイフであるイギリス人女性のペアは、MY SCHAETZの実家近くのある人の紹介。女性はイギリスから直接MY SCHAETZに電話やSMSでのやりとり数回。① アパートの写真を送れ② フルガダからルクソールまでの車の手配はできるか③ 夫の [続きを読む]
  • 次はオレンジ
  • 全体的に気温が下がってきているこの頃で、日によってはエジプト人にはもう冷房は必要ないぐらいです。しかし、私にとってはまだ暑くて冷房の設定温度を最高にしても入れっぱなしだと冷え過ぎ、入れないと暑いといったところ。これまでは少し動いただけであっちっち〜でエジプト人の方が熱さに免疫あるだろという理由でMY SCHAETZ任せでしたが、夕刻の涼しいときに久々に◆ 水やり をしました。1か月ほど前に庭掃除に人を雇ってき [続きを読む]
  • エジプト航空復活、でもねぇ・・・
  • かつては就航していた日本行エジプト航空。関空、成田行きの2路線がカイロ関空成田カイロ路線1本に変わり、それでも週数回は運行されていました。大阪の事務所が閉鎖され、日本路線の撤退と共に東京の事務所もなくなりました。そして今年の6月、エジプト航空の成田線復活の朗報☆10月28日から ←注意 !!! 日本着が29日 !!!週1便で運航予定だそうです。一か月ほど前、今年の日本行を検討するのに様々な航空会社を模索しました。以前 [続きを読む]
  • ハッジ騒動 #3
  • ◆ ハッジ騒動 #1 & #2 からの続き今年の◆ ハッジ ツアー出発の1週間前に急遽追加の抽選が行われ、義父は最後の一席を勝ち取りました。急に決まった第二陣は飛行機の都合で第一陣に一日遅れで出発。空港出発の様子を写真でみると、白装束でハッジに行く人と見送りの人々でごった返して盛大な送り出しでMY SCHAETZは自分の携帯電話をもっていない義父に携帯電話を持たせて同じ村から行く人々に託したのでした。1週間目はほぼ毎日、 [続きを読む]
  • 鏡の国のペプシ
  • ルクソール観光のひとつでもある東岸(通称city)のスーク大通りから少し脇道に入ったところにあるNefertiti Hotelはトリップアドバイザーにも掲載されています。ホテル横のカフェは同ホテルの経営でレトロな雰囲気の小さな通りで濃いトルココーヒーなど飲むとアラビアンな世界にタイプトリップ ☆でも、そこで変なものを見ぃ〜つけた !!エジプトのプッ、プッ、プッ〜(笑)ものでこれはレアかも ?!ペプシの業務販売用店頭ケースの裏 [続きを読む]
  • ホワイトクッキー
  • ルクソール西海岸のフェリー発着所から王家の谷へ向かう大通りより少し外れた裏通りにお気に入りの手作りパン屋があります。フワフワなミニバケット型のパンは比較的簡単に手に入るけれど、そのパン屋にはエジプトではめったにない外側が固く中がソフトな細長いフランスパンがあります。ほかにもエジプトのデザート◆ ウンム・アリ や数種類のクッキーがあって日本の昭和の田舎の駄菓子屋的な雰囲気のお店。話は変わって、エジプト [続きを読む]
  • 手すり掃除の仕方は叩きつけ
  • 我がヴィラは3階建てで吹き抜けになっており、各部屋の玄関ドアや階段がすぐに砂まみれになります。時期によっては風で飛ばされてきた焼き畑の燃えカスや落花で悲惨な状態に★今や、ほぼ24時間冷房下で快適な暮らしをしている私によって冬ならまだしも、夏に動くとすぐにダウンです。そこで、MY SCHAETZが不定期に妹や従姉妹たちを2人一組で送り込んできて階段、ロビー、貸部屋を磨き上げてもらいます。貸し部屋のTVで音楽番組を大 [続きを読む]
  • ナツメヤシ
  • ◆ ナツメヤシ の熟した実を乾燥させたものはエジプトではお土産としても売られています。カロリーは高いけれど鉄分、ミネラルやビタミンを含む栄養価は評価に値し、砂漠民族にとっては重要な食料です。断食月の日没後、空っぽの胃にはまず甘いものを少し取りますが、その代表的なもののひとつが ←ほかにはマンゴージュースとかナツメヤシ。蜂蜜の甘さをもっと甘くした味は強烈で普通のチョコレートも一度に沢山は食べられない私 [続きを読む]
  • ハッジ騒動 #2
  • お詫び: MY SCHAETZが言い間違えたのか、私が聞き間違えたのかは定かではありませんが、ハッジ騒動 #1で記述した格安ツアーのツアー費用が一桁間違っていました。よって、記事に修正を加えています。********************************************************◆ ハッジ騒動 #1 からの続き「おい ! すぐに☆☆に来い !」「えぇー、今日は疲れたからもう寝るぅ」コーンの刈入れが終わり、その事後処理など連日畑仕事で大忙しであっ [続きを読む]
  • ハッジ騒動 #1
  • Webのフリー百科事典ウィキペディアでは◆ 「ハッジ」 とはイスラム歴12月初旬にイスラム教の総本山であるサウジアラビアにあるメッカ巡礼のこと。時期外れの巡礼も可能だけれど、イスラム教徒に課せられた◆ 五行 にはならない。必然的に12月は世界中からやってくるイスラム教徒でごった返すためにサウジアラビア政府は巡礼ヴィザの発給数を国ごとに制限しています。財力のある人は個人的に申し込めますが、政府お墨付きのハッジ [続きを読む]
  • LUXOR RESORT
  • もう3か月ほど前の私の誕生日にランチデートのために町中に出掛ける途中の話です。車で西岸から東岸へ行くには少し上流にかかる橋を渡ります。あと少しで東岸に着くというところで上流の岸部のあるところがずっと気になっていました。橋を渡り終えたところで左折して繁華街方面に向かわず、急遽右折してもらいました。MY SCHAETZと出会ったころまだフルガダに住んでいてカルナック神殿脇のプロジェクトを手がけていたときに私がル [続きを読む]
  • 「冷やし飴」もどき
  • 日本で言うところの「料理の素」はエジプトでも存在します。たとえば、煮込み料理には数種類の味がありますが、要は使用香辛料の種類と配合の違いだけでそう大差ないと思います。更に、形のままのゲローブやカルダモン、ローリエなどを加えますが、最近は時間のかかる料理をしておらず、MY SCHAETZはカルダモンがお好きではなかったのをすっかり忘れていました。◆ カルダモン紅茶 をお試しで飲ませてみると、案の定、ダメでした★ [続きを読む]
  • 太ってビュ〜ティフル
  • MY SCHAETZの兄弟姉妹のうち、男性2人(MY SCHAETZと義弟)とは英語での意志疎通が普通に可能だけれど女性たちとはなかなか苦労します。一番下の妹は大学まで行ったこともあり、聞けばわかる英単語数が他の人より多くて比較的楽とはいえ、それでも結構疲れる★反面、女性視点からのエジプト人の見方考え方は面白い。久々に会ったときには「あっ、はいからさん太ったね !ビュ〜ティフルになった !!」語彙の少なさから「美しい」とい [続きを読む]
  • The Mummy 呪われた砂漠の王女
  • 古代エジプトの話から始まる映画◆ 「The Mummy 呪われた砂漠の王女」 が本日から日本で公開です。権力争い、呪術、おぞましい刑などホラー的に古代エジプトの出来事を捉えてそれを現代という延長上にアドベンチャーミステリーとして表現、さらには主演がトム・クルーズであることからアクション的要素も盛り込まれている模様。「The Mummy」という原題は◆ ザ・ミイラ伝説 で紹介した過去の映画「ハムナプトラ」シリーズを思い起 [続きを読む]
  • 「CD-R」探し
  • ◆ 我が家の音響システム を使って料理をしながら音楽を聞きます。PC内に集めているお気に入りのアニソン(アニメソング)をCDに移そうと思いました。ところが、今までは写真とドキュメントの保存でCDを使うぐらいで、あとで書き換えができるように「CD-RW」しか持っていません。音楽を保存しようと思ったら「CD-R」でないとできないらしい。 ←PCがそう表示した !ルクソールには日本のような大型家電店がありません。コンピュータ [続きを読む]
  • 我が家の音響システム
  • TVドラマのロケにもよく使われる日本の某温泉旅館では小型の音響システムである◆ BOSEの「Wave museic System」 が各部屋に備わっていました。この存在は知っていましたが、実際の音は聞いたことがなくてここに泊まった時に始めて聞きました。文字のごとく、湧き出た音が波のように空間を包み込むようで家に居ながらにしてコンサートホールで響くような音色を体現できます。BOSEというブランド名と質の良さでは群を抜いて◎ドイ [続きを読む]
  • 枝垂れマンゴー
  • マイガーデンの二代目マンゴーの樹はまだ若くて幹が細いのに沢山の実をつけて支え棒をしても枝先の重い実が地上に着地するぐらい枝垂れています。「枝垂れ桜」や「枝垂れ柳」のマンゴー版で「枝垂れマンゴー」なんて、なんとピッタリなネーミングなのでしょう。はいからさん造語ですが、自画自賛☆野菜くだもののスーク(市場)で「今マンゴーの季節なのにここ最近スイカばっかりだったから、マンゴー買ってきて !」と買って来ても [続きを読む]
  • 車刑務所 !!!
  • この事件はフルガダに住む義弟に起こったことです。*******************************************************昨年の10月、契約している旅行会社の依頼を受けて自分の車に旅行者を乗せてフルガダからカイロまで走りました。途中数か所に検問があるのですが、その日は運悪く念入りに調べられて自家用車に旅行者を乗せて長距離走行という違反に引っ掛かったのでした。観光目的で訪れている外国人を申請していない車に乗せることは政 [続きを読む]
  • ラマダン好きかも ?!
  • 今年の断食月ラマダンが終わりました。昨年のラマダン時期は日本で過ごしたので、2015年末にこのヴィラに引っ越してきてからルクソールで迎える始めてのラマダンでした。明け方に寝て昼過ぎに起きるというエジプト人のラマダンサイクルのような生活を普段からしており、昼間の断食はしなくても私の生活自体には全く支障がありません。でも、ひとつだけいいことがありました☆週に1〜2回MY SHCAETZの実家から届いていた食事が週2〜3 [続きを読む]