ちゃーちゃん さん プロフィール

  •  
ちゃーちゃんさん: 日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜
ハンドル名ちゃーちゃん さん
ブログタイトル日々徒然〜歴史とニュース?社会科な時間〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/chachachiako/
サイト紹介文大好きな歴史、とニュースを中心に、楽しいお勉強を頑張ります。
自由文大好きな歴史と、社会科なニュースを中心に老化現象を防いで脳の活性化のため、ぼらぼら綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2011/12/15 14:50

ちゃーちゃん さんのブログ記事

  • 世界初の全身麻酔手術をした男・華岡青洲
  • 華岡青洲の妻改版 (新潮文庫) [ 有吉佐和子 ]価格:496円(2018/8/10 21:59時点)感想(4件)今からおよそ200年以上前の江戸時代後期、紀伊国・・・今の和歌山県で、世界初の全身麻酔による手術が行われました。その前人未到の偉業に挑んだのが、華岡青洲です。まだ、医学が発展していなかった時代、一介の村医者に過ぎなかった青洲は、いかにして難しい外科手術を行ったのでしょうか?カギを握ったのは、麻酔薬通仙散でした。華岡青 [続きを読む]
  • 第28回「勝と龍馬」
  • 大河ドラマ 翔ぶが如く 完全版 DVD-BOX全巻セット価格:38,880円(2018/8/9 14:47時点)感想(0件)西郷どん・・・なんだか見ていて全く理解できず、虚しくなってしまいました。そんな第28回「勝と龍馬」でした。小栗旬さん大好きなのに・・・その大好きな小栗旬さんをもってしても、私の興味は薄れてしまったの・・・??銀さんの方が、一本筋が通ってたりして・・・??で・・・お話は・・・??禁門の変の時に右足を負傷した吉之助、 [続きを読む]
  • 「西郷どん」と「翔ぶが如く」
  • 大河ドラマ 翔ぶが如く 完全版 DVD-BOX全巻セット価格:38,880円(2018/7/29 07:57時点)感想(0件)最近、「西郷どん」のことを書いているブログなんかを見ていて・・・「翔ぶが如く」は良かった。みたいな感想を語っている方がとっても多いので、ちょっと見始めました。この作品当時、私は大学で忙しく、歴史は大好きでしたが、全く見ていなかったので・・・。今現在8話まで見たんですが、西郷どんや最近の作品とと比較してはいけない [続きを読む]
  • 第27回「禁門の変」
  • 西郷どん 後編 (NHK大河ドラマ・ガイド)新品価格¥1,188から(2018/7/26 09:29時点)う〜ん・・・かなり挫折しそうです。私がブツブツ言いながら「西郷どん」を見ていると、旦那がいつも言います。「だって、これが史実だから〜〜」今回も、ブツブツ言っているといいました。「歴史なんてそんなもんやで。 普通の人間がやったことを、あとからお前みたいなのが美化するんや。」って。言っている意味は分かるし、私が美化しているの [続きを読む]
  • 橋本左内 維新を先駆けた男 安政の大獄に死す!
  • 啓発録 (いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ12)新品価格¥1,512から(2018/7/23 20:55時点)西郷は、後にこう言っています。「才能や学識、人間の器、左内にわれの及ぶところは一つもない」と。日本を震撼させた安政の大獄・・・左内は捕らえられ、僅か26歳で刑場に散りました。どうして幕府は、左内に死を命じたのだろうか?1834年、福井藩の藩医の家に生まれた左内・・・その人となりを表す資料が残っています。「啓発録」 [続きを読む]
  • 第26回「西郷、京へ。」
  • 素顔の西郷隆盛 (新潮新書)新品価格¥886から(2018/7/22 07:02時点)副題そのまんまの吉之助が風雲急を告げる京へと向かいますよ〜〜!!やっとこさの幕末です。はてさて・・・どうなるんでしょうか??それにしても、皆さんお下品で困ります。ポスター新しくなってますよ〜〜!!って・・・ゲッ!!愛加那、まだ出てくんのか!?これから風雲急を告げて・・・って、もう告げてずいぶん経ってるけど・・・西南戦争まで私のイメージ [続きを読む]
  • 第25回「生かされた命」
  • 逆説の日本史 20 幕末年代史編3 西郷隆盛と薩英戦争の謎 (小学館文庫)新品価格¥788から(2018/7/14 16:13時点)御無沙汰していました。ほんと、なんだかやる気の出ない「西郷どん」です。風雲急を告げているはずの幕末は、遠く・・・どこにいったのかしらん??食べるものも食べず、小さな牢で死にかけた吉之助は、島民に助けられます。って、この吉之助、「意地でも食べない!!」子供みたいな抵抗をしているようにしか見えないの [続きを読む]
  • 聖徳太子は実在したのか!?
  • 聖徳太子 本当はなにがすごいのか [ 田中 英道 ]価格:1,620円(2018/7/12 10:19時点)感想(1件)日本の紙幣に7度も肖像画を使われた人物・・・偉人中の偉人聖徳太子です。遣隋使を送るなど、日本の仏教の礎を築いた重要人物として知られていますが・・・近年その存在が疑問視されています。虚構か?実在か??6世紀末から7世紀初頭にかけての飛鳥時代、奈良地方にあった大和政権が日本を動かしていました。その政権の中心人物として [続きを読む]
  • 第24回「地の果てにて」
  • 誰も書かなかった 西郷隆盛の謎 (中経の文庫)今回は、またまたまたまた島流しに遭う西郷どんです。理由は、国父・久光に逆らったから!!どれだけ孤独にさいなまれるか??そこがポイントです。吉之助がいなくなった京都で寺田屋騒動が勃発!!薩摩藩の仲間でであった者たちが制裁するという新選組以上にキツイハズなんですが・・・そうでもなかった西郷どんです。薩摩藩邸宿・鍵屋では、久光に自ら謹慎を申し出た一蔵・・・お虎に [続きを読む]
  • 第23回「寺田屋騒動」
  • 薩長史観の正体新品価格¥1,620から(2018/6/29 21:03時点)寺田屋騒動っていっても、あの龍馬さんの寺田屋事件とは違うお話し。今までのほほんとやってきた西郷どんで、こんなキツイ事案をするのは、とっても大変だったんじゃないかなあ・・・って思う回・・・だと思う。なるはずだ!!血気にはやり、志士たちを押さえるために京へ向かった吉之助・・・下関で待っていなかったことで、久光の逆鱗に触れてしまいました。ま、当たり前 [続きを読む]
  • 歴史の影に忍びあり! 知られざる「忍者」の正体に迫る
  • 忍者文芸研究読本新品価格¥1,944から(2018/6/28 15:35時点)忍者の歴史はいまから600年前の南北朝時代。激しい争いの中、情報収集・潜入活動などの技術が発達し、「忍び」という職業として成立しました。以降、徳川家康、武田信玄、毛利元就・・・忍びを使わない武将はいませんでした。しかし、本当の忍者は、私たちの想像とはかけ離れています。戦闘のプロのイメージが強いですが・・・戦いません。今でいうスパイのような存在で [続きを読む]
  • 秀吉 中国大返しの真実
  • 信長・秀吉・家康 天下人の夢新品価格¥7,695から(2018/6/27 22:55時点)1582年・・・6月2日早朝・・・京都で戦国の歴史を大きく変えた本能寺の変が起こります。天下取りを目前にしていた織田信長が、明智光秀の謀反に会い自害したのです。そんな主君の敵を討ったのは、ご存じ、豊臣秀吉です。織田信長の死を一番最初に知ったのは、京都に近い大坂で四国攻めの準備中だった信長の三男・信孝と丹羽長秀でした。信孝と丹羽長秀が信長 [続きを読む]
  • 第22回「偉大な兄 地ごろな弟」
  • 新版 南洲翁遺訓 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)新品価格¥691から(2018/6/26 14:41時点)いつも、1回見てからもう一度見ながら感想を書いています。この回の記憶がないんだけど・・・なんでだろ??そういえば、先日、WOWOWで「銀魂」小栗バージョンをやっていたんですが・・・あんな幕末ギャグマンガでも、一人ひとりキャラ立ちしていて、とってもかっこよかったです。ちなみに・・・主役級の3人はもちろん、佐幕派の [続きを読む]
  • 楠木正成は悲劇の忠臣か
  • 軍神の血脈 楠木正成秘伝 (講談社文庫)大楠公として歴史に名を残す英雄・楠木正成。1331年8月、150年にわたった武家政権鎌倉幕府と後醍醐天皇との対立が表面化します。我が子への皇位継承を望む後醍醐天皇・・・それを阻む幕府に不満を募らせていました。天皇へ政の実権を取り戻すことを望んでいたのです。これに、河内の土豪・楠木正成が呼応します。武力と財力を備えた有力者だった正成。権威を振りかざし、権益を独占している [続きを読む]
  • 西郷と龍馬 薩長同盟の真相
  • 薩長史観の正体新品価格¥1,620から(2018/7/2 17:44時点)1866年1月・・・風雲急を告げる幕末の京都で・・・時代を大きく動かす密約が結ばれました。薩長同盟です。交渉に当たったのは、薩摩藩が小松帯刀と西郷隆盛、長州藩が木戸孝允、そして・・・交渉成立に深くかかわったとされているのが坂本龍馬です。薩長同盟を機に、薩摩と長州を中心に討幕運動が加速!!突き進んでいくこととなります。元々は犬猿の仲だった薩摩と長州がど [続きを読む]
  • 第21回「別れの唄」
  • 素顔の西郷隆盛 (新潮新書)新品価格¥886から(2018/6/21 08:56時点)大好きな幕末、大好きな大河だというのに、前回に引き続き、不覚にもウトウト居眠りしてしまった。それがちょっと悲しかった回でした。愛加那との間に、男の子が生まれました。とっても嬉しそうな吉之助です。島の儀式にのっとって、みんなでお祝いです。最初の子なので、”菊太郎”にしようとする吉之助ですが・・・”菊次郎”と名付けてほしいという龍佐民・・ [続きを読む]
  • 明治に本 首都は三択だった!〜大久保利通 東京遷都の真実〜
  • 大久保利通: 西郷どんを屠った男新品価格¥1,000から(2018/6/19 09:38時点)東京が首都になったのは150年前・・・京都から都が移されました。しかし、東京遷都は、正式には宣言されていません。それどころか、「首都は東京」と定めた法律もありません。その理由は明治の初めにありました。徳川幕府が終焉し、明治新政府が樹立・・・近代国家・日本を目指すために、浮かび上がったのが遷都でした。この遷都を最初に提案したのが大久 [続きを読む]
  • 第20回「正助の黒い石」
  • 2018年NHK大河ドラマ「西郷どん」続・完全読本 (NIKKO MOOK)新品価格¥1,080から(2018/6/12 21:29時点)大好きな幕末、大好きな大河だというのに、不覚にもウトウト居眠りしてしまった。今回は、正助が主人公のようです。ちょっと政治的に頑張ってくれると思いましたが・・・上記の通り、居眠りしてしまいました。菊池源吾として島で愛加那と一緒に生きていく決心をした西郷さん・・・。愛加那は、結婚したので、夫や新しくできるで [続きを読む]
  • 鎌倉炎上〜鎌倉幕府はなぜ滅亡したのか?〜
  • 足利尊氏再発見: 一族をめぐる肖像・仏像・古文書新品価格¥2,376から(2018/6/8 23:37時点)武家政権による初めての幕府が開かれたのが鎌倉。その海岸線で、1953年に驚くべく物が発見されました。900体以上の人骨です。骨は、14世紀前半のもので、刀傷や打撲痕があり、鎌倉幕府滅亡の際の戦死者ではないか?と言われています。1333年5月22日、鎌倉は討幕軍が放った火によって炎上・・・6000人以上の死者が出て、鎌倉幕府14代執権北 [続きを読む]
  • 真相!戦国山城合戦!知将・毛利元就の決断
  • 中村橋之助主演 大河ドラマ 毛利元就 完全版 第壱集 DVD-BOX 全7枚【NHKスクエア限定商品】新品価格¥19,250から(2018/6/6 16:19時点)深い山々に覆われた中国山地・・・ここは、産地面積が7割を超える日本有数の山岳地域です。備中松山城をはじめ、山城が点在する全国でも有数の山城地帯です。鎌倉時代以来、山間の小さな領地を支配した毛利一族・・・元就は、毛利家の次男として生を受けました。当初、家督は長男が継ぎ、元就は [続きを読む]
  • 第19回「愛加那」
  • 愛加那と西郷今回は、薩摩藩に詐取される奄美大島の人々と、お決まりの悪代官・・・そして、その人々を助けた西郷さんのお話しでした。??いろいろ書きたいことはあるような気もしますが、今回は「大河ドラマ」ではなく「水戸黄門」と思っておきます。そうそう、悪代官の田中様が正助の手紙で菊池源吾=西郷隆盛と知った時の顔・・・浅見陽一郎に問い合わせて、警察庁刑事局長の弟・浅見光彦とバレて慌てている刑事様なお芝居で笑 [続きを読む]
  • 西郷の相棒・大久保利通の若き日
  • その時、勤王志士・朝廷、慶喜政権、江戸幕府らは、西郷隆盛・大久保利通・薩摩藩年表帖 上巻 ペリー来航から王政復古まで、時系列でわかる! [ ユニプラン編集部 ]価格:1,404円(2018/5/29 18:07時点)感想(0件)今から140年前の1878年5月14日、東京千代田区の紀尾井坂で事件が起こります。明治維新を成し遂げた一人の英雄が暗殺されたのです。殺されたのは、薩摩藩出身の大久保利通!!大久保は、今の総理大臣である内務卿として、 [続きを読む]
  • 第18回「流人 菊池源吾」
  • 大河ドラマ 西郷どん 完全版 第壱集 ブルーレイBOX 全3枚+特典ディスク1枚 BD価格:13,932円(2018/5/18 14:21時点)感想(0件)この回から、奄美大島編です。ツッコミどころは満載ですが、ドラマとしては今までよりも面白かったと思うんですけどね。。。どうでしょう??前回、月照さんと入水して・・・一人助かってしまった西郷どんは、菊池源吾と名を変えて、奄美大島に流され・・・ではなく、幕府の目をごまかすために匿われること [続きを読む]
  • 日本地図を作った男・伊能忠敬
  • 伊能忠敬: 日本を測量した男 (河出文庫)新品価格¥907から(2018/5/17 17:32時点)今から200年前の4月、一人の男がこの世を去りました。日本で初めて実測によって日本地図を作るという偉業を成し遂げた伊能忠敬です。地球一周分歩いて作った大日本沿海輿地全図は、今の地図の原型で、その完成までには様々な苦労がありました。千葉県香取市佐原・・・ここに伊能忠敬が暮らした家が残っています。1762年忠敬18歳の時に、酒造業を営む [続きを読む]
  • 白虎隊と会津戦争の真実
  • 白虎隊 [DVD]新品価格¥5,180から(2018/5/24 22:55時点)その美しさから会津富士と呼ばれる明峰・磐梯山今から150年前、この山の麓で、戊辰戦争最大の激戦が行われました。藩の誇りをかけた会津藩が、攻め込んできた新政府軍に徹底抗戦!!そんな会津藩に悲劇が・・・白虎隊の少年兵たちが非業の死を遂げたのです。城が陥落したと絶望して・・・。今も語り継がれる白虎隊と会津藩・・・その壮絶な最期とは・・・??会津藩は、伊達 [続きを読む]