猪上勝也 さん プロフィール

  •  
猪上勝也さん: 京やの覚え書き
ハンドル名猪上勝也 さん
ブログタイトル京やの覚え書き
ブログURLhttps://ameblo.jp/kodaira-kyouya/
サイト紹介文東京都小平市の悉皆・呉服専門店「染と呉服京や」の三代目、猪上勝也のブログでございま す。
自由文着物の歴史や文様の話。
呉服製作の技法の話。
呉服屋の日常、仕事の話。
着物、帯、襦袢、コート、羽織などの
着物コーディネートのコツをはじめ
着物の選び方や揃え方の話。
しみ抜きや洗張りなどのお手入れの話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/05 18:19

猪上勝也 さんのブログ記事

  • ストライプ・縞模様1
  • おはようございます、京やの勝也です。 最もシンプルな模様の一つがストライプでしょう。 基本的には同一方向に直線を並べた模様です。 日本では古く「間道(かんどう)」という呼び名が有ります。見て取れば「間(あいだ)の道」ですが、音では「カントゥオン」。中国の貿易港「広東(カントン)」から輸入された生地に多い模様という意味もあるそうです。 また「筋(すじ)」という呼び名もあります。木材の年輪を表し、縁起が良 [続きを読む]
  • 映画 日日是好日
  • おはようございます、京やの勝也です。 遅れ馳せですが私も習っている表千家が応援していることもあり映画 日日是好日を観て参りました。原作を読んでいないので比較はできませんが茶道を通して伝えたいメッセージは感じました。 登場する茶道の先生が樹木希林さんで醸し出す雰囲気が見事な「お茶の先生」。茶道を習い始めた頃のことを思い出しました。 また、思うこと、感じることは同じだぁとあるある話には笑ってしまいました [続きを読む]
  • 洋服記念日2
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の続きです。 この会議、烏帽子直垂(えぼしひたたれ)の三条実美公が「風俗上の大改革ともいえる議事であり、畏れ多くも聖上(天皇陛下)にも関わることでもある」という意味の言葉(以下のセリフも同様)で始まったそうです。 西洋服を着こなしている後藤象二郎が「洋服は動きやすく便利である。この際大英断を持って西洋服を採用すべきである。」 反対意見は「利便性で伝統ある我国の [続きを読む]
  • 洋服記念日1
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日、11月12日は「洋服記念日」です。呉服屋としましてはありがたくない記念日なのですが、明治の日本人の気概を感じる記念日でもありますので毎年書いております。江戸幕府を倒し開国と共に近代化に向けてスタートダッシュをせんとする明治政府。ところが衣類に関しては「西洋化」が進みません。これは、江戸時代に異国風の服装が禁止されていたことと、封建制度下の身分による生地や色な [続きを読む]
  • 長羽織の注意点
  • おはようございます、京やの勝也です。 最近はコートのかわりに長羽織とショールという組合わせで冬を過ごす方もいらっしゃいます。 今日は特に丈の長い「長羽織」について。 長羽織の丈は膝が隠れる程度からかなり長めだとふくらはぎまでくらいでしょうか。まず、羽織はコートと違い先方宅に上がった時にも脱がなくてよいとされますが、「長羽織」はコートと同じ扱いにして脱ぐほうがよいでしょう。それは「長羽織」は「強い趣味 [続きを読む]
  • 季節の先取りの考察4
  • おはようございます、勝也です。 思い付きの追記。 まずは「春に夏の先取り」について。せっかく過ごしやすい春に夏の嫌な暑さを連想する先取りは不要です。それでは何を先取るのか。例えば、夏の青々とした緑や清々しい水の流れなど。イメージしているのは梅雨明けの清々しさです。この清々しさの後は、すぐに秋の風です。暑い夏が短いですね。もう一つ「秋に冬の先取り」について。過ごしやすい秋は菊を使って思いっきり引っ張り [続きを読む]
  • 季節の先取りの考察3
  • おはようございます、勝也です。 昨日の続きです。 今日は夏について。冬と同じく過ごしにくい夏はやはり嫌なものでした。少しでも早く涼しい秋に来てもらいたい。夏物の帯や着物の模様には秋草が圧倒的に多いことからもわかりますね。先取りという概念を通り越して夏物の模様は秋の模様ということが定着しています。更に江戸時代に「雪輪模様」が現れますが少しでも涼しく感じるように初めは夏の着物に使われた模様でした。暑さを [続きを読む]
  • 季節の先取りの考察2
  • おはようございます、勝也です。 昨日の続きです。 ここで考察すべきは過ごしやすい春と秋ではなく、過ごしにくい冬と夏です。この寒暖厳しい季節をどう乗り切るのか。先ずは冬。麻の着物に裸足が普通だった時代寒さは生死に関わるほど厳しい環境です。とにかく暖かい春が待ち遠しい。その気持ちが大きいので一月はどんなに寒くても「春」と言い張る!年賀状も「初春」などと書きますね。咲く前から梅だ!桃だ!と先取りします。春 [続きを読む]
  • 季節の先取りの考察1
  • おはようございます、勝也です。 着物や帯などの色や模様を次の季節を先取りしてお洒落を楽しむことも着物の醍醐味のひとつですね。今回はなぜ「先取り」をするのかを考えてみたいと思います。日本には四季があります。暦通りならば四等分ですね。陰陽五行説では春夏秋冬に土用を加えてほぼ五等分となりますが今回土用はおいておきましょう。 さて、四季の中で過ごしやすいのは春と秋。夏は暑く、冬は寒い。今のように冷暖房が完備 [続きを読む]
  • 明日は「立冬」コートは袷に
  • おはようございます、京やの勝也です。 明日は7日は立冬です。 基本的には単衣コートは着納めで袷せコートの時季となります。ただしこの前後は許容範囲期間です。また目的地で脱ぐものですので暖かければ単衣コートでも大丈夫です。 コートなしの「帯付き」がお好きな方もあるかと思いますがご本人は平気でも周りから見ると寒そうに見えることもあります。 振袖など若い方は必要ないこともありますがこれからは「コートのシルエッ [続きを読む]
  • 川越散策
  • おはようございます、京やの勝也です。 一昨日の京やのつどいはまさに散策日和でございました。袷の着物に羽織、袖なし羽織、ショール、帯付きと皆様ご自分に合わせたコーディネート。嫁さんは単衣羽織です。 本川越駅から歩いて喜多院へ。五百羅漢もにっこりです。 東屋さんの鰻。しっかりした味付けで美味しゅうございました。 昼食後大正浪漫夢街道をあるいて旧山崎家別邸へ。亀屋五代目の隠居所として大正時代に建てられた和洋 [続きを読む]
  • 前板の使い分け
  • おはようございます、勝也です。 今日は 和装小物の一つ前板の話です。 女性の帯の幅が広がり 前幅が広くなるとシワをなくしたくなるようです。 帯の面をきれいに保つために入れる「帯板」。前に入れるのが「前板」で、後ろに入れるのが「後ろ板」ですね。 この「前板」には種類が多く40センチくらいから60センチまで長さもいろいろあります。 この使い分けのポイントはやはり帯の「生地の風合い(地風)」でしょう。 柔らかく [続きを読む]
  • 本日は京やのつどい
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日は秋の京やのつどい。川越散策です。 メインは鰻。明治時代から続く老舗「東屋」さんで頂きます。 先日下見に参りましたが外国人観光客のレンタル着物姿が沢山で「小江戸」というよりすっかり「観光都市」の様相でした。 お客様のコーディネートが楽しみです。ご報告はまた後日。 小平「染と呉服京や」のホームページです。どうぞご贔屓に。東京小平の着物専門店http://kimono-kyouy [続きを読む]
  • 伊達衿について
  • おはようございます、京やの勝也です。 衿元にアクセントが欲しいときに便利なのが「伊達衿(だてえり)」です。 もともとは衿元や衽、袖口からチラリと見えるように表の着物より少し大きく仕立てた「重ね着るための着物」つまり「下着」というものがありました。 この下着という重ね着は衣裳としての重厚さは申し分ないのですが現代では重ねて着るのが重くて大変ということで衿、袖口、裾にだけ見えるように表の着物に布を縫い付 [続きを読む]
  • 七五三と陰陽五行説
  • おはようございます、京やの勝也です。 11月に入りました。すでに始まっていますが七五三のお祝いを多く拝見できると思うと嬉しくなります。さて、七五三の歴史や行事につきましては他の方もたくさん書かれていますので陰陽五行説との係わりの話です。 陰陽五行説は中国の土俗の信仰から派生した宗教、天文・気象、科学、哲学、生活等が混ざり合ったのような思想で、信仰の中心は「太陽」です。 中国や朝鮮から日本に伝わり聖徳 [続きを読む]
  • 邦楽演奏家、男性のこだわりどころ
  • おはようございます、勝也です。 尺八や琴など男性の邦楽演奏家の着物についてかなりマニアックな話です。 男性の演奏家の正装は黒の五つ紋付に袴姿です。羽織りは着ません。また、座った状態で幕が開き演奏後も座ったまま幕が下がります。つまり舞台ではほとんど動きがないわけです。 そうなると男性の場合、顔の近くに視線が集まりこだわりどころとしては衿元と抱き紋(胸の紋)という感じになるようです。 衿元は襦袢も着物も上 [続きを読む]
  • 大人になっても着られる七歳の祝い着
  • おはようございます、京やの勝也です。 七歳の女児の祝い着に京やでオススメしているのが大人の丈がある小紋や附下げです。「四つ身」「小四つ身」なども可愛らしいのですが説明をさせて頂くと「大人になっても着れる」方を選ばれるお客様が多いです。ただこれは仕立て屋さんへの信頼があってのこと。大人用の生地を上手に畳んで内揚げにするのも何枚もの生地に針を通さなければなりません。さらに肩揚げを美しく可愛らしく…。仕 [続きを読む]
  • 八掛けの色目
  • おはようございます、京やの勝也です。 寒暖の差が大きい秋ですが袷の着物が着やすい気温になってきました。着物の仕立て方の中で最も長い季節着るのが袷ですね。その袷の着物の裾と袖口に付ける裏地が「八掛(はっかけ)」です。「裾回し」とも呼ばれます。留袖、訪問着、色無地は表と同じ色で合わせますが、附下げ以下の着物の八掛は表と違う色を付けてアクセントにすることもできます。基本的には表地と同色や近い色の八掛は「 [続きを読む]
  • ナウシカの原作
  • おはようございます、京やの勝也です。 日曜日なので漫画の話です。 お茶の生徒さんとの話に出た宮崎駿氏の「風の谷のナウシカ」の原作。興味を惹かれ全7巻セットを買い読み終えました。映画はもちろん観ておりましたが始めの2巻ほどをまとめたのが映画の内容という感じです。 世界のスケールが広がる分登場する人物も増えますが映画と原作でキャラが少し変っている人もいて新鮮な印象でした。 科学文明に対する「生命の尊厳」と [続きを読む]
  • モスリン
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の「綿」は「わた」か「めん」かで意味が変わりましたね。さて、モスリンという生地をご存知でしょうか?ウールの着物の下に着る長襦袢などに使われていました。「モスの襦袢」と呼ばれます。この襦袢の素材はウールです。モスリン=ウールですね。ところが「綿(めん)モスリン」という生地もあるのです。「モスリン」て何でしょう?歴史を遡りますと語源は中東のイラクのモスル地方で [続きを読む]
  • 綿、真綿、木綿
  • おはようございます、京やの勝也です。 朝晩寒さを感じる季節になってまいりました。温かさを求める素材のひとつが「わた」です。昔話をひとつ。まだ、私が京都で丁稚小僧の修行中にとある展示会の手伝いをしに行きました。私はまだ着物を商売したことがなく、品物を運んだり陳列したり片付けたりしていました。会場内の小売店さんの商品説明をそれとなく聞いていた時、お客様が結城紬を指して「真綿(まめん)て書いているけど、 [続きを読む]
  • 「布」といえば
  • おはようございます、京やの勝也です。 以前原始布古代織参考館館長の山村氏が話されていたのですが「布」という言葉は大変古い語だそうです。 糸を縦横に織る(編む)ことで面にして衣服とするわけですが日本の場合はほとんどが「麻」を指していました。 「麻」という語も範囲が広く大麻(たいま)、苧麻(からむし)、蕁麻(いらくさ)なども含まれます。 ただし「全て」ではなく「ほとんど」という表現から環境によって違う人も [続きを読む]
  • 絹織物と太秦
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は歴史の話です。 四千年以上前中国の伝説的聖帝「黄帝」の妃「西陵氏」によって始められたとされる絹織物。長く中国の秘術とされ、その製法が西洋に伝わったのが二千年後と言われますからすごいですね。 日本に絹織物が伝わったのは更に後、文献としては卑弥呼の時代のようです。古墳時代には渡来人によって技術も伝わり国内でも生産され始めました。 飛鳥時代聖徳太子のもと渡来人の秦 [続きを読む]
  • 今時季のコート
  • おはようございます、京やの勝也です。 10月残すところ一週間程となりましたが、肌寒く感じる日も増えてきました。今日はコートの話です。着分けの目安としましては今現在は「単衣のコート」の季節です。生地は冬物と同じで裏地を付けない仕立てです。単衣のコートは季節が短いのでお持ちでない方も多く代わりにショールをオススメすることもございます。袷のコートは「立冬」を目安に着始めますが、気温によって単衣と袷を使い [続きを読む]
  • 男性着物の視覚効果
  • おはようございます、京やの勝也です。男性着物の実用性や視覚的効果は色々とありますが歴史的には男性は本能的に自分を大きく見せて敵を威圧したり権威を表したりしてきました。秀吉の肖像画などは有名ですね。江戸時代の裃(かみしも)の肩にはしっかりと張りを保つためにクジラの骨を使っています。現在の男物で身体を大きく見せる役割を果たすのが「本袴」です。冠婚葬祭の晴着としても茶道等のお稽古事でも男性を大きく凛々しく [続きを読む]