あゆみ さん プロフィール

  •  
あゆみさん: 。。。まぁるい日々。。。
ハンドル名あゆみ さん
ブログタイトル。。。まぁるい日々。。。
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mahoroba1014
サイト紹介文なんか、ええことありそぉやなぁ〜♪気ままにのんびり、ランチやスイーツ、探索の日々を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2011/12/28 16:44

あゆみ さんのブログ記事

  • 吉田屋 美濃錦〜郡上市八幡町その3♪
  • 今夏の炎暑を乗り切るためのスタミナ源は?!やっぱ鰻でしょう♪と意見が一致したところで、郡上八幡の老舗鰻屋「吉田屋 美濃錦」の暖簾をくぐった。開店時間をちょっと過ぎた頃に到着すると、駐車場は満車だし、店内は一巡目の客で埋まっているし。。。車も人も待ち列を成していた。ほどなく駐車が叶い、店内で待つこと30分ほどで席に案内された。長居する場ではないから客の回転は速いのかな。数あるお品書きの中から、うなぎ丼 [続きを読む]
  • ケーブルカーでゆく大滝鍾乳洞〜郡上市八幡町その2♪
  • 駐車場近くの窓口で入洞チケットを購入し、ケーブルカーの乗り場を目指した。全国でも珍しい木製の客車が、大滝鍾乳洞入口までを約2分かけて運んでくれる。上り専用の片道乗車で、戻りはケーブルカー沿いの山道を歩いて下りねばならない。杉木立の中をゆっくりと進んだ先が鍾乳洞の入口。酷暑ゆえの人気なのか、かなりの混み具合に嫌な予感が。。。700mに及ぶ鑑賞コースは狭い上、階段も多く、また滑りやすいため、追い越しは [続きを読む]
  • モネの池には鯉がいた!?〜関市♪
  • これは絵画??と見まがうような風景は、岐阜県関市の根道神社近くにある名もない池だ。池を見た人々が、「池がクロード・モネの名園にあまりにも似ていて美しすぎる」とSNSで書き込むと、それが瞬く間にひろがり、いつの間にか「モネの池」と呼ばれるようになった。傍らに立つ『名もなき池(通称:モネの池)』の看板にそう説明されている。信じがたいほどの鮮明度は、硬水の湧き水で微生物が育ちにくいためらしい。ずっと眺め [続きを読む]
  • アイスが融けちゃった!!〜郡上市八幡町その1♪
  • まぁ!!なんてことでしょ!!この暑さでとんでもないことになってる〜〜!!ところが、ところが。。。実は、本物とそっくりなサンプル。郡上市は、食品サンプルの発祥地として有名だ。リアルさに惹かれ、「食品サンプル 創作館 サンプル工房」でサンプル作り体験をした。商品の販売もされていて、買い物客でごった返していた。体験も人気なようで、順番待ちの間に店内を回ってみることに。。。全く見飽きず、よくここまで似せら [続きを読む]
  • 花の森=岐阜県中津川市の旅〜その4=♪
  • 二日目は、宿から「付知峡花の森」へ向かった。花は期待できなかったが、三つの滝を見るべく森へ歩を進める。一つ目の「観音滝」までの、こんもりと木々に覆われた散策路が気持ちいい。眩しいしぶきを上げる直瀑の観音滝。その滝壷の細い裂け目から流れ落ちるのが「不動滝」細い流れが一気に勢いづき、迫力満点。この吊橋を渡れば、「仙樽の滝」定員三人、故意に揺らしてはいけない。それを知って、チョット〜大丈夫?!とビビって [続きを読む]
  • 夕森公園=岐阜県中津川市の旅〜その3=♪
  • 「夕森公園総合案内所YOU遊舘」の駐車場から出発!!案内所すぐの「せせらぎ橋」を通り、公園内へ入る。川沿いの散策路をしばらくゆくと、見えてきたのが深緑の夕森もみじに浮かび上がる「もみじ橋」青もみじが一斉に色付けば同化しちゃうかも。それほどに茂るもみじのトンネルを進む。名前に惹かれたこの公園は、五つの滝を有することでも知られている。もみじ橋を渡り、その滝へ向かった。キャンプ場の中を歩き、途中の「夕森 [続きを読む]
  • ピラミッドカレー=岐阜県中津川市の旅〜その2=♪
  • ストーンミュージアム博石舘に隣接する、「CAFE MW」でランチタイム。外観は言うに及ばず、壁も床もテーブルに至るまでこだわりの石造り。石って冷たいイメージだが、店内には温かさが満ちている。料理長一押しのピラミッドカレーをいただいた。三人三様のオーダー。旬の野菜を使いヘルシーな「野菜カレー」「ホワイトチキンカレー」は、アーモンドとカシューナッツの風味に、ヨーグルトや香味料が調和した博石舘限定カレー [続きを読む]
  • 日本にもピラミッドが!!=岐阜県中津川市の旅=♪
  • なんと、日本にもピラミッドが!!やってきたのは、岐阜県中津川市蛭川。一泊旅行の観光初め。蛭川産御影石を5,500トン使って造られたピラミッドの重さは、50kgの人間11万人分に匹敵する。ここ、「ストーンミュージアム博石舘」は、人気急上昇中の観光スポットだ。さっそく中に入ってみよう!!地下迷路に挑戦だ!!ワクワクするなぁ。不揃いの石を積み上げ、壁面には数字や文字、様々な絵が描かれている。ちょっとエジプトっぽ [続きを読む]
  • 都松庵 AN DE COOKIE♪
  • 都松庵・・・!!・・・記憶の奥底でピクッと何かが。。。覚えがある・・・確か・・・白餡を使ったチーズケーキの店が都松庵だった気がする。強烈な印象だったにもかかわらず、いつしか忘れてしまっていたのだが。。。時を経て、都松庵を思い出すきっかけとなった「AN DE COOKIE」リニューアルした京都タワーの名店街で見つけたそうだ。サイコロ型の箱もさることながら、まぁるく可愛いボール状のクッキーに魅せられた娘。あんこ好 [続きを読む]
  • バラを見たさに 柳が崎湖畔公園♪
  • バラが見頃かなぁ・・・バラが見たいねぇ。。。ネット検索に引っかかったのが『柳が崎湖畔公園』だった。行ってみる??うん、行ってみよう!!昨日の午前中に、滋賀県大津方面へ車を走らせた。旧琵琶湖ホテルを保存改修した「琵琶湖大津館」が公園のメイン施設となっている。入園すると、ハープとフルートの演奏がちょうど始まった。なんて好タイミングなんでしょ。音色をまとって、ローズガーデンをめぐる。ぜいたくぅ〜♪年中花 [続きを読む]
  • マ・クルール〜ハニーポット♪
  • ユニークなスイーツを発見!!蜂蜜壺にみつばちが遊び、その可愛らしさに思わず歩み寄った。バームクーヘンの壺に蜂蜜のクリームがたっぷり詰まった「ハニーポット」レモンとナッツ、それに季節限定のイチゴ風味が加わっていた。それぞれの美味しさが弾ける。手のひらサイズの小振りだが、満足感は絶大♪二ヶ月も前のことゆえ、今頃は季節限定品も変わっているだろうが。。。 [続きを読む]
  • そば打ち初体験~出石町「一鶴」にて♪
  • 出石のそば処「一鶴」の暖簾をくぐった。初めてのそば打ち体験とあって、ワクワク♪エプロンを付け、しっかり手洗いをして臨む。ご指導いただく大将が専用の鉢に四人分の粉を入れ、大振りのカップから細く水を垂らしながらサッサカサッサカと交ぜ合わせると、大小のだまが生まれ始めた。そこで我らとバトンタッチ。ばらばらの粉を寄せながら、生地を畳み込むように、体重をかけてこねる。初心者の母、夫、私は、ぎこちない。ところ [続きを読む]
  • 京料理とフレンチ 龍のひげ〜誕生日お祝いランチ♪
  • 「京料理とフレンチ 龍のひげ」にて、誕生日お祝いランチを頂いた。間口はさほど広くないし、人目を引く構えでもないが。。。一つ目のドアが開き、次のドアを抜けると、いきなりの吹き抜けに”ゥワッ”っと声がもれた。上手い空間使いが広がりを生みだしている。奥へ長い建屋の突き当りの階段を上がり、階下を見下ろす廊下をゆけば、その一番端が予約席だった。赤・青二羽の小鳥が何とも可愛い。なぜ、そこに!?その時、料理と密 [続きを読む]
  • 久しぶりに 五老岳へ♪
  • 実家での昼食後、思い立って車を走らせた。駐車場は満車だったが、数分後には誘導されてラッキーだった。舞鶴市の中央に位置する五老岳は、市のシンボルのひとつ。高さ50mの「五老スカイタワー」がそびえる脇では、風をはらんだ鯉のぼりが青空を泳いでいた。山頂に立てば、近畿百景第一位に選ばれた舞鶴湾が眼下に広がる。丹後富士がくっきりと美しい。遥かに重なる山並みが幻想的で見入ってしまった。散策路をゆけば、草木にも [続きを読む]
  • 京都オムライス ルフ♪
  • 母娘で久々ランチの日。四条通から先斗町に入ると、急に人影が消える。夜に賑わう界隈だから当然だろうが。よぉく見ていないと過ぎてしまうからと注意を払う娘に対し、ついて行く身は気楽なもので、軒を連ねる店の名をそれとなく眺めつつ歩く。ふいに左手に現れたのは、うっかりよそ見をした瞬間に、数歩で通り過ぎてしまうほど細い道だった。二人がやっと肩を並べて歩けるくらいの道幅しかない。通りの中ほどに目的の店『京都オム [続きを読む]
  • 瑠璃寺の重ね彼岸しだれ桜♪
  • 先週、舞鶴へ里帰りした時のこと。吉田瑠璃寺の枝垂れ桜がちょうど見頃らしいと聞いた。舞鶴では、知る人ぞ知る名所。樹齢300年以上と伝承される「重ね彼岸しだれ桜」を未だ知らないわたしは、ひとめ見たくて仕方がない。という訳で、瑠璃寺へ直行した。天気は上々、満開の花に狂喜する。正面で迎えてくれたのは、現在主役の二代目。実生ゆえ樹齢は定かではないが100年は超えている。なぜそのような推測が可能なのか。実は、それを [続きを読む]
  • 春色の渥美半島〜その4〜♪
  • 翌日は、蔵王山展望台へ直行した。朝から晴れ上がり、風さえなければポカポカ陽気なのだろうが。。。好天ならば、富士山が見えることもあるらしい。上空は真っ青だが、遠望は叶わなかった。強風に立ち向かいひたすら回転するプロペラ音に、頑張って発電をしているんだ〜と実感する。この発電機が稼働当初から国内トップクラスの運転を続けているそうだ。その風資源の豊かさゆえに、チョッピリ悩まされる展望台。10時を回っていた [続きを読む]
  • 春色の渥美半島〜その3〜♪
  • 菜の花ガーデンを後にし、渥美半島の先端へ向かった。鳥羽、伊良湖間のフェリー乗船場に隣接する道の駅駐車場に車を止める。「日本の灯台50選」に選ばれた灯台って。。。遊歩道に沿って大きな岩石が行儀よく連ねられ、片側は海との境界を成していた。灯台を目指し、波音を従えて気分よく歩き出す。風は、海辺に来て一段と強く吹き荒れ、上着を通して冷気を肌に感じるほどだ。ややもすれば身体がぶれそうになるのを必死でこらえる [続きを読む]
  • 春色の渥美半島〜その2〜♪
  • 真っ赤ないちご、緑のキャベツの次は、黄色い菜の花!!いたるところで1千万本を超える菜の花が咲き誇る渥美半島。ここ『伊良湖菜の花ガーデン』をメイン会場に「渥美半島菜の花まつり」が開催されていた。ずっと先まで黄色いじゅうたんが続く。色濃く鮮やかにして、香りがすごい。これまで、香りなんて全く意識したことなかったんだけど。さすがに、これだけの花の中に身をおくと、視覚と臭覚が敏感に反応する。まばらな桃色は、 [続きを読む]
  • 春色の渥美半島〜その1〜♪
  • 早春の渥美半島を丸ごとたのしもうと、朝の7時に家を出発した。いつも渋滞する個所をスムーズに通過するために、余裕を持っての行動開始。風もあり外気は冷たく車内もひんやりしていたが、しだいに陽射しが届きだすとガラス越しの温室は暑いくらい。威力を増した風が轟音をたて挑んでくるかと思えば、車体を揺るがす風にハンドルを取られそうになりながらも、無事に現地入りした。細長く突き出した半島には、いちご園がひしめき合 [続きを読む]
  • 姫路城 & 好古園内レストラン活水軒♪
  • 別名「白鷺城」として広く知られる姫路城。三十年前に訪れた時は、桜雨にしっとりと包まれ静やかな風情に見とれた。そして今、日々目の当たりにする地元では、「余りにも白すぎて、シラサギならず”白すぎ城”」と茶化されているそうだ。しかし、パンフレット写真のような白さはなく、間近にしても違和感は全くなかった。ここ数年分のくすみが加わったせいもあるのかしら。当時の外観に生まれ変わった姿は、ただただ美しかった。青 [続きを読む]
  • ♪革のブーツ♪
  • 先日、手作り品の催事場に立ち寄った。興味津々で一回りする。どのブースも本格的に作られている。「ほぉ〜すご〜い☆」と言ってしまうほどの出来ばえ。あるひとつのブースの前で可愛さのあまりに足が止まった。革のミニチュアブーツがたくさん並んでいる (*^^*)ひとつひとつ手作りの一点もの。細かい作業に関心してしまった。その中の、靴底がスマホクリーナーになったストラップがお手頃価格。買うと決めたが、デザインが豊富す [続きを読む]
  • ♪チョコッ♪
  • (??>?<?)。?ありがとうチョコを母からもらった?母の用事に付き合ったお礼にと。京都大丸のバレンタイン催事場で、チョコよりも入れ物に一目惚れ!今夜1つ食べた?母の愛がたっぷりつまっていて美味しさ格別だ!ゆっくり楽しみながら味わおう♪thank you。                            by:あゆ [続きを読む]
  • ♪粉こ楽♪
  • 薄皮たい焼きのお店「粉こ楽」職場で母が美味しいという情報を入手してきた。電車でわざわざ買いに行くほどでもないか、と延ばし延ばしにしていたが、事のついでに寄ってみた。日曜日なのに客は我らだけ。本当に美味しいの?と不安になる。美味いなら列ができていてもおかしくない。無難に『小倉あん』と、次に気になる『うふクリーム』を買った。トースターがあれば更に美味しく食べれるそうだけど、簡易トースターがない我が家。 [続きを読む]