猪上勝也 さん プロフィール

  •  
猪上勝也さん: 京やの覚え書き
ハンドル名猪上勝也 さん
ブログタイトル京やの覚え書き
ブログURLhttps://ameblo.jp/kodaira-kyouya/
サイト紹介文東京都小平市の悉皆・呉服専門店「染と呉服京や」の三代目、猪上勝也のブログでございま す。
自由文着物の歴史や文様の話。
呉服製作の技法の話。
呉服屋の日常、仕事の話。
着物、帯、襦袢、コート、羽織などの
着物コーディネートのコツをはじめ
着物の選び方や揃え方の話。
しみ抜きや洗張りなどのお手入れの話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/05 18:19

猪上勝也 さんのブログ記事

  • 襦袢で調節
  • おはようございます、京やの勝也です。 気温の上下に雨、湿気と日々気候が変わる五月も残すところあと一週間ほどです。 今の季節着物は袷か単衣ですがさらに快適さを求めると襦袢がポイントになるようです。 着物をお召しになる機会が多い方ほど襦袢の種類が増えていることを見ても襦袢が大きな役割を担っていることが分かります。 袷用の襦袢は「無双袖」。袖が軽くなる「単衣袖」。単衣袖は透けない生地と絽や紗などの透ける生地 [続きを読む]
  • 紬は礼装にならない?
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は少し専門的な話です。 よく「紬は普段着、おしゃれもの」とか「紬は礼装の席にはふさわしくない」といわれますが、この言い回しは実は誤解が生まれやすいと常々思っております。 「紬(つむぎ)」は手つむぎ糸を使った織物ことをいいます。手でつむいでいるので太いところ細いところができ織り込むと太いところが「節」になります。これが素朴な味わいを出す紬の特徴になるわけです。 [続きを読む]
  • 矢車菊
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は嫁さんの実家の青梅に行きました。 庭には綺麗な矢車菊。今年は季節の移ろいが半月ほど早く感じますがこの花も早く咲き始めたそうです。 それにしても美しい青紫色。 サファイアの色味の表現にも使われるそうです。 新しくなりました小平「染と呉服京や」のホームページです。どうぞご贔屓に。東京小平の着物専門店http://kimono-kyouya.com ポチッと押して頂けると嬉しいです。に [続きを読む]
  • 胴抜きの着物について
  • おはようございます、京やの勝也です。 「胴抜きの着物」について。とは言いましてもお客様用に胴抜きの着物を仕立てたことがほとんどありません。実は、戦前から大阪・東京で和裁一筋だった祖母から「正絹の良い着物は胴抜きにはしないものだ」と言われておりました。「踊りの衣裳」など必要があっての「特殊な仕立て方」との認識です。ネット上で「胴抜きの着物」の話題を見かけますが、生地の出自、素材、状態、お召しになる方 [続きを読む]
  • 振袖の仕立直し
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は「振袖の仕立て直し」についてです。お母様の振袖をお嬢様の寸法に仕立て直すことはとても素晴らしいことです。「古くて恥ずかしい」とおっしゃる方もありますがそのようなことはありません。本加工の振袖は別にして最近多く出回っているインクジェットプリントの振袖は確かにキレイですが比較すると昔の振袖のほうが染めも加工もより多く職人さんの手が入っていることがわかります。 [続きを読む]
  • 6月から9月の結婚式の参列
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日も着付けをさせて頂きましたが季節を問わず結婚式が行われております。結婚式場、ホテル、レストラン等、様式も様々ですね。 さて、これから袷から単衣・薄物へと衣替えをする季節ですが結婚式への参列はどう考えたらよいでしょうか。 地元の風習があり基準が残っていると迷わずにすむのですが、東京など大都市では風習そのものが曖昧ではっきり決まっておりません。 レストランウエディ [続きを読む]
  • 香と着物2
  • おはようございます、京やの勝也です。 着物姿の方とすれ違う時にフワッと良い香りがすると嬉しくなるものです。 これが鼻にツンと刺激があるような防虫剤の匂いがしたらどうでしょう。 防虫剤にもいろいろな種類があります。匂いのあるものは適度に使うとほんのり香ると「良い香り」になりますが多く入れすぎると「刺激臭」となってしまいます。 人の嗅覚というのは瞬間的には敏感なのでしょうがすぐに慣れてしまうようですので、 [続きを読む]
  • 香と着物1
  • おはようございます、京やの勝也です。 香は仏教とともに渡来したので日本初の理解者は聖徳太子とされています。 淡路に漂着した「燃やすと匂いがする不思議な流木」を「香木」と看破したのが始まりだそうです。仏教的空間を清める香が時代を経て平安時代には「香道」として人が楽しむものになりました。 着物に香を炊き込める風流は平安時代には定着して和歌にも詠まれています。 香木は常に高価な輸入品ですので天皇家から貴族、 [続きを読む]
  • 透ける生地のコート
  • おはようございます、京やの勝也です。 今は透ける生地のコートの季節です。 こちらは西陣の透ける生地。 コートは「防寒」と思いがちですが夏の日差しから着物や帯を守る役割もあるのです。 帯付きの清々しさも良いですが透けるコートのシルエットも上品です。 4月から10月始めまで長い期間お召し頂けるアイテムですので一枚お持ちになると便利かと思います。 新しくなりました小平「染と呉服京や」のホームページです。ど [続きを読む]
  • お誂えの浴衣の良さ
  • おはようございます、京やの勝也です。 京やでは反物からお客様の寸法に合わせて仕立てる「誂え浴衣」だけを扱っております。既製品の場合「大は小を兼ねる」ということで大きめの寸法が普通です。 自分より大きな寸法の浴衣は着にくいのが当たり前で、キレイに着付けるには余った生地を上手に処理するテクニックが必要となります。「お誂え」はちょっと贅沢に思われるかも知れませんが一度ご自分の寸法の浴衣をお召になってみてく [続きを読む]
  • 着物を揃えてどうしましょう。
  • おはようございます、京やの勝也です。 展示会をする度感じることは「着物を揃えてゴール」ではないということです。 お着物を揃えて着付けができるようになる…。これは準備でありスタートです。着物を着てどこへお出掛けするのか。どんなお稽古事をするのか。一年に数回でも着物で何をするか、したいかが大切なように思うのです。 今回お越し頂いたお客様は皆さんそれぞれの「目的」をお持ちでその実現のために想像力を駆使して [続きを読む]
  • 無事にお開きとなりました。
  • おはようございます、京やの勝也です。 おかげさまで四日間の皐月の会が無事にお開きとなりました。お越し頂きました皆様には心より御礼を申し上げます。また協力してくださいました織元、染元、問屋さん、そして履物のおりとやさんにはこころより感謝申し上げます。昨日の履物のおりとやさんは新しい誂えばかりではなく修理や調整もしてくださるのでとにかく黙々と作業をしてくださいました。 さて今度は片付けです。なるべく早く [続きを読む]
  • 〈皐月の会〉最終日
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日最終日でございます。 白生地のお誂えでお客様と色の相談しているとご一緒に宝探しをしているような感覚になります。「これ!」という色を見つけると宝箱を見つけたようで本当に嬉しくなるものです。 色に遊ぶ世界は奥深いです。 ◇京や 皐月の会と き 5月10日(木)〜13日(日)ところ 小平 京や店舗 新しくなりました小平「染と呉服京や」のホームページです。どうぞご贔 [続きを読む]
  • 〈皐月の会〉金唐革
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日3日目となります皐月の会です。天候も落ち着きおかげさまで楽しい着物の時間を過ごしております。 さて、今回の展示品の中で特殊品の一つが西陣の金唐革の袋帯です。 本革を染色し筒状に切り嵌めして袋帯になっております。ご興味のある方はお手に取ってご覧ください。 ◇京や 皐月の会と き 5月10日(木)〜13日(日)ところ 小平 京や店舗 新しくなりました小平「染と呉服 [続きを読む]
  • 〈皐月の会〉白生地のお誂え
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日二日目です。 昨日の初日好評だったのが白生地のお誂えです。白生地を初めて沢山見ましたという驚きのお言葉と共に楽しく色を決めていらっしゃいました。 お時間は掛かりますが白生地からのお誂えは呉服の醍醐味の一つです。この機会にぜひ! ◇京や 皐月の会と き 5月10日(木)〜13日(日)ところ 小平 京や店舗 新しくなりました小平「染と呉服京や」のホームページです [続きを読む]
  • 〈皐月の会〉初日です。
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日までの準備も無事に進み本日より京や皐月の会を致します。 江戸友禅の染谷洋氏の作品です。孫悟空はやはり可愛い。 西陣の個性的な袋帯も上手にコーディネートしてみたいところです。 皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。 ◇京や 皐月の会と き 5月10日(木)〜13日(日)ところ 小平 京や店舗 新しくなりました小平「染と呉服京や」のホームページです。どうぞ [続きを読む]
  • 明日から皐月の会です
  • おはようございます、京やの勝也です。 明日から京や皐月の会が始まります。 今回初めてご紹介するのは江戸友禅の染谷洋氏の作品です。孫悟空の染帯です↑ そして丹後の白生地のお誂え無地染め。地模様と色を選び自分だけの色無地、羽織、コート、襦袢を染めることができます。 その他附下げ、小紋、紬、男物、夏物、七五三、帯もいろいろございます。 ということで本日は準備日でございます。 ◇京や 皐月の会と き 5月10 [続きを読む]
  • 紗のコートのこと
  • おはようございます、京やの勝也です。 日に日に陽射しが強くなりますね。 この季節女性が着物の上に羽織るコートや羽織などの「上物」は「紗」などの透ける生地がオススメです。 気温も上がるこの季節、「寒くないのになぜ上物?」と思われる方もあると思います。今の季節の上物には防寒以外の「陽射しから着物を守る」という役目があります。平たく言うと「ヤケを防ぐ」こと。日傘を着るという感じですね。 着物の堅牢度は完璧 [続きを読む]
  • 10日から恒例の皐月の会
  • おはようございます、京やの勝也です。 今週10日木曜日から恒例の京や皐月の会を致します。 江戸友禅、京友禅の新作や丹後の白生地からのお誂え、夏物もご用意致します。鷺草模様の夏帯です。 着物好きの皆様にお楽しみ頂けるよう準備を進めておりますのでご期待ください! ◇京や 皐月の会と き 5月10日(木)〜13日(日)ところ 小平 京や店舗 新しくなりました小平「染と呉服京や」のホームページです。どうぞご贔 [続きを読む]
  • 尚武
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日はわが家も菖蒲湯でした。菖蒲湯は昨日の夜か今朝の風呂に菖蒲の葉や根を入れる風習です。 昨日の立夏で暦の上では夏に入りましたがこの季節の変わり目に薬効のある菖蒲を使い邪気を払って暑い夏を乗り切ろうというわけです。 菖蒲と同じ音で「尚武」という言葉がありますがこれは「武を重んじる」ことです。武家の時代になってからの方がこの節句が盛んになったこともうなずけますね。 [続きを読む]
  • 登竜門
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日は「端午の節句」です。 京やオリジナルの手描友禅と江戸刺繍による「飾り友禅・登竜門」。 まさに登竜門をくぐらんとして「青龍」になりかけている鯉を表しているからです。立身出世の兆しは男子成長の願いの一つでしょう。 鯉のぼりや兜飾りもよいのですがこの「飾り友禅」は同じように日本の伝統技法で作られておりしかも飾るも収納するも省スペースで好評を頂いております。家紋とお [続きを読む]
  • 端午の節句について
  • おはようございます、京やの勝也です。 明日は「端午の節句」です。 端午の「端」は「始まりの」という意味で「午」は「十二支のうま」です。 陰陽五行説の「寅」を一月とした場合には「午」は五月になります。 五月の最初の午(うま)の日ということになりますが暦では「午(うま)の日」は移動します。 そこで「午(うま)」を「午(ご)」と読みご=五として五月五日に固定したという感じだそうです。 また「菖蒲の節句」とも呼 [続きを読む]
  • 五月の鯉の吹き流し
  • おはようございます、京やの勝也です。 「江戸っ子は皐月の鯉の吹き流し」といいます。口を開けてしゃべりもするが腹は空っぽ(悪意がない)という江戸っ子の気質を言うそうで風がやむと動かなくなるからでしょうか「胆力がない」という意味もあるそうです。 鯉は滝登りをして龍になるという「登龍門」の故事や、四條司家の包丁儀式でも龍に見立たお供え物になっていました。 美しい錦鯉もいれば美味しい「鯉こく」にもなります。 [続きを読む]
  • 紗袷の着物について
  • おはようございます、京やの勝也です。 今年は5日が「立夏」です。この立夏から「紗袷せ」の季節に入ります。「紗袷せ」の着物は模様を染めた「絽(ろ)」の生地の表側に「紗(しゃ)」の生地を重ね、二枚で一枚のように扱って仕立てる着物です。絽も紗も夏物の生地で「薄物」と呼ばれる生地です。 ちなみに「紗」と「紗」を合わせた着物は「無双(むそう)」と呼ばれます。さて、紗袷せの季節は呉服屋さんによって考えが色々とあ [続きを読む]
  • 五月の気候を快適に
  • おはようございます、京やの勝也です。 五月に入りました。緑も深まり五日には「立夏」を迎えます。気温がグッと上がる5月は着物のチョイスも悩むところです。五月末までは正式には袷せの着物ですが、普段着・お洒落着・お稽古着などは単衣にされても良いかと思います。また長襦袢の工夫も効果的です。本来ならば夏物ではなく単衣の長襦袢なのですが、夏物を先取りしている方が多いようです。半衿はまだ絽は早いので塩瀬か縮緬を [続きを読む]