沢渡和 さん プロフィール

  •  
沢渡和さん: オーラが伝えるすべて〜akuaの沢渡和〜
ハンドル名沢渡和 さん
ブログタイトルオーラが伝えるすべて〜akuaの沢渡和〜
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/akuakazu/
サイト紹介文20年近いオーラ診断を通して分かったこと。人生の様々な課題を乗り越えていくヒント。
自由文ドルフィンスイムやセドナツアーも毎年開催しています。そこでの様子や写真もアップしていきます。またボロブドゥール寺院はオーラの構造と酷似しています。そうしたこともお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/12/06 13:07

沢渡和 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 書籍『目的なき人生を生きる』
  • 前回は映画のお薦めをご紹介したが、今回は書籍のお薦め。しかも哲学系。私よりずっと説得力を持って書かれている。人生に目的は要らない。というか、合わないし、持っていると害がある。効率化という尺度から人生を自由にしないとならない。そんな、テーマの本が最近出版された。ずっと誰か哲学者や社会学者が書かないかなと思っていたテーマ。慶応大学教授の山内志朗著。私たちはあまたある目的肯定型の自己啓発書やその手のコン [続きを読む]
  • 映画『スリー・ビルボード』
  • 優しく爽やかにはじまり、それと同様な終わり方をする映画なのだが、観ている最中は、喜怒哀楽という言葉では足りない感情、思いが噴出してくる。レイプ中に火で燃やされ殺された娘の母親が、街中に以下の3枚の大看板を出すことを思いつくシーンから映画は始まる。 「娘は殺されながらレイプされた」 「でも犯人はまだ捕まっていない」 「どういうこと? ウィロビー署長」以降、とても一本の映画とは思えない密度感で圧倒して [続きを読む]
  • セミナー参加者の感想
  • 前回までの記事「東洋医学とオーラ1〜5」は伊豆高原でのセミナーでのワーク体験を記載したものです。今回はそのワークを実体験された方々の感想です。・天界とのつながりをより感じられる講義だった。・数学や物理学について最初から今回のような切り口で学べていたらもっと興味を持って真剣に勉強したはず。この観点から宇宙や東洋哲学を観ていくことに興味を持った。・スピリチュアルなことの多くが物理学や数学で証明されてい [続きを読む]
  • 東洋医学(漢方)とオーラ5
  • (前回からの続き)続いて、飲用 3分の1をお湯に溶いて服用していただく。Bさん曰く「一包では多く感じた」ため。「加味逍遥散」を服用すると、まず、ベースチャクラの一つ下にあるアースチャクラが非常に活性化(7層)していく。アースチャクラとは、文字通り「地球とのつながり」を感じるだけでなく、生誕に当たっての地球との契約を思い出させるものでもある。漢方がすべて地球の成分で成り立っているからだろうか。アースチャ [続きを読む]
  • 東洋医学(漢方)とオーラ4
  • セミナーでは、鍼がオーラやチャクラにどのように働きかけているかを探求した次に、東洋医学としての一つの柱である、漢方について探求を進めてみることにした。理由としては漢方を処方される、薬剤師Bさんが参加していたからだ。漢方は、そのほとんどが植物から出来ているが、一部鉱物や動物も含まれているとのこと。今回使用する漢方は「加味逍遥散」といわれる比較的万能タイプの漢方であり、そのなかでも最高級品を扱う取引先 [続きを読む]
  • 告知 キンドル本「イルカと泳ぐ」
  • 「イルカと泳ぐ」というタイトルでKindle本を今晩出版しました。以前の小冊子版に加筆、修正して全体で5万字程度のものとしていますので読み応えもあるかと思います。このブログでも使用させいてただいている Art Swing MAMIさんの絵も何点かご覧いただけます。カラーのDeviceでご覧いただくとイルカたちやハワイ島の写真も綺麗に見ることが出来ていました。一部レイアウトにおかしな部分があるのですが、それも修正もした上で更 [続きを読む]
  • 東洋医学(鍼)とオーラ3
  • (前回からの続き)二つの鍼を抜いてから、急速にチャクラが立ち上がりはじめた。これはどういうことを意味しているのだろうか?おそらくだが、鍼は、エネルギーを「刺激する」「不要なエネルギーの動きを抑制する」という二つの主要な機能を持っているのだと思う。そして、その機能終了後に、つまり鍼を抜いた後に、抑制していたエネルギーを解き放ち   「再構築していく」のではないだろうか。ヒーリング終了後の以下のクライ [続きを読む]
  • 東洋医学(鍼)とオーラ2
  • (前回からの続き)さて、鍼を「合谷」に打つことで、クライアントの感情層、思考層の「無駄なエネルギーの動きを停止させる働き」をしていることが見てとれた。停止することによって、その層にあった余計なエネルギーの排出が行われていたように感じる。ここで肝要なことは、その排出を「鍼」がしているということだ。もっと言えば、ヒーラー側にエネルギー操作はなく、言ってみれば「鍼」とクライアント(の魂)が勝手に行ってい [続きを読む]
  • 東洋医学(鍼)とオーラ1
  • ヒーリングや治癒行為によってチャクラやオーラはどのように変化していくものなのか。ハンズオンヒーリングでは、これまで数十回にわたって開催してきたオーラセミナーのなかで、何度もその変化を観察してきた。また日頃、個人セッションやヒーリング、セミナーを行う際には、クライアントのチャクラを観察しながら行っている。ハンズオンでは、クライアントの方にもよるが、いったんは7層まですべてに近いチャクラが開く。その後 [続きを読む]
  • チャクラリーディング
  • オーラやチャクラを観たり診断したりする上で大切にしていることは、はたして、「何を観るのか?」「何を観たいのか?」という、観る側の「意図」です。観察すべき事柄は、以下と考えています。1.オーラ/チャクラの理想の状態からのズレ2.そのズレが生じている背景3.ズレがどのようにクライアント自身の成長や自由を制限しているのか?4.クライアント側がズレとそのズレが生じている背景を理解した際に、クライアントの成長への意 [続きを読む]
  • Your Fairy Portrait
  • 智穂さんに『Your Fairy Portrait』を描いてもらった後、いくつかの質問をしました。智穂さんの回答とともにこの世界や人生の不可思議さを感じていただければと思います。Q)この描かれた私のFairy(妖精)はいつから私という存在とともにあるのですか?A) あなたがFairyを意識し出したときからです。Q)では、私が意識していないときには私にはFairyが存在していないということなのですか?A) はい。Fairyは自由意思を持つ存在なの [続きを読む]
  • 智穂さんに『Your Fairy Portrait』を描いてもらった後、いくつかの質問をしました。智穂さんの回答とともにこの世界や人生の不可思議さを感じていただければと思います。Q)この描かれた私のFairy(妖精)はいつから私という存在とともにあるのですか?A) あなたがFairyを意識し出したときからです。Q)では、私が意識していないときには私にはFairyが存在していないということなのですか?A) はい。Fairyは自由意思を持つ存在なの [続きを読む]
  • そのとき、そのときの「気持ち」を大切に!
  • 揺れ動く、自分の気持ちをコントロールしないでいましょう。気持ち自体に善悪はないにも拘わらず、無理に善悪を附けようとすると、あなたのなかで悪いと判断された気持ちは抑圧され、あなたのなかで「良い」と考える気持ちへの逃避が始まります。この結果、いつしか感情は思考に隷属してしまうことになります。そして思考的人間が出来上がります。例えば「ワクワク感」が最上級の気持ちで「憎しみ」が最低などと自分の気持ちをラン [続きを読む]
  • 不安感と安心感
  • 元旦の朝日新聞で京大総長の山極寿一氏のオピニオンがありました。深く共感出来る内容で、それは以下のメッセージから始まるものでした。「安心が消え、不安が極大化した時代。私はいまをそうとらえています」“「人間はこのままでいられるのか」という壮大な不安のただ中で、その不安を解消する手段を持てずにいる。”霊長類学者としての氏の主張は、・安心感をつくり出すものは、相手と対面し、見つめ合いながら、状況を判断する [続きを読む]
  • 魂は、拡張と自由をいつ何時も指向しています。
  • オーラフィールドのなかでチャクラが開いていこう、開いていこうと常にしているのも、あなたの魂が拡張を指向しているからです。オーラフィールドやチャクラの向かう先に、その拡張を妨げるエネルギーが存在しているとき、魂はその阻害エネルギーを無力化しようします。阻害エネルギーはたいていの場合、凝固状のエネルギーとなっています。阻害エネルギーのことを「ブロック」と呼ぶ由縁です。チャクラの螺旋上昇運動がその阻害エ [続きを読む]
  • 過去の記事 …