猪上勝也 さん プロフィール

  •  
猪上勝也さん: 京やの覚え書き
ハンドル名猪上勝也 さん
ブログタイトル京やの覚え書き
ブログURLhttps://ameblo.jp/kodaira-kyouya/
サイト紹介文東京都小平市の悉皆・呉服専門店「染と呉服京や」の三代目、猪上勝也のブログでございま す。
自由文着物の歴史や文様の話。
呉服製作の技法の話。
呉服屋の日常、仕事の話。
着物、帯、襦袢、コート、羽織などの
着物コーディネートのコツをはじめ
着物の選び方や揃え方の話。
しみ抜きや洗張りなどのお手入れの話。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/01/05 18:19

猪上勝也 さんのブログ記事

  • 折り目正しく美しく
  • おはようございます、京やの勝也です。 ご存知の通り着物は直線縫いが基本で平たく畳むことができる特性があります。収納、持ち運びに大変便利で、美しさだけでなく利便性も衣裳として特筆すべきところでしょう。さて、収納時に「キレイに畳む」という行為を真面目にしているとご褒美があります。「美しい折り目」です。着物なら肩山、袖山の山折れ衽の谷折れ、羽織なら衿の折り返しが命です。袴に至ってはヒダの美しい線が格式と [続きを読む]
  • 嫁さんと帯結び
  • おはようございます、京やの勝也です。 おかげさまで嫁さんも着物姿が板に付いてまいりました。 帯の締め方も着付け部や出張着付け部で部員たちのいろいろな帯に出会いより良く柄を出そうということで工夫が必要になりそれができるようになったようです。 嫁さんがはじめに習ったのは「関東巻き」ですが帯によっては逆巻きの「関西巻き」も当たり前のようにするようになりました。 嫁さん曰く「関西巻きのほうが衿が乱れにくくて締 [続きを読む]
  • 九寸帯の仕立て方について
  • おはようございます、京やの勝也です。 織りも染も共通の仕立て方についてです。この九寸帯の仕立て方で多いのが「名古屋仕立」です。太鼓部分と腹の模様の間で三角をつくり、身体に巻きつける部分は半分に折った状態に仕立てます。この仕立て方がご自分の体型や好みに合わせて調整できる九寸帯の利点です。 先ずは帯芯。大きいお太鼓を好まれるのであれば張りのある硬めの帯芯を。 また、少しでも柔らかい方がよければ薄い芯を、 [続きを読む]
  • 染の九寸帯について
  • おはようございます、京やの勝也です。 九寸幅の塩瀬や縮緬、紋織などの白生地に手描き友禅やロウケツ、絞り、刺繍などで模様を描き、地色を染める帯が「染の九寸帯」です。染帯の特性は織物と違い生地の種類、模様、色、染の技法などが自由で一本一本違うものが手軽にできることです。 有名な作家さんの作品は別にして基本的に価格が抑えられているので季節の花、節句、祭り、行事など季節限定の模様を楽しむこともできます。また [続きを読む]
  • 織りの九寸帯について
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日から九寸帯についてざっくりと書いてみたいと思います。九寸帯とは生地幅が九寸に織られていて両脇を縫い込んで芯を入れて仕立てる一重太鼓の帯のことです。生地は西陣などの文様を織り出した「織物」と塩瀬や縮緬などの白生地に染めた「染物」があります。まずは「織りの九寸帯」。全部文様があるものが「全通」。タレから腹まで文様が繋がっていて内巻きの部分だけを無地にしているの [続きを読む]
  • 雪持ち文様
  • おはようございます、京やの勝也です。 冬といえば雪ということで雪の文様の話です。吹雪模様、雪輪文様などもありますが今日は「雪持ち文様」について。 花や葉の上に雪が積もった状態の意匠を「雪持ち文様」と呼びます。雪持ち笹雪持ち蘭雪持ち南天雪持ち水仙雪持ち柳など…。雪が降ると毎日見る景色であっても新鮮な感動がありますね。その情景を切り取って美しい意匠にしたのでしょう。 異色なのが「雪持ち芭蕉」。雪が降らな [続きを読む]
  • 写真の撮られ方の研究
  • おはようございます、京やの勝也です。 今月から忘年会やクリスマスパーティーそしてお正月・新年会など着物姿で写真撮影ということもありそうなので写真撮影の研究をひとつ。 私は写真のプロではないのですが呉服屋として女性のお客様にお話ししていることを書いてみます。ちゃんとした写真は写真館やプロカメラマンにはお任せするとして普段カメラを向けられたときに気を付けることは2つ。1、足を内股にする。2、身体を真正面 [続きを読む]
  • 「絞り」に対する誤解
  • おはようございます、京やの勝也です。 先日も「絞りはフォーマルにならない」という話が出ましたので繰り返しになりますが「絞りに対する誤解」についてです。「絞り」の技法を「普段着」や「お洒落着」と断言される方が多いので正直驚いております。確かに浴衣などの木綿にも使われています。絞りの黒留袖や色留袖を見ることはほとんどありません。「晴れ着」としては七五三の女児と振袖があるくらいです。はたして絞りの技法は [続きを読む]
  • 長襦袢と二部式襦袢
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は長襦袢の話。お客様とお話をしていると襦袢は「長襦袢」が正式で後から「二部式襦袢」ができたと思われている方が多いように思います。実はその逆。二部式の襦袢の方が古いのです。仕立ての手間も掛かります。形式的には長襦袢は二部に分かれているものを一枚にくっつけた略式ということができます。その証拠と言っては何ですが二部式の方が上下が独立していますので衿が安定します。 [続きを読む]
  • 「笑い」について
  • おはようございます、京やの勝也です。 先日家に帰ってくると子どもたちがテレビを見て笑っていました。私からすると若い芸人さんをいじめているようにしか見えませんが画面から笑い声の音声が流れてきて笑うように促し子どもたちもそれに合わせて笑っている感じです。 私「これと同じことを学校で自分や友達がしたりされたりしていても笑うの?」 子ども「・・・」 京都から戻り京やの営業としてお客様と接し始めたころ古いお得 [続きを読む]
  • ショールは防寒?
  • おはようございます、京やの勝也です。 冬の着物姿はどうしても寒い。それは着物の形が衿首、手首、足首が通気のため開けてあるためです。 そこで衿首の防寒としてショールを使いたいところですね。 ところが毛皮やカシミヤのショールは着物の衿の外側に掛けるのが格好よいとされています。 つまり、直接は首に当たらないわけであまり首の防寒にはなりません。衿と帯の間を温める程度の「格好もの」扱いということです。 振袖のシ [続きを読む]
  • 男のコート、トンビ、角袖
  • おはようございます、京やの勝也です。12月に入りました。これから先、男性の着物姿も羽織だけでは寒い季節に入っていきます。私はトンビかマントを着ています。トンビは「二重回し」とも呼ばれスコットランドのインバネスという地名に由来した洋装のコートの袖を外して着物の上にも使えるように改良されたものです。私の父は「角袖(かくそで)」を着ます。角袖は商人コートとも呼ばれます。 明治時代には私服刑事の多くが和装で [続きを読む]
  • 男物長襦袢の色
  • おはようございます、京やの勝也です。 男物の長襦袢について。 女性用の長襦袢生地は綸子や精華、シボの少ない縮緬など様々な色・柄・風合いがあります。 ところが男性用はすべりの良いどっしりした「羽二重」や「ちりめん系」ですね。 生地はともかく既製品では紺、グレー、茶がほとんどで真面目すぎる感じがするのが男物です。 そこで京やでは「チェニー羽二重」や「重目のパレス」の白生地をお好みの色に染めて無地の長襦袢をお [続きを読む]
  • 着物の着付け 寸法と素材
  • おはようございます、京やの勝也です。 着物は紐が少なくても着崩れることなく楽に着ることができます。 ただしこれには条件があります。 寸法と素材です。 着物にも寸法があります。洋服ほどタイトではないものの身体に合ったものは着やすく身体に合っていないものは着にくいものです。また当然、着付けるのも難しい。 例えば身体より着物の身幅がせまければ衿が開き見た目に崩れやすくなります。ご自分で着たのであれば納得でき [続きを読む]
  • 芯が入っていない袋帯
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は古い袋帯についてです。 お母様やお祖母様がよく使われていたような締めやすそうな袋帯。よく見ると芯が入っていない時があります。 最近は軽くて良い芯もあり入れて仕立てるのが一般的ですが当時の仕立て方の一つに「芯を入れずに薄く使う」という考え方があったようです。 確かに薄くて締めやすいのですが、年数が経つと内側にある織り糸が裏地に響いてシワになったり、締めているう [続きを読む]
  • 着物の整理のお手伝い
  • おはようございます、京やの勝也です。 長くお世話になりました得意様のお嬢様からご連絡を頂きました。お世話になったお母様は他界されようやく気持ちが落ち着いてきたご様子。お嬢様のご要望は箪笥の整理をしたいのでアドバイスをして欲しいとのことです。一枚一枚拝見し生地や染めの説明をしながら整理することになります。お嬢様の不安は「価値ある品を知らずに捨ててしまうこと」。 いくら思い入れがあっても家屋の処分などで [続きを読む]
  • 呉服、和服、着物について
  • おはようございます、京やの勝也です。 呉服、和服、着物、同じような違うような。 一番古い語は「呉服」です。「ゴフク」ではなく「クレハトリ」と読み、呉(クレ)の服(ハタオリ)=機織りが語源のようです。 「服」一文字で「はたおり」と読むのは苗字の「服部(はっとり)さん」のはたおりべ→はとりべ→はっとりという変遷にも関連します。呉の国は現在の中国の上海辺りにあって、世界史上最も早く絹織物が興った地域と言われてい [続きを読む]
  • 着物のカタチ
  • おはようございます、京やの勝也です。 今日は着物のカタチについて。 着物のかたちの特徴の一つは、体に巻き付ける衣裳だということです。陰陽五行思想から、着物を時計回りに巻き付け太陽の運行をあらわし、太陽の力を取り込んで健康を得るという考えです。これは古の天皇の勅令で国民が健康で働くことができれば国力が上がるという政(まつりごと)です。また、漢方医学では、お腹を冷やさないことが大変重要ですので、腹部は布 [続きを読む]
  • 文化の要素「らしさ」
  • おはようございます、京やの勝也です。 小平も急に寒さを感じる気候になりました。昔、囲炉裏越しにお聞きした米沢の染織家、菅原先生のお話を思い出しました。菅原先生によりますと、「文化」の重要な要素に「らしさ」があるとのお話でした。 例えば、女性の衣服でミニスカートの場合にはスネを見られても恥ずかしくないのに、着物の時にスネを見られると恥ずかしいですね。当然見られないような仕草をする。工夫を重ねる。 小股 [続きを読む]
  • 表千家 資格者講習会
  • おはようございます、京やの勝也です。 昨日は表千家同門会東京支部の資格者講習会に行って参りました。表千家の茶道を指導する資格を持つ人のための講習会です。 もちろん茶道の勉強なのですが「和服着用のこと」と指示がありますので会場の東京国際フォーラムAホールは着物の方々でいっぱいでした。私も着物でしたが袴姿の男性も多くお見掛けして壮観でございました。 茶道と着物は切っても切れない間柄ですので当たり前といえ [続きを読む]
  • ブログ丸7年
  • おはようございます、京やの勝也です。 ブログを始めて7年が経ち今日から8年目となります。皆々様には毎日ご覧下さりあらためまして御礼申し上げます。 さて、この7年だけでも街中の着物姿は確実に増えました。特に男性の着物姿はこだわりの方向性も様々でファッション性が高くなってきていると思います。 皆様それぞれの生活の中に着物を取り入れて頂き楽しんで頂けることは実に嬉しいことです。 このブログは私の「覚え書き」 [続きを読む]
  • お手持ちの白生地
  • おはようございます、京やの勝也です。 「箪笥を整理していたらこれが出てきました」と、ご相談を受けることがあります。外見は白くもなくクリーム色に染めているかのようですが実は古い「白生地」だったりします。 一昔前までは「初絹」としてお正月に送ったり、お祝いの品や贈答品として白生地を使うことがありました。 また、ご自分の趣味として「糸紬ぎ」をして織元に織ってもらい、出来上がるとお子様やお孫さんにプレゼント [続きを読む]
  • 欲しいもの、必要なもの
  • おはようございます、京やの勝也です。 「着物を着たい!」と思うと着物や帯可愛らしいバックや小物に興味が湧きますね。あんな色の着物こんな模様の帯想像が膨らんで楽しいものです。はじめは着物と帯、襦袢、肌着類、帯締めや帯揚げ。これで一式、着ることができます。たいてい「欲しいもの」はここまで。実際、今の季節にお出掛けをするためには草履はもちろん道行コートや道中着が必要です。しかしながら「必要なもの」である [続きを読む]
  • 喪服用の袋帯について
  • おはようございます、京やの勝也です。 お客様からお手持ちの喪服用の袋帯についてご相談がありました。 まだ着物のことが分からなかった頃に百貨店さんで勧められて買われたとのことです。 何度か締めたものの、数年前に不祝儀の帯は二重に重なることをきらい一重太鼓にするものと聞いて困っているとのことでした。 確かに黒共帯はほとんどが九寸で、八寸のかがりも含めて一重太鼓です。 一重、二重にかかわらず「お太鼓結び」が [続きを読む]
  • 伝統色について
  • おはようございます、京やの勝也です。着物の良さの一つに伝統と文化に直接触れるということもあると思います。それは単に衣裳の形を纏うということではなく日本人が好んできた「伝統色」というものも含まれています。伝統色の基本は草木染めです。紅花、茜、藍、紫根、カリヤス等たくさんの草木染料がありますが何代もの時代を経て発色だけでなく耐久性や薬効陰陽五行的な意味も含めて淘汰されてきた色たちだ思います。その「伝統 [続きを読む]