あゆみ さん プロフィール

  •  
あゆみさん: 。。。まぁるい日々。。。
ハンドル名あゆみ さん
ブログタイトル。。。まぁるい日々。。。
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mahoroba1014
サイト紹介文なんか、ええことありそぉやなぁ〜♪気ままにのんびり、ランチやスイーツ、探索の日々を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/12/28 16:44

あゆみ さんのブログ記事

  • 京都オムライス ルフ♪
  • 母娘で久々ランチの日。四条通から先斗町に入ると、急に人影が消える。夜に賑わう界隈だから当然だろうが。よぉく見ていないと過ぎてしまうからと注意を払う娘に対し、ついて行く身は気楽なもので、軒を連ねる店の名をそれとなく眺めつつ歩く。ふいに左手に現れたのは、うっかりよそ見をした瞬間に、数歩で通り過ぎてしまうほど細い道だった。二人がやっと肩を並べて歩けるくらいの道幅しかない。通りの中ほどに目的の店『京都オム [続きを読む]
  • 瑠璃寺の重ね彼岸しだれ桜♪
  • 先週、舞鶴へ里帰りした時のこと。吉田瑠璃寺の枝垂れ桜がちょうど見頃らしいと聞いた。舞鶴では、知る人ぞ知る名所。樹齢300年以上と伝承される「重ね彼岸しだれ桜」を未だ知らないわたしは、ひとめ見たくて仕方がない。という訳で、瑠璃寺へ直行した。天気は上々、満開の花に狂喜する。正面で迎えてくれたのは、現在主役の二代目。実生ゆえ樹齢は定かではないが100年は超えている。なぜそのような推測が可能なのか。実は、それを [続きを読む]
  • 春色の渥美半島〜その4〜♪
  • 翌日は、蔵王山展望台へ直行した。朝から晴れ上がり、風さえなければポカポカ陽気なのだろうが。。。好天ならば、富士山が見えることもあるらしい。上空は真っ青だが、遠望は叶わなかった。強風に立ち向かいひたすら回転するプロペラ音に、頑張って発電をしているんだ〜と実感する。この発電機が稼働当初から国内トップクラスの運転を続けているそうだ。その風資源の豊かさゆえに、チョッピリ悩まされる展望台。10時を回っていた [続きを読む]
  • 春色の渥美半島〜その3〜♪
  • 菜の花ガーデンを後にし、渥美半島の先端へ向かった。鳥羽、伊良湖間のフェリー乗船場に隣接する道の駅駐車場に車を止める。「日本の灯台50選」に選ばれた灯台って。。。遊歩道に沿って大きな岩石が行儀よく連ねられ、片側は海との境界を成していた。灯台を目指し、波音を従えて気分よく歩き出す。風は、海辺に来て一段と強く吹き荒れ、上着を通して冷気を肌に感じるほどだ。ややもすれば身体がぶれそうになるのを必死でこらえる [続きを読む]
  • 春色の渥美半島〜その2〜♪
  • 真っ赤ないちご、緑のキャベツの次は、黄色い菜の花!!いたるところで1千万本を超える菜の花が咲き誇る渥美半島。ここ『伊良湖菜の花ガーデン』をメイン会場に「渥美半島菜の花まつり」が開催されていた。ずっと先まで黄色いじゅうたんが続く。色濃く鮮やかにして、香りがすごい。これまで、香りなんて全く意識したことなかったんだけど。さすがに、これだけの花の中に身をおくと、視覚と臭覚が敏感に反応する。まばらな桃色は、 [続きを読む]
  • 春色の渥美半島〜その1〜♪
  • 早春の渥美半島を丸ごとたのしもうと、朝の7時に家を出発した。いつも渋滞する個所をスムーズに通過するために、余裕を持っての行動開始。風もあり外気は冷たく車内もひんやりしていたが、しだいに陽射しが届きだすとガラス越しの温室は暑いくらい。威力を増した風が轟音をたて挑んでくるかと思えば、車体を揺るがす風にハンドルを取られそうになりながらも、無事に現地入りした。細長く突き出した半島には、いちご園がひしめき合 [続きを読む]
  • 姫路城 & 好古園内レストラン活水軒♪
  • 別名「白鷺城」として広く知られる姫路城。三十年前に訪れた時は、桜雨にしっとりと包まれ静やかな風情に見とれた。そして今、日々目の当たりにする地元では、「余りにも白すぎて、シラサギならず”白すぎ城”」と茶化されているそうだ。しかし、パンフレット写真のような白さはなく、間近にしても違和感は全くなかった。ここ数年分のくすみが加わったせいもあるのかしら。当時の外観に生まれ変わった姿は、ただただ美しかった。青 [続きを読む]
  • ♪革のブーツ♪
  • 先日、手作り品の催事場に立ち寄った。興味津々で一回りする。どのブースも本格的に作られている。「ほぉ〜すご〜い☆」と言ってしまうほどの出来ばえ。あるひとつのブースの前で可愛さのあまりに足が止まった。革のミニチュアブーツがたくさん並んでいる (*^^*)ひとつひとつ手作りの一点もの。細かい作業に関心してしまった。その中の、靴底がスマホクリーナーになったストラップがお手頃価格。買うと決めたが、デザインが豊富す [続きを読む]
  • ♪チョコッ♪
  • (??>?<?)。?ありがとうチョコを母からもらった?母の用事に付き合ったお礼にと。京都大丸のバレンタイン催事場で、チョコよりも入れ物に一目惚れ!今夜1つ食べた?母の愛がたっぷりつまっていて美味しさ格別だ!ゆっくり楽しみながら味わおう♪thank you。                            by:あゆ [続きを読む]
  • ♪粉こ楽♪
  • 薄皮たい焼きのお店「粉こ楽」職場で母が美味しいという情報を入手してきた。電車でわざわざ買いに行くほどでもないか、と延ばし延ばしにしていたが、事のついでに寄ってみた。日曜日なのに客は我らだけ。本当に美味しいの?と不安になる。美味いなら列ができていてもおかしくない。無難に『小倉あん』と、次に気になる『うふクリーム』を買った。トースターがあれば更に美味しく食べれるそうだけど、簡易トースターがない我が家。 [続きを読む]
  • 京野菜フレンチ ルラーシュ♪
  • 駅近だし、難なく着けるはずだった。ところが、あれぇ・・・。住宅街の脇道を曲がり損ねたようだ。店に電話すると、ていねいに案内してくださった。方向音痴は、これだから困る。家人の誕生日ランチに選んだのは、『京野菜フレンチ ルラーシュ』全席予約の様子だったが、まだ他の客はなく静やかに食事が始まった。前菜〜牡蠣、ホタルイカ、アサリ、とこぶしetc.海老風味のクリームスープは、まことに海老の風味が濃厚でお替りした [続きを読む]
  • ♪居眠りまくら♪
  • 母「えっ?100均とは思えな〜い!!」私「そやろ♪」これは居眠りまくら。優れたアイデア商品を、思わず手に取る。両サイドから手を入れるとポカポカ。ふわふわで折りたため、圧縮袋に入れればコンパクト。職場でのお昼休みに最高なアイテム。しかし、私の使用目的は商品名とは異なる (^^;坐骨神経痛(若いのに・・・トホホ・・・(>_購入直後に早速試してみると、とても楽ちん!快適♪これで安心や〜 (^.^)面白いお役立ちグッズ [続きを読む]
  • 京都ビストロ ピエール プレシウーズ♪
  • 間口の狭いビルが、民家に挟まれて建つ。その右壁沿いに真っ直ぐのびる内階段。一階の飲食店を視野に入れつつ急勾配の段を上ると、二階に美容院が開店していた。さらに上り詰め、三階の「京都ビストロ ピエール プレシウーズ」のドアを押した。外観からの想像を裏切る広さに驚く。何れの席も壁際に配置されているため、どこでも落ち着けそうだ。二人掛けは、テーブル間が決して広くはないが、隣席を気にすることなく寛げた。真鱈 [続きを読む]
  • 初弘法〜端切れときんつば♪
  • 和小物作りに余念がない母から、手頃な布を頼まれていた。そんなある日、様々な手芸を趣味とする友に、端切れなら東寺の弘法市で安く手に入ると聞く。ならば、と深く考えもせず出かけることに。。。小学生の頃に一度訪れたきりで、「ガマの油売り」や「ヘビ使い」の記憶しかない。近鉄東寺駅に降り立つと、かなり混雑している。雰囲気から誰もが東寺へ向かうのだろうとの予測はつく。歩道いっぱいの人波に乗って、やっと東寺の近く [続きを読む]
  • 孫旋風♪
  • 昨年末から息子家族が帰省した。一才半になる孫は、新幹線デビューとなる。乗車に合わせて昼寝の時間を調整し、車内はぐっすりで事なきを得たらしい。半年ぶりゆえ喜びも半端ではないが、静かに迎える。孫が驚いては大変だからね、と申し合わせていた。一気に大人数になり、我が家が急に活気づく。這う姿から一足飛びの歩行姿に目をみはった。歩くことが楽しくて仕方ないと見え、始終動き回っている。たどたどしい足取りが堪らなく [続きを読む]
  • ホロホロ〜卵ボーロ♪
  • 息子家族が正月帰省する。孫が誕生してからは、多量の必需品を運搬するためマイカー使用だったが、今回は新幹線を利用すると連絡があった。孫にとっては初体験だ。まだ一才半だし、退屈しないだろうか、泣き出したりしないだろうか・・・などなど心配になったりもする。食はかなり旺盛で、ほぼ大人に準じる食事が可能となったらしい。おやつも喜んで食べている中に「卵ボーロ」も含まれていた。!!どこかでレシピを見たよなぁ。。。 [続きを読む]
  • ふぞろいのみかん♪
  • スーパーの店頭での、客と店員のやりとりがおもしろかった。「このみかんは、甘い?」「甘味はそれほどないけど、酸っぱくもないです。」「・・・」それって、味が無いってことじゃないの。私も買うかどうか迷っていた時だけに、正直な店員のことばに手をひっこめた。これを店主が見聞きしていたならば、大目玉だろうな。そんなある日。散歩途上の無人販売所で見つけたみかん。住宅街の一角がポッカリ畑になっていて、みかんの木も [続きを読む]
  • 正法寺 と 笠置寺 〜もみじ狩り♪
  • テレビの映像に惹かれ、週末に行こうと決めていた和束町の正法寺。青空なら良かったのになぁ・・・曇り空でも、決行!!寺の正面無料駐車場には、先の3台のみ。何かで紹介されるや否や、やたらと混み合うのが世の常と決めてかかっていたが、思いの外ひっそりとしている。物静かな境内をとりどりに彩るもみじは、抜きんでることなく互いの色を高め合っている。眼下には、こんなに素晴らしい風景も広がっていた。「茶源郷」といわれ [続きを読む]
  • 旬風庵〜結婚記念ランチ♪
  • ほぼ10年ぶりの『旬風庵』が今年の結婚記念ランチ会場となった。娘からのプレゼントだが、何だかとても忙しい彼女から店の選択を委ねられた。考えあぐねた末、前回の感動が忘れられずにいた『旬風庵』に決定。まずは乾杯〜おめでとう!!娘が話を切り出した。「10年くらい前から5年間ほどの2人が、夫婦の理想像やったわ。」その頃って・・・どんな生活を送っていた時やろ・・・即座には思い出せない。。。「その後の私たちは [続きを読む]
  • 『My hometown 舞鶴―このタカラモノを未来へ―』♪
  • 帰省時のこと。。。我がふるさと舞鶴市制70周年記念の一環として、町のイメージソングが作られていたらしい。それを2年後の今になって知った。地域のコーラスサークルに所属し、メンバーの最長老として頑張っている母。日々の練習成果を披露する発表会がクリスマスイブに開催される、と言いつつ楽譜を取り出しテーブルに広げた。発表曲は5曲あり、そのひとつが『My hometown 舞鶴―このタカラモノを未来へ―』一般 [続きを読む]
  • 割鮮烹主 夜桜♪
  • 京都市内で割烹は当たり前。そして、高価なのも当たり前。しかし、有名店といえども美味とは限らない。ごく当たり前のごま豆腐ではなく、「くるみ豆腐わさび練り込み」が新しい。降りしきる雨を払いよけるかのように秋を呈する「八寸」「湯葉しんじょうの菊花椀」器にしたアワビの貝殻ごと揚げた「夜桜コロッケ」見た目はコロッケだが、中身はクリームコロッケよりもトロトロ。添えられたスプーンで、熱々をそろりと口に運ぶ。「も [続きを読む]
  • 懐かしの最中♪
  • 届いた荷物をひも解き、これを見つけた時に思わず叫んでしまった。「うわぁ〜なつかしい!!」生まれ育った家の隣が、和菓子の製造卸をしていた。町には駄菓子屋が数軒あるだけだったから、隣の最中がおやつの日はとても嬉しかった。かぶりつくと、薄くて頼りない菊型の皮が唇と上あごに貼りついた記憶がある。外見はうりふたつ。ひとくち食めば、皮が二層に分離して、貼り付き方もおんなじだ〜〜♪違うのは、割かし大きい餅が入っ [続きを読む]
  • 野田町コスモス畑♪
  • 開花状況は五分咲きだったが、思い切ってでかけた。滋賀県最大級の「野田町コスモス畑」は、ギッシリの花々で彩られている。ほぼ満開かと思われた。白、桃色の濃淡が色別に、またその混合と、それぞれを区画し綺麗に整備されている。15cm幅ほどの低いコンクリートの仕切を、平均台のようにバランスをとって真っ直ぐに歩く。私の背丈を超す一帯もあり、花にすっぽりと囲まれた気分が味わえる。風に従順で、花びらが蝶々みたい [続きを読む]
  • フレンチ&イタリアン レストラン『SUENAMI』♪
  • 走行中の車窓からの風景は、ボォーと眺めているからだろうか記憶に残らないことが多い。今回の店がネット検索で引っかかった時も、車で幾度か通り抜けた道沿いなのに、これっぽっちも思い出せなかった。到着してみれば、建屋は奥まっているし、駐車場の狭い入り口に小さい看板が立っているだけ。これじゃ、仕方ないかぁ。『SUENAMI』の広い駐車場に一番乗りし、入り口横のイスに腰かけ待つこと数分。11時30分きっかりに [続きを読む]