kubojo さん プロフィール

  •  
kubojoさん: 窪田テニス教室
ハンドル名kubojo さん
ブログタイトル窪田テニス教室
ブログURLhttps://ameblo.jp/kubota-workshop/
サイト紹介文テニスに限らず動き全般について私の考えを載せています。内容は指導者向けかもしれません。
自由文指導法に悩んでいるテニスコーチには、参考になるかもしれません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供288回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2011/12/03 21:49

kubojo さんのブログ記事

  • スポーツ用品にセンサーをつけるなら
  • ボールの回転量、回転方向、速さ、スイートエリアで打っているかどうかというのは、その場で見れば大体わかります。でも、力の入れ具合、体重の乗せ具合というのは、見てもわからないと思います。(私はわかりますが)このようなセンサーがあれば一般テニスコーチの役に立つかもしれません。 [続きを読む]
  • スピンサーブの跳ね具合
  • まずは、この動画でやっている程度の軽い動きで、スピンの当て方を練習してください。ある程度ボールが跳ね上がるようになったら、足の曲げ、胸の張りを息が止まらない程度に使ってください。実際のスピンサーブはあまりボールの軌道を高く打ち上げません。普通に打つと高くなり過ぎるので、斜め下に叩き込むよう打ちます。 [続きを読む]
  • フォアハンド 三角形と逆三角形
  • 三角形のスイングを初級から中級までのレベルの人がやると、かなりの高確率で(ラケットを落としてバックスイングした勢いで)ラケットヘッドが身体の後ろ側に流れます。ラケットヘッドが身体の後ろに流れない人は上手く打てることがあります。どうして流れないのか?これは足の踏ん張りに関係します。筋力があるということ。そして、ラケットが一旦上がる引き方も、足の動きが関係します。この足の動きがラケットの上がりを意識さ [続きを読む]
  • まずは必須の動きから
  • フォワードスイングで身体をネット側にターンさせずに打球できるかどうかは、正しい腕の動きをしているかの判断材料になります。怪我の予防にもなる。より厳しい状況を考慮するのが大事。これがないと、正しい動きが見えません。練習の仕方も見えてきません。 [続きを読む]
  • テニスコーチという仕事
  • ほとんどのテニスコーチは、「テニスを教えたい」と思ってテニスコーチになったでしょう。でも、実際は、ほとんどテニスを教えていない(私からすると)。テニスをやって楽しませているだけ、たくさんボールを打たせているだけが多い。それらを否定しているわけではありません。それらが目的の生徒がたくさんいますから。ただ、それらと「動きを教えるコーチ」はまったく違う。動きを教えるコーチになるための勉強についての内容は [続きを読む]
  • サービスリターンについて
  • 過去動画「フォアの早いタイミングでの打球」サービスリターンができない(遅れる)という人は、まずはこの動画での壁打ちの練習をしてください。バックも同じタイミングで。このタイミングで打てるようになれば、リターンできる確率はかなり上がると思います。 [続きを読む]
  • フォアのフットワークについて
  • 正しいスイングは、足の動きを制限しません。フットワークで悩む人は100%に近い確率で、スイングが悪いです。バックスイングが遅かったり、2度引きしたり、円を描いたり。まずは3割3割のスイングを練習してください。できるようになると足と呼吸が自由なのがわかると思います。 [続きを読む]
  • ボレーとスマッシュの力の入れ具合 壁打ちでスマッシュの練習
  • 壁に対し身体が正面を向いたままで、地面にボールを叩きつけるスマッシュ(連続で)をしている人は多いです。これは練習にはならないです。状況をよく考えるように。それから、「スマッシュ=最後の一発=力を限界まで振り絞る」という考えの人は多いです。(そう考えてなくても、そう見える人は多いということ)「スマッシュで相手を動かして、ドロップボレーでシブく決めようかな」ぐらいの余裕がほしいです。 [続きを読む]
  • スマッシュとハイボレーの動き出し
  • いきなりこの動画だけを見ても何のことかわからないでしょう。この辺の内容になると、過去動画の内容が必須になってきます。ただ、古い動画の内容をしっかり実践している人は、納得できると思います。良い動きの教え方とは、各ショットがバラバラの説明ではなく、各ショットに密接な関連があります。 [続きを読む]
  • 壁打ちの仕方 本当の「動きのコツ」を教えます
  • ラケットや腕を動かすことに気を取られすぎないようにしてください。自分が少し移動するだけで、両腕とラケットは自由になります。窪田テニスでは、このような動きを「ラケット(両腕を含む)の重みを消す」と言います。これがコツ。「動きのコツを教える」と言っているコーチは多いですが、どこにも動きのコツと思える内容がない。ただ動きを説明しただけとかね。だから、[本当の「動きのコツ」を教えます]というタイトルにしま [続きを読む]
  • フォアボレーはパンチではない
  • フォアボレーで「パンチするように」と教えるコーチはとても多いです。まずは、教えたい動きを具体的に伝えることが必須です。動きの伝え方を何度も変え、それでも伝わらない場合は「例え」を使うことがあります。これが手順。動きを具体的に説明してないのに、いきなり「例え」から入るのはダメですよ。 [続きを読む]
  • 両手バックの無意識の2度引きをやめるには 
  • この手先の2度引きでミスする人は多いです。この動きは無意識なので、ビデオ撮影しないと気づきません。たとえ気づいても、改善方法を知らなければ改善しません。まずはビデオ撮影して、この2度引きをしていることに気づいたら、その無意識のミスを意識して練習してください。意識してミスできるようになったら、改善する可能性は高いです。良い動きをしたい時に、意識してミスする人はいない。 [続きを読む]