quartetolivre さん プロフィール

  •  
quartetolivreさん: クアルテートリプリblog
ハンドル名quartetolivre さん
ブログタイトルクアルテートリプリblog
ブログURLhttps://ameblo.jp/quartetolivre/
サイト紹介文山口県のボサノヴァファンクオルタナバンドのブログ
自由文http://ameblo.jp/quartetolivre/entry-10986814022.html
「烏賊」
http://ameblo.jp/quartetolivre/entry-10986814536.html
「歌詞」
http://ameblo.jp/quartetolivre/entry-10986816293.html
「学食」
http://ameblo.jp/quartetolivre/entry-10986813823.html
「犬戦略」
http://ameblo.jp/quartetolivre/entry-10986815402.html
「立ち居地」
http://ameblo.jp/quartetolivre/entry-10986816098.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供230回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2011/12/13 15:30

quartetolivre さんのブログ記事

  • 通販生活
  • 仕事上、商品webページ製作でキャッチコピーを考える必要がたまにあって。良いキャッチコピーをコンスタントに出すというのはなかなか難しいです。通販生活というカタログが、キャッチコピーの作り方のお手本として有名だ、ということを聞いて、取り寄せてみた。通販カタログなんだけど、なんと有料。有料だけに、なかなか楽しまさせてくれます。表紙もこの通り。あの自撮りのおばあちゃんの特集。アフリカンプリントのトートバッ [続きを読む]
  • 【読書ノート】思い通りの死に方
  • 鮭は産卵のために川を上っていきますが産卵の直後、卵に精子が着床することを確認したととん、鮭の夫婦は同時に死ぬらしい。生命としての機能はきちんとあるのに、死のスイッチが入るんだって。娘を広島の大学に送り出してから、なんだか自分も何かのスイッチが入った気がしていて この前買ったエンディングノートもそうだけどまたこんな本を買ったりしてます。 繁殖期を終えて、遺伝子の乗り物という、生き物の機能としての役目 [続きを読む]
  • マイク買いました
  • マイクを買いました。と言っても音楽用じゃないです。目的は音声入力をすること。タイピングをせずに、マイクに話しかければパソコンに文字を入力することができます。去年買った iPhone で音声入力を初体験。(遅いですね)フリック入力がまだまだ苦手な僕にとっては非常に助かる機能だったのですが、使ってみると、 それ以外に多数の恩恵が。散歩中などに歌詞とか思いついたアイデアを その場でどんどん入力できるので、メモが [続きを読む]
  • 空飛ぶペンギン。東京出張記
  • 東京へ行ってきました。サンシャインシティで水の中を自由に泳ぎ回るペンギンを見ながら飛べなくてもヨチヨチ歩きでも自分の空なら飛ぶ方法はあるのだ、と今回のトウキョウは教えてくれた気がします。 アルバムのプロモーションもやりたいことのひとつでしたので慣れない都会へ。 タワーレコード渋谷店。本当にタワーなんだね。初めて知りました。 この年齢で飛び込み営業はなかなか新鮮。脇アセだらだらでした。笑 一番の [続きを読む]
  • 速読法
  • 本を読むのが遅いので速読法にチャレンジしてみています。 遅いというか、文字を読むというのが苦痛。本はわりと買う方なんですが、読むのが苦痛。 読む苦痛よりも、「知りたいこと」や「面白そう」が上回っていないと、一行も読めません。 速読法をやると1日で10冊読めるとか、1冊を10分で読めるとかになるらしく。 そうなったら便利だなあと思って速読法の勉強を始めたんですが 速読法の考え方は、 一冊の本にそんなに多 [続きを読む]
  • あて書き
  • あて書き、という言葉を劇音楽の制作で劇団と関わるようになってから知りました。 あて書きとは、脚本を書く前に、役者さんを決めておいてその役者さんの個性にあわせて脚本を書く、というやり方 大体そんな感じなのかなと理解してます。 その「あて書き」って作曲の世界でもあるなって思いました。 というか自分自身が、ほぼ、あて書きで曲書いてます。メンバーの演奏する姿を思い浮かべながら。 昔は「表現したい世界至上主義」 [続きを読む]
  • チャージバックの起源
  • 今読んでいる本に老舗のほぼ最古のライブハウスのオーナーがインタビューで出てくるんですが、 チャージバックの起源というのがあって(チャージバックとは売れたチケット代金の一部がアーティストに支払われる仕組み) 演奏者と、お店と、お客さんこの3者で緊張感のある楽しい場所を作りましょう、 この3者はイーブンな関係であるだったらお客さんからいただいたものをお店と演者で分けましょう、 という思想ではじまって、そ [続きを読む]
  • 草抜き
  • すっかり春です。 庭の雑草がひどいことになっています。ジャングルです。 夕方、仕事が終わり、無性に腹が立ってきておりゃー、と雑草を抜きまくりましたが全滅できる訳はなし。 手は草負けしてひりひりしてきて虫にも刺され疲労も絶頂。倒しても、倒しても、きりがない。怪獣の気持ちが分かる気がする瞬間です。 草むしりに人生の貴重な時間を使うのは非常に納得が出来ないので、どうにかならないものか。 考えつくことを整理し [続きを読む]
  • 本、懲りずに買う
  • スマホだけで仕事をするっていう人が最近よく聞く。 ツイッターのCEO、ホリエモン、厚切りジェイソンとか。 どうやったらできるんだろう。 ガジェット好きのぼくは10年前は少しはその辺、当時としては進んでたんだけど スマホだけで全てをこなす、となると無理があり。。 調べていくうちに、モバイルボヘミアンという本に興味が。 この本によると既に現代は、時間からも場所からも自由になっていると。 職場やひとつの仕事からも [続きを読む]
  • 山口市内で販売開始
  • クアルテートリプリのニューアルバム、「Show Must Go On」ですが、 山口市内2ヵ所で販売開始しました。 アーケード内にある「DbⅡ・ディスクボックス米屋町店」さまhttp://www.yamaguchi-machinaka.com/shop/diskbox2/ と、 ヴィレッジヴァンガード山口さまhttps://www.village-v.co.jp/shop/detail/1532 ヴィレヴァンさんにツイッターで紹介もして頂きました。 QuartetoLivre(クアルテートリプリ)「Show Must Go On」取り扱い [続きを読む]
  • マヨネーズコーヒー
  • 最近タスク管理とか効率化のことをよく書いてます。同じようなことを何度も書いてるということはそれだけ気になっていることなんだろうと思います。 多分、音楽活動やってなかったらこんなに効率化に興味持ってなかったかも。 今のバンドやる前って7年くらい音楽活動してない時期があったんですけど、活動してない分、忙しくないかというと、そのときも、忙しい、忙しい、って言って どこにいても何時でも携帯に仕事の電話が入っ [続きを読む]
  • 脳内アウトソーシング4
  • 自分用ブログのつづきです。 前回はA、B、C、と仕事があった時、全部を同時進行で着手するより(マルチタスク)いっこずつ片付けていく方が成果が出る、(シングルタスク)ということを書きました。 シングルタスクだと、ひとつの事に集中するのでそのことに集中力は上がり、完遂することもしやすいです。でも、全体が見えにくくなったり、仕事が座礁したときに、何も動かない期間が出来ます。 このブログでもたびたび書いてます [続きを読む]
  • シングルタスクとマルチタスク3
  • あれもこれも手を出して実行できない自分を整理しております第3回です。 例えば1曲作曲するのに3週間かかるとして Aという曲と、Bという曲と、Cという曲が同時に作曲進行するっていう状態で考えてみます。 Aの曲の1週間目=A1という感じで表すと、タスクは A1、A2、A3、B1、B2、B3、C1、C2、C3 ということになります。シングルタスクの場合は前から順番にやっていきますのでA1→A2→A3という感じで3週間で曲Aが完成。4週目か [続きを読む]
  • マルチタスク脳2
  • ライト兄弟が世界初、飛行機で飛んだという偉業を成し遂げた理由を聞いたことがあって。 彼らは「飛行機を飛ばすためには高度な技術が必要」と判断して、飛行機の運転をめっちゃ練習したそうです。 飛行機を理論上発明することは他の人もしてたらしいですが「乗る練習をした」ってとこに圧倒的な実行力の差があったのかと。 昨日も書いたんですが、頭の中で思いついただけでは成果は出ないです。飛行機を飛ばすためには 飛行機を [続きを読む]
  • マルチタスクばか野郎1
  • やらなきゃならないことが山積み。どれから手を付けていいのか分からない。ちょっとそんな日々です。 いつもか(笑) ちょっとだけ、そういう時のやり方の答えが見つかったような気もするので書きます。 音楽作る人にありがちな病気みたいなものがあって 曲を作ったら、練習してライブやって録音して発表、というプロセスを経ていくのが普通なんですけど 前の曲がぜんぜん形になっていない状態なのに次の曲を作っていってしまうと [続きを読む]
  • new album「Show Must Go On」全曲トレーラー映像公開
  • クアルテートリプリの6thアルバム「Show Must Go On」ですが、全曲試聴トレーラー映像を発表いたしました。ぜひ見てみてください。またホームページ上で、アルバム1曲目の「タイムトラベラー」の1曲フル配信もしております。http://quartetolivre.com/ホームページもマイナーチェンジしておりますのでぜひ訪れてみてください。これを作るのにパソコンと格闘してましてブログを更新する間もなかったという訳です。映像を作るとか [続きを読む]
  • 3月もう後半!!汗
  • 予定がマジでヤバいです。娘の広島へ進学もあって、3週間連続広島。(そのうち一回はバンドでライブ) 連続3週の翌週は東京へ新作アルバムのプロモーション。 プロモーションが始まるまでに試聴サイト、アルバム特設サイトも設置しないと。 とにかく時間がない。仕事も佳境だし。色々良くも悪くも起こり続けるハプニングに不安半分、わくわく少々。 いっつもアルバム作った後はエネルギーを使い果たしてプロモーションとかおざ [続きを読む]
  • 全国リリース日決定
  • クアルテートリプリのニューアルバム、「Show Must Go On」全国リリース日が5月16日に決定し、それに向かって現在コツコツと動いております。 本当に色々な方々に協力して頂いて(涙)このご恩はけっして忘れません。 前の日記のメモパッドにも書き込んである、やらなきゃならんリストをパソコンのtodoに移行してみるともう、ほんっとに暇なし。 リリース1ヵ月前までにはアルバム特設ページ公開、youtubeでのトレーラー公開、 [続きを読む]
  • RHODIAのメモ
  • いい習慣が身につくと聞いては、新しいツールを手に入れて高揚感に浸ってしまう。 ステーショナリー好きの悪い癖です。今度は手の平サイズのお洒落メモパッド。ロディアです。 筆談ホステスが使ってたり、ネット調べたら活用法は山ほど出てきます。 ああしよう、こうしてみよう、というワクワク感がたまらない。これだから文房具やめられない。 これ、ミュージシャンにもよくある光景だな…新しい楽器や機材を買っては高揚感を感 [続きを読む]
  • 2018/03/11
  • 突然高熱と腹痛に。久々に2日間寝込みました。寝すぎて眠れないので今日は読書をしてます。 何年前かに買った本。この本は3.11の際に起こった不思議な体験をインタビューにしてまとめてある本(主に霊体験) 大きな災害が起こると、不思議な体験をする人が出てくるらしい。そして、3.11はその不思議な体験をした人の数は2割にのぼるとのこと。 本を読んで思ったことは、霊体験の不思議さよりも震災のすざまじさで。公 [続きを読む]
  • 3月の日々
  • 毎日ブログの更新とか外での作業とかに使ってきたPCが死にました。持ち歩きまくって、ラバ馬のように使ってきた、全然大切にしてない2万のPC。 この中には重要なファイルは一切入ってなくて、エバーノートとかドロップボックスのクラウドに保存してたんで、そういう意味では困ってないのですがブログ更新とかアイデア出しとかが止まってしまって、なんだかけっこうお世話になっていたんだなあ、と改めて感謝です。 それで昨日は、 [続きを読む]
  • タモリ式入浴方その後
  • ずいぶん続いているタモリ式入浴法です。せっけんなどは使わずに、10分間だけお湯につかる、というやつ。いいかげんです。たまに関節の裏とかせっけん使ったりするし。 湯シャンも1年以上やってる気がする。湯シャンとはその名の通り、シャンプーを使わずお湯で洗うだけ。 湯シャンは最初はひどかった。シャンプーを使わないと、頭が油でべっとり。運動した後のこどもの頭の匂いになってましたが 一週間もするとお湯だけでサラサ [続きを読む]
  • I JUST SUED THE SCHOOL SYSTEM
  • この動画をシェアするのは何度目かな。「ギター部」を設立してもう5年になろうとしてます。その間に、この動画に出会い、もの凄く共鳴しました。そもそも「ギター教室」とせずに部活の名前にしたのは一方的に考えや、やり方を教えていくという場所にしたくなかったからです。そして、学校の部活動が現実とずれてきているかもしれない、とも思って部活動の代わりになるものが出来ないか?という思いもありました。みんなの「やり [続きを読む]
  • セルフライナーノーツ1
  • ちょうど2年前の2016年3月、制作中だったアルバム「黒い星・前編」はメンバーの脱退により制作は中止となりました。 コンセプトアルバム「黒い星・前編」は、ストーリーのあるアルバムで歌詞とSE、朗読で物語を音楽で表現するというアルバムでした。 じつは2016年の1月に、現メンバーの上手浩一郎氏にこのアルバムの主役視点の朗読をしてほしいと思って、彼の家に遊びに行ったという思い出があります。彼はその前年 [続きを読む]