みつろう さん プロフィール

  •  
みつろうさん: 笑えるスピリチュアル
ハンドル名みつろう さん
ブログタイトル笑えるスピリチュアル
ブログURLhttps://ameblo.jp/mitsulow/
サイト紹介文神様から直接聞いた、幸せになるための方法とは?スピリチュアルを、一緒に楽しく探検してみませんか?
自由文バシャールやエイブラハム(引き寄せの法則)神との対話など、人外の者(ジンガイノモノ)からのチャネリング情報が大好きですか?
そうですか。
みつろうは、スピリチュアル系の某有名スレッドで、願望を実現するために、各種アファメーションや、メソッドなどを開発する医学博士ですか?
そうですか。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供371回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2011/12/20 11:49

みつろう さんのブログ記事

  • 本軍、大暴れ三振!
  • 昨日、多くのわらわ〜本軍の皆さんが、 全国の書店を攻めて回ってくれました。 いや、 店員を「責めて」周ってくれました。 本軍「なんで、入ってないんじゃい! 入荷日は今日だって、うちのアホの総大将に聞いとるでぇ!」 2軒も回ってくれた人↑ 3軒もハシゴしてくれた人↑ 10軒目で、やっと見つけた人・・・↑ もはや、「無いこと」を楽しんでくれるひろしさん↓ えーっと、台風のせいなんです [続きを読む]
  • 悪魔とのおしゃべり 読書感想
  • 「今回の本は、書店で売りたい」と、 急に言い始めたわがままを聴いてくれて。 全国の優しい皆さんが、各地の書店で予約をいっぱいしてくれたお陰で。 5日前に、吉報が届きました。 なんと発売前なのに、5,000部の大増刷がかかるという(笑) そもそも、初刷りが異例の3万部だったので、この大増刷で、確実に全国的に配本が行き届きます。 積まれるところでは、100冊レベルで積まれるそうです。 悪魔とのおしゃべり い [続きを読む]
  • 「あなた」も起こっていること
  • いつからだろう。 問題を、「問題だ」と捉えなくなってしまったのは。 自分の中の「こうなって欲しい(=こっちの方が正しい)」という特定の方向への支持が薄れ、 出た方を。 起こった方を。 現実となった方を、 「こっちの方が最善だったのだ」と観るようになっちゃって。 例えば、これ↓ 自身の「こうしたい(=開催したい)」とは、逆の結果が出てるから、普通なら大きなショックを受けるであろう場面でも、 すぐに、 [続きを読む]
  • 凶悪ゲーマーに散った仲間
  • 今回の本は出版社さんの意向で、 「書店で買って欲しい」との申し入れを受け入れました。 ただ、どうしても書店には行けない人(昔、書店で万引きしちゃったからなど(笑))を集めて。 残軍の勢力を結集して戦った、 ザンゾネスの戦い〜もう秋〜 昨日のお昼、戦地アマゾネスで多くの仲間たちが散るも、 惜しくも2位でした。 結集したのは、 「書店では、どうしても買うことが出来ない人たち。」 だから、 たぶん、書店ア [続きを読む]
  • 小さき者たちの、大きな喜び
  • 人類史を振り返ると、 いつも、そうだった。 「おっしゃぁ!!!」と叫んだのは、勝てそうも無い戦いだったから。 100連勝中の無敗の王者が、 予選1回戦で、メチャ格下の相手と戦って。 もう、絶対に勝てると分かってて、 そして予想通りに勝った時。 「おっしゃ!!」と叫ぶどころか、ガッツポーズすらしなかった。 振り返ると、 いつも、いつも、そうだった。 「おっしゃぁ!!!」と叫んだのは、勝てそうも無い戦いだっ [続きを読む]
  • 海江田ドッキリ企画
  • 先週に引き続き、 またもや石垣島に来ています。 なぜかと言うと。 なぜ、 急に石垣島に来たかと言うと・・・。 はい、ドーン。 海江田ディレクター。 みつろうTVファンにはたまらない、 1年ぶりの海江田ディレクターですよ? なぜ? なぜ、1年前に㈱スマド(みつろうTVを製作している動画会社)を辞めた彼が、みつろうTVの撮影をしているの? どうして、石垣島に居るの? 事件からさかのぼること、2週間前 [続きを読む]
  • 1億人の金持ちからのメッセージ
  • 5年に1度の中国で最も重要な会議、 共産党大会が、今日から北京で行われるそうです。 「13億人の中国人の意識が変わらないと、地球の意識は変わらない」ということで、上江洲義秀先生は中国での講話に力を入れています。 まぁ、「集合意識」というモノの存在は科学的にも証明されていますので、最大の母数を占める中国人の意識の変化は、たしかに地球に重要な影響を与えるのでしょう。 で、久しぶりに上江洲先生の沖縄講 [続きを読む]
  • 善人は感謝していない
  • 『悪魔とのおしゃべり』より。 ー悪魔ー 自分の力で生きていると思い込んでいる「善人」どもは、実は感謝なんてしてないのさ。 「私のチカラで、生きている」と信じている者が、どうやって他者へ感謝できようか? 私のチカラでは無いと思えるから、感謝できるんだろ? ー抜粋終わりー 今日もあなたが、 自分だけでは何も出来ないと見切った、 「悪人」でありますように。 予約受付中悪魔とのおしゃべり Amazon1章がな [続きを読む]
  • 本屋に行くと、下痢するのはなぜ?
  • 本屋に行くとお腹が痛くなる人って、けっこう居るんですね。 聴いたことはあったけど、コメント欄だけでこんなに居たとは。 なんか様々な原因(説)があるようで、 ・本のインクの匂いが腸をゴロゴロ説・トイレットペーパーと本の紙は同じだから、細胞がトイレを思い出す説・センター試験のテスト用紙を匂いで思い出してプレッシャー下痢説 これだけ被害者が居るんだから、思い込みじゃ無く実際に何らかのケミカル物質が原因 [続きを読む]
  • ザンゾネスの戦い
  • 今日は、コメント欄へのお応え(ameba公式になると、コメント欄での返信ができぬゆえ) 東京オペラシティに申請中です。 三角の天然ウッドピラミッドホール。 採用されると良いなぁ。 で、次にこれ↓ ーアマゾン大作戦とは?みんなでアマゾンで同じ日に買う事で、総合ランキング1位を目指すという、それはそれは正々堂々とした戦い。我がわらわ〜軍は、過去8冊。いや、過去8戦。全戦全勝。「総合1位」を過去8冊で勝ち [続きを読む]
  • 天河神社のご神事
  • 今日は、珍しく2記事目のUPです。 天河神社でのご神事ですが、 神社側へ「セオリツヒメが復活するのですか?」という問い合わせが多く、 柿坂宮司さんが困惑されているそうです。 この記事(⇒ここ)にも書いたのですが、 そんなファンタジーのような事が起こるわけは無く、 今回のご神事で神々しい女神さまが空中に現れる事はありえません。 「いつか起こる外界の変化」など待たず、外界より先に自分の内側で何かを起こし [続きを読む]
  • あがたの森とヒマラヤ杉
  • LINEに、読者さんから素敵な写真が届いた夏頃↓ これは「龍に観えるだけの雲」なんて逃げ腰で表現するより、 もう勇気を持って、「THE・RYU!!」と叫びたくなるような写真やん。 で、「どこなんですか、このお城は?」と聞くと、長野県は松本城だと。 すると、その翌日に、 さとうみつろう長野招致委員のはねっちさんから、松本で素敵なホールを見つけたとメールが。 あがたの森。もともとは神社で、参道としてヒ [続きを読む]
  • セオリツ
  • 「セオリツヒメ」というコトバが最近はやっているのは、 一つの「旗頭(はたがしら)」だと僕は思っています。 旗頭というのは、のぼりを立てることで、周囲の平面上に居る人々の目印となるモノの事です。 ↑平面上(二次元)にバラバラに住んでいる人々。 普段の日常生活で僕らは、平面上にピッタリと張り付いているので遠くを見渡せず、 この同じ次元内(平面上に)に同じような悩みを抱えた「同志」がいっぱい居る事に「 [続きを読む]
  • 瀬織津姫と天河神社
  • 呼ばれた人しか行けない神社、 天河神社。 (僕が2月にどうにかたどり着いた時の写真です) 不思議なモノで、行こうと思っても「呼ばれていない人」はカーナビが狂ったり、 急用が入ったりで、辿り着けないそうです。 逆に、行ける人(正確には「辿り着いた人」)は「呼ばれた人」で、 夢の中でお告げがあった人や、偶然立ち寄った人など、 様々なようです。 その天河神社に奉公していたのが、実は阿部敏郎さん。 芸能 [続きを読む]
  • 一瞬で【成功者】に成る方法
  • 「みつろうさんのような成功者になりたいです。」 という、過去最高に意味不明なおたよりを頂きました。 ちゃんと僕のまくらの抜け毛と頭頂部と左右のヒタイを、 お互いに見つめ合いながら、 お互いに心に正直に向き合って、話し合えばすぐに解決すると思います。 君のために。そして、僕のためにも。 見よこの頭頂部 誰が、ハゲた負け犬やんねん!おはようございます、さとうみつろうです。 「成功者になりたい」な [続きを読む]
  • マッサージに行きたくなるのは水曜日
  • 家の近くに、よく行くマッサージ屋さんがあるのですが、 水曜日が定休日なんです。 で、人間のサガなんでしょう。 「今日、マッサージに行きたいなぁ〜」と身体が思う日は、必ず水曜日なんです。 これを、「マッサージに行きたくなる日は、必ず水曜日の法則」と名付けたのですが、 背景(定休日が水曜だよとか)を伝えないと、まったく伝わらない法則名なので、 改名しようと思ってた、そんな矢先に。 ゆっこさんから、ダ [続きを読む]
  • 神に守られたヤバすぎる那覇大綱引きの裏話
  • 昨日は、那覇大綱引きでした。 僕はザラメちゃんの補助輪外し練習で行けなかったのですが、東が勝利したそうです。 東と西で戦うのですが、 過去47回の通算成績は東の15勝14敗15引き分け。 ピッタリ東西がどっこい・どっこいな感じがしますか? ところが、裏舞台は、ぜんっぜん違います。 なんと、47連勝しているんです。 何が? 「那覇大綱引き」自体が。 天の気分に対して。 ギネスに認定された、世界一の大 [続きを読む]
  • 本人に起こるなら、死んでないじゃん
  • 「息を引き取る」ことについて書いた昨日の記事へ、 『いきたひ』という映画が、おススメとのコメントを頂きました。 僕もさっき初めて聞いた映画名ですし、ストーリーも何も分からないのですが、 「いきたひ」という表現に、 「てふてふ」のような文学的なモノを感じまして(笑)、 きっと、良い映画だと思います。文豪としてのカンですが。 生命保険の販売員によると、 日本では「病気保険」は売れるけど、「生命保険」はま [続きを読む]
  • 息はこちらが、引き受けた
  • 叔父さんが亡くなり、 昨日は日帰りで、石垣島へ行って線香を立ててきました。 『営繕さん』の本をおじいちゃんの仏壇に供えるために、その石垣の叔父さんの家を訪れた今年の5月には、元気でした。 その翌月にすい臓がんがステージ4で見つかり、 医師に「余命3か月」と宣告され、実際にそのくらいの期間で。 「人の死というのは、こんなにもあっけないものなのか」と叔母さんは思ったそうです。 僕は、人間の「臨終の [続きを読む]
  • 悩みをマーケティングする③
  • 悩みは、詩になる。 全30回シリーズ(笑)の、第3夜目です。 今夜は、「果たして彼女は、本当にバカだったのか?」という主題を掲げ、マーケティングの観点なども織り交ぜながら、 みなさんとご一緒に考察できればなと思ってます。 あ、遅らばせながら。 お相手は、会社員時代にマーケティングについてけっこう勉強していた、 さとうゴールドマンみックスろうです。 さっそくですが、『ブランド価値』というモノを皆さん [続きを読む]
  • 悩みを詩にする②
  • 悩みは、詩になる。 全30回シリーズ(笑)の、第2夜目です。 昨日ご紹介した↑このLINE文面には、やはり共感できる部分が多かったらしく、多くの反響が。 とにかく、 4行目に「はじめまして」を入れんと。 すると、そのチョモランマ登山(悩み)も、 文学的な詩になるよ。 上には上が・・・。 登山家って、より高い山を目指しちゃうもんね・・・。 「不倫してた妻に耐えた」だけでもハードル高いのに、「全裸で [続きを読む]
  • 悩みは詩になる
  • 公式ラインには、おたよりを沢山いただきます。 数が多くて全ては見れないのですが、時間がある時に少し開いてます。 ここ2〜3日、「文学的な流れ」だったからでしょうか。 昨日見つけたすごい、センセーショナルなLINE文面。 「はじめまして」の位置が、とても詩的。 倒置法?(だったっけ?) 「はじめまして」を、そんなポエミーな位置に持ってこれるんだから、 きっとあなたは、大丈夫だと思うんです。 「はじめ [続きを読む]
  • CHIEちゃんの処女作
  • 昨日の記事でご紹介した、大作家しか泊まれないホテル山の上。 たった2泊でしたが、もう泊まったからには僕は文豪を名乗れるわけです。 で、僕ほどの文豪となると、やはり後輩作家の育成にも余念がありません。 CHIEちゃんの処女作となる書き下ろし小説が、講談社さんから出ています。 先輩文豪として、拝読させて頂きました。 CHIEちゃんは、ヤンチャだった14才の時に、脳に損傷を与えるほどの大事故に遭う。 [続きを読む]
  • 文豪が愛したホテル山の上
  • 先月のBBQの後に、 友達からナイスな情報をGET↓ 大作家のための、ホテルがある。 ほぉ・・・。 これは、泊まらないとダメでしょ。 あ〜、一応。 念のために。 大作家だよ、大殺界じゃないからね。 なんやねん、大殺界のためのホテルって。 大作家のための、ホテルね。 このメールの後、 ここへ。 編集の岸田さんから原稿を御茶ノ水駅で受け取るや否や、さっそくホテルへ。 みつろう「予約してないんですが、空いて [続きを読む]
  • 死は、生きてる人の中にしか起こらない現象
  • おたより、頂きました。死は、死んだ人の中に発生してるモノじゃなく、死は、生きてる人の中に発生してるモノ。その人の死は、その人に起こったことではなく、「その人の死」を観ている、いま、生きてるあなたの中に起こったこと。じゃあ、その人は「死んだ」と言えるのかな。あなたは、その人をまだ観ている。あなたの中に、その人はまだ、ちゃんと存在してる。「彼女が安らかであるならば」って祈りは少し変で、「彼女」は、あ [続きを読む]