アロー さん プロフィール

  •  
アローさん: こしきや
ハンドル名アロー さん
ブログタイトルこしきや
ブログURLhttp://aroaya.at.webry.info/
サイト紹介文千葉県市原市古敷谷でひっそりと生活しようと思たが、いろいろ地域の事や思いつくことを綴って行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2011/12/27 23:52

アロー さんのブログ記事

  • ころころと変わる気温
  • ついていくのが大変になるような季節に突入。夏から秋へと言いたいところだが、一挙に冬の装いになってしまうような。去年は、柿を食べることが出来なかった。いつのまにか無くなっていたような。今年は、サルの被害もなく、順調順調。どこまで残るのか一日一個食べても、十分残る家の周りの柿もまだ残っている状態。元屋敷の柿も順調 [続きを読む]
  • やっぱ、獣ネット
  • 栗の木の周りに、ネットの構想は良かったかな。イガイガのままであったなら、良かったのにね。網目の鳥用ネットが3cmであったため、栗事態が落ちた場合は通り抜けてしまった。 [続きを読む]
  • 里山に彼岸花
  • 上古敷谷の里山の会の作業農村公園からの草刈りから作業が始まる。今年は、稲刈りが終わらない方々がいるために参加者が少ないこと。そして、雑草の成長が早い。 [続きを読む]
  • 収穫準備くり編
  • 我が家のくりは、落ちるのが早い。蟻んこが、幹に伝わって上り作業をする。風が揺らして落とす。暴風の無い田んぼの真ん中のために。その落ちた栗を、いち早く見つけ、虫たちがついばんでしまう。 [続きを読む]
  • ずれたか梨
  • 先日、町田地区の梨を頂いた。旨かった。幸水としては時期的に、いつもより遅い出荷のようだった。本当に甘く、いろいろな料理にも使えそうな幸水。 [続きを読む]
  • 立ち枯れると思った
  • 数年前の台風で、庭の柿の木が折れてしまった。朝起きたら、風景が一変するほど明るくなっていた。バックが緑の中で、何がなくなったのかが、認識しずらい場所だった。地面から2mほどの処から折れていた。それから数年、折れている部分の下の新芽が出ているで、平にカット今年になって、柿の実がついていることを発見 [続きを読む]
  • ひまわりを再び
  • 大きなひまわりは、種の収穫に成功その後は、小さなひまわりの育成を行う。ちょっと変わった小さなひまわりを育ててみよう。3種類のひまわりを選定した。一晩、水に浸しておく。硬い皮が、柔らかくなって発芽しやすくなると聞いた。試しに実行してみると、びっくり。 [続きを読む]
  • オッと、ぼっきり
  • 長雨が続いたので、水のない野っ原の元屋敷やっとお船に水が溜まった。十分な量の水が溜まったので、除草剤の散布作業に取り掛かった。ラウンドアップを薄めてバケツに入れて散布。2m弱の柄の付いた柄杓で、溶液と散布。散布機は持っているが、あまりにも広い。チマチマやっている場合ではない。根まで枯らすつもりでいるのに、次は生えてきそうな雰囲気。 [続きを読む]
  • 隣退幅は2m以上
  • 本当の漢字は違うのだが、今回は開発用語をちょっと文字ってみた。イノシシ等々の鳥獣とどのように対峙したらいいかと考えたら、距離を置かなければならない。両者である程度の距離を持って生活しなければならない。どちらが侵略したかというと、人間が発端を作ってしまった。自分の趣向のために、全てを開発及び開拓してきた。もうこれ以上の開拓はないとしても、閉鎖は聞いたことがない。あ、あったな。。。。。なんとか村 [続きを読む]
  • 訪問者が多くて
  • 数日前から、意図しない訪問者が多くなっている。雨が降ってやっと日が出てきたところで、サル達の甲羅干しが始まった。久々に訪問ということで、見守っていた。体を鉄板に充てて乾かしているようだ。 [続きを読む]
  • 再び刺されまして
  • 休耕田の中には何が潜んでいるかが分からない。一枚の休耕田にきっと数個の巣があるのかもしれない。一つは駆除したが、残党がいたのかもしれない。再び、アシナガハチに刺されてしまった。 [続きを読む]