ポトリ さん プロフィール

  •  
ポトリさん: ポトリの馬ブログ
ハンドル名ポトリ さん
ブログタイトルポトリの馬ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/potori-hanaya/
サイト紹介文社台・サンデー・キャロットの出資馬ブログ
自由文<現役出資馬>
トゥリオンファーレ (キャロット)
ラフォルジュルネ (キャロット)
ワールドエース  (サンデー)
ヴェルメリオ    (サンデー)
ムーンレディの10 ( 社 台 )

<引退活躍馬>
ディアデラノビア (キャロット)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2011/12/05 09:14

ポトリ さんのブログ記事

  • ミスエルテ 転厩or引退を希望!!
  • 湯布院特別、ミスエルテは2階級降級でもやっぱり負けました。 レース後のコメント北村騎手「1200mの馬ではないかもしれない」池江師「輸送自体は問題なかったが、装鞍所でかなり暴れて逆にその後落ち着きすぎていた。やはり1400mがベストだと思う」 北村君。「1200mの調教師ではない」の間違いではないのか(笑)レース前にも書きましたが、調教師は自ら「1200ならG1を勝てる」と言っていました。あの時期にこのコメントを出 [続きを読む]
  • ミスエルテ 背水の1200m戦(湯布院特別に出走)
  • ミスエルテが湯布院特別に出走します。 2階級降級で言い訳のできない一戦になります。池江師はもともとこの馬の事を「1200mならすぐにG1が勝てる。マイルまではもたせたい」と言っていましたからここでは負けるわけにはいきません。 ただ、池江厩舎の管理馬で1200mを使ったのは丁度1年前。ミラアイトーンが同じ湯布院特別を快勝して以来になります。そしてそのミラアイトーンはその後未出走…。何とかの一つ覚えというか何とい [続きを読む]
  • 今年の出資馬は??(社台・サンデー)
  • ブログでも度々書いていますが、このところのノーザンファームによる「使い分け」や「レースの組織戦」などに嫌気がさしています。そんな事もあり当初今年の出資はやめておこうと思い、締め切り5日前までカタログすら見ていませんでした。 しかし、ワールドエースの初年度産駒が募集されることを思い出し、DVDや測尺すら確認することなく出資申込みをしました。(そして出資が確定しました。) そもそも私は元出資馬の仔であって [続きを読む]
  • ミスエルテ 降級初戦は8月 小倉?
  • はじめに断言しておきます。ミスエルテの降級初戦は小倉で使うべきです!公式に次走は8月の小倉か新潟とアナウンスがありました。ん…?新潟?滞在競馬で小倉に決まってるでしょう。8月4日のメインに九州スポーツ杯がありますからココに使えばいいんですよ。この後に及んで、新潟って…(失笑)新潟という選択肢を残したということは陣営が未だに距離短縮を決断できていないということを意味します。(小倉の芝は1200mの次は1700mに [続きを読む]
  • ミスエルテ 安土城Sに出走
  • ミスエルテが安土城Sに出走します。今日は時間はありますが、見に行きませんでした。正直言って、レース前から言い訳に終始している陣営の姿勢にムカついています??私に言わせれば「いつも厩舎に戻ってからおかしくなってるんやろ!」という感じで、相変わらず工夫が見えません。今日負ければ降級ですが、秋まで休ませるという愚策は許しません。滞在競馬で、必ず秋までにOPに戻してもらいます。厩舎の都合で滞在できないという [続きを読む]
  • 日大タックル事件に見る「スポーツ推薦制度」の落とし穴
  • 前回のブログ後、日大は監督・コーチが会見をし、今日は学長が会見をしています。ここまでの流れは誰もが想像できるものでしたが、監督・コーチのバカさ加減は想像をはるかに超えるものでした。挙句の果てにキャラの濃すぎる司会者まで登場する始末。まさに日大上層部は逸材の宝庫というほかありません(失笑) 私は「スポーツ推薦制度」が問題の根本であると書いてきましたが、このスポーツ推薦制度についてはマスコミもタブー視 [続きを読む]
  • 日大の悪質タックル事件について
  • 今回の悪質タックル事件の報道に触れ、関西在住の私にも一つ判った事があります。それは、日本大学は非常に程度の低い大学であると言う事です。日大には、大事な人様の子供を預かっているという意識は全く無いようです。あのヤクザまがいの内田というオッサンを守ろうと必死に墓穴を掘っている姿が笑えます。まぁ何を言おうと、最終的に日大は謝罪会見をする事になるんですけどね(笑)その想像力の無さがまた笑えます。それにして [続きを読む]
  • 武豊斜行?!騎乗停止に
  • 平成30年4月22日(日)京都8R500万下(芝1200M)に騎乗した武豊が騎乗停止4日の制裁を受けて、天皇賞春、NHKマイルに騎乗できなくなりました。個人的には、天皇賞春は例の馬主の馬なのでハナから応援する気は全くなかったのですが、この乗り替わりを受けて鞍上が藤岡佑介に戻りそうなのは良かったです。藤岡佑介にはこのチャンスを生かしてもらいたいものですが2着まででいいですよ。馬主的にまだまだ喪に服してもらいましょう [続きを読む]
  • 安倍政権も末期症状
  • 久しぶりに時事ネタを、私は安倍政権発足当初から「善人顔の詐欺師」と断言してきましたが、現状を見ればどうでしょう?株価をイジることで延命してきた安倍政権。大阪に住んでいる私にとって、もう末期だな…。と感じるのは、大阪都構想について180度方針転換した事。(実は、森友学園問題の大阪府政へのイラだちが絡んでいると思われます)これはあり得ない発言だと思いますが、マスコミの取り上げ方が小さ過ぎます。そして、同じ [続きを読む]
  • 皐月賞2018
  • 今年も皐月賞がやってきました。結論から書くと、1番タイムフライヤー15番ステルヴィオ一点勝負です!今年の設定は、あのワールドエースの年に似ています。2番人気のディープ産駒(ワグネリアン)に福永。人気は劣るものの、実力と道悪適性を兼ね備えた馬(タイムフライヤー)に内田。いつも書いていますが、ワールドエースで春のクラシックを勝てなかった福永には、今後も勝てる見込みはありません。ワグネリアンの実力は認めますが [続きを読む]
  • 桜花賞2018 オルフェの正念場
  • 今年の桜花賞は出走馬17頭中15頭が社台G生産馬。圧倒的1番人気はオルフーヴル産駒の①ラッキーライラック。過去のブログを見てもらえればわかりますが、私は「オルフェ産駒走らない説」を提唱しています。個人的にはここまでの産駒成績は予想通りと言えますが、繁殖牝馬の質を考えれば予想以上に走っていないというのが現実です。外様のロードカナロアがコンスタントに活躍馬を出している事を考えると、社台としては何が何でもラ [続きを読む]
  • ミスエルテ 京都牝馬ステークス出走
  • ミスエルテが京都牝馬ステークスに出走します。出資馬ディアデラノビアが同レースを優勝したのが平成19年、もう11年も経ったのかと驚かされます。 さて、ミスエルテですが相変わらず調教だけは抜群の動きをしているようです。 今回は陣営もようやく10日競馬でレースに挑んできました。以前にも書きましたが、個人的に陣営の工夫の無さに不満を持っていますので少しは考えてきたなというところです。 しかし、まだまだ工夫する点は [続きを読む]
  • 爆弾ネタ ホープフルS
  • ホープフルS人気しているアノ馬は来ない。というか来てはならない!このオーナーの関連会社が、国道沿いの住宅地近く(最寄駅から徒歩5分)の立地に特別産業廃棄物処理場を建設しようとしたことが表沙汰になったのは今年の年明け。一悶着も二悶着もあった末、結局、地元の大反対により計画は中止に(当然です!)。詳しい手法等、激裏話は山ほどありますがブログでは書けません…。面白いもので、競馬は本業でヘタ打った馬主の馬は走り [続きを読む]
  • ミスエルテ 阪神カップ出走
  • ミスエルテが阪神カップに出走します。 この時点で、まだ1400mに使っているということは陣営に迷いがある証拠です。個人的には1200mでも構わないので、OP特別から出直してもらいたいと思っています。 登録段階では除外対象だったミスエルテですが、諸事情を総合すると出走できることは確実でしたので仕上げに抜かりはないと思いたい。(結果的にはオールザゴーも出走できました) ここで興味深いのは、当初出走を予定していたラ [続きを読む]
  • リスグラシューの有馬回避の思惑
  • リスグラシューが有馬記念を回避すると一般ニュースに出ました。この時点でクラブの公式コメントはなく、「オーナーサイドの意向」と言い放った矢作師には賛辞を送りたい。この手の回避話は、もっともらしい理由をこじつけたり、急な場合は馬の体調のせいにすることが常套手段だけに、矢作師もよほど腹に据え兼ねたのでしょう。この回避の真相ついて私はこう断言します‼?キャロットとサンデーRによる馬主リーディング争い(賞金 [続きを読む]
  • スワンSの前に書いておきたいこと。(ミスエルテ)
  • スワンSに出走するミスエルテについて戦前に書いておきたいことを書き残します。 最大のポイントは馬体重。約50?の貯金をどれだけ残して出てこれるのか?そして明日は雨模様です。敗戦時の陣営の言い訳として「気性が…」のほかに「馬場が…」という材料を与えてしまったことは残念でなりません。ただ個人的には道悪が全くダメだとは思っていませんし、枠もいいところが当たったので頑張ってくれるでしょう。 突然ですが、この出 [続きを読む]
  • ミスエルテ スワンSへ
  • いよいよスワンS当週となりました。 1週前調教はしっかり負荷をかけたようですが、公式コメントでもようやく私が指摘していた「馬体重が減っている」趣旨のコメントが掲載されました。しかし、入厩後の馬体重の掲載は一切ありません。計量していないはずはなく、公表できないほど減っているのでしょう。 しかし、ここで勝負にならないようでは話になりません。 私が気になっているのは、池江厩舎の流れの悪さ…。(具体的に書く [続きを読む]
  • 秋華賞にリスグラシューが出走
  • 以前に書いたと思いますが、秋華賞に私の関連馬リスグラシューが出走します。2年前の社台G謝恩会で報知ブログでの矢作調教師のコメントについて直撃取材してからちょうど2年、「酒の席での話だから…。」という言葉で透かされましたが、G1に手が届きそうなところまできています。 しかし、リスグラシューにとって不幸なのは、今日がその社台G謝恩会当日であること。 謝恩会当日に馬を仕上げて勝利しパーティーを盛り上げること [続きを読む]
  • ミスエルテ 調教失敗!?
  • ブログの更新を怠っている間に出資馬が次々と引退し、いよいよ現役馬はミスエルテのみとなりました。(引退馬については機会があれば触れたい思います。) そのミスエルテが10月3日に栗東に帰厩。スワンSへの出走を目指します。春までの課題は「馬体重」と「気性」2つと言われてきました。2つと言っても表裏一体のものなんですが… まずは馬体重の推移から5/7 NHKマイル出走時 446?6/1 NF早来(到着1週後) 463?9/21 NF [続きを読む]
  • フォア賞の虚しさ・・・。
  • フォア賞を見て、虚しさ感じたのは私だけでしょうか? その理由はサトノダイヤモンドの敗戦を目の当たりにしたからではありません。(当ブログでは以前からハッキリと書いてきましたが、そもそもこの馬は国内G1ですらラビットを仕込まなければ勝てないような馬です。) では何に虚しさを感じたかというと、サトノノブレスと川田のコンビ対してです。 重賞4勝馬とJRA生え抜きのトップジョッキーにあんなレースを強いているようで [続きを読む]
  • 夏競馬の大事件(鮫島厩舎の意地を見た!)
  • 夏競馬が終わりました。今年の夏競馬の大事件といえば「七夕賞のシルクRによる露骨なチームプレー事件」です。 この件は、ハッキリ言って「馬券を買っている人への暴挙」です。JRAはなぜ問題にしないのか・・・。 実は管理する鮫島調教師にすらフェイマスエンドによるマルターズアポジー潰しは知らされていなかったとのこと。 しかし、この事件をきっかけに被害者が各々に意地を見せ、夏競馬は意外な形で幕を閉じることになります [続きを読む]
  • これぞ競馬記者の鑑
  • 先週末、運転をしながら競馬中継を半ばBGMのような感じで聴いていた私の耳に、“これぞ競馬記者の鑑”とも言うべき発言が飛び込んできました。 内容は1番人気、サトノアレスについて・・・。記者Aはメンバー的に2番手評価以下は下げられないとしたうえで、 「前走の巴賞はもっと楽に勝つかと思ったけど・・・。1ハロン延長も歓迎ではない。藤沢厩舎でG1を勝っている馬が3歳とは言え函館記念に出てくるというのは釈然としない [続きを読む]
  • シルクに物申す(七夕賞について)
  • 突然ですが、先週の七夕賞はひどいレースでしたね〜。いくらクラブの代表取締役の出身地だから、1歳馬募集の時期だからといってもエグ過ぎますよね〜。 競馬を見たことがない人にあの七夕賞を見せたら感想をこう言うでしょう。 「優勝した馬を勝たせたかったから、同じ服の馬をワザと11番の馬に競かけさせたんでしょう?作戦大成功ですね!!」 絶対こう言いますよ(笑) 最近、こういう違法行為(競馬法第31条)が横行していま [続きを読む]