プリン さん プロフィール

  •  
プリンさん: 音文ひとりごと
ハンドル名プリン さん
ブログタイトル音文ひとりごと
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/janebaba/
サイト紹介文松阪音楽文化協会の事務局兼HP管理人が、松阪のこと・音楽全般など日頃感じていることを書いた勝手日記です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2012/01/01 22:21

プリン さんのブログ記事

  • 協和苑「岸壁の母」
  • 昨日、お邪魔した協和苑でのこと。私の好きな施設の1つですが、ここの職員さんで若い男の子がいます。明るくて良く気がつくし、お年寄りに本当に親切で、思いやりがあります。だから、お年寄りはもちろん職員さん達みんなにかわいがられています。私もこんな孫がいたら良いだろうなって思います。昨日は、「岸壁の母」のセリフを感情を込めて上手にしかも間奏にピッタリにやってくれました。みんなから大拍手 [続きを読む]
  • ごんしゃんごんしゃん
  • 阪内川の堤防沿いに、今年も沢山咲きました!百恵ちゃんの「曼珠沙華」もあるようですが、私はやっぱりこれ↓北原白秋、山田耕筰の「曼珠沙華」ゴンシャン ゴンシャン どこへ行く赤いお墓の ひがんばな・・・・・若いころ何度か伴奏させて頂いたこの曲ですが、ぞっとするような壮絶な人生が垣間見えるような気がして・・・。川口京子さんの歌う「曼珠沙華」何度聞いても、すごい怖い・・・https://youtu.be/iPTlZpceSoU [続きを読む]
  • こんなこと言っちゃいけないけど
  • 今日初めてお邪魔した施設初めてなのでこちらも慎重にできるだけ楽しんで頂けるように工夫をして時間もサービス何処の施設もそうなのですが、お年寄りの皆さんの反応は1曲目より2曲目、2曲目より3曲目、と良くなるのですが、ここでも皆さんの声もだんだん大きくなり、つられてここちらも楽しく演奏を終えました。だけど「次回については、また連絡します、ありがとうございました(^o^)/~~~」って、言うだけ。バタバタと楽譜や楽器 [続きを読む]
  • 当たり前の生活がおくれる幸せ
  • 先日も書きましたが、あと5ヶ月で77歳喜寿を迎えます。音文協のメンバーも高齢化が進み周りを見ると、大なり小なり病気を抱えた人が多くなりました。わたし現在76歳、父の亡くなったのも76歳。そして、寝たきりで意識のあるかないかさえ判らない7歳年上の姉、彼女の病院へ行くたびに思うことは、自分は、あと何年ピアノを弾いていられるか?いえいえ、もっと切実にあと何年、自分の足で歩けるか?あと何年、自分が自分でいられるか [続きを読む]
  • 童謡の大切さ
  • 松阪音楽文化協会創立35周年記念事業Part7「童謡生誕100周年記念コンサート」🎵9月29日(土)13:30開場・14:00開演🕑農業屋コミュニティ文化センター日本童謡協会の副会長・宮中雲子先生をお迎えしてお話を伺いながら、歌、フルート、トランペット、ピアノなどで楽しい童謡をお送りします。先日の松阪音楽文化協会の定例会で、童謡や唱歌をもっと大切にするべきだということが、話題にあがりました。いつのころからで [続きを読む]
  • 練習は嘘をつかない
  • 若くしてあの世に引っ越してしまった私たちの仲間ドラマーのゆうさんこと佐藤友治さんの口癖に「練習は嘘をつかない」というのがありました。確かにそうだと思います。ただ、野球のダルビッシュの言葉に「頭を使って練習しないと普通に嘘をつくよ」という言葉もあります。🤯当然ですが、両方とも正しいと思います。頭を使って、正しい練習をすることはとても大切なことは確かです。だけど、もうじき喜寿を迎える私です。こ [続きを読む]
  • 174thの写真
  • 今月もほぼ満員、ありがとうございましたm(_ _)m。4ヶ月ほど前から参加してくれているレイクスの素敵なピアニストYNさんです。でも本職は書道の先生なんですよカッコいいでしょジャズが大好きで、勉強熱心で頼もしいかぎりです😍 [続きを読む]
  • 174回マンスリーライブ終了!
  • 174回マンスリーライブ終了しましたお客様は53名沢山の方に聞いて頂き幸せです全体によかったと思います。サウンドもまずまずかなピアノは3人ともよかったように思います。ただ、電気ものは難しいなぁと感じました。曲終わったところで内蔵されている曲が流れ出して「ぎゃ〜」何処かのボタンに触ったみたい、(゚Д゚)また、ちょっとだけと思い、ボリュームを上げると大きくなりすぎ、慌てて下げると小さくなりすぎるという・・・。未 [続きを読む]
  • よっこいしょういち
  • レイクスのTbの*さんが、立ち上がったり座ったりするとき、よく「よっこいしょういち」って言います。「よっこいしょ」というかけ声と、グアム島で発見された残留日本兵・横井庄一さんをかけた親父ギャグだと思うのですが、今日レッスンにやってきた可愛いお嬢ちゃんが、部屋へ入るなり「よっこらしょういち」って思わず吹き出してしまいました〜可愛い〜幸せなレッスン室での楽しい1シーンです [続きを読む]
  • 夏バテ?
  • 昨日は今月最後の施設訪問。今日は町内の生オケで歌う会。もちろん全てボランティアですが、それでも先月より楽なんですけど、何だか疲れてます。掃除するのもイヤ(でも、やってますよ)ご飯作るのもイヤ(でも、やってますよ)お片付けもイヤ(でも、やってますよ)ましてやこの暑いのに庭掃除なんてイヤ(やってません)歳でしょうか……。夏バテでしょうか……。両方でしょうねぇ……。来年は喜寿無理の利かない歳ですねぇ [続きを読む]
  • さんす、さんした
  • 松阪弁に「**さんす」とか「**さんした」「**へ行かんす」とか「**へ行かんした」という言葉があります。標準語で言うと「する」「行く」の丁寧語?敬語?とその過去形「さんす」「行かんす」は現在形、「さんした」とか「行かんした」は過去形。「もうおやつ食べやんしたん?」「今しよばれたわ(いま食べたよ)」「今から歌やでこっちへおいない(いらっしゃい)」お邪魔している老人施設では頻繁に聞かれる松阪弁です。 [続きを読む]
  • 174回マンスリーライブ
  • 174回マンスリーライブのおしらせ今月は第5週目の金曜日31日になります。We are the worldTake FiveMy Funny ValentineTake the A train他KINAKOさんの歌はChicagoKilling me softlyまた特別コーナーではコーヒーショップでとみずいろの手紙は、中学生ドラマー栞愛ちゃんが叩きます「みんなで歌いましょう」では西城秀樹さんを偲んでヤングマンもやりますよみんなで一緒に歌いましょう  Y〜MCA・パパヤパヤパヤ [続きを読む]
  • 第16回MMCA音楽コンクール終了!
  • 松阪音楽文化協会が主催する2年に1度の大事業「MMCA音楽コンクール」が無事に終わりました〜\(^O^)/出場者は全部で62名コンクールには時々あまり良くないことが噂になります。例えば審査員の関係する**先生に習っていると入賞しやすいとか……。でも、このコンクールはそういうことの一切ないように審査員は全て東京から来ていただいてます。また、事前にも、申込用紙に指導者の名前を書く覧がない等いろいろ工夫をしておりま [続きを読む]
  • 協和苑に
  • 今日の施設訪問は協和苑嬉しいことに今日はレイクスの仲間のTbの土岐さんが楽器を持って来てくれました。12〜3曲も一緒に吹いて貰ったでしょうかやっぱり、二人だけでやるよりずっと楽しいし、だいいちラクちんです〜夫のおしゃべりもいつもより滑らか実は、彼を紹介したとき、皆さんに「息子さん?」とか「よく似てる〜」って…隠し子か…これからも、もし暇なときがあれば是非〜! [続きを読む]
  • お盆
  • 今日は、朝から実家のお墓参りに行ってきました。福源寺という曹洞宗のお寺です。次男次女の私たち夫婦ですが、阪倉家の跡継ぎだったはずの姉の一家はバラバラ。長女の千夏は親より先に逝ってしまったし、次女は埼玉だし、甥も松阪に帰ってくる気はサラサラなく、お寺を守って行く気もないそうです。私たちの福源寺さんへのお墓参りも、年に数えるくらいしか行けないので、せめてお盆と命日くらいは!とお参りに行ってきました。ち [続きを読む]
  • JAF
  • 金曜日の夜、レイクスの練習後、家に着いてすぐNさんから電話「車で何か引きずっている」と。追いかけて来てくれたNさんと覗いてみたら車体の下から何か出てる何かの上に乗ってしまって壊したか・・夫は記憶にはないという・・。あいにく、11日から16日まで車の会社はお盆休み〜困った・・・・思い出したのがJAFのロードサービス時期が時期だけに忙しいと思われるのに、30分ほどで若いお兄さんが来てくれました「何かに引っかけた [続きを読む]
  • たまには…うなぎを…
  • ちょっと疲れ気味のこのごろですというわけで、たまには鰻でも食べようと夫と「大口屋」さんへ入り口には桶に入った鰻が奥に座敷がありますが、テイクアウトも出来るし、出前も可能ここの鰻は私は大好きで、音文協の賛助会員さんですので、ちょくちょく利用させて貰ってます〜さぁ、MMCA音楽コンクールに向けて頑張らなくちゃ [続きを読む]
  • 第16回MMCA音楽コンクール
  • 松阪音楽文化協会創立35周年記念事業Part6第16回 MMCA音楽コンクール8月19日(日) 農業屋コミュニティ文化センターで開催されます。このコンクールは隔年に開催されていますが、今年は62人の皆さんの出場申し込みがありました本番まで、あと10日です。出場する皆さんはもちろんでしょうが、我々スタッフも連日準備に追われております一昨年のブログに書きましたが、コンクールの公正さを追求し、偏った審査にならないように、いろ [続きを読む]
  • 童謡コンサート
  • 松阪音楽文化協会35周年記念事業Part7「童謡誕生100年記念コンサート」9月29日(土)に、農業屋コミュニティ文化センターで開催されます。1918年創刊された児童雑誌「赤い鳥」から「おかあさんといっしょ」まで童謡の歴史100年をたどりましょうまた、音文協創立10周年記念事業「やちまた讃歌」でお世話になった日本同様協会副会長の宮中雲子先生に来ていただいて楽しいお話を聞いたり、歌、ピアノ、フルート、トランペットの演奏も計 [続きを読む]