futaro さん プロフィール

  •  
futaroさん: 風太郎のPな日々
ハンドル名futaro さん
ブログタイトル風太郎のPな日々
ブログURLhttp://futaro1980.blog.fc2.com/
サイト紹介文昔の国鉄ローカル線、地方私鉄や最近のローカル線など、旅の写真と思い出で綴るブログです。
自由文1980年代、「鉄道のある風景」を求めて全国を旅した風太郎が写真と文章で綴る、ローカル線紀行。バリ鉄ではありませんが、自然溢れる沿線や、出会った人々など、しばし「鉄路の叙情」を感じて頂ければ、と思っています。しばらく「鉄」から遠ざかっていましたが、最近復活、ローカル線の「今」も綴っています。その他自然風景、日々雑感諸々まで。なるべく頻繁に更新したいと思っています。よろしくお願いいたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2011/12/18 14:44

futaro さんのブログ記事

  • IN THE CITY 1   帝国の要塞
  •   上野駅13番ホーム   2017年「宇宙征服を企む悪の帝国の秘密要塞に潜入」 というイメージで撮りましたと言ったら怒られるかな。年の瀬に此処で酒臭い親父を満載した北行き座席夜行が発車を待っていた時代は昨日の事のようだけれど。HPはこちら  「風太郎の1980年田舎列車の旅」Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みに [続きを読む]
  • 白い朝
  •    鹿島鉄道 桃浦   1981年夜明けの冷え込みは本格的な冬の到来を告げる。昇る朝日と共に霞ヶ浦の水面からは濃い靄が湧き立つのだった。白い朝。4種踏切ばかりだから警報音は無い。小柄な単行気動車のタイフォンだけが、しじまに響いて消える。HPはこちら  「風太郎の1980年田舎列車の旅」Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただ [続きを読む]
  • 秋が滴る  その16   逝く季節
  •   大糸線 根知   2018年11月陽が落ちてテールランプを見送れば、これが大糸線、というよりこの秋のラストショット。山があって里があって季節の彩りがあって、そしてその狭間をゆくローカル線があって。小さな国土に詰め込まれた繊細な叙情の愛おしさを改めて。四季の巡りを味わうは、逝く季節を弔い続けることでもある。アルプスの彼方から里に降りて来る、初雪の便りはまだか。( 秋が滴る  おわり )HPはこち [続きを読む]
  • 秋が滴る  その15   心の休日
  •   大糸線 南小谷   2018年11月暑い寒いも無く、澄んだ山の空気の下での贅沢な一日。心の休日とはよく言ったものだ。 自然の癒しに感謝。時を忘れて戯れるうち、秋の陽は早や傾く。  南小谷  南小谷( 写真展漫遊録 )普段オーストラリアを拠点に活動されているカメラマンの相原正明さんが自分の原点と言われる鉄道写真展。雪の夜の写真を中心に構成されているのだが、現役SL最末期の写真から、多分1970年 [続きを読む]
  • 秋が滴る  その14   小道を辿れば
  •   大糸線 頸城大野   2018年11月撮影ガイドを賑わす 「雨飾山」 は雲が掛って望めなかった。無論雪も無いからこの季節の狙いでは無いのかも知れない。でも細やかな季節の味わいは、ガイドを外れた小道の脇に人知れずあるものだ。   平岩( 写真展漫遊録 )インベカヲリさんという女性カメラマンの写真展を見るのはこれが初めてでは無いのだが、見るたびにガツンと圧倒されるところがある。女が女を撮るという作業 [続きを読む]
  • 秋が滴る  その13   季節の隘路
  •   大糸線 中土   2018年11月姫川に沿った狭い谷間に回転を上げたエンジン音が響く。季節がひと登り毎に深まってゆく。HPはこちら  「風太郎の1980年田舎列車の旅」Copyright © 2018 風太郎のPな日々 All rights reserved「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります! ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 秋が滴る  その12   アルプスが見下ろす
  •   大糸線 南小谷   2018年11月早朝、うっすらと霜に覆われた小道を歩いて振り返れば。山の名前はとんと不案内だけれど、正面は白馬岳、かな?山の写真、それも列車と組み合わせるとなればこれは運試し、朝靄を抜けた列車は、雲の切れ間に辛うじて間に合った。P.S.「鹿島槍ヶ岳」であると多数ご指摘いただきました。 有難うございます。    切り立った岩峰の双耳が特徴で日本百名山のひとつとの事、なかな [続きを読む]
  • 秋が滴る  その11   大地の回廊
  •   大糸線 平岩   2018年11月返す刀で大糸線。 ちゃんと撮るのは初見参。大糸線と言えば北アルプス、3000m級の麓の高原列車の先入観さえあるが、姫川沿いのこの辺りの標高は200mにも欠ける程度、房総半島の山中並みでしかない。紅葉はまだ降り切っていなかったかという勇み足は否めないが、此処が日本列島を横断する、いかに巨大な「溝」であるかも実感させる。太古の大地が深く刻んだ回廊、その隘路をささや [続きを読む]
  • 秋が滴る  その10   冬の足音
  •   只見線 大白川   2018年10月なんとか心と秋の空。 夕刻が迫れば再び雲に覆われる。忍び寄る冷気。 数日後には浅草岳も初冠雪を迎えたらしい。間もなくすべてが深雪に閉ざされ人跡絶える峠道。ひっそりと冬の足音が近付いている。  大白川  大白川実は風太郎は 「 旅のお土産 」 なる世間の風習が大嫌いである。それを探すに貴重な旅の時間が無駄になるわ、ただでさえ重い荷が更に重くなるわ。名物に旨いもの無 [続きを読む]
  • 秋が滴る  その9   織る錦
  •   只見線 大白川   2018年10月松を彩る かえでや蔦は 山のふもとの 裾模様赤や黄色の 色さまざまに 水の上にも 織る錦なかなか合わない三重唱と共に思い出す歌詞にあれば、いまや世界のコンテンツ 「KIMONO」 を生み出した日本人の感性は、やっぱりこの自然が育てたかと。列車は裾模様を縫うように。   大白川HPはこちら  「風太郎の1980年田舎列車の旅」Copyright © 2018 風太郎のPな日々 All [続きを読む]
  • 秋が滴る  その8   透過光
  •   只見線 大白川   2018年10月この季節の澄んだ大気は透過光でこそ。硬質な光をキラリと返して。  大白川( 写真展漫遊録 )佐藤秀明という作家さんは、風太郎が若かりし頃アドバダイジングの分野で確か接点があったはずなのだが、廊下トンビみたいな若造をまともに相手にしてくれるはずも無く。後に聞けば北極点に最初に到達した写真家だそうだし、ワイルドな紀行作家の薫陶を戴きたかったと嘆いても後の祭り。ア [続きを読む]
  • 秋が滴る  その7   夜明け
  •    只見線 入広瀬   2018年10月払暁。魚沼の山々と里を見下ろす高みに立つ。前日の雨による高湿度と今朝の無風快晴が重なれば、光と大気のスペクタクルに当たるは極めて高確率な訳で。谷に垂れ込めた雲海は朝の光と共に生じる上昇気流に押され俄かに動き出す。鮮やかに変化してゆく夜明けのドラマには通過時刻すら忘れてしまう。通過時刻というなら線路に朝日が回るまであと5分足りなかったか。まあどっちがいい [続きを読む]
  • 秋が滴る  その6   暮れる
  •   只見線 魚沼田中   2018年10月暮れなずむにつれ雨は小降りになった。里に満ちる重く湿った大気を割って。家路につく人々を迎える頃には雲の切れ間に星が瞬く。明日は天気か。   越後広瀬HPはこちら  「風太郎の1980年田舎列車の旅」Copyright © 2018 風太郎のPな日々 All rights reserved「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります! ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 秋が滴る  その5   奥只見
  •   只見線 只見   2018年10月紅葉の色づきは標高と共に鮮やかさを増す。もっともっとと追っているうちに例の浅草岳望みのお立ち台まで着いてしまう。群れて撮るのも癪だが、せっかく六十里を越えたのだから此処には挨拶しなければなるまい。今年は色づきいまいちとか、毎年天気悪いんだよなーとか周囲の余計な嘆きも聞こえて来るが。お手本通りの塗り絵じゃあるまいし、二度と繰り返さないその瞬間の美を自分の目で見つ [続きを読む]
  • 秋が滴る  その4   煙る峠道
  •   只見線 大白川   2018年10月気圧の谷が接近は分かっていたけれど。峠道は雨に煙る。HPはこちら  「風太郎の1980年田舎列車の旅」Copyright © 2018 風太郎のPな日々 All rights reserved「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります! ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 秋が滴る  その3   ハーモニー
  •   只見線 大白川  2018年10月この日は 「只見紅葉満喫号」 が走った。「やっぱり旧国鉄ツートンはニッポンの四季いずれとも調和する。」 という予定原稿があったのだが、タラコとはフェイントだあ。でもこれはこれで合うか。 四季の色彩が饒舌であるほど、それとケンカしないシンプルなデザインこそが鉄道と自然の絶妙なハーモニーを作るのだ。それにつけても昨今横行する 「ラッピングトレイン」 は。鉄道車両を広告 [続きを読む]
  • 秋が滴る  その2   蒼の刻
  •   只見線 入広瀬   2018年10月霧雨の夜明け前。小出口の朝はこの送り込み回送から始まる。蒼いしじまに、微かな轍が響いて消える。HPはこちら  「風太郎の1980年田舎列車の旅」Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります! ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 秋が滴る  その1   水の匂い
  •   只見線 大白川   2018年10月凛と冷えた大気は密やかに結ぶ露を呼ぶ。透明な陽を受けて空に還ればまた雨となって再び土を潤す。ひと雨毎に増してゆく木々の彩り。春は花の香り、夏は草いきれなら、秋は水の匂いがする。二本のレールもまた、水の輪廻の天地をゆく。ニッポンの四季に、帰って参りました。  越後広瀬HPはこちら  「風太郎の1980年田舎列車の旅」Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All ri [続きを読む]
  • 模型のような
  •   蒲原鉄道 大蒲原   1982年ふつう地面というものは想像以上に起伏に富んでいるもので、その起伏を絶妙に捉えた宮下洋一さんとかのセクションを見せられれば溜息が出てしまう。観察眼が卓越しているのはもちろんだが、それを模型的に違和感なく再現するには天性のセンスも必要かと思うからだ。さてそれにつけてもこの大蒲原駅はどうだ。むしろデキの悪い模型のようなと言うべきか。まるでベニヤ板にそのままフレキシブル [続きを読む]
  • 揺らぎ
  •    大井川鐡道 家山  2018年3月架線の下の蒸気ぃ?はあぁ? と日頃ゴネている者としては白旗を上げた感じですが。汽車に揺らぐ桜花という色気にやられた次第。通過直前にノコノコやって来る舐めっぷりでは視界を三脚の密林に阻まれるは当然ながら、しからばと脚の間の僅かな隙間を通した手持ちロングレンジ狙撃だ。HPはこちら  「風太郎の1980年田舎列車の旅」Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All ri [続きを読む]
  • 旅のたまゆら   四十二
  •   名寄本線   1988年いつの事だったろう。心躍る旅はその道程に在って、行く先や目的は些細な付属物でしかないと気付いたのは。HPはこちら  「風太郎の1980年田舎列車の旅」Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります! ↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • ミンガラーバ!  その41   ゆらり時は流れ
  • 時間を几帳面にきっちり守るところは日本人の美徳なのだろうが、それは別段DNA的資質ではなく、明治以来全国津々浦々まで伸びた鉄道網が、分単位秒単位で正確に運行するという伝統が育てたという説がある。写真を整理していて気付くのは、「ミャンマー人は腕時計をする習慣が無い」という事実である。ねえ今何時?と聞かれる事は実際にあったから本当に時計を持っていないのだと思う。また今時腕時計が高価過ぎて手が出ないとい [続きを読む]
  • ミンガラーバ!  その40   ラストショット⑤
  •   ミャンマー国鉄 マダヤ線   2018年7月まだ日本が貧しかった頃。開拓やら農産物輸送やら鉱山やら、様々な目的でか細い二本のレールは津々浦々まで延ばされていった。それは貧弱な車両や施設であったかも知れないが、ささやかな豊かさをその線路際にもたらしたに違いなかった。誰も知らない日本の片隅にひっそりと走り続けた素朴な鉄道。その土地に生きる喜び苦しみを、小さな車内に閉じ込めた鉄道。そんな鉄道の大部分 [続きを読む]
  • ミンガラーバ!  その39   ラストショット④
  •   ミャンマー国鉄 マダヤ線   2018年7月今日は思いのほか乗客が多く、車内はスシ詰めである。華やいだ感じの服装の人も多いので、マダヤで何かの催しがあるのかもしれない。凄まじい走行音と、それに負けない会話のボリュームが混然となった列車である。終着マダヤの機回し。 日中線熱塩を思い出す。折り返し列車には例によって次々荷物が積み込まれるのだが、車掌が小荷物料金の徴収に回って来る。「これあん [続きを読む]
  • ミンガラーバ!  その38   ラストショット③
  •   ミャンマー国鉄 マダヤ線   2018年7月マダヤ往復プチトリップに出発。暫くの間、マンダレイの町外れの下町っぽいところ、軒先を掠めるように。家々は言っては悪いが 「アバラ屋」 風が多いのだが、それ故家の中まで良く見通せ、部屋の奥には結構大型の液晶テレビが鎮座していたり、衛星放送のパラボラが林立していたり。「三種の神器」 の時代を今生きているのだろうか。風太郎は隅田川のほとり、入り組んだ下町路地 [続きを読む]