啄木鳥 さん プロフィール

  •  
啄木鳥さん: がんばれ長野
ハンドル名啄木鳥 さん
ブログタイトルがんばれ長野
ブログURLhttps://fightsport.exblog.jp/
サイト紹介文長野のスポーツを応援しよう
自由文県体協のスタッフがスポーツについての日々の活動を紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2011/12/22 21:42

啄木鳥 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 企業学校クラブ訪問
  •  国民体育大会等に出場予定の監督・選手等が所属する県内の企業及び学校等を訪問して、監督・選手のスポーツ活動の支援を、所属される代表者の皆さんに依頼する取り組みを今年度も行いました。 今年度は、八日間で31カ所の企業・学校等を、県教委及び競技団体の皆さんとご一緒に訪問させていただきました。各企業・学校の関係者の皆さんには、お忙しいところ大変お世話になり、ありがとうございました。  By 『 ... [続きを読む]
  • 平成30年度 スポーツ懇談会開催される
  •  4月26日の木曜日に、本会主催のスポーツ懇談会が、各界から160名を超える皆様をお迎えし、盛大に開催されました。 今回は、第73回国民体育大会冬季大会におけるスケート競技及びスキー競技のダブル総合優勝の祝勝会も兼ねての開催で、お祝いムード一色の楽しい時間が共有されました。 児玉副会長の開会の辞にはじまり、林理事長の主催者挨拶、そして、県スケート連盟の加藤副会長並びに県スキー連盟の河野副会... [続きを読む]
  • 今年も長野米「コシヒカリ」を寄贈していただきました
  •  4月26日に開催された本協会加盟団体の代表者会議に先立ち、今年も、全国農業協同組合連合会長野県本部様から、長野米「コシヒカリ」をご寄贈していただきました。 お米の寄贈は、「県内スポーツ選手の強化に役立ち、たくましい選手が育つように」との趣旨で、平成11年からスタートし、今年で20回目を迎えました。 当日は、長野県本部の嶌田武司副本部長様と長谷川孝治生産販売部副部長様が会場にお見えになり... [続きを読む]
  • 日独スポーツ少年団指導者交流
  • 10月31日、ドイツスポーツユーゲント訪日派遣団10名の皆様が県体協にお見えになりました。派遣団の皆様は、20代から50代の空手、バスケ、ハンドボール、バレーボール、柔道、陸上などを得意としたスポーツ少年団指導者の面々です。県体協では、丸山専務理事の歓迎の挨拶の後、ドイツ団のコンラート団長からご挨拶をいただき、その後、県体協及び県スポーツ少年団の概要について説明をさせていただきました... [続きを読む]
  • 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体監督会議開催
  • 第72回国民体育大会えひめ国体は、水泳競技、弓道競技など会期前競技が、9月17日に終了し、長野銀嶺冬季国体の高得点保持により現時点で天皇杯、皇后杯とも3位の位置におります。30日から本国体が始まりますが、それに先立ち、監督会議がスポーツ会館で開催されました。今国体では、天皇杯、皇后杯とも13位を目標に戦われます。会議では、各競技の監督から試合に向けて力強い抱負が述べられました。選手の皆さん... [続きを読む]
  • 愛顔(えがお)つなぐえひめ国体選手団決定
  • 今年度第2回目の総務専門委員会及び第3回理事会が開催され、9月9日から始まるえひめ国体に出場する選手団が決定されました。 出場競技数は、30競技、選手団総勢432名(本部役員44名、監督48名、選手268名、派遣トレーナ−22名、支援コーチ50名) 長野県選手団の旗手は、サッカー成年男子の永井鷹也選手です。 ガンバレ!「チームながの」GO!GO!  (k)○選手団名簿は、県体協HP... [続きを読む]
  • 二巡目国体開催内々定されました!
  • 長野県にとって二巡目国体となる、2027年「第82回国民体育大会」の開催の内々定(正式には、「開催申請書提出順序了解」と言います。)を日本体育協会からいただきました。長野県での開催は、1978年(昭和53年)の「やまびこ国体」以来の49年ぶりとなります。第82回国体は、夏・秋種目の本国体とスケートやスキー種目などの冬季国体を合わせた「完全国体」となります。今後、県は市町村や競技団体など... [続きを読む]
  • 北信越国体シンクロの激励に行ってきました。
  • 今年のえひめ国体の予選会となる「北信越国体」が福井県を中心に開催されています。今回は、シンクロナイズドスイミングの激励に金沢の「金沢プール」に行ってきました。来年の第73回福井国体のシンクロもこの会場で開催されるそうです。試合は、新潟県を除く4チームで争われ、長野県チームは、中学三年生コンビで臨みました。結果は、2位の石川に、0.0831ポイントの差で3位でしたが本国体に進めます。えひめ... [続きを読む]
  • トップ指導者ミーティングを開催しました
  • 今年度も競技力向上のための指導者ミーティングを開催しました。 「県体協丸山専務挨拶」   今回の講師は、ギャオス内藤こと内藤尚行さんです。内藤さんは、現役時代,マウンド上で「ギャオー」と叫ぶパフォーマンスを見せたことから「ギャオス」の愛称がつき、引退後も芸名として使われております。   内藤さんは、小学2年から野球をはじめ、ボールを壁にあててボールを受ける練習を黙々とやった... [続きを読む]
  • カーリング男子「SC軽井沢クラブ」来訪
  • 来年2月に開催される平昌オリンピックの出場を決めたカーリング男子の「SC軽井沢クラブ」の選手とコーチ、役員の皆さんがオリンピック出場を報告に県体協にお見えになりました。カーリングの日本男子がオリンピックに出場するのは、98長野オリンピック以来の20年ぶりになります。選手の皆さんから、これまでと同様に応援をお願いしますとの挨拶があり、当会丸山専務から平昌オリンピックでは最高のパフ... [続きを読む]
  • 男子バレーボールチーム来訪
  • 南箕輪村に拠点をおく男子バレーボールVリーグのVC長野トライデンツの笹川星哉監督とアレキサンダー・オソキン選手が先シーズン(2016〜2017)の結果と来シーズンの意気込みを報告に体協にお見えになりました。先シーズンは、チャレンジリーグⅠに昇格し3位という成績をおさめました。チャレンジリーグⅠは、8チームが参戦しました。笹川監督は、「来シーズンは優勝が目標、また愛媛で開催される国... [続きを読む]
  • 理事長・競技力向上専門委員合同会議
  • 12月12日年明けの「ながの銀嶺国体」から始まる「第72回国体」での目標を定めて、「チーム長野」一丸となって戦い抜いていくための会議です。古澤競技力向上専門委員長あいさつ【第72回国民体育大会目標】  ○天皇杯:13位以内 皇后杯:13位以内 ○冬季大会「ながの銀嶺国体」終了時、天皇杯・皇后杯ともに 1位獲得を目指す。 ○天皇杯獲得目標得点:1,191点 皇后杯:... [続きを読む]
  • SWANプロジェクト
  • SWANプロジェクト「オリンピック教育」を、先のリオデジャネイロ五輪、シンクロナイズドスイミング・チームで銅メダリストの箱山愛香さんをお迎えし、五輪出場から得たことなど貴重なお話を聞くことができました。既にシーズンインして海外に遠征をしているメンバーもおり、少数精鋭での勉強会でした。メンバーからの質問にも親切に答えていただきました。メンバー代表者からお礼の言葉と花束の贈呈... [続きを読む]
  • 過去の記事 …