絶対景観男 さん プロフィール

  •  
絶対景観男さん: 絶対景観ブログ
ハンドル名絶対景観男 さん
ブログタイトル絶対景観ブログ
ブログURLhttp://zettai-keikan-blog.blogspot.com/
サイト紹介文街や里山の景観をどうすれば美しく保ち育てるか。設計・ホームインスペクターがまじめに考えるブログです。
自由文絶対景観って言葉は、景観を守ったり育てていくために最低限はしなくていけない事です。まあ僕の造語ですが。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/01/03 19:58

絶対景観男 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 映画『関ケ原』をみました
  •  『関ケ原』という映画を見た。僕は普段は映画などはとんと見ないし、ましてや映画館などに行くような人間ではない。どうもあの映画館での長くじっと座りながら一つの動画に集中する行為自体が苦痛なタチであるし、一人鹿児島に来ているわけで、お一人で映画館ってのもいかにも悲しいからである。だが、ぼんやりとだが、まっとうな週末をたまには送ろうと、何がまっとうかがよくわからない自分がじっくり考えてたどり着いたのが、 [続きを読む]
  • 新燃岳が爆発したようで
  •  今年の8月の頭から鹿児島にてお仕事をしている。鹿児島は3年連続なのだが、これほど桜島がボコスカ爆発しているのは初めてだ。一昨年と去年で合計7か月ほど鹿児島にいたのだが、爆発を見たのは1回のみ。爆発といってもプ〜ぐらいの爆発というほどの爆発でもなく、爆音も聞こえなかったのだが、どうも今年は違うらしい。灰降れば、少し先の視界はなく、風吹けば、目がイタイイタイのである。ここまで爆発するのも、昨年の熊本地震 [続きを読む]
  • 『monoマガジン』さまに、載っちゃった?
  • お久しぶりである。ブログを書いていたのも忘れるぐらい、ご無沙汰である。現在は地元の宮崎を離れ、鹿児島でお仕事。元気でお仕事してたら、完全に忘れていたのである。まあ、ぼちぼちやっていこうかと思っています。。先週末であったか、以前このブログでも紹介した猫が6匹の3世帯住宅のリフォーム施主さんから電話が入った。なんとあの『monoマガジンの10月16日号』に掲載されているとの事。あの『monoマガジン』さまといえば、 [続きを読む]
  • 『住箱』について考える
  •  昨年の暮れであったか、まだ仕事で鹿児島に滞在しているときに、ぼんやりと鹿児島中央駅の本屋さんの建築のコーナーに行った際、建築家の作品しか載せてもらえない雑誌で建築業界では権威ある『新建築』という雑誌を開いた。そこには隈研吾さんが手がけたモバイルハウス『住箱』という作品が出ていた。隈研吾さんと言えば、現代日本を代表する建築家であり、かの僕がコンペにも呼んでも頂けなかった新東京国立競技場の設計者とし [続きを読む]
  • 2017年もよろしくお願いします。
  •  昨年は馬車馬のように働き、また色んな事もあった一年であった。。 あけまして、おめでとうございます。今年は昨年とは心を変え、真面目に仕事とブログにいそしむ次第です。どうぞよろしく。 3月の15日。。嗚呼、忘れもしない確定申告の最終日。国から賞の一つ貰っても良いくらい善良な国民である僕は、例年のごとく最終日ギリッギリに税務署に行き、受付の姉さまにどや顔しながらバシ〜と税金を払い、泣きそうな顔して車を運 [続きを読む]
  • 熊本城の解体ショー
  •  以前も書いたが、保険関連のお仕事で熊本に来ている。熊本地震が起きすぐに仕事に入ったので、既に3か月がたったわけで、実に御苦労さんである。休みもほぼなく、よ〜自分でも頑張っていると感心する日々である。 僕のホテルからは熊本城が見える。熊本城は言わずと知れた加藤清正が建て、日本屈指の規模を誇った名城中の名城である。現在の熊本城は、僕のご先祖様も参加し、がっつり負けた西南の役で焼失し、1960年に鉄骨で再 [続きを読む]
  • 今更ながら、熊本からこっそりと
  •  ずっとブログを書いてなかった。。僕かて書こう書こうとは思っていた。だが、時間が許さなかった。その理由。。というか言い訳は単純で、熊本地震が4月14日(本震は16日)に発生したせいで、急に損害保険の鑑定業務がド〜ンと入った。よってお休みさせていただいていました。ってことで、現在は熊本にてお仕事をしている。4月の17日から出動。そして今日まで休みはない。。普段だらだら生活している僕にしては実によく働いて [続きを読む]
  • 建売を買う前には一呼吸
  •  毎日今年は書くと書いたはずだが。。と思われる方もいるとは思うが、がっつり仕事が入っていて、また寒かったせいか風邪をひき死んでいたので書きませんでした。。ごめんなさい。。という事にして、頑張って書きます。。  最近、おっさんよろしく運動不足を極めけりな僕は、こりゃアカンと宮崎県児湯郡高鍋町の小さなジムに通っている。田舎町の小さなジムなのでいろんな方々とお友達になる。『仕事は何されてるの?』と聞かれ [続きを読む]
  • 飛んでけ零戦!!
  •  ふら〜とネット記事を読んでると、とんでもないの記事が目に入ってきた。なんとあの零戦が再び日本の大空を飛ぶのだそうだ。記事によると、零式艦上戦闘機(零戦)が今月27日、海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)の上空を飛ぶそうで、機体を所有するニュージーランド在住の日本人と、防衛省などの調整が終わり、飛行することとなった。また、日本の空を零戦が舞うのは、戦後初めてとの事なんだそうだ。えっと。。確か戦 [続きを読む]
  • ああ、素敵な太陽光
  •  ふとネットで新聞を読んでいると、 「太陽光パネルで熱中症」?室温52度?わが家は地獄に変わった!? 再生可能エネルギーは迷惑施設なのか、という記事を読んだ。内容は姫路市の男性が太陽光で自宅が照らされたため室内が猛烈な暑さになり熱中症にかかったとして、男性が発電施設の開発会社を相手取り、損害賠償とパネルの撤去を求めて提訴したとの内容の記事だ。太陽光パネルが大嫌いな僕としては実にこの男性を応援したく [続きを読む]
  • 窓は小さいほど良い
  •  元来、日本の建物の開口部は大きい。明治期に訪日した多くの外国人建築家は日本の開放的な開国部に感動したようで、そんな手記を残した建築家は多い。そもそも西洋建築は石造りが多かったわけで、縦長の開口部しか実際には作れない。また木造もあるにはあるのだが、治安の問題か構造計算の発達が理由かはわからないが、日本のような、壁一面がすべて開口部といった建物はあまり見渡らなない。もちろん日本の建物の開口部が大きい [続きを読む]
  • スモールハウスと敷地の話
  • 毎日書くと宣言しておきながら、思いっきり2日さぼってしまった。。厳密には、さぼったわけではなく、1日は忙しく。。2日目は書いたは書いたが、実につまらん話なので消してしまったわけだ。。ってことで、気合を入れて再び書き始めようと思う。読みたい人がいるのかは、わからないが、下のにほんブログ村のバナーを押して頂けたら、書く気が出てくるのでよろしくお願いしたい。  最近、よくスモールハウスの設計依頼が来る。 [続きを読む]
  • 補助金の地方創生ってのは。。う〜ん。。
  •  ふとNHKをみていると、地方創生についてやっていた。新潟の人口わずか360人程度の小さな島で、新潟市内から来た若い女性が、安いくて長期滞在型のゲストハウスを作ろうと奮闘するというお話だ。なんでもその島の主要な?産業は民宿という事で、その民宿組合が料金を7000円台と設定している中、その女性は3000円台でやっていこうとしており、また国の補助を受けようとしているため、他の民宿組合が、まあ、ウェルカム [続きを読む]
  • 商店街をなくすわけにはイカン!
  •  現在、僕のところに設計のご相談が来ている。珍しく地元の町からだ。理由は僕が素敵な設計屋だから。。ではなく、幼いころから世話してあげてるから、安くして。。というもの。なので、まあ、気が向いたら作ったるわ、おばちゃん。。という事にしている。現場は地元の役場入り口の真ん前にある鉄骨造のお店。なんでも店じまいして、これを撤去。木造の昔ながらの、田舎の家を作りたいとの事だ。また、親戚の孫娘らが遊びに来た時 [続きを読む]
  • 陳舜臣さんが亡くなっていたようで。。
  •  先ほど、ぼ〜とネットニュースを見ていたら、ある政治コメンテーターさんがなくなっていた。名前だけ聞いてもよくはわからなかったので、ネットで検索。すると見たことのあるコメンテーターさんだったのでびっくり。最近までテレビで見ていた人がなくなると、やはり残念だ。ふとそんなことを思いながらそのページを読んでいると2015年に亡くなった方々という欄があり、そこを しながら写真を見ていると陳舜臣さんとあ [続きを読む]
  • のっぺりを防ぎたいの
  •  以前のこと、僕が設計した木造住宅の家主に、まだ打ち合わせ段階で言われた言葉がある。『どうものっぺりとした家が嫌いなんです』まあ、わかる最近の家はサイディングが主流であり、そこに窓や庇を付けるとしても、どうしても『のっぺり』となることはしょうがない。もちろん、のっぺりしない方法もあるのだが、やっぱりちょっと普段のと違うものを付けるとなると、予算に影響するためなかなか採用できないのだ。またのっぺりさ [続きを読む]
  • スモールハウスの営業さんが来た。。
  •  昨年あたりからか、スモールハウスやタイニーハウスと呼ばれているものが、注目を浴びている。東京だったか、スモールハウスという名前ではなかったが、そんな建物ばかりを集めた展示会もあり、多くの有名無名を問わず、建築家様がたの作品が大盛況だったりする。僕にも相変わらずスモールハウスの依頼は来る。僕は設計屋なので、設計料金で生活している。なので、設計料金さえもらえれば、都道府県を問わず、どこでも作る用意は [続きを読む]
  • 未だにメリークリスマス!
  •  実を言えば、昨年の9月から12月はじめまで鹿児島市に住み込み、昼は損害保険のお仕事、夜は普通に設計のお仕事をしていた。昨年の8月に起きた台風被害のためである。台風のような大きな災害があれば、大きな被害が建物や構造物に発生する。それに対して保険会社には支払いの義務が発生。僕らはその支払われる額が適正かどうかを見極めるのがお仕事だ。だが被害件数は半端ない。なので正社員さんではもちろん足らないし、正 [続きを読む]
  • わが町がとても臭いのよ。。
  •  昨年末だったか、地元の役所に行った。地元の知り合いから新築の相談が来たからだ。まず家を作る場合、役所でその土地の情報などを調べる必要がある。その地域は都市計画区域内か、下水道は通ってるのか、道路の状況など、さまざまある。役所に行き、知り合いの役人にその予定の住所を言うと速攻で『そこは都市計画区域外ですね』と言われた。都市計画区域内に建物を建てる場合、規模にもよるが確認申請と呼ばれるものが必要で、 [続きを読む]
  • にゃんこの家
  •  僕は宮崎県の中央部にあるど田舎の町に住んでおり、年の半分は他県でホテルに住み、損害保険の仕事をしているが、宮崎では設計のお仕事をしている。だがここ宮崎では僕らのような設計事務所がかかわるような新築はほぼない。その理由はたいてい設計料金という壁だ。まあ、工務店さんやハウスメーカーさんで設計してもらえば、原価にこっそり20〜50%の儲けを上載せしても、3か月かかろうが5か月かかろうが、設計料金は無料 [続きを読む]
  • 元旦恒例の怒涛の三社参り!
  •   明けましておめでとうございます。昨年はブログを触ってなかった筆者ですが、今年は今日から毎日書いていくつもりです。どうぞ、『おもしろい』と『ブログ村』の方を押してくださると、やる気が続きますので、よろしくお願いします。  元旦である。実にめでたい。クリスマスやバレンタインデーのような軟弱なお祝いは大嫌いな硬派な僕だが、正月は別物。めちゃめちゃ祝う。普段は僕はがっつり寝坊するのだが、やはり元旦 [続きを読む]
  • 過去の記事 …