棲処 さん プロフィール

  •  
棲処さん: 動物園の住人たち写真展
ハンドル名棲処 さん
ブログタイトル動物園の住人たち写真展
ブログURLhttps://sumikaweb.exblog.jp/
サイト紹介文動物園に棲んでいる住人たちの、いろんな表情を撮影して楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供312回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2012/01/02 13:56

棲処 さんのブログ記事

  • ホンドフクロウ: Hondo Ural Owl
  • ホンドフクロウ分類:フクロウ目 フクロウ科英名: Hondo Ural Owl 学名:Strix uralensis hondoensis 九州より北の日本各地に留鳥として分布しているフクロウで、主に低山の森林地帯に生息していますが、人里近くの森などにも生活しています。夜行性で昼間は高い木の枝などで眠り、夜になるとネズミやモグラ、リスやノウサギ、小型の鳥類などを捕食します。視覚と聴覚... [続きを読む]
  • グリーンイグアナ:Green iguana
  • グリーンイグアナ分類:有鱗目 イグアナ科英名:Green iguana 学名:Iguana iguanaメキシコから中南米、西インド諸島の熱帯雨林に分布する大型のトカゲで、成長すると全長180cmにも達します。本個体は色素のないアルビノですが、通常の幼体は鮮やかなグリーン色で、成長するにすれ色は薄くなり灰黄色に近くなります。水面に張り出した樹上にいることが多く、危険を感じると水に飛び... [続きを読む]
  • インドオオコノハズク:Indian Scops Owl
  • インドオオコノハズク分類:フクロウ目 フクロウ科英名:Indian Scops Owl 学名:Otus bakkamoena日本を含むアジアに広く分布する小型のミミズクで、森林や村落近くの林などに生息しています。体に比べて大きな目が愛らしく印象的ですが、瞳の色は地域によってバラエティーがあるそうです。夜行性で、日中は枝の上で擬態して休んでいます。主食はカブトムシやバッタなどの昆虫類で... [続きを読む]
  • スケジュールのない一日
  • インドオオコノハズク分類:フクロウ目 フクロウ科英名:Indian Scops Owl 学名:Otus bakkamoena日本を含むアジアに広く分布する小型のミミズクで、森林や村落近くの林などに生息しています。体に比べて大きな目が愛らしく印象的ですが、瞳の色は地域によってバラエティーがあるそうです。夜行性で、日中は枝の上で擬態して休んでいます。主食はカブトムシやバッタなどの昆虫類で... [続きを読む]
  • 天空軸
  • インドオオコノハズク分類:フクロウ目 フクロウ科英名:Indian Scops Owl 学名:Otus bakkamoena日本を含むアジアに広く分布する小型のミミズクで、森林や村落近くの林などに生息しています。体に比べて大きな目が愛らしく印象的ですが、瞳の色は地域によってバラエティーがあるそうです。夜行性で、日中は枝の上で擬態して休んでいます。主食はカブトムシやバッタなどの昆虫類で... [続きを読む]
  • カワウ:Great Cormorant
  • カワウ分類:カツオドリ目 ウ科英名:Great Cormorant 学名:Phalacrocorax carbo日本では主に本州、四国、九州の河川付近で留鳥として生息しますが、最近では北海道でも繁殖が確認されているそうです。1970年代には3000羽、80年代には2万5000羽、2000年には6万羽、現在では15万羽以上と、急激に数を増やしています。公害規制による河川水質の向上や、鯉な... [続きを読む]
  • アオメキバタン:Triton Cockatoo
  • アオメキバタン分類:オウム目 オウム科英名:Triton Cockatoo  学名:Cacatua galerita triton漢字で書くと「青目黄巴旦」、黄巴旦とは白色で冠羽が黄色のオウムのことです。ニューギニアに生息する大型のオウムで、開けた林や農耕地、牧場などに小さな群れをつくって生活していますが、ときには数百羽の群れを作ることもあります。知能が高く好奇心が旺盛で、人の言葉... [続きを読む]
  • シロオリックス:Scimitar-horned Oryx
  • シロオリックス分類:偶蹄目(ウシ目) ウシ科英名:Scimitar-horned Oryx 学名:Oryx dammahサハラ周辺の半砂漠地域に群で生息し、季節によって大規模な集団で移動していましたが、乱獲や家畜との競合、砂漠の気候変動などによって、野生の個体は絶滅してしまったと考えられています。現在では、飼育下で繁殖させ、再導入が試みられています。草食性で乾燥に強く、数週間水を飲ま... [続きを読む]
  • シロフクロウ:Snowy Owl
  • シロフウロウ分類:フクロウ目 フクロウ科英名:Snowy Owl 学名:Bubo scandiacus北極圏のツンドラ地帯に分布し、冬はユーラシア大陸や北アメリカ大陸などの亜寒帯まで南下します。北海道でもまれに見られることがあります。成熟したオスはほぼ純白ですが、メスと若いオスは黒や褐色の細かい縞模様、幼鳥は灰色がかった色をしています。フクロウ類としては例外的に日中でも活動しますが... [続きを読む]
  • ネパールワシミミズク:Spot-bellied Eagle Owl
  • ネパールワシミミズク分類:フクロウ目 フクロウ科英名:Spot-bellied Eagle Owl 学名:Bubo nipalensisネパールやヒマラヤ、スリランカなどの東南アジアの高温で湿潤な森に生息する大型のフクロウです。夜行性で、昆虫や小型の哺乳類、鳥類や蛇などの爬虫類などを獲物にします。現地の人々から「悪魔の鳥」と呼ばれるほど気味の悪い声で鳴くそうです。近縁種のネパールワ... [続きを読む]
  • マヌルネコ:Pallas's Cat
  • マヌルネコ分類:食肉目(ネコ目) ネコ科英名:Palla's Cat / Manu  学名:Felis manul / Otocolobus manulシベリア南部からアジア中央部をへてイラン、アフガニスタンにいたる広い範囲の砂漠地帯やステップや樹木のない岩山に生息しています。3000mの高地にすむものもいます。「マヌル」とは、モンゴル語で「小さいヤマネコ」という意味で、別名モウコヤ... [続きを読む]
  • ルリビタキ:Red-flanked bluetail
  • ルリビタキ分類:スズメ目 ヒタキ科英名:Red-flanked bluetail 学名:Tarsiger cyanurus オスの成鳥は青みを帯びた瑠璃色に輝く美しい鳥で、「幸せを呼ぶ青い鳥」としてバードウォッチャーの間で人気があります。 (ちなみに童話の青い鳥のモデルはハトと考えられているそうです)日本では夏季に本州中部以北、四国で繁殖し、冬季になると本州中部以南で越冬します。群れ... [続きを読む]
  • ルリコンゴウインコ:Blue-and-yellow Macaw
  • ルリコンゴウインコ分類:オウム目 インコ科英名:Blue-and-yellow Macaw 学名:Ara ararauna南アメリカ大陸のパナマ南部からブラジル、ボリビア、パラグアイとトリニダードにいたる沼沢性熱帯雨林に生息します。一夫一婦制で、相手が死ぬまで連れ添うそうです。遠くまで響く大きな叫び声のような鳴き声で仲間とのコミュニケーションをはかります。主に果実、種子、小型の昆虫な... [続きを読む]
  • ギャラリーオアシス 企画展出展のお知らせ
  • ギャラリーオアシス様の企画展自然を愛する仲間たち作品展「夏の色ってどんないろ?」に出展しています。2Lサイズフォトカード/絵葉書セット/栞セット等の展示販売をして頂いています。会期:2018年7月2日(月)〜7月28日(土)9:30〜18:00(日曜定休) 初日は14:00から/最終日は15:00までとなります。会場:ギャラリーオアシス 千葉市若葉区都賀3-... [続きを読む]
  • ニシゴリラ:Gorilla gorilla
  • ニシゴリラ分類:霊長目(サル目) ヒト科英名:Westarn Gorillaa 学名:Gorilla gorilla gorilla西アフリカの熱帯雨林に生息し、シルバーバックと呼ばれる雄をリーダーに、雌とその子どもの5〜10頭の群れで生活しています。雑食で、果実や葉や昆虫などを食べ、毎日違う寝床を作って休みます。握り拳で地面を突く歩くナックルウォーキングと呼ばれる独特の歩き方を... [続きを読む]
  • アンデスコンドル:Andean Condor
  • アンデスコンドル分類:タカ目 コンドル科英名:Andean Condor 学名:Vultur gryphus南アメリカのアンデス山脈やパタゴニア沿岸に生息し、南米コンドルとも呼ばれます。翼の開長は3メートルを超えるものもあり、空を飛ぶ鳥の中では最大級ですが、体が重いので気流を利用して風に乗って飛びます。肉食性ですが狩はせず、さまざまな動物の死骸を食べます。獲物を探して1日に250k... [続きを読む]
  • ベニイロフラミンゴ:Caribbean Flamingo
  • ベニイロフラミンゴ分類:フラミンゴ目 フラミンゴ科英名:Caribbean Flamingo 学名:Phoenicopterus ruber ruber北アメリカのフロリダ半島から南アメリカ北部にかけてのカリブ海沿岸に分布し、干潟や、汽水域沿岸、また内陸部の湖の周りなどに巨大なコロニーを作ります。フラミンゴのなかでは最も大型で、鮮やかな紅色が特徴です。大きく下に曲がった嘴の中には、... [続きを読む]
  • ミナミコアリクイ:Southern tamandua
  • ミナミコアリクイ分類: 貧歯目(有毛目) オオアリクイ科英名:Southern Tamandua 学名:Tamandus tetradactyla南アメリカ北部および東部の森林のほか、サバンナなどの樹上で生活しています。木の枝などに巻きつけることができる尾を持ち、樹の間を巧みに移動することが出来ます。アリやシロアリ、ハチなどを40cm程もある細長い長い舌でからめ取るようにして食べま... [続きを読む]
  • シロフクロウ:Snowy Owl
  • ミナミコアリクイ分類: 貧歯目(有毛目) オオアリクイ科英名:Southern Tamandua 学名:Tamandus tetradactyla南アメリカ北部および東部の森林のほか、サバンナなどの樹上で生活しています。木の枝などに巻きつけることができる尾を持ち、樹の間を巧みに移動することが出来ます。アリやシロアリ、ハチなどを40cm程もある細長い長い舌でからめ取るようにして食べま... [続きを読む]
  • ハクセキレイ:Japanese Pied Wagtail
  • ハクセキレイ分類:スズメ目 セキレイ科英名: Japanese Pied Wagtail 学名:Motacilla alba lugens世界中に広く分布するタイリクハクセキレイの一亜種です。日本では北海道や東北地方でのみ繁殖が観察されていましたが、20世紀後半より繁殖地を関東・中部へと拡げ、東日本では普通に見られる鳥になっています。セグロセキレイに似ていますが眼下部の頬が白いことで区... [続きを読む]
  • バン:Common Moorhen
  • バン分類:ツル目 クイナ科英名:Common Moorhen  学名:Gallinula chloropusオセアニアを除く全世界の熱帯、温帯に広く分布します。日本では東日本では夏鳥、西日本では留鳥とされています。額には嘴の延長のような「額板」があり、繁殖期には赤くなります。湖沼や河川、水田などに生息し、公園の池などでも見かけることがあります。長い足を高く上げながら水際や浮いた水草... [続きを読む]
  • オランウータン:Orang-utan
  • オランウータン分類:サル目(霊長目)ヒト科英名:Orang-utan 学名:Pongo pygmaeusボルネオとスマトラに生息する世界最大の樹上動物です。オランウータンというのは、マレー語で「森の人」の意味ですが、海岸部の人が奥地に住む人を指す言葉を、ヨーロッパ人が誤解したことに由来するそうです。腕の長さが脚の2倍もあり、立った状態で手が地面についてしまいます。食性は雑食で、主に... [続きを読む]
  • カラフトフクロウ:Great Grey Owl
  • カラフトフクロウ分類:フクロウ目 フクロウ科英名:Great Grey Owl 学名:Strix nebulosaバームクーヘンの様な丸い顔をしています。実はこれ、パラボラアンテナと同じ役目。枝の上で、獲物のたてる微かな音を集めて聞き分け、雪の下にいるノネズミなどの位置を特定します。ハンティングは、上空100mまで飛翔し、その後一気に降下して一撃で仕留めます。硬い凍結雪面でも足で突き破... [続きを読む]