ボンド命 さん プロフィール

  •  
ボンド命さん: For James Bond 007 Lovers Only
ハンドル名ボンド命 さん
ブログタイトルFor James Bond 007 Lovers Only
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ohmss007/
サイト紹介文ボンド映画をマニアックに伝えるつもりが、いつのまにやら映画・読書全般についてエラそうに語りつつ・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2011/12/21 16:21

ボンド命 さんのブログ記事

  • 【女王陛下の007特集】テレサ・ボンド没年は1969年なのか?
  • 新年明けましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願いします。2019年は『女王陛下の007(1969)』公開50周年ですね。年賀状を女王陛下風にしながらも干支(亥)を取り入れたり、映画の名場面のイラストやピズ・グロリアをデザインした年賀メッセージなど、何かと女王陛下風にされているボンドファンからもご挨拶をいただき、元旦から大変気持ちよく新年を迎えることができました。そんなわけでやはり『女王陛下』を見直 [続きを読む]
  • 2018年、ボンド命さんにモテキは到来したのか?
  • 2018年も今日で終わりです。皆さんはどんな一年でしたか?私は2017年があまりにイベントがありすぎて大忙しだったこともあり、今年はややセーブするつもりでした。しかし秋目サミット2018を筆頭に皆様のおかげでとても楽しい一年を過ごすことができました。映画も例年に比べると沢山見ることができましたし。これは公私ともに大きなトラブルもなく穏やかに過ごすことができたおかげだと思っております。いつもディスってますが、う [続きを読む]
  • 2018年度『談SINGシネマ』映画大賞・発表会に出席してきました!
  • 先日の007忘年オフ会の三次会でもwctjpさんと一緒にお邪魔した新宿ゴールデン街の『談SINGシネマ』さん。毎年常連さんから洋画・邦画それぞれベスト10をアンケートで集めて一位10点、二位9点、三位8点・・・十位1点という方式で集計して大賞を発表するイベントを開催しています。今年で7年目とのことですが、私は去年はアンケートのみ参加。しかも見た映画が少なすぎて洋画と邦画合わせて10本という中途半端な回答で、情けない思い [続きを読む]
  • 【大盛況御礼】007忘年オフ会2018@GOLDEN UNICORN(赤坂)
  • 12月22日(土)の007忘年オフ会2018にご参加いただいた関東のボンドファンの皆様、誠にありがとうございました。事前に美女二人をお呼びしていると散々煽っておりましたが、最後の最後にうちのオクトパシーの妨害工作が入ったり、もしかしてその美女たちが敵の組織が仕掛けた壮大なハニートラップなのでは?と疑っておりました。しかしそんな心配も杞憂に終わり、とても楽しい3時間でありました。相変わらずなんだか嬉しそうな私は [続きを読む]
  • うちのオクトパシーが放つ美人刺客のハニトラ手口とは(その壱)
  • 私は既に53歳のおじさんなので、美女が向こうから寄ってくるチャンスなどあるわけなく、仮にそんなことがあったらうちのオクトパシーのハニー・トラップ(ハニトラ)だと思うことにしている。私は相変わらず妄想癖のあるおめでたい性格の反面、腹黒くて疑心暗鬼な面もあって、『オレだけは絶対騙されないぞ、フン!』といつも警戒している。しかしカワイイ女の子や色っぽい美女が目の前にいざ現れると、罠とわかっていても飛び込む [続きを読む]
  • 次世代ヒロインに刮目せよ!カンフー美女から乃木坂46まで
  • 11月30日をもってTOHOシネマズのパスポートの有効期限が切れました。結果としては目標の30本に4本及ばず、それでも31日間で26本の映画を見ました。これほど集中的に映画館で映画を見まくったのは初めての体験(ちょっと疲れましたけど)。中には『こりゃあ〜お金を払った人は怒ってるだろうなあ〜』と思った作品がなかったわけでもありませんが、全てそれなりに面白かったですし、学ぶことも多かったです。今日からまたポイントを [続きを読む]
  • アラカン世代に捧ぐ!『スパイキャッチャーJ3』
  • 我々アラフィフ世代の更に上はアラシックスというのかな、と思ったらどうやらアラシックスとはジャニーズの『嵐』を病的(SICK)にお好きなファンの皆さんを指すようです。私の女友達にはそんなアラシックスを公言している猛者が多数いますので、彼女たちの誤解を招かぬように還暦前後という意味で60歳前後のおじさんたちを『アラカン』と呼ぶことにします(こちらも結構使われているらしい)。まあ、私も数年後にはその仲間入りな [続きを読む]