大舘平蔵 さん プロフィール

  •  
大舘平蔵さん: 辰姫と私 〜石田三成の娘「辰姫」の研究〜
ハンドル名大舘平蔵 さん
ブログタイトル辰姫と私 〜石田三成の娘「辰姫」の研究〜
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ma19750328
サイト紹介文石田三成の娘”辰姫”の真実を伝承するサイトです。あと仏教のエッセイとオマケ(管理人の日常)。
自由文世間に殆ど知られていない、歴史の闇に埋もれ続けている石田三成の娘の”辰姫”の存在を世に伝え、歴史の光を当てさせてあげたいと独自に研究しているハンドルネーム兼ペンネーム”大舘平蔵”の歴史研究(辰姫研究)サイト。オマケとして管理人の日常も書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2011/12/12 11:24

大舘平蔵 さんのブログ記事

  • 私は日常をこのように思ってます
  •  今回はオマケ(管理人の日常)記事です。 この記事は多分に仏教の事と重なるので仏教のエッセイ記事にしようとも考えたのですが、私自身の思うところで書いているので、オマケ(管理人の日常)記事としました。 当サイトをいつもご覧になって下さっている方々には耳にタコかもしれませんが、私は辰姫の研究課程で仏教を研究しています。 当サイトの記事を隅々まで読んで下さるとお解りになられるかもしれませんが、私は無宗教 [続きを読む]
  • 旧日本海軍兵の孫である私
  •  今回はオマケ(管理人の日常)記事です。 ぎっくり腰で仕事を休んでいましたが、今日から生業(看護師)に復帰しました。 回復がまだ不完全なので、極端な無理は避けて生業をこなすつもりです。 さて、ここ数年、プライベートでの読み物は辰姫に関しての資料・史料か仏教経典(お経・お経の解読文)が殆ど(というより”それしか”)でした。 先日、維摩経を読み終えた事もあり、気分転換がてらに、約二十年ぶりに小説を読み [続きを読む]
  • 維摩経について
  •  今回は仏教のエッセイです。 般若心経や観音経は非常にメジャーゆえ、知っている方々も多いと思いますが、般若理趣経や維摩経くらいになってくると、仏教にある程度の関心が無いと知らない方が多いかもしれません。いや、その経典自体読んだ事の無い方は多いと思います。 今回はその”維摩経”についてです。 維摩経も当然、仏教経典(お経)故、”仏教の教え”を説いているものです。 内容は物語になっていて、”維摩”とい [続きを読む]
  • ぎっくり腰の療養中に”維摩経”を読み返しています
  •  今回はオマケ(管理人の日常)記事です。 ぎっくり腰を患い療養中ですが、いまだ痛みはあるとはいえ、少しずつ良くなってます。 来週の月曜日に経過を上司に電話で現状報告する予定ですが、自分では来週の火曜日から仕事復帰するつもりでいます。 私は”仕事は修行”と思っています。 仏教では”日常の全てが修行の場であり修行そのもの”や”山に籠る千日より、世間での一日は修行として勝る”と説かれています。 ・・・堕 [続きを読む]
  • ”魔女の一撃”を喰らいました(泣)
  •  今回はオマケ(管理人の日常)記事です。 昨日から仕事を休んでいます。 というのは・・・昨日の朝、”ぎっくり腰”になってしまったからです(泣)。 ”ぎっくり腰”は整形外科的には正式な病名ではありません。 ですが、その、前触れも無く突然猛烈な痛みが襲う事から、医学の分野では”魔女の一撃”と言われています(←本当です。けっして漫画的に表現しているのではありません)。 悲鳴を上げつつ、何とか馴染みの整形 [続きを読む]
  • 大型連休?私は普段と変わりの無い仕事の生活でした
  •  今回はオマケ(管理人の日常)記事です。 記事更新が滞りました。いつもこのサイトを見て下さっている皆様、ごめんなさい(汗)。 世間ではゴールデンウィークなるものが終わったようですね。 ・・・私の生業は看護師です。平日祭日関係なく、夜勤も組まれます。ゆえに、このゴールデンウィークの間も、普段と全く変わりなく仕事をしていました。 世間の大型連休。 この生業も20年以上やっているので、世間の大型連休をう [続きを読む]
  • 管理人の趣味にして普段の足、バイク
  •  今回はオマケ(管理人の日常)記事です。バイクネタです。 17歳の時から四十路半ばの現在に至るまでずっと私の趣味であるバイク。日頃の私の足です。 妻は結婚以前に私の影響でバイク乗りになりました。バイクは私達夫婦の唯一共通の趣味でもあります。 仕事休みで天気も良く、無駄遣いする余裕も無いので(笑)、愛馬(バイク)達を洗ってあげました。 ↑私の愛馬、VTRです。結婚しマイホームを建てた時からの愛馬。購 [続きを読む]
  • 仏教の信仰心は仏の慈悲を自分が得ている事の証
  •  今回は仏教のエッセイです。 私のこのサイトの仏教エッセイによって、現代の新興宗教とは無縁の”本来の仏教”に関心を抱いたり、本来の仏教の修業である”日々の中の善い行い(簡単に言えば親切な行為そのもの)”や、”読経、禅、ヨーガ(現代に普及しているストレッチ運動ではない)、写経、など”を行いようになった方々もおられるのではないでしょうか。 くどいようですが、仏教とは”より善くある為の教え”そのものです [続きを読む]
  • 当サイトのオマケ(管理人の日常)記事について、改めて
  •  当サイト(ブログ)は辰姫の真実を一人でも多くの人々に伝える事、知ってもらう事を主旨としています。 そして、辰姫の研究の過程で得た本来の仏教についての理解や知識や智慧を、このサイトを見て下さる方々に活かしてもらえればと思い、記事カテゴリーに仏教のエッセイとして加えています。 そうした内容から、読者の方々には私の事を”冗談の通じない堅苦しい奴”とか”頭のイイ人”なんて思われてしまう方がおられるかもし [続きを読む]
  • 自分のバイクを眺めながら・・・回想
  •  今回はオマケ(管理人の日常)記事です。 今日は仕事休み。家の事(病気の両親の事)や日々の生業(看護師)で少々疲れがたまっていたので、今日はのんびり過ごしました。 とはいえ、妻が今日は仕事の為、日課の読経を済ませた後に家事を済ませ、読書か読経でもしようと思っていましたが・・・気が付くと眠ってしまっていました。 昼寝で休日の殆どの時間を使ってしまいましたが、たまにはそういう休日もよいでしょう(苦笑) [続きを読む]
  • 小動物虐待のニュースを目にして・・・
  •  今回はオマケ(管理人の日常)記事です。 先日、仕事の休憩中に、つけていたVTのニュースで動物虐待の事が放映されていました。 その場にいたスタッフたちも私も・・・胸を痛めました。 以前、仏教エッセイの記事の中でペット供養について書いています。 また、因果応報(業(ごう))についても書いています。 その内容と被る点もありますが・・・ 小動物(犬や猫や鳥)の虐待など、まさしく”人間のおごり”の卑劣極ま [続きを読む]
  • 久々の記事更新・・・ちょっと大変な日々でした
  •  今回はオマケ(管理人の日常)記事です。 しばらく、記事更新が滞ってしまいました。 父が癌で入院し、医療保険の認定調査やら、それに呼応するように(?)母の心臓カテーテル検査があったりと・・・バタバタしていました。 子である以上、親の問題からは逃れる事は出来ません。 しかも仏教の教えを学び得たためか、自身の行いや振る舞いは全て因果応報で形を変えて必ず返ってくる事を知った以上、自己中で利己的な真似など [続きを読む]
  • よんでくれた・・・そう思っています
  •  昨日、3月28日は私の誕生日でした。 妻は私の為に仕事の休みの希望を出し、昨日は休みのはずだったのですが勤務変更を余儀なくされ、どうしても出勤しなくてはいけなくなり、一日自分だけの日になってしまいました。 毎月28日は仏教密教で言うところの不動明王のご縁日。 毎月、8のつく日は御仏の誰かしらとの縁があります。辰姫の墓のある東楊寺でも8のつく日(8日は薬師如来に、18日は聖観世音菩薩に、28日は不 [続きを読む]
  • ペット供養について考える
  •  今回は仏教のエッセイです。 前回の仏教エッセイの記事(「私自身の読経について」)で、少々ペット供養について触れたので、改めてペット供養について書こうと思います。 前回の仏教エッセイの記事(「私自身の読経について」)でも述べていますが、私はかつて家で飼っていたペットの遺影(写真)に対しても、祖父の形見の観音像と千手観音像、辰姫の戒名、そして先祖の仏壇とは別に読経を捧げています。 「たかが動物に・・ [続きを読む]
  • 私自身の読経について
  •  今回は仏教のエッセイです。 仏教エッセイのなかで、幾つかの仏教経典(お経)の事を述べ、また、私自身も読経を日々の日課にしている事は度々述べてきたところです。 そんな私の、このサイトの仏教エッセイの記事を読み、自らも宗派にとらわれる事なく仏教に触れてみようと思ったり、仏教経典(お経)を習得しようと思ったり、また、読経(または禅や写経など)を始めたりした方もおられるかもしれません。 そんな方々の為、 [続きを読む]
  • バイクの季節到来
  •  記事更新がまたまた滞ってしまいました。いつも当サイトを見て下さる方々、ごめんなさい(汗)。 仕事と家庭内の事でなかなかゆとりの乏しい日々を過ごしていたせいです。 そんな記事更新が滞っていた当サイトですが、辰姫研究記事や仏教エッセイの記事が読まれている事を確認できているので、とても感謝しています。 辰姫の事を知って下さったり、本来の仏教の事を役立てて頂けていれば、当サイトの主旨もまっとう出来ている [続きを読む]
  • 時を超えて結んだ約束と誓い
  •  私は埼玉に在住していますが、辰姫研究を始めてからニ度ほど、辰姫が嫁いだ津軽の地、すなわち青森県弘前市に調査の為に足を運んだことがあります。 弘前市には代々の津軽家当主の廟、墓があり、当然、辰姫の夫の津軽信枚(津軽家二代目当主)と辰姫の一人息子の津軽信義(津軽家三代目当主)の廟があります。 弘前市付近の板柳町には、辰姫の実の兄である杉山源吾の墓(と言い切れるくらいに可能性が高い杉山家由来のアカマツ [続きを読む]
  • 職場で感じた”因と縁”
  •  今回はオマケ(管理人の日常)記事です。 今日は職場の研修で他の部署の見学学習でした。  その最中、とある看護師から「あの〜・・・どこかでお会いしたことがあるような気がするんですが・・・どこか違う病院にいた事とかありますか?」と声をかけられました。 そして互いに気が付きました。 私に声をかけてきた看護師は、以前勤めていた病院で私が学生の実習指導者をしていた時に指導をした学生さんの一人だったのです。 [続きを読む]
  • 毎年、大河ドラマや映画などで注目される歴史上人物が替わろうとも
  •  書店に足を運び、歴史系のコーナーや雑誌に目を向けると、幕末や西郷隆盛などの書籍を呆れるほど多く目にします。 明らかに大河ドラマの影響ですね。 昨年は井伊家(井伊直虎、井伊直政)に関する書籍を呆れるほど目にしましたが、それは徐々に数が少なくなってますね。 真田幸村はヒーロー化されているので、そこそこの数の書籍を目にしますが・・・それでも大河ドラマで取り上げられていた頃よりは減ってますね。 ・・・新 [続きを読む]
  • キャットタワーを買ってきました
  •  今回はオマケ記事である管理人の日常記事です。 今日、妻と飼い猫”きなちゃん(本名:きなこ)”の為、ホームセンターへキャットタワーを買いに行ってきました。 組み立てが面倒くさかったですが、早速きなちゃんは気に入ってくれたようです。  ↑購入してきたキャットタワー。頂上できなちゃんがくつろいでいます。  ↑キャットタワーの頂上でリラックスのきなちゃん。頻回にこの頂上に居座っています。気に入ったようで [続きを読む]
  • メッセージ?・・・私はそう信じています。
  •  一昨日、仕事に入る前の出来事。 仕事前に時間があったので、辰姫の事と辰姫研究の事を考えつつ、一服しようとたまたま缶コーヒー(ジョージア)を自販機で買いました。 普段、私は自販機やコンビニでは缶コーヒーは買いません。ホームセンターで激安の缶コーヒー(1本35円。ホームセンターブランドの缶コーヒー)を段ボールでまとめ買いして、缶コーヒーはそれを飲んでいますので。 ・・・だから、本当にたまたまです。  [続きを読む]
  • ”悪の味”ってどんな味?そしてその代償
  •  今回は仏教のエッセイです。 今まで仏教のエッセイの記事の中で幾つかの経典(お経・陀羅尼)や教えについて述べてきましたが、そもそも仏教とは仏様(お釈迦様)の”悟りを開く、苦しみから解放される為の心得や修行方法など”の教えです。 自分の欲や願望からなる「こういう物が欲しい」「こうなりたい」などという私欲の願い事を叶え為や”悪霊払い””呪術”などといったTVで特集されるような超常現象を目的としたものでは [続きを読む]
  • またまた記事更新に日にちが空いてしまいました(汗)
  •  今回はオマケ(管理人の日常)記事です。 しばらく記事更新に日にちが空いてしまいました。いつも当サイトを見て下さっている方々には申し訳なく思っています。すみませんでした。 風邪をひいたり、父の容体が思わしくなかったりと、少々忙しくもあり、心身とも疲れていたといったところです。 ・・・ブログに飽きていたわけではありません(笑)。 これといって物欲も無く、出世欲も無い私。 当たり前のように何気ない日々 [続きを読む]
  • 私達夫婦は今日が初詣
  •  今回はオマケ記事(管理人の日常記事)です。 今日は妻と埼玉県さいたま市の氷川神社に参拝に行ってきました。 今頃になり、やっとの夫婦で”初詣”です(笑)。 当然、一月上旬には行きたいと思っていましたが、夫婦で仕事休みが合い、尚且つお互いにゆとりのある日がなかなかなかったので・・・今日になってしまいました。  ↑氷川神社本殿の門。有名神社でもあるので、やっぱり立派です。  ↑氷川神社本殿。本殿に祀ら [続きを読む]
  • 今更ですが・・・これからは私も陰徳を心がけます
  •  私が初めて辰姫の墓前に伺い、その数日後から辰姫研究を初めだしたのが2014年の12月上旬。 その時から数えると4年。 それから毎月、不定期ではありますが欠かす事なく毎月辰姫の墓参りに赴いています。 辰姫の墓参りをしたときには当サイトの記事にしていましたが、今後は墓参りをした事を記事にする事をやめにする事にしました。 辰姫の墓参りをやめるつもりは毛頭なく、また、記事にすることが億劫になったわけでは [続きを読む]