猪上勝也 さん プロフィール

  •  
猪上勝也さん: 京やの覚え書き
ハンドル名猪上勝也 さん
ブログタイトル京やの覚え書き
ブログURLhttps://ameblo.jp/kodaira-kyouya/
サイト紹介文東京都小平市の悉皆・呉服専門店「染と呉服京や」の三代目、猪上勝也のブログでございま す。
自由文着物の歴史や文様の話。
呉服製作の技法の話。
呉服屋の日常、仕事の話。
着物、帯、襦袢、コート、羽織などの
着物コーディネートのコツをはじめ
着物の選び方や揃え方の話。
しみ抜きや洗張りなどのお手入れの話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/05 18:19

猪上勝也 さんのブログ記事

  • 無事にお開き
  • おはようございます、京やの勝也です。 おかげさまで着物こと始め展は無事にお開きとなりました。 たくさんのお客様方とお話をさせて頂き毎度のことながら着物の素晴らしさを実感致します。 展示会に行ったからといって必ず買わなければいけないということはありません。いろいろ見て触ってご自分に似合う色柄を研究し発見する機会でもあると思うのです。 気軽に出入りできる展示会を心を込めて続けて参りたいと思います。 ありが [続きを読む]
  • 着物の風合い【最終日】
  • おはようございます、京やの勝也です。 京や着物こと始め展は本日最終日。初日から3日間無事に過ぎて有難いことと思います。 特集のさわやか三越縮緬の着物は今回初めてご覧になられた方も多く良い発表の場になっているように思います。着物には直接触ってみないとわからない「風合い」というものがあります。生産数が少ない生地ならなおさらのことです。 「こんなにゆっくりと見せてもらえて触らせてもらえて嬉しいわ。」と今回 [続きを読む]
  • 軽い帯【三日目】
  • おはようございます、京やの勝也です。 着物で「軽い帯」というと「格が軽い、普段使いの帯」をさすことが多いのですが、近年は物理的に軽い「軽量の帯」が増えてきたように思います。 軽量の帯というと薄く透けるように織る夏物という感じですが基本的に夏帯は裏地の絽目がはっきりしています。そうなると「盛夏」に合わせたくなりますね。 近年の軽量帯は裏地の絽目が無くただ薄く織られた生地を使い「夏物」の印象を消していま [続きを読む]
  • 暑さ対策談義【二日目】
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は穏やかな春の日差しもあり良い初日を迎えることができました。 皆様と夏の暑さ対策をあれやこれやとお話してこれも着物談義だなぁと有意義な時間を過ごさせて頂きました。 さわやか縮緬の着物麻の襦袢スリーシーズンの帯紗のコートなど対策になるアイテムをご覧頂いております。 今後の参考にもなるかと思いますのでお時間がありましたら何度でもお越しください。 ◇京や着物こと始め [続きを読む]
  • 十二星座帯留め【初日】
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日より恒例の京や着物こと始め展でございます。 今回の特集は滋賀県長浜で織られた生地の中で「浜つむぎ」「さわやか三越縮緬」と山形県米沢の男物のお召しや紬でございます。 そして昨日ガラス工芸の喜名先生が新作「十二星座」の帯留めをお持ちくださいました!漆風とキラキラ。どちらもガラスの特性を活かした素敵な作品です。 私は牡羊座↓ ご自分の星座を是非ご覧ください! 皆様のお [続きを読む]
  • ひげ紬【着物こと始め展】
  • おはようございます、京やの勝也です。 男性の着物は女性と違い表生地に模様を使いにくいこともあり昔から生地そのものを楽しむお洒落があります。 今回の男物は米沢のお召し、紬に加え久し振りに「ひげ紬」をご覧い頂けます。昔、破れてしまった漁業の網をほぐし使える部分を緯糸に織り込んだ技法を使っています。糸がピョコピョコ飛び出しているので「ひげ紬」というわけです。他にも「網織り」「むすび織り」など呼び名はいろい [続きを読む]
  • 6月から9月の着物【着物こと始め展】
  • おはようございます、京やの勝也です。 現在の着物の衣替えは明治時代になってから決められたものです。 基本的には10月1日から5月31までが袷、6月と9月が単衣。7月と8月は透ける薄物(絽や紗)。フォーマルな場ではほぼこのままの着分けが現在も続いています。 逆にカジュアルな場では現在の気候に合わせて単衣と薄物の季節が伸びてきています。例えば5月は単衣が普通になり6月中旬過ぎには薄物、10月は暑さが残れ [続きを読む]
  • あらためて「晴れ着」とは
  • おはようございます、京やの勝也です。 「晴れ着」といえば七五三や振袖・婚礼衣裳を思い出す方も多いと思います。そもそも、「晴れ(ハレ)」とは何でしょう? 先ず言葉から。「ハレ」という言葉に対しては「ケ」という言葉になります。 「ケ」は「日常」「ハレ」は「非日常」という意味です。 つまりハレ着は「非日常着」。昔で言えば「冠婚葬祭」の着物というわけです。 江戸時代までは「ケ着」という言葉もありました。面白い [続きを読む]
  • カズオ・イシグロ「日の名残り」
  • おはようございます、京やの勝也です。 遅れ馳せながらノーベル文学賞受賞のカズオ・イシグロ氏の作品の中から「日の名残り」を読み終わりました。 執事という日本では馴染のない職業を通して英国の文化を垣間見ることができまた個人の瞬間的な感情や行動が人生に与える影響の大きさというものをじんわりと心に沁み込まされた感じがしました。 キーワードは「品格」。 よく使われる言葉ではありますが「品格」という概念を職業や行 [続きを読む]
  • 着物の形は誰のため?
  • おはようございます、京やの勝也です。 想像してみてください。自分が日本の衣裳を決めることができることができるとしたらどんな衣裳にしますか?古来衣裳は権力の象徴とされました。当然衣裳を決めるのは「権力者」。 権力者は自分が最もよく見える衣裳を選択することができますね。 実は今の着物も、男女ともに齢を重ねた権力者がお似合いになる形を踏襲しております。 齢を重ねた方のほうがアイテムが豊富で着こなしやすいのも [続きを読む]
  • 季節の花の図柄について
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は季節の花の図柄について。 季節の花の着物や帯。使うタイミングには悩みがつきものですね。 たくさんの花が図案となっていますが、実は花によって季節感の概念が違っているところに難しさがあるように思います。 例えば「梅」。梅の季節は比較的長くありますので咲く前の先取りから終わる頃まで問題なく使うことができます。 それに対して「桜」は花の盛りが短いだけに先取りはよいの [続きを読む]
  • 職人さんも風邪をひきます
  • おはようございます、京やの勝也です。 職人さんも風邪をひきます。 呉服の仕事は多くの職人さんの力で成り立っています。その中の一人でも体調を崩すと全体が遅れることもあるわけです。 個々に気を付けていらっしゃるのですがこればかりは仕方がない。 着物のことは思うように進まないこともあるとご理解いただけるとありがたいです。 皆様も今の季節、体調には十分お気を付け下さいませ。 ◇京や着物こと始め展◇日時 2月1 [続きを読む]
  • 成人式の後撮り
  • おはようございます、京やの勝也です。 この前の日曜日に男性の成人式の後撮りのお手伝いをさせて頂きました。 着付けをして一緒に写真館まで行ったのですが予約済みの立ち姿だけでなく和傘、日本刀、桜の枝、緋毛氈と小道具が次から次へと登場して撮影が進んでいきました。 ご本人は何も知らなかったらしく言われるままにポーズ。面白かったけど疲れたと後で話していらっしゃいました。 撮影後に選んだ写真は当初の予定の立ち姿だ [続きを読む]
  • 長浜の生地
  • おはようございます、京やの勝也です。 今月は2月恒例の「京や着物こと始め展」滋賀県長浜の生地を中心にご紹介させて頂きます。 長浜は「今浜」という地名でしたが秀吉が信長から領地として与えられたときに信長の長をとって長浜に変名したそうです。 その長浜は「丹後ちりめん」と並ぶ「浜ちりめん」の産地として有名ですが普通の縮緬だけでなく特徴ある生地も織っています。 今回の展示会では盛夏と単衣の季節を通して着ること [続きを読む]
  • 花をのみ…
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は立春でした。今日は春の兆しの話です。 「花をのみ 待つらん人に 山里の雪間の草の 春を見せばや」 藤原家隆の和歌ですが利休が茶の湯の境地を示した歌としても有名です。まさに「春の兆し」の歌で新鮮なエネルギーを感じますね。 利休の師匠である武野紹鴎は藤原定家の「見渡せば 花も紅葉も なかりけり浦の苫屋の 秋の夕暮」という歌で示したそうですがベクトルが逆で面白いで [続きを読む]
  • 立春
  • おはようございます、京やの勝也です。 豆まきはしっかりとされましたでしょうか。春の「陽の気」はまだまだ弱く、春が頑張って暖めようとしても冬の「陰の気」が足を引っ張り寒い日と一進一退の攻防戦の様相です。暖かさと寒さが入れ替わるこれからの気候が「三寒四温」ですね。人が肌で感じて春を呼び込むお呪いをしたくなるのもわかる気がします。陰から陽への転機である「節分」と「立春」。 ここからは春なのです。寒くても雪 [続きを読む]
  • 節分の呪術
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は節分。大切な行事ですので毎年同じブログを書きます。 「呪い」は「のろい」。「お呪い」は「おまじない」。良くも悪くも力を発揮するのが「呪術」です。民間に浸透している「呪術」の一つが「節分行事」です。「陰陽五行説」に叶った見事な呪術です。「陰陽五行説」では「陽」は春から夏、「陰」は秋から冬へと循環して行くとあります。また、「強い」が「陽」、「弱い」が「陰」のよ [続きを読む]
  • 温かい「わた」の話
  • おはようございます、京やの勝也です。 寒いので温かい「わた」の話です。昔、受験勉強をしていた頃、祖母が私の部屋着の背中に真綿を入れた薄い座布団のような背あてを縫い付けてくれました。温かかったです。「真綿(まわた)」は絹です。軽くて保温力もある最高の「綿(わた)」です。「綿(わた)」は素材ではなく「状態」を表しますが、「真」がつくのは絹です。「木綿(もめん)」は歴史的に後発なので植物を表す「木」がつきますね [続きを読む]
  • 雛飾りの準備
  • おはようございます、京やの勝也です。 2月に入りました。3月3日の「桃の節句」はまだまだ先のように思いますが雛飾りを飾るのに良い時季とされているのが「立春」です。今年は今度の日曜日です。一ヶ月ほどの期間は飾るにはほどよいところでしょう。 京や創作、手描き友禅「吉祥雛」弟の江戸刺繍入りです。 歴史的には特に飾り始めは決まりがないようです。逆に厄払い、みそぎの儀式として「流す」=「片付ける」ことが重要と [続きを読む]
  • 卒業式の袴姿について
  • おはようございます、京やの勝也です。 京やでも3月の卒業式のご準備で大学生や小学生の袴の試着などをさせて頂いております。 卒業式の袴姿については何といっても「学生」という本分を中心に考えてコーディネートすることが大切かと思います。 宝塚音楽学校の卒業式の袴姿は有名ですが華やかさは演出せずに凛々しさと格式を感じます。 着物ならではの可愛らしさや華やかさは自然に表れますので、髪型や着付け(衿の抜き具合)を注 [続きを読む]
  • 着尺の話
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は「着尺(きじゃく)」のはなしです。 「着尺」は着物を仕立てるのに必要な表生地の長さで「3丈もの」(約12メートル)のことです。 小紋や附下げは「小紋着尺」「附下げ着尺」と呼ばれていました。袷せに仕立てるためには「八掛」と「胴裏」の生地が別に必要になります。別に必要ということは八掛の色を選ぶことができ自分好みにできるということです。 八掛が付いている長さは、八 [続きを読む]
  • 家族写真のすすめ
  • おはようございます、京やの勝也です。 先週末は成人式の「後撮り」のための着付けをさせて頂きました。ご本人はもちろんですが「家族写真」も撮られるとのこと。 素晴らしいことだと思います。家族揃っての写真撮影は簡単に出来そうでなかなかできないことのひとつのようです。 それぞれが学校や仕事、趣味、何かの役員等とにかくお忙しいお年頃。 それでもそのような時期だからこそ「家族写真」を残すことに意味があるように思う [続きを読む]
  • 良い生地、良い染織
  • おはようございます、京やの勝也です。 着物の仕事をしておりますと「良い生地、良い染織」の素晴らしい作品に出会うことができます。 新作にしてもお客様のお手持ちの品にしても感動は同じです。 蚕からの糸作り織り、染めをはじめたくさんの職人さん達の「心」がダイレクトに伝わってくる本当に素晴らしい作品。 見たことも会ったこともない「おかげさま」に尊敬と感謝の念が湧いてきます。 これから先もそういう「心」に出会い [続きを読む]
  • 西陣の帯屋さん
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日西陣の帯屋さんが今年初めての出張で小平まで来てくれました。 京都を出発して先に東北地方を回り帰りに関東から東海地方を回って京都へ戻るとのことでした。この寒波の影響で東北地方は予定通りとはいかなかった様ですが商品を持って回る熱意はさすがです。 本当に数が減りましたが新作、新柄を拝見するのは心躍るものがあります。 今回も数点お願い致しましたがまさに出会いに感謝です [続きを読む]
  • 氷柱
  • おはようございます、京やの勝也です。 毎日寒い日が続いております。 屋根に積もった先日の雪が解けず氷柱が伸びています。この気温ならではなのでしょうが小平では珍しいと思いながら毎日見上げております。 この真下が車庫なのですがいつ落ちるかわからない雪と氷柱なので車を避難させている状態です。 天が落ちることを心配した杞の国のある人の憂いをあり得ないことを心配するということで杞憂と言いますがこちらは間違いなく [続きを読む]