SAM さん プロフィール

  •  
SAMさん: SAMとバイクとpastime
ハンドル名SAM さん
ブログタイトルSAMとバイクとpastime
ブログURLhttps://kpshoes.exblog.jp/
サイト紹介文BMWR1200RTとおんぶセローでバイクライフと田舎暮らしを楽しむ、SAMとhideのぶらぶら日記
自由文旅の足として乗り始めたバイク、今ではタンデムツーリングの素晴らしさの先に旅がある。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2011/12/23 00:37

SAM さんのブログ記事

  • 安土城址に思う
  • ヒマワリの後向かったのは安土城址宣教師フロイスは安土城をこう伝えている。城の真ん中には、彼らが天守と呼ぶ一種の塔があり、我らヨーロッパの塔よりもはるかに気品があり壮大な別種の建築である。この塔は七層からなり、内部にあっては、四方の壁に鮮やかに描かれた金色、その他 色とりどりの肖像が、そのすべてを埋め尽くしている。最上層はすべて金色となっている。「完訳フロイス日本史③」より。そんな安土城も完成からわ [続きを読む]
  • 盛夏の向日葵
  • 新聞がこんな素敵な写真で紹介していたので、琵琶湖湖畔のなぎさ公園へひとっ走り。新聞記事が8月3日、走ったのが8月5日あれあれ?「咲き競う大輪鮮やか」って書いてあったけど?そんなに遅れての訪問じゃなかったのにまさかもう終わってしまったのかい?朝8時だったからかな? 陽が高くなったら頭をもたげるのかな?記事には、「開花したばかりの」って書いてあった。だったらまだまだ「盛夏の向日葵」見られると思う。 ポ [続きを読む]
  • この色 この歓声
  • 素敵な写真が送られてきた。  青春の色が送られてきた。私はまだ甲子園で高校野球は見たことないけど、hideさんはダルビッシュを見に行ったアクティブ。アルプスのあまりの暑さに初めて買ったカチ割に生き返ったそう。天まで届け、この色 この歓声。 [続きを読む]
  • メッシュグローブとサンドイッチ
  • 寺田屋殉難九烈士之墓の大黒寺を後にし、向かったのは^^ RSタイチ京都店。名神京都南IC近くをバイクで走るときはつい寄ってみたくなるお店。 今回はメッシュグローブを物色してみた。    だが、クシタニやネット上でもなかなか気に入ったグローブが見つからない、そんな例に漏れずここタイチでもやはりお気に入りが見つからず断念。またしてもコーヒーいただいて退散かと思いきや、オフロードコーナーで発見。そういえ [続きを読む]
  • もう一つの寺田屋事件 「寺田屋騒動」
  • 1866年、伏見奉行による坂本龍馬襲撃事件の4年前にも寺田屋事件は起きていた。1862年、薩摩藩の尊皇派志士の鎮撫事件がそれ。竜馬の事件と区別するため寺田屋騒動とも言われている。約2ケ月前にNHK大河ドラマ「西郷どん」第23回で放映された凄惨な事件。 寺田屋に集まった「徳川幕府を倒すぞ!」という血の気の多い連中(倒幕派)にまあまあ待て落ち着けとなだめに行った仲間とが切り合った事件。 薩摩藩の同士討ち [続きを読む]
  • 明智光秀三部作 その三 「天王山 山崎の合戦」
  • 1582年6月2日 明智光秀 本能寺において主君の織田信長を討った。天下取りに向け動き出したものの、事は計画通りに進まないまま、思いのほか早く岡山出張から帰ってきた秀吉にダメだしされて、わずか13日間の天下人に幕を閉じた。 その、思いのほか早く岡山出張から帰ってきた秀吉と一戦を交えたのが事変から11日後の6月13日、天王山の麓の山崎(現在の京都府大山崎町と大阪府島本町にまたがる地域)で新政権を整える間もなく [続きを読む]
  • セローにやっとETC
  • セローはあくまで山遊び用。高速はRTで走る道なのでセローにはETCはつけていなかった。ところがここ一年セローでのお出かけが増え、街中の幹線道路は身軽なセローとてワープしたい、時間を稼ぎたいの思いから、やっとやっとETCを付けることになった。正直言って遅きに失した感じではある。なぜなら四国お遍路をETCなしてでもう三回も走っているから。まさか四国お遍路を完走しようって気になるとは思わなかったしね。 もぞもぞ [続きを読む]
  • 寺田屋事件 竜馬逃走の足跡を訪ねて
  • 1866年 京都伏見の寺田屋において、坂本竜馬は伏見奉行の捕り方に囲まれ手に傷を負いながら二階から屋根伝いに逃げ伏見薩摩藩邸にかくまわれた。その逃走の足跡を訪問した。 ということで一応寺田屋訪問。但し、寺田屋騒動、寺田屋事件の舞台となった寺田屋は鳥羽・伏見の戦い時に焼失していて、この建物は明治38年に登記されたもので、有名な風呂や階段があることから観光用として建てられたのではないかと思う。だとすれ [続きを読む]
  • 堺で、ランチと堺事件
  • 和歌浦天満宮の駐輪場から堺市のランチ処へ予約電話完了。今回も読売新聞「幸せランチ」からいただいたお店。阪和道を大阪方面に向かって北上、関空方面JCTで阪和道にお別れしてバイクでは初めて走る海沿い阪神高速4号湾岸線。緊張しても写真は撮るブロガー魂^^都会の高速道路の分岐や立体交差はナビも時に混乱するが、案の定大浜ICの出口で三つの分岐に瞬時に判断できず、路肩に寄せてナビ画面と景色の照合タイム、バイクでよか [続きを読む]
  • 和歌浦天満宮
  • 学問の神様菅原道真公をまつる和歌山市の和歌浦天満宮へと走った。 まずは鳥居前で記念撮影。時は6月16日 アジサイがきれいだった。紀州青石と呼ばれる結晶片岩の階段をのぼる。四国お遍路の時、徳島城や四国山中で観察した結晶片岩と同じくここの石も青く(緑)美しい。50段ほどの結晶片岩の階段を登り切ると本殿。振り返ると眼下にパノラマが広がっていた。青みがかった石段と、朱色の楼門のコントラストが美しい。青(緑) [続きを読む]
  • スタンプラリーポイントへ トライアングルツーリング
  • BMW Motorrad 中部道の駅スタンプラリー 西ポイント二箇所を走ってきた。まず向かったのが神戸市。都会に道の駅はほとんどないのに珍しく神戸市内。名神高速から交通量の少ない新名神とつないでやって来たのが道の駅 神戸フルーツ・フラワーパーク 大沢。神戸市内とはいえ北区は山の中だった!^^;9時過ぎ到着にもかかわらず、施設は9時30分オープン。「スタンプ帳には9時オープンと書いてあったから8時45分に来たのに」 [続きを読む]
  • 維新の記憶
  • 「読売新聞本社の夕刊で2017年4月から2018年3月に掲載された連載企画「維新の記憶」の計49回分が冊子としてまとめられた。の記事に目が留まり早速注文した。 京都壬生の新選組詰所 八木邸が表紙。この新聞連載を知ってからは毎回切り抜きスクラップしてきたのだが、そのスクラップももう必要でなくなった。内容的には 連載記事にもう少し写真や加筆があるのかなと期待していたのだが、記事のコピーがそのまま掲載されていたのは [続きを読む]
  • 和歌山へランチに走る −イタリアン「カラテッロ」−
  • 読売新聞の記事「幸せランチ」は庶民目線で選ばれたお店とお味につき、必ずしも人気店や有名店ではないのだが、旅の目的地として見知らぬ土地へいざなってくれるのが私好みで利用している。さすがにビルの二、三階・大阪市内などはチョイスから外してはいるが。和歌山市役所の裏というか西側。今日のランチ処「カラテッロ」さん発見。いかにもって感じの可愛いお店。店内はカウンターとテーブル席、空間がゆったりとってあって、うま [続きを読む]
  • 和歌山へランチに走る −和歌山城−
  • 毎度活用させていただいている読売新聞の記事「幸せランチ」へと走った。今回は和歌山市のイタリアン「カラテッロ」のパスタランチ。 と その前に訪れたのが和歌山城。もう何回も来てるけど、なぜか毎回違う門からの登城と広い城内にいつも新鮮。今回も天守閣のある本丸へは初めての石段を上がった。 定番角度で天守閣 ベンチに座る人生の先輩が微笑ましい。日本三大連立式平山城の一つの和歌山城はどの角度から見ても美しくて立 [続きを読む]
  • 大型犬の散歩に大汗  −2りんかん祭りWEST−
  • ちょっと前のことですが、2りんかん祭りWESTへ奥伊吹スキー場まで行ってきた。正直、何欲しいもの 何見たいものがあるわけじゃ無いけれど、これだけのビックなお祭りを滋賀県で開催するのだから、同県在住のバイク乗りはやはり参加して盛り上げないとね。(車で行ったけど^^;)で 今回参加の一番の目的はこれ、一番というか このために来たといっても過言ではない。去年はさすがに年齢不足で乗れなかった、今年は詐称で乗 [続きを読む]
  • 高速道路に車が走っていない
  • 7月6日 午後7時降り続いた雨、何回も鳴り響いた災害警報名神高速道路上に車が一台も見えない。瀬田東IC方面瀬田西IC方面静かだ〜。並走して走る新幹線はいつものように爆音を上げて足元を走り抜けていく。やっと小降りになった雨、いつもなら明日は台風一過のギラギラ太陽なんだろうけど。天気予報は終日の雨、お出かけは無理なようだ。 [続きを読む]
  • クシタニCBM飯高から熊野名物「志ら玉」へ
  • 浜松だったら知ってる人はいないだろうと一年ぶりに出かけた クシタニコーヒーブレークミーティング。何があったっていう訳じゃないけど(たこやきSundayさんに会った!)足がかりの一つにはなったみたいで、その翌週、連ちゃんで飯高のCBMに行ってきた。珍しく BMW Motorrad Suzukaが試乗会していた。ディーラー主催のツーリングに参加するわけじゃなし、クラブに入っているわけでもないから知っている顔なんてまずいない。でも [続きを読む]
  • BMW Motorrad スタンプポイントへ 富士山満喫とリニアの駅へ
  • 快晴の沼津の朝を迎え、期待に胸膨らむ青空に富士山の雄姿。東京出張時、晴れていようが曇っていようが毎度シャッターを押してしまう富士山。静岡・山梨県民には理解できないであろう抑えきれないこの感情。 期待通りの霊峰富士が左手に正面にと見え隠れするも高速で一人では走行写真はうまく撮れない。東名御殿場ICを降りてからは正面に富士山も、小回りが利かないRTなかなか止められず。なんとかバス停に止めて一枚目の富士山は [続きを読む]
  • BMW Motorrad スタンプポイントへ クシタニCBMから伊豆へ
  • BMW Motorrad 道の駅中部スタンプラリー 今年も参加中^^ 予定を一週間遅らせた好天のもと向かったのは伊豆。そして途中立ち寄ったのがクシタニCBMレインボー浜名湖。久しぶりのCBMもさすがに静岡開催 「知った顔は誰もいないな〜」ってコーヒーいただいて、このシャッターを押したところで声かけていただいた! ブロ友 たこやきSundayさん 奈良から日帰りCBM! ありがとう。スタンプを一個押していただいてこれで満タンカー [続きを読む]
  • 京都 幕末維新とランチは舞妓さんと
  • 本能寺の変のあった本能寺は堀や塀を持つ防御施設であり、二条城や御所に近いことから信長はよく利用していた。 その本能寺跡から北へバイクで2分、堀川通りを挟んで西側に世界遺産二条城がある。年間200万人以上の観光客が訪れる超人気スポット。今日は本能寺との距離を実感するだけにした。 さて ここから幕末維新探訪まず向かったのが長州藩邸跡 ところがなかなか見つけられなくて一旦バイクを止めて足で探そうと木陰にセ [続きを読む]
  • 6月の第三日曜日
  • 食後にいきなり青いリボンの日本酒を渡されてラベルを見て喜んだ 「獺祭やん!」そのあと 一本 また一本と出て来て「どうしたん?」 て聞き返した。最近では自分の誕生日ですら忘れてるのに6月の第三日曜日なんて 覚えてる? っていうか意識にあるわけないやん。結果的にサプライズ    嬉しいね^^「飲み比べしてね」って 三本いっぺんには もったいのうて よう開けんで^^ [続きを読む]
  • 明智光秀三部作 その二 「本能寺の変」
  • 本能寺の変が起こった本能寺跡を訪れた。今はただ石碑と解説が残されているのみで面影や往時をしのぶものは何もない。(紫陽花にはチョット早かった) 信長の家臣として召し抱えられた光秀はその才能を遺憾なく発揮し地位を築いた。光秀は「明智家法」に「自分は石ころのような身分から信長様にお引き立て頂き、過分のご恩を頂いた。一族家臣は子孫に至るまで信長様のご奉公を忘れてはならない。」とかいている。一方信長は、丹波 [続きを読む]
  • 福井・岐阜を走る 後編 「名もなき池へ」
  • 勝山市を走る宝くじ号。さすがに恐竜の町だけのことはある。北陸の苔寺 平泉寺を後に東へR158を岐阜方面へと走って立ち寄らないライダーはいないといっても過言ではないくらいの道の駅九頭竜に到着。この可愛い親子の鳴き声は立ち寄った以上は見て・聞いていきます。結構長く動く・吠える。九頭竜ダム湖を右手に走り県境油坂峠を越えるとそこは岐阜県。一気に下って、いつもなら東海北陸道白鳥ICから帰路というところだが、こ [続きを読む]
  • 福井・岐阜を走る 前編 「北陸の苔寺」 
  • 苔に興味があるわけではないが、近ごろは苔ブームなんだそうで、新聞に紹介されていた「北陸の苔寺」へ行ってきた。場所は福井県勝山市。そう、恐竜で有名な勝山市。向かうは白山平泉寺(はくさんへいせんじ) と その前に立ち寄ったのが 竹田の油あげ谷口屋。お買い物だけと思っていたのだが、食べることに。早い昼食タイムにお腹のスペース確保できず、おあげの半分はお持ち帰りにした。元より小鳥ちゃんの胃袋、空腹時でも無 [続きを読む]
  • 一里山あんぱん
  • ど ど ど〜〜ん! どうだ まいったか!!! この餡子の量 皮の薄さ、とりわけ底の薄さよ。ずっしり重い、あんこ好きにはたまらん一品。決して甘すぎない餡子だが、一個は食べきれない。いつも四分の一に切って、お腹と相談しながら食べる。大津市一里山にある「ガストロノーム」の看板パン 税込183円 ポチッとよろしく ^^ にほんブログ  [続きを読む]