しのぼう さん プロフィール

  •  
しのぼうさん: FumFum
ハンドル名しのぼう さん
ブログタイトルFumFum
ブログURLhttp://www.yurameki.com/
サイト紹介文GIANT TCR2を中心にロードバイク やポタリングの情報を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2011/12/28 00:57

しのぼう さんのブログ記事

  • tent-Mark サーカス コットンバージョンはまるで帆布のように美しい
  • tent-Merk がサーカスシリーズにに100%コットン生地のモデルCIRCUS COTTON VERSIONを追加しました。ベストセラーテント サーカスTCの快適性はそのままに100%コットンで作った自信作。カラーは白亜のお城みたいにまぶしい白です。 コットン製だと遮光性が良すぎて暗くなってしまうところを、うまくカバーしています。 やや汚れが気になるところですが、経年変化を楽しむのもいいかもしれません、スカートも装備されいますが、色は [続きを読む]
  • DoD カマボコテント 2 ナチュラム別注バージョンを一人で建ててみる
  • 昨年のゴールデンウィークで壊れてしまったドッペルギャンガーのT6-35。帰宅後,後継のテントを探しました。ハイスタイルが中心なので基本的にテント内で立てることができるものを探しました。tent-MarkのサーカスTCやノースイーグルのワンポールテント、PANDAですら入荷待ちという悲惨な状況。この時期に在庫を切らすって少し前は考えられなかったので、キャンプブームらしきものが来ているんだなと実感しました。たまたまナチュラ [続きを読む]
  • tent-Mark DESIGNS サーカス TC BIGの天窓で星を眺めたい
  • テンマクがCIRCUS TC BIGを発表しました。サーカスTCはポリコットン素材を使用したワンポールテントです。しかしポリコットン素材は遮光性が高すぎて昼間でも幕内は暗く感じます。製作者がそこら辺を感じていたのかは知りませんが・・・ 一回り大きなサイズのサーカスTC BIGの天井部分が開閉可能になりました。まるで天窓のように神々し光で幕内を照らしてくれます。しかも廃熱性も抜群。一酸化炭素中毒になる危険性も低くなると思 [続きを読む]
  • 炎上しないシェルター テンマク 炎幕 vs 炎幕 DX 
  • テンマクデザインが2種類の魅力的な2ポールシェルターを発売します。炎幕と炎幕DX炎幕 DXという名前からして焚き火に焦点をあてたパップテントライクなシェルターです。 tent-Mark DESIGNS 炎幕価格:28944円(税込、送料無料) (2018/5/6時点) tent-Mark DESIGNS 炎幕DX 共通点少し前にドッペルギャンガーがポリコットン素材でできたパップ型のバップフーテントを発売し、話題になりました。 しかし、このテント正面から他の人 [続きを読む]
  • コットン製の男前タープが気になる
  • テンマクから男前グリルに続き発売が予定されている男前タープ。100%コットン製の焚き火に強いタープです。DDタープのようにループポイントがタープ内で18箇所(両面)、縁周りに16箇所つけられています。いろんな張り方が楽しめそうです。 大きさは2.85m x 2.85mの正方形。重量は2.33kgです。2.6mの張り綱が8本付属品として付いてきますが、ペグやポールは別売りです。発売は2018年の7月ごろの予定で、価格は18,800円(税別)となっ [続きを読む]
  • DoD テキーラレッグ Mでテーブル作ってみた
  • 長らく欠品していたテキーラレッグ M。最近やっと買えるようになってきたので、なくならないうちに購入することにしました。 テキーラレッグとはそもそも何なの?ドッペルギャンガーの大人気アウトドアテーブルにテキーラテーブルという商品があります。 テーブルの脚と天板のセット販売でしたが、脚だけ販売してくれるようになりました。それがれテキーラレッグです。テキーラレッグMのほかにもいろいろバリエーションがありま [続きを読む]
  • Jamis RENERGADE 2017に乗ってみた。
  • 以前から気になっていたJaimisの誇るグラベルロード レネゲイドに試乗してきました。RENEGADEシリーズはカーボン、クロモリ、アルミと3種類の素材のフレームが用意されています。ジオメトリーはロングライド向けに設計されていています。また、BB位置が低く荷物を積んでもふらつきにくくなっています。 試乗したものはメインコンポがClarisのモデルでした。アルミバージョンはSORAも用意されています。 フレームの素材は6061アルミ [続きを読む]
  • 男前グリルプレートで豚肉を焼いてもらったら
  • tent-Mark DESINGSは男前グリルプレートという1〜2人に最適な蓄熱性抜群のグリルプレートを発売しました。値段は1,950円(税抜)とお手ごろ価格です。テンマクは最近コラボ商品の開発を多く手がけていて、この商品もアウトドアカフェ「BASE CAMP」のA-suke氏とのコラボ商品です。プレートだけでなく便利なセパレートハンドル&専用収納ケース付いています。ケースは白なのでやや汚れが目立つかなと思いました。 サイズ的にはB6くん [続きを読む]
  • ドッペルギャンガー ライダーズベースが売れそうな理由
  • DoDが2018年春にライダーズベース TT3-587-TNというシェルターの販売を開始しました。珍しいマルチポールフロアレスシェルターで、4本のポールを使って設営します。 生地はシルナイロン(シリコン+ナイロン)です。この素材は本来高級テントで使われている素材です。軽く触り心地はシルキーで気持ちがよいです。 全体的な印象は低く、広くといった印象です。また入口にメッシュはないので、開けるか閉めるかどちらかとなります [続きを読む]
  • 花粉の季節 苦しくない防塵マスクで荒サイを走ってきた
  • 花粉症ではないのですがさすがにこの季節にサイクリングすると、大量の花粉をくらって体調が悪くなります。今年は防塵マスクを買って、荒川サイクリングロードを走ってきました。 今まではバンダナを巻き付けて走っていたのですが、息が苦しくて酸欠気味。このマスクは排気弁がついていて、息を吐いたときだけ弁が開く構造です。全く苦しくないかと言われればそこまですごくはないですが、呼吸はほかのマスクと比べてだいぶ楽です [続きを読む]
  • Amazonで20%以上お得になるキャンペーン実施中
  • Amazonチャージを5000円以上購入するとで、1,000ポイントもらえるキャンペーンを実施中です。金額によってポイントも付与されるので、初回購入者は20%以上もお得になる計算です。 ポイントは「コンビニ・ATM・ネットバンキングのいずれかで支払う」こと。クレジットカード払いにしてしまうとにしてしまうとキャンペーンが適用されません。 私はセブンイレブン払いにして、nanacoで支払おうと思っています。このキャンペーンを [続きを読む]
  • CAPTAIN STAGの新製品 モンテ シリーズがいい感じ
  • キャプテンスタッグのニューラインナップ モンテ シリーズを見てきました。 クーラーや真空断熱ステンボトル、マグカップなどマットな質感が特徴です。 フードポット。小さいのは280ml, 大きいのは400mlの容量があります。シチューやカレー、ポトフなど保温調理に想像力をわかせてくれます。 モンテ ダブルステンレスマグカップ350もいい感じです。 おしゃれキャンパーが飛びつきそうなかわいいクーラーボックス。質感が高 [続きを読む]
  • Canyonからインスタ映えするグラベルロードGRAILが登場
  • 一時期ほど騒がれなくなってきたキャニオンですが、衝撃のグラベルロードGRAILが発表されました。なんとF1のフロントウィングのような2段構成のハンドルは見た目のインパクトも凄い。 ホバー・バーと呼ぶらしいです。カーボン製なのでしなって振動を吸収し、なおかつアップライトポジションをとることが可能です。フレームメーカーがハンドルをいじってくるとはと思わなかったのですが。よくよく考えてみればCANYONって以前からエ [続きを読む]
  • Giant Tubeless Installation Toolでチューブレスタイヤをはめてみた
  • Giant Store板橋でGiant Tubeless Installation Toolを買ってきました。税抜き3,000円です。チューブレスタイヤをホイールに装着するときって固くってなかなかはまらない人は多いと思います。これはそんな作業を楽にしてくれる魔法の道具です。 ローラーが前後2つついてます。リムにあたる部分はフェルトが貼ってあります。 溝にリムの外周が入るようにセットするようです。 ちょうどチューブレスタイヤを交換するタイミグだっ [続きを読む]
  • Guerciotti EUREKA DX50 2018
  • グエルチョッティは50年以上の歴史を持つイタリアのミラノにある自転車ブランドです。1964年シクロクロス選手のイタロと弟のパオロが2人で始めた小さな20平方メートルのお店から始まったブランドです。そんなイタリアンブランドが作るGuerciotti EUREKA DX50 2018は2018年の新モデルです。6種類ものカーボン素材を使用し剛性と柔軟性を持ったオールラウンドエアロロードで、カラーリングもどことなく優雅さが漂っています。フレー [続きを読む]
  • Cannondale SYNAPSE CARBON DISC ULTEGRA 2018に乗ってみた
  • キャノンデールから新たに発売されたシナプス カーボン ディスクに試乗してきました。シナプスシリーズはCannondaleの誇るエンデュランスモデルです。前のモデルはフカフカしたロールスロイスのような乗り心地が特徴のロードバイクでした。ブルベでも愛用者さんが多くいますが、さぞかしこれで走ったら楽だろうなと思います。そんなシナプスがフルモデルチェンジを果たしました。 ヘッドチューブはアワーグラス形状をしています。 [続きを読む]
  • BICI Amore 外神田店で中古サイクルウェアを買ってみた
  • 外神田にあるBICI AMORE CYCLE JERSEY 外神田店に行ってきました。外神田といってももう秋葉原です。 店内にはRapha、アソス、パンダーニなどなかなか手の届かないブランドもかなりお安くなっていました。 例えばRaphaのビブショーツ10,000円、パンダーニのサイクルジャージ20,000円といった感じです。おすすめはル・コックです。もともと安いのですが、サイクルジャージが2,800円くらいで売られていました。なんだかんだでサイ [続きを読む]
  • Colnago C-RS 105 2018に乗ってみた
  • イタリアンブランドの代表格コルナゴのミドルグレードバイク C-RS 105 2018のインプレをしたいと思います。Colnago C-RSは2017年モデルに新たなラインナップとして加わったモデルです。105のモデルはメタリックが入った美しい青です。 最大の特徴がコルナゴの特徴とも言えるスリットの入ったダウンチューブ。C60を彷彿とさせます。 ケーブルはミドルグレードでは当たり前になった内装式です。 フロントフォークはやや扁平気味の [続きを読む]
  • LOOK 785 Huez RS 2018にも乗ってみた
  • 廉価版のLOOK 785 Huez 105 2018に続き、LOOK 785 Huez RS 2018にも乗ってみました。違いを知りたかったので。前の記事にも書きましたが無印Huezは完成車販売ですが、RSはフレームセットの販売のみで価格は38万円です。 黄色いアウターケーブルとモンドリアンカラーのフォークが特徴です。 ただこのステッカーがなかったらLOOK 785 Huezと違いがわかりません。したがって外観のインプレはこのくらいにしておきます。 試乗してみ [続きを読む]
  • LOOK 785 Huez 105 2018に乗ってみた
  • LOOKが2018年に新たにラインナップに加えた785 Huezシリーズ 。Herzとはツール・ド・フランスでお馴染みの山岳コースラルプ・デュエズの途中にある町の名前です。つまりこのhuezシリーズはヒルクライムモデルということを意味します。上位モデルのLOOK 785 Herz RSとの違いは主にカーボンの材質と積層の違いです。またRSはフレーム販売ですが、廉価版の785 Herzは完成車で販売され105モデルは価格で32万円です。廉価版といってもや [続きを読む]