猪上勝也 さん プロフィール

  •  
猪上勝也さん: 京やの覚え書き
ハンドル名猪上勝也 さん
ブログタイトル京やの覚え書き
ブログURLhttps://ameblo.jp/kodaira-kyouya/
サイト紹介文東京都小平市の悉皆・呉服専門店「染と呉服京や」の三代目、猪上勝也のブログでございま す。
自由文着物の歴史や文様の話。
呉服製作の技法の話。
呉服屋の日常、仕事の話。
着物、帯、襦袢、コート、羽織などの
着物コーディネートのコツをはじめ
着物の選び方や揃え方の話。
しみ抜きや洗張りなどのお手入れの話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/05 18:19

猪上勝也 さんのブログ記事

  • 表千家 資格者講習会
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は表千家同門会東京支部の資格者講習会に行って参りました。表千家の茶道を指導する資格を持つ人のための講習会です。 もちろん茶道の勉強なのですが「和服着用のこと」と指示がありますので会場の東京国際フォーラムAホールは着物の方々でいっぱいでした。私も着物でしたが袴姿の男性も多くお見掛けして壮観でございました。 茶道と着物は切っても切れない間柄ですので当たり前といえ [続きを読む]
  • ブログ丸7年
  • おはようございます、京やの勝也です。 ブログを始めて7年が経ち今日から8年目となります。皆々様には毎日ご覧下さりあらためまして御礼申し上げます。 さて、この7年だけでも街中の着物姿は確実に増えました。特に男性の着物姿はこだわりの方向性も様々でファッション性が高くなってきていると思います。 皆様それぞれの生活の中に着物を取り入れて頂き楽しんで頂けることは実に嬉しいことです。 このブログは私の「覚え書き」 [続きを読む]
  • お手持ちの白生地
  • おはようございます、京やの勝也です。 「箪笥を整理していたらこれが出てきました」と、ご相談を受けることがあります。外見は白くもなくクリーム色に染めているかのようですが実は古い「白生地」だったりします。 一昔前までは「初絹」としてお正月に送ったり、お祝いの品や贈答品として白生地を使うことがありました。 また、ご自分の趣味として「糸紬ぎ」をして織元に織ってもらい、出来上がるとお子様やお孫さんにプレゼント [続きを読む]
  • 欲しいもの、必要なもの
  • おはようございます、京やの勝也です。 「着物を着たい!」と思うと着物や帯可愛らしいバックや小物に興味が湧きますね。あんな色の着物こんな模様の帯想像が膨らんで楽しいものです。はじめは着物と帯、襦袢、肌着類、帯締めや帯揚げ。これで一式、着ることができます。たいてい「欲しいもの」はここまで。実際、今の季節にお出掛けをするためには草履はもちろん道行コートや道中着が必要です。しかしながら「必要なもの」である [続きを読む]
  • 喪服用の袋帯について
  • おはようございます、京やの勝也です。 お客様からお手持ちの喪服用の袋帯についてご相談がありました。 まだ着物のことが分からなかった頃に百貨店さんで勧められて買われたとのことです。 何度か締めたものの、数年前に不祝儀の帯は二重に重なることをきらい一重太鼓にするものと聞いて困っているとのことでした。 確かに黒共帯はほとんどが九寸で、八寸のかがりも含めて一重太鼓です。 一重、二重にかかわらず「お太鼓結び」が [続きを読む]
  • 伝統色について
  • おはようございます、京やの勝也です。着物の良さの一つに伝統と文化に直接触れるということもあると思います。それは単に衣裳の形を纏うということではなく日本人が好んできた「伝統色」というものも含まれています。伝統色の基本は草木染めです。紅花、茜、藍、紫根、カリヤス等たくさんの草木染料がありますが何代もの時代を経て発色だけでなく耐久性や薬効陰陽五行的な意味も含めて淘汰されてきた色たちだ思います。その「伝統 [続きを読む]
  • 長羽織の注意点
  • おはようございます、京やの勝也です。 最近はコートのかわりに長羽織とショールという組合わせで冬を過ごす方もいらっしゃいます。 今日は特に丈の長い「長羽織」について。 長羽織の丈は膝が隠れる程度からかなり長めだとふくらはぎまでくらいでしょうか。まず、羽織はコートと違い先方宅に上がった時にも脱がなくてよいとされますが、「長羽織」はコートと同じ扱いにして脱ぐほうがよいでしょう。それは「長羽織」は「強い趣味 [続きを読む]
  • ストライプ・縞模様2
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の続き縞模様の「格」の話です。格が高いといえば平安時代の貴族が好んだ「有職(ゆうそく)文様」、そして「名物裂(めいぶつぎれ)」です。そこには「間道(かんどう)」が多く見られます。基本的に「間道」系は織物ですので現在では袋帯や織九寸、お召し着尺などで「格が高い模様」として扱っています。次に「筋(すじ)」。江戸小紋の「万筋」「毛万筋」は極細のストライプ。型彫り [続きを読む]
  • ストライプ・縞模様1
  • おはようございます、京やの勝也です。 最もシンプルな模様の一つがストライプでしょう。 基本的には同一方向に直線を並べた模様です。 日本では古く「間道(かんどう)」という呼び名が有ります。見て取れば「間(あいだ)の道」ですが、音では「カントゥオン」。中国の貿易港「広東(カントン)」から輸入された生地に多い模様という意味もあるそうです。 また「筋(すじ)」という呼び名もあります。木材の年輪を表し、縁起が良 [続きを読む]
  • 子どものための着付け
  • おはようございます、京やの勝也です。 この秋も京やでは七五三の着付けをさせて頂き、夕方には「無事に終わりました!」と嬉しいご報告を頂いております。 子供の着付けは慣れないと難しい面があります。 子ども体型は腰紐や帯の位置が腰でなくお腹に掛かってしまうこともあり締めすぎれば苦しくなり気分が悪くなることもあります。 逆にゆるすぎると車の乗り降りだけで着崩れてしまうことになります。 また、ちょうど良い加減が [続きを読む]
  • 洋服記念日2
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の続きです。 この会議、烏帽子直垂(えぼしひたたれ)の三条実美公が「風俗上の大改革ともいえる議事であり、畏れ多くも聖上(天皇陛下)にも関わることでもある」という意味の言葉(以下のセリフも同様)で始まったそうです。 西洋服を着こなしている後藤象二郎が「洋服は動きやすく便利である。この際大英断を持って西洋服を採用すべきである。」 反対意見は「利便性で伝統ある我国の [続きを読む]
  • 洋服記念日1
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日、11月12日は「洋服記念日」です。呉服屋としましてはありがたくない記念日なのですが、明治の日本人の気概を感じる記念日でもありますので毎年書いております。江戸幕府を倒し開国と共に近代化に向けてスタートダッシュをせんとする明治政府。ところが衣類に関しては「西洋化」が進みません。これは、江戸時代に異国風の服装が禁止されていたことと、封建制度下の身分による生地や色な [続きを読む]
  • 先取りの考察3
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の続きです。今日は夏について。 冬と同じく過ごしにくい夏はやはり嫌なものでした。少しでも早く涼しい秋に来てもらいたい。夏物の帯や着物の模様には秋草が圧倒的に多いことからもわかりますね。先取りという概念を通り越して夏物の模様は秋の模様ということが定着しています。 更に江戸時代に「雪輪模様」が現れますが初めは夏の着物に使われた模様でした。暑さをしのぐことは大きな [続きを読む]
  • 先取りの考察2
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日の続きです。ここで考察すべきは過ごしやすい春と秋ではなく、過ごしにくい冬と夏です。この寒暖厳しい季節をどう乗り切るのか。先ずは冬。麻の着物に裸足が普通だった時代寒さは生死に関わるほど厳しい環境です。とにかく暖かい春が待ち遠しい。その気持ちが大きいので一月はどんなに寒くても「春」と言い張る!年賀状も「初春」などと書きますね。咲く前から梅だ!桃だ!と先取りしま [続きを読む]
  • 先取りの考察1
  • おはようございます、京やの勝也です。 「先取り」の考察です。 着物や帯などの色や模様を次の季節を先取りしてお洒落を楽しむことも着物の醍醐味のひとつですね。今回はなぜ「先取り」をするのかを考えてみたいと思います。日本には四季があります。暦通りならば四等分ですね。陰陽五行説では春夏秋冬に土用を加えてほぼ五等分。四季の中で過ごしやすいのは春と秋。夏は暑く、冬は寒い。 特に今のように冷暖房が完備されていない [続きを読む]
  • 演奏会の着付け
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は飯田橋のトッパンホールで行われた尺八演奏家の善養寺惠介先生のリサイタルのお手伝いをさせて頂きました。 舞台用の着付けのコツもいくらか分かってきたように思います。 それにしても邦楽演奏家の男性陣は圧倒的な存在感があります。 今回もいろいろな方とのお話で勉強させて頂きました。 有難いことです。 小平「染と呉服京や」のホームページです。どうぞご贔屓に。東京小平の [続きを読む]
  • 着物を選ぶ決定権
  • おはようございます、京やの勝也です。 呉服の仕事をさせて頂いていると「世代の移ろい」を感じることが多くあります。 例えば「決定権」。 一昔前、基本的には決定権はスポンサーにあったように思います。つまり、七五三なら「おばあ様」でした。 それがだんだんと若奥様やお子様本人というケースもあり多様化してきました。 実際、この秋の七五三でも先ずおばあ様、若奥様とで絞り込みつつ最後はお子様本人に選ばせて決定するこ [続きを読む]
  • 明日は「立冬」コートは袷に
  • おはようございます、京やの勝也です。 明日は立冬です。 この前後は許容範囲期間ですが基本的には単衣コートは着納めで袷せコートの時季となります。 コートなしの「帯付き」がお好きな方もあるかと思いますがご本人は平気でも周りから見ると寒そうに見えることもあります。 振袖など若い方は必要ないこともありますがこれからは「コートのシルエットが目に落ち着く」季節。 年齢とともに積み重なる品格と落ち着きを表現するもの [続きを読む]
  • 帯板について
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は和装小物の一つ帯板の話です。 江戸時代に幅が広がった女性の帯。前幅が広くなるとシワをなくしたくなるようです。 帯の面をきれいに保つために入れる「帯板」。前に入れるのが「前板」で、後ろに入れるのが「後ろ板」ですね。 この「前板」には種類が多く40センチくらいから60センチまで長さもいろいろあります。 この使い分けのポイントはやはり帯の「生地の風合い(地風)」で [続きを読む]
  • 昨日のつどい
  • おはようございます、京やの勝也です。 おかげさまで素晴らしい秋晴れとなりました昨日の京やのつどい。皆様安心して良い着物と帯でご参加くださいました。予想以上の素敵なコーディネートでした。 芙葉亭は二階を貸切で京やだけの空間でしたので落ち着いて食事を楽しむことができました。ご馳走さまでした!食後にお店の前で写真撮影。目のお正月の会でございました。 外に目を向けると井の頭公園は色付き始めていて良い雰囲気。 [続きを読む]
  • 本日は京やのつどい
  • おはようございます、京やの勝也です。 本日は秋の京やのつどい。吉祥寺の芙葉亭でフレンチ昼食会です。 ドレスコードを「袋帯」としましたのでフォーマルの格調高い袋帯から紬に合わせて洒落袋も拝見できるかと思います。 着物好きの方の中には「帯好き」の方も多くいらっしゃるようです。特に西陣の良い織物は織元によって糸や箔、文様に特徴があります。これを吟味していくとその魅力にはまってしまうようです。西陣の技術と美 [続きを読む]
  • 伊達衿について
  • おはようございます、京やの勝也です。 衿元にアクセントが欲しいときに便利なのが「伊達衿(だてえり)」です。 もともとは衿元や衽、袖口からチラリと見えるように表の着物より少し大きく仕立てた「重ね着るための着物」つまり「下着」というものがありました。 この下着という重ね着は衣裳としての重厚さは申し分ないのですが現代では重ねて着るのが重くて大変ということで衿、袖口、裾にだけ見えるように表の着物に布を縫い付 [続きを読む]
  • 七五三と陰陽五行説
  • おはようございます、京やの勝也です。 11月に入りました。すでに始まっていますが七五三のお祝いを多く拝見できると思うと嬉しくなります。さて、七五三の歴史や行事につきましては他の方もたくさん書かれていますので陰陽五行説との係わりの話です。 陰陽五行説は中国の土俗の信仰から派生した宗教、天文・気象、科学、哲学、生活等が混ざり合ったのような思想で、信仰の中心は「太陽」です。 中国や朝鮮から日本に伝わり聖徳 [続きを読む]
  • 八掛の色目
  • おはようございます、京やの勝也です。 寒暖の差が大きい秋ですが袷の着物が着やすい気温になってきました。着物の仕立て方の中で最も長い季節着るのが袷ですね。その袷の着物の裾と袖口に付ける裏地が「八掛(はっかけ)」です。「裾回し」とも呼ばれます。留袖、訪問着、色無地は表と同じ色で合わせますが、附下げ以下の着物の八掛は表と違う色を付けてアクセントにすることもできます。基本的には表地と同色や近い色の八掛は「 [続きを読む]
  • 野菜の模様
  • おはようございます、京やの勝也です。 台風続きで心配しつつ収獲の秋ということで、野菜の模様について。 着物ではめったに見ませんが染帯では野菜やキノコの模様を見ることができます。 京都には「京野菜」という独特な形の野菜もありますね。 「お洒落もの」として使われるわけですが本当に「お洒落に」「粋に」となるとなかなか難しいものがあるようです。 例えば、畑や農道のすぐそばで大根やニンジンの帯を締めて歩いていて [続きを読む]